【2021年版】ヤマハ発動機への転職は難しい!理由は競争率の高さにあり!

【2021年版】ヤマハ発動機への転職は難しい!理由は競争率の高さにあり!

ヤマハ発動機は競争率が高いため、転職難易度は高いです。この記事ではヤマハ発動機の転職難易度や転職が有利になる人の特徴、転職希望者への求人について解説しています。ヤマハ発動機へ転職したい方には必見の内容なのでぜひ最後までご覧ください。

記事の目次

  1. 1.ヤマハ発動機への転職は難しい!理由は競争率の高さにあり!
  2. 2.ヤマハ発動機の会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.ヤマハ発動機の転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.ヤマハ発動機の転職の選考フローや面接傾向は?
  5. 5.ヤマハ発動機への転職の面接対策方法とは?
  6. 6.ヤマハ発動機に転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.ヤマハ発動機への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

ヤマハ発動機への転職は難しい!理由は競争率の高さにあり!

ヤマハ発動機への転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【国内外で高いシェア率を誇る有名企業で人気が高い】という理由で転職難易度が高いという結果になりました。

ヤマハ発動機は国内大手の輸送機器メーカーであり、自動二輪では世界で2位のシェアを誇ります。
また、海外の売上高比率は9割と非常に高く、現在は新興国市場での事業拡大に注力しています。

ヤマハ発動機では「感動創造企業」という企業目的に向けて、"Revs your Heart"というブランド・スローガンを掲げています。
それを実現する上で大切にしている「ヤマハらしさ」を「発・悦・信・魅・結」という5文字で表しています。

独創のコンセプトで、革新に挑む。
1993年に開発した電動アシスト自転車、産業用無人ヘリコプター、自動車用部品「パフォーマンスダンパー」
  • 悦&信
卓越した技術で、悦びと信頼を。
独自機構「LMWテクノロジー」、医療研究分野にロボティクス技術の「CELL HANDLER」、ヤマハ船外機の「F425A」
感性に訴え、魅了する。
40年愛される「SR400」、「ROV」、低速モビリティの「YNF-01」
人や社会とつながり、絆を結ぶ。
「お客さま基点」という価値観をグループで共有し実践する、「親子エンジン分解組立教室」の開校、「YRA」を中核に安全普及活動の展開

会社として整備している環境も顧客から評価が高い事業を作ることができている根拠になっています。

2021年のヤマハ発動機の動向やコロナの影響・課題やリスク

2021年度のヤマハ発動機は上記に加えて、足元では「新型コロナウイルス感染症への対応」を数多く行なっています。
2020年度以降、新型コロナウイルス感染症流行によりガイドラインを作成し感染予防対策を行なってきました。
現在も従業員とその家族、取引先の安全を最優先に、コロナワクチンの職域摂取を始め在宅勤務の導入や時差勤務、ソーシャルディスタンスの確保、出勤の制限などを行なっています。
社員を大切に思う会社の方針が社員からも評価が高いポイントです。

近年、コロナの影響でより安定した業界への転職をする波が高くなっています。
ヤマハ発動機をはじめとする輸送機器メーカーの業種も安定しているかつ今後伸びていく可能性が高い事業を行なっているため、人気の業界であると言えます。

ヤマハ発動機は転職希望者から人気があり、入社の競争率は高いと言えるでしょう。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
面接の内容については内定者からの情報を得るのが一番です。
情報収集におすすめのサイトを紹介します。

ヤマハ発動機等の難関企業の転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

ヤマハ発動機の会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

ヤマハ発動機は二輪車の開発をベースに、パワートレイン技術や走行・航走を支える車体・艇体技術をコア・テクノロジーとして、制御技術やコンポーネント技術を発展させながら半世紀にわたって事業の多軸化とグローバル化に取り組んでいます。
パワートレイン技術はやがてマリンエンジンやRV、パワープロダクツ事業といった新たな軸を生み出して艇体技術の一つであるFRP加工技術はプール事業など、パーソナルビークルの外装品などに発展しています。

  • ランドモビリティ
二輪車、ATV・ROV、スノーモビル、電動アシスト自転車
  • マリン
マリンエンジン、ボート、ウォータービークル、プール
  • ロボティクス
サーフェスマウンター・産業用ロボット、産業用無人ヘリコプター
  • 金融サービス
販売金融
  • その他
ゴルフカー、自動車用エンジン、電動車椅子、発電機、除雪機、部品・用品、プレジャーボート係留施設、浄水装置、レーシングカートエンジン


以下、会社概要を紹介します。
ヤマハ発動機の会社概要

社名 ヤマハ発動機株式会社
設立 1955年(昭和30年)7月1日
資本金 859億73百万円(2021年3月末現在)
従業員数 ヤマハ発動機(株)連結会社計:52,437人(2020年12月末現在)
ヤマハ発動機(株):10,359人(2020年12月末現在)
売上高 連結決算1兆4,713億円
単独決算5,818億円(2020年12月期)
本社 〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500

【2021年版】ヤマハの中途採用は難しい!理由は採用における競争率にあり!のイメージ
【2021年版】ヤマハの中途採用は難しい!理由は採用における競争率にあり!
ヤマハの中途採用は競争率の高さから転職難易度が高いです。ヤマハの中途採用は即戦力を募集しています。この記事では中途採用の難易度が高い理由や転職が有利になる人の特徴、中途採用の求人について解説しています。ヤマハに中途採用で内定を獲得したい方には必見の内容です。

ヤマハ発動機の転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

フリー写真素材ぱくたそ

次に、ヤマハ発動機の中途採用が有利になる人の特徴について紹介します。
採用HPを参考に、下記にまとめました。

ヤマハ発動機の求める人物像

  • 自ら考え、自ら提案し、自ら行動できる人
  • 苦しい場面でも自己責任で行動できる人
  • 自分の市場価値を高める行動ができる人
  • チームワークを大切にした行動ができる人

ヤマハ発動機は「会社と個人は対等」という考え方を持っており、会社と個人が高い志を共有し、研鑽しあい、協力しあい、喜びを分かち合える関係(ビジネス・パートナーシップ)の構築を目指しています。

ヤマハ発動機は人気企業のため競争率は高くなる傾向がある点にも注意が必要です。
競争率が高いため、同職種の経験があり即戦力として活躍できる方は有利になると言えるでしょう。

【2021年版】三菱電機への転職は難しい!理由は安定した業績にあり!のイメージ
【2021年版】三菱電機への転職は難しい!理由は安定した業績にあり!
三菱電機は【安定性が格段にある】ことから転職市場で人気の企業になっています。そのため、競争倍率が高まっており、中途採用の難易度が非常に高くなっています。 本記事では、三菱電機に転職するための押さえておくべきポイントについて解説します。

ヤマハ発動機の転職の選考フローや面接傾向は?

フリー写真素材ぱくたそ

ヤマハ発動機の面接は、一般的な質問内容に加えて業界知識の深さについて問われる傾向があります。
内定を掴むためには自己分析や業界分析を徹底的に行い、準備を万全にして選考に挑んでください。

ヤマハ発動機の転職の選考フロー

ヤマハ発動機の中途採用は、下記のフローで行われます。

ヤマハ発動機の選考フロー

  • SPI
  • 面接(複数回)

面接は早い段階では集団面接になることがあるようです。
選考期間は2週間から3ヶ月でばらつきがあります。
売り上げの9割が海外でのものなので、総合職は英語力が重視されます。
選考は「即戦力であること」「コミュニケーション力が高いこと」を上手にアピールしましょう。

ヤマハ発動機の転職の面接傾向

面接の傾向は志望動機や転職理由などといった一般的な内容が多いようです。
また、転職のために磐田に移住する人が多いので、「磐田での生活に慣れられるか」を聞かれることが多くあるようです。
バイクについての知識も問われることがあるようなので、しっかりと準備をしておきましょう。

前職までの経験や得意分野と企業の求める人物像のマッチ度は、今後働いていく上でも非常に重要なポイントです。
たとえ入社できたとしてもミスマッチしてしまっていると長い目で見ると自分のためになりません。
しっかり見極め、選考に挑んでください。

サイバーエージェントに転職する方法は?気になる口コミや面接情報を徹底解説のイメージ
サイバーエージェントに転職する方法は?気になる口コミや面接情報を徹底解説
現在、サイバーエージェントは中途採用として様々な職種を募集しています。サイバーエージェントへの転職を目指している場合、採用情報や評判などの情報が必要になるでしょう。そこで今回は、サイバーエージェントへの転職を目指す方に向けた転職情報をご紹介していきます。

ヤマハ発動機への転職の面接対策方法とは?

Photo bypadrinan

ヤマハ発動機への転職の対策方法としては、下記の4点をしっかり把握することが大切です。

ヤマハ発動機への転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

ヤマハ発動機を経営する上での基本方針

ヤマハ発動機は、普遍的な企業目的「感動創造企業」の名の下に成長を続けています。
2030年に向けて長期ビジョン「ART for Human Possibilities〜人はもっと幸せになれる〜」を策定し、「Advancing Roboties」(ロボティクス/知的技術の活用)、「Rethinking Solution」(社会課題解決へのヤマハらしい取り組み)、「Transforming Mobility」(モビリティの変革)の3つの注力領域に取り組んでいます。

ヤマハ発動機の目標に設定する経営指標

財務戦略として、既存事業の稼ぐ力を維持しながら成長原資を確保し、新規事業に投入することを目指しています。
その中で、株主への還元目安としてキャッシュフロー範囲内でバランスをとりながら配当性向は30%を目安として安定的・持続的に行うことを目指しています。

ヤマハ発動機の中長期的な会社の経営戦略

中期経営計画は下記の2点を経営方針としています。

  • 既存事業の稼ぐ力を維持・改善し、キャッシュフローを稼ぐ
  • 成長戦略、基盤強化を株主還元とのバランスをとりながら進めること

ヤマハ発動機の対処すべき課題

今後の最重要課題としては、引き続き成長戦略、基盤強化の取り組みを進めながら、既存事業の収益体質の強化・回復を掲げています。
また、コロナ禍で人と社会の価値観が変化しているため、パーソナルコミューターとして二輪車の再評価や新たなアウトドア需要への取り込みをデジタル技術を活用しながら行うことでV字回復を目指しています。

これらの会社の基本方針や中長期的な経営目標、対処すべき課題等は、今後企業が採用活動を行う上で極めて重要なポイントです。
上記を踏まえて自分がどの部分に貢献できるか、前職までの経験や得意分野を踏まえて面接官にアピールするようにしましょう。

ヤマハ発動機に転職したい方への求人情報

Photo bycongerdesign

次に、ヤマハ発動機の中途採用の求人情報を紹介いたします。
ヤマハ発動機が公開している「中途採用・募集要項」を参考に、募集内容について紹介します。

【ポジション NV事業 新規事業系プロダクトマネジメント(ITシステム)】

  • 応募資格

・大学、大学院、高専を卒業された方
・TOEIC700点以上(必須)
・システム開発における業務要件定義の経験(必須)
・アジャイル開発のマネジメント経験(あれば尚良)
・オフショア開発経験(あれば尚良)

  • 勤務時間
本社標準勤務時間 8:45~17:30
フレックスタイム制度有り(コアタイム 10:15~15:00)
※部門、事業所により異なる
※試用期間以降使用可能
  • 諸手当
資格手当、家族手当、通勤手当など
  • 休日
年間休日121日
週休2日制(弊社カレンダーによる)
長期休暇(年末年始、GW、夏季)
3連続有給休暇取得制度、傷病・介護・看護の特別休暇制度等
  • 給与
経験、能力等を考慮し、当社規定により支給いたします。
月給23万円~40万円
賞与年2回(6月、12月)
  • 勤務地
静岡県磐田市

ヤマハ発動機の求人少なく、さらに採用人数も少ないため競争率が高くなりがちです。
こまめに求人を確認し、タイミングを逃さないようにしておきましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

特別選考へ挑戦できる

 会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

ヤマハ発動機への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo bysasint

ここまでヤマハ発動機の中途採用について紹介してきましたがいかがでしたか。
以下にこの記事で紹介したポイントをまとめます。

この記事のポイント

  • ヤマハ発動機の転職難易度は高い
    理由は【国内外で高いシェア率を誇る有名企業で人気が高い】ため
    一方、コロナの影響でより安定した業界への転職をする波が高くなっている点も影響して競争率は高い
  • ヤマハ発動機への転職が有利になる人の特徴は「自ら考え、自ら提案し、自ら行動できる人」「苦しい場面でも自己責任で行動できる人」「自分の市場価値を高める行動ができる人」「チームワークを大切にした行動ができる人」が挙げられている
  • ヤマハ発動機への転職の攻略法は、会社の基本方針や経営戦略を把握することである
  • ヤマハ発動機の求人は少なく、さらに採用人数も少ないため競争率が高くなりがちであるので、こまめに求人を確認しタイミングを逃さないようにしておくべき

記事を読んでいただいてわかる通り、ヤマハ発動機は競争率が高く、転職者からも非常に高い人気があります。
ヤマハ発動機をはじめとする日系大手企業には新卒採用が多いという特徴があり、比較的転職難易度は高いことが予想されます。

転職活動を有利に進める上で重要なポイントは、転職先の働き方を知ることの他、選考情報を深く知ることが大切です。
選考フローには企業ごとに色があり、評価ポイントは千差万別です。
インテリゴリラでは内定者に実際にインタビューをして得た内定のポイントや面接の質問等の選考体験記が無料で読める、転職情報サイトです。
確実に内定を勝ち取りたい方は必見の内容になっているので、ぜひご一読ください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

関連記事

目次

人気記事ランキング