freeeへ転職するには?年収などの企業情報や採用情報を徹底解説!

freeeへ転職するには?年収などの企業情報や採用情報を徹底解説!

freeeへの転職におけるポイントをまとめています。freeeを希望する方にとって、採用に関する情報や評判、口コミなどの転職情報は必要不可欠です。そこで今回はfreeeへの転職を目指す方に向けて転職に役立つ情報を紹介します。

記事の目次

  1. 1.freeeの特徴と転職のコツ
  2. 2.freeeの企業情報
  3. 3.freeeの待遇や労働環境は?
  4. 4.freeeの評判・口コミは?
  5. 5.freeeの選考情報
  6. 6.freeeの採用情報
  7. 7.freeeへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

freeeの特徴と転職のコツ

(引用元;https://www.freee.co.jp/kakuteishinkoku/features/)

freeeの特徴と転職のコツ

  • freeeの特徴
  • freeeへの転職のコツ

まず、株式会社freeeの特徴と転職の際のポイントについて解説していきます。

freeeの特徴

freeeの特徴

  • 全自動であるクラウド会計ソフトである「freee」を開発し、個人事業主や法人の業務の自動化や最適化を目指すクラウドサービスを提供する。
  • 年功序列ではなく実力主義であり、風通しが良い社風である
  • 残業時間は同業界の中でも少なく、ワークライフバランスは取りやすいと言われている
  • 平均給与は550万円弱であり、同業界の中でも平均的な数値である
  • 福利厚生も充実しており、男性女性関係なく働きやすい環境である

freeeへの転職のコツ

freeeへの転職のコツ

  • 中途採用もさまざまな職種で募集しており、自身の経験や強みを見極めて応募することが必要である。
  • 社風やミッションにマッチする人材を求めており、徹底した企業研究が必要である。
  • 株式会社freeeの求人の中には、非公開求人が多く、転職エージェントの活用が非常におススメである。

freeeの企業情報

[引用元:https://www.freee.co.jp/finance/corp/]

freeeの企業情報

  • freeeの企業概要
  • freeeのミッションとビジョン
  • freeeの提供しているサービス
  • freeeの業績

ここからは、株式会社freeeの具体的な企業概要や社風など詳しい企業情報についてみていきましょう。

freeeの企業概要

株式会社freeeは、会計ソフトなどクラウドサービスを提供する企業です。
2012年7月に創設されたfreeeは、現在では資本金が160おく円を超え、従業員数も500人を超えるなど、成長を続ける企業の一つと言われています。

女性

女性

株式会社freeeは、現在東京都品川区に本社を構えています。創業者である佐々木大輔さんは、Googleや博報堂で経験を積んだ後、2012年に株式会社freeeを創業しています。

freeeのミッションとビジョン

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションを掲げています。

また、クラウドサービスなど企業のビジネスを支えることを通して「ビジネスに強くスマートに育てられるプラットフォーム。」というビジョンを目指して企業活動を行っています。

このようなfreeeのミッションビジョンに共感した方や、freeeで働きたいという思いを持った方はfreeeへの転職を考えてもいいかもしれませんね。

freeeの提供しているサービス

freeeは主に7つのサービスを現在提供しています。

・会計フリーサービス
リアルタイムで決算書作成などの数字を確認することができ、中小企業に向けて経理業務などの効率化を支援するサービス

・人事労務フリーサービス
給与明細や年末調整など人事労務に関わる管理や業務などを効率化することを支援するサービス

・申告フリーサービス
法人税や消費税などの会計、申告を行うなど税務申告書作成の業務を効率化するサービス

・マイナンバー管理フリーサービス
マイナンバーの管理や利用などを低価格で行うことが出来るサービス

・会計設立フリーサービス
企業の会計設立における関連書類などを簡単に作成することを支援するサービス

・開業フリーサービス
個人事業主に向けて、開業手続きに関する書類を無料で作成するサービス

・フリーカードサービス
WEBでスピーディーに発行でき、年会費無料で利用することができるカードサービス

freeeの業績

(引用元;https://corp.freee.co.jp/ir/library/?category=library)

株式会社freeeの業績は非常に良好であるということが出来ます。
営業利益率こそ減少がみられますが、売上高や営業利益は順調に推移しています。

今後もfreeeの業績は良い可能性が非常に高いです。
会計ソフトなどクラウドサービスを通じて効率化を図りたい中小企業や個人事業主のfreeeのサービスに対する需要は今後も高まっていくと考えられるためです。

freeeの待遇や労働環境は?

Photo byStartupStockPhotos

freeeの待遇や労働環境は?

  • freeeの待遇
    ーfreeeの平均年収
    ーfreeeの福利厚生
  • freeeの労働環境
    ーfreeeの残業時間
    ーfreeeのワークライフバランス

ここからは、freeeの待遇や労働環境についてみていきましょう。

freeeの待遇

まず、freeeの平均年収や福利厚生について詳しく解説していきます。

freeeの平均年収

freeeの平均年収は、有価証券報告書によると688万円です。(2020年6月現在)

freeeの属するフィンテック分野は今度も拡大する可能性が非常に高いサービスであり、平均年収も業績の拡大と共に高まっていくと考えられています。

また、令和元年民間給与実態調査に基づくと、日本国民の平均年収は436万円です。
このデータに基づくと、freeeの平均年収は日本国内の平均年収と比べても、230万円程度高い給与水準になっています。

freeeの平均年収はいくら?気になる口コミや福利厚生などを徹底解説!のイメージ
freeeの平均年収はいくら?気になる口コミや福利厚生などを徹底解説!
転職エージェント出身者が、freeeの年収や将来性について徹底解説します。 これまでの経験と、最新情報や口コミ・評判をもとに、福利厚生や年収、企業の詳細情報についてもお伝えします。 freeeへの転職をお考えの方は、是非ご覧ください。

freeeの福利厚生

freeeの福利厚生について

  • ドリンクフリー
  • オフカツ
  • 書籍費フリー
  • つばめハウス制度

freeeの福利厚生は、非常にユニークな制度が充実しています。

ドリンクフリー制度は、仕事中の飲食物を無料で支給される制度です。

オフカツ制度は、自転車部やボート部など30を超える部活動が行われており、その運営資金などが会社側から支給されています。

つばめハウス制度の中には、住宅手当や赴任サポート制度など社員が仕事に打ち込めるような環境作りが促進されています。

freeeの労働環境は?

次に、freeeの労働環境についてみていきましょう。

freeeの残業時間

freeeの残業時間は、職種や年次、個人の希望によって大きく異なります。

会社としては、フレックスタイム制を敷いており、個人で働く時間をきめることが出来ます。

休日出勤も少なく、ライフワークバランスなど社員の健康にも配慮する企業であるため、残業時間も比較的少ないということが出来るでしょう。

freeeのワークライフバランス

フレックスタイム制有給制度など福利厚生も充実しているため、ワークライフバランスは取りやすい企業です。

ワークライフバランスを重視する転職希望者にとって、比較的自由に有給や休暇も取りやすいと評判である株式会社freeeは非常に適した企業の一つでしょう。

freeeの評判・口コミは?

[引用元:https://www.freee.co.jp/finance/]

freeeの評判・口コミは?

  • 待遇について
  • 仕事のやりがい・成長について
  • 社員の雰囲気について

ここからは実際にfreeeで働く社員の声を参考に、待遇や社風についてみていきましょう。

待遇について

男性

男性

給与に関しては、年俸制度が採用されており、個人の成果や経験によって給与は大きく異なってきます。福利厚生は非常に充実しており、家賃手当や軽食などの費用が支給される点は非常にユニークに感じました。

女性

女性

給与制度は年俸制であり、基本的に基本給のみが支給され、賞与はほぼありません。人事制度は大きな改善が現在図られており、今後も大きく変化していくでしょう。基本的には、昇進に伴って給与も上がる事が多く、個人の成果に応じて待遇も良くなっていく印象があります。

仕事のやりがい・成長について

女性

女性

非効率だった市場や企業を積極的にサポートすることができ、自身の貢献が目に見えることが大きなやりがいです。またやりたいことは積極的に任せてくれる社風でもあるため、行動力のある人にとっては、大きく成長できる環境であると思います。

男性

男性

会計ソフトなど未開拓の領域で、多くの企業や個人事業主の役に立つ事が出来ることは非常に大きなやりがいです。また、主体性が必要とされ、自分から動くことが出来れば、様々な経験を積む事が出来る会社であると感じます。

社員の雰囲気について

男性

男性

オープンでフラットな企業の文化が根付いており、年次や役職者関係なしに良好な関係を築くことが出来るのが社内の雰囲気の大きな特徴です。また、社員のほとんどがミッションやビジョンに共感しており、同じ方向を目指して仕事に取り組んでいる社員がほとんどである印象が強いです。

男性

男性

価値基準行動指針などに従って動いている社員が多い印象があります。そもそも、そのような価値や指針を意識して行動しないと評価されない社風があることも特徴の一つかもしれません。カルチャーや社風に合わないと非常に働きづらい環境かもしれないです。

男性

男性

創業者がGoogle出身者であることから、Googleの企業文化や価値観を模範にfreeeの文化も形作られているように感じます。非常に社内には仕事へのモチベーションの高い社員が多く、個人のやる気次第では大きく成長できる環境であると思います。

freeeの選考情報

Photo byFree-Photos

freeeの選考情報

  • freeeの選考フローと面接内容
  • freeeの面接傾向と質問例
  • freeeの求める人物像

ここからは、freeeへ転職するために知っておきたい具体的な選考情報についてみていきましょう。

freeeの選考フローと面接内容

freeeの選考フローは一般的に以下の通りと言われています。

書類選考(WEB上)⇒面接(2.3回)⇒内定

職種や時期によって選考フローや内容は大きく異なりますが、内定者や口コミなどを参考にすると以上の流れになっています。

中途採用は、主に職種ごとの募集が行われており、公式採用HPなどを参照して各自で確認することをおすすめします。

freeeの面接傾向と質問例

freeeの面接の傾向としては、社風や会社の雰囲気にマッチしているかどうかという観点から多くの質問がなされることが多いようです。
五つの価値基準や、ビジョンを掲げており、それらに共感する人物であることを面接内でも伝えていく必要があります。

また、IT関連の企業であるため、「ITが好きかどうか」「ITに関しての興味関心」についても質問されます。
自分の中でのITの捉え方や、ITについての考え方などを整理しておきましょう。

そのような質問以外にも「挫折経験や失敗体験について」質問されることが多いようです。これは、急速に拡大するfreeeで活躍できる人材かどうかを見極める質問です。
自分自身は失敗や挫折を通してどのように成長することが出来たのかを整理しておきましょう。

freeeの求める人物像

freeeの求める人物像としては「社風にマッチしている」「失敗や困難から這い上がれる」人材であるということが出来ます。

freeeは、価値基準やビジョンなど社員の中での共通の価値観をもつことを非常に重視する企業です。転職希望者は、そのような社風にマッチしていることをアピールすることが必要になってきます。

また、失敗や困難から這い上がれる人材であるかどうかも非常に重要です。
スタートアップの段階であるfreeeは、多岐にわたる業務を遂行しなければなりません。
そのため、どの分野においても失敗を成長に繋げられるような人材を求めており、失敗や挫折経験について転職希望者は整理しておく必要があります。

freeeの採用情報

[引用元:https://jobs.freee.co.jp/]

freeeの採用情報

  • freeeの募集職種
  • 転職を成功させるコツ
    ー転職エージェントを利用

ここからは、freeeの現在の求人情報や、freeeへの転職の際のポイントについて解説していきます。

freeeの募集職種

freeeの現在の募集職種(2020年12月現在)

  • プロダクトマネージャー
  • エンジニアリング
  • マーケティング
  • セールス
  • カスタマーサクセス
  • 経営企画・管理

現在、freeeでは中途採用としてさまざまな職種で募集を行っています。
自身の経験や強みを活かせる職種に応募することをおすすめします。

詳しい内容や求められるスキルなどはfreeeの公式採用HP(https://jobs.freee.co.jp/#job_list)をなど参考にして確認しておきましょう。

freeeへの転職を成功させるコツ

freeeへの転職を成功させる大きなポイントの一つとして転職エージェントを活用するかどうかをあげることが出来ます。

手厚いサポートをしてくれる転職エージェントを活用することで、他の転職希望者に大きな差をつけることが出来ます。

転職エージェントを利用

転職エージェントを利用することで選考情報や面接対策など他の転職希望者に大きな差をつけることが出来ます。その中でも、転職エージェントを利用することで一般に公開されていない非公開の求人非公開の情報も得ることができる点が大きなメリットの一つです。

また、転職エージェントは無料で面接対策を行ってくれます。

徹底的な情報収集や面接対策を転職エージェントを通じて行うことで非常にスムーズに転職活動を進めることが出来るでしょう。

ぜひ転職エージェントを活用して、納得いく転職活動を行いましょう。

freeeへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

freeeへの転職を目指す方に向けて、freeeの企業概要や選考情報などについて解説してきました。

転職活動の中で、企業についてなどの情報を得ることで転職者と大きな差をつけることが出来る大きなポイントです。
freeeのような転職難易度の高い企業への転職を目指す場合は、徹底的な対策と準備が必要となるでしょう。

そんなfreeeなど転職難易度の高い企業へ転職を目指す方に、転職エージェントの活用を強くすすめています。
転職エージェントは選考情報や企業情報などの提供や、企業ごとの面接対策を無料で行ってくれます。

また、その他の転職難易度の高い企業の選考情報を知りたい方は、転職情報サイトのインテリゴリラに登録にしましょう。
インテルゴリラでは、内定者からの選考情報や、非公開の企業の情報などを確認することが出来ます。
有名企業の内定を勝ち取る秘訣はこちら

酒井俊樹
ライター

酒井俊樹

大手日系メーカー就職予定の大学生。大学時代は部活動に打ち込んでおり強みは「忍耐力」。どんなジャンルの記事も、読者の方が読みやすい内容になることを心がけ、粘り強く取り組みます。趣味はお菓子食べ比べ。

関連記事

目次

人気記事ランキング