【2021年版】NTT東日本の中途採用は難しい!理由は競争率の高さと求められるスキルの高さにあり!

【2021年版】NTT東日本の中途採用は難しい!理由は競争率の高さと求められるスキルの高さにあり!

NTT東日本の中途採用は難しいと評判で、その理由は競争率の高さと求められるスキルの高さにあります。NTT東日本は、東日本地域において地域電気通信業務を展開しています。そのNTT東日本への転職の際の中途採用の選考内容、突破するノウハウを紹介します。

記事の目次

  1. 1.NTT東日本への中途採用は難しい!理由は競争率の高さと求められるスキルの高さにあり!
  2. 2.NTT東日本の中途採用が有利になる人の特徴
  3. 3.NTT東日本の中途採用の面接
  4. 4.NTT東日本の中途採用の求人情報
  5. 5.選考難易度が高いNTT東日本に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.NTT東日本等の人気が高い会社への転職はしっかり準備を

NTT東日本への中途採用は難しい!理由は競争率の高さと求められるスキルの高さにあり!

フリー写真素材ぱくたそ

NTT東日本の中途採用の難易度は【競争率の高さ】【求められるスキルが高い】という理由で非常に高いです。
この高難易度のNTT東日本の選考には下記の特徴があります。

  • 契約社員であっても高待遇で迎えられるため、その分必要とされる能力や競争率が高い
  • 基本的に即戦力を募集しているので、応募職種の経験が数年あると良い
  • さらにチーム内で連携をとって進められるコミュニケーション能力も求められる

事業内容は東日本地域における地域電気通信業務及びこれに附帯する業務、目的達成業務、活用業務としています。
地域電気通信業務とは、県内通話に係る電話、専用、総合デジタル通信などの電気通信サービスになります。

NTT東日本は年収が高く人気の職種なので、中途入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
それらを把握するための強力なインテリゴリラを紹介します。

NTT東日本などの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

NTT東日本の中途採用が有利になる人の特徴

Photo byStartupStockPhotos

NTT東日本の中途採用が有利になる人の特徴は、下記の三点です。

NTT東日本の中途採用が有利になる人の特徴

  • 自らスキルアップできる
  • 業界経験が一定年数以上ある
  • 社風への共感と理解

NTT東日本では、クラウドに関する新しい情報に興味があり、勉強会に参加するなど自らスキルアップに臨めるクラウドエンジニアを強く求めています。
AWSやAzureについてのこれまでの経験があるだけでなく、常に技術動向に関する情報収集を行える方が必要とされます。
新卒採用においてはゼネラリストを求める傾向がある企業ですが、中途採用で求めているのはスペシャリストです。
面接に臨む際にも、自分のクラウドについての知識や経験を再度洗い出し、整理しておくことが大切です。

NTT東日本の転職難易度は?口コミでわかる特徴や転職成功のコツを徹底解説!のイメージ
NTT東日本の転職難易度は?口コミでわかる特徴や転職成功のコツを徹底解説!
転職エージェント出身者が、NTT東日本への転職について徹底解説します。 NTT東日本の年収や口コミ、中途採用の情報を、これまでの経験と最新の情報をもとにお伝えします。 NTT東日本への転職をお考えの方は、是非一度ご覧ください。

NTT東日本の中途採用の面接

Photo byFree-Photos

NTT東日本の面接を突破するには、社風の理解、経営戦略に該当する中期経営計画の理解が不可欠です。
また、NTT東日本の内定を掴むためには、「なぜNTT東日本なのか」を明確に答えられるように他社の研究や業界研究も必須です。

NTT東日本の中途採用選考フロー

NTT東日本の選考フローは以下の通りです。

  • NTT東日本グループ経験者採用専用サイトにて、募集ポスト確認
  • 応募フォームからエントリー
  • エントリー情報をもとにした書類選考
  • 複数回の面接(3回)および適性検査
  • オファー面談
  • 内定

口コミでは、事前準備の重要性について言及する人が複数見受けられます。
募集ポストごとに、詳細な業務内容やポジションの魅力などが掲載されているため、熟読のうえ、応募しようとする職種に適した自己PRを練る必要があります。
中途採用サイトには「NTT東日本を知る」「仕事を知る」「職場環境を知る」といったコンテンツが用意されているので、企業理解を深めるためにもしっかりと目を通しておきましょう。

NTT東日本の中途採用面接の傾向

NTT東日本の面接内容で特徴的なのは、人物理解に加えて、企業理解の深度が問われる点です。

「あなたにとってリーダーシップとは?」「やる気のない社員をどう動かすか?」といった、応募者の人となりや考え方を探る質問が多く見られます。
自己分析の中でこれまでの経験を振り返り、「自分がどのような価値観のもとで仕事をしてきたか」を導き出しておくとよいでしょう。
オーソドックスな質問には端的な表現を用いた回答を用意しておくと役に立ちます。

NTT東日本の中途採用面接の攻略法

NTT東日本の中途採用面接の攻略するには、下記二点が必要です。

  • 中期経営戦略を『Your Value Partner 2025』を理解
  • 競合他社研究

中期経営戦略を『Your Value Partner 2025』を理解

NTTグループの中期経営戦略『Your Value Partner 2025』では、デジタルトランスフォーメーションの加速がひとつの柱ともなっています。
グループ各社がデジタルトランスフォーメーションを推進、それぞれの事業活動を通じて社会的課題にコミットすることで「Your Value Partner」となることが、現在NTTグループが掲げるビジョンです。

そのため、NTT東日本のICT技術活用によるビジネス推進の方針は、2020年度以降も続くと見られます。
採用面接の準備として、こうした「地域とともに歩むICTリューション企業」としての事業計画と今後の方向性をしっかりと理解したうえで、自己分析に落とし込んでおくことが大切です。
また、NTTグループのビジョンでは「パートナーとのコラボレーション」も重要な要素です。
社会的課題解決への貢献に対する意欲やデジタルトランスフォーメーションへの理解とともに、「他者との協働により成果を挙げた経験」を具体的に語れるとよいです。

競合他社研究

一般的に、中途採用面接では「なぜ当社なのか」に対する明確な回答が求められます。NTT東日本も例外ではなく、口コミにも志望動機に言及するものが散見されます。
こうした質問の意図は、「どれだけ企業理解しているか」「NTT東日本で具体的にどのような仕事をしていくつもりなのか」について見定めることにあります。
また、明確な志望動機は入社後のモチベーションにもつながるため、採用側にポジティブな印象を与えることができます。

そのためには、NTT東日本という企業についての理解を深めておき、「なぜ他社ではなくNTT東日本を志望するのか」を語れるようにしておくことが重要です。
具体的には、ソフトバンク株式会社、KDDI株式会社というような競合する企業についても研究し、その違いを比較するのがおすすめです。

NTT西日本の転職難易度は?口コミでわかる特徴や転職成功のコツを徹底解説!のイメージ
NTT西日本の転職難易度は?口コミでわかる特徴や転職成功のコツを徹底解説!
NTT西日本は、転職先の企業として非常に魅力的な存在です。本記事では、NTT西日本への転職希望者に向けて、会社概要や難易度、待遇等について解説しています。転職難易度が高い企業なので、事前のリサーチが欠かせません。本記事を参考に、転職を有利に進めてください。

NTT東日本の中途採用の求人情報

Photo bymwitt1337

次に、NTT東日本の中途採用の求人情報の例を二件紹介いたします。
公式HPを参考に現在募集が行われている求人について紹介します。

【ポジション 社内業務オペレーションシステムの開発PMおよびDX推進】

  • 職務内容

バックオフィス関連業務リーダー

  • 必要なスキルや資格

・ITシステム開発(業務オペレーションシステムや営業支援システム等)におけプロジェクトマネージャ経験(1,000万円規模以上のシステムで2年以上の経験)があること
・情報処理技術者試験(プロジェクトマネージャ)、ネットワークスペシャリスト試験、オラクルマスター、PMP、CCNP等、ITに関する技術資格を一つ以上有すること

  • 勤務地

NTT東日本 初台本社


【ポジション 【クラウドエンジニア】自社サービスを展開するクラウド基盤の設計・開発】

  • 職務内容

(1)AWSやMicrosoft Azure等クラウドのスペシャリストとして最新の技術動向に関する調査検証や社内展開
(2)自社向けのAWS/Microsoft Azureをはじめとするクラウド技術を使ったシステム導入・設計
(3)サービス企画部門と連携しながら自治体・中小企業様をターゲットにしたクラウドサービスの展開
※(3)については、営業部門・アプリケーションの提供企業様と連携をし、お客様へサービス導入を行っています。

  • 必要なスキルや資格

AWSやMicrosoft Azureでの設計・構築・運用経験 2年以上

  • 勤務地

NTT東日本 初台本社

 

現在、NTT東日本では上記の他に、経営企画部、ビジネスイノベーション本部、総務人事部、ビジネス開発本部、財務部でそれぞれ採用募集があります。
コーポレートサイトでは随時、募集される職種が変わるので、こまめにコーポレートサイトをチェックしておくと良いでしょう。

NTTデータの転職難易度は?気になる年収や評判・面接情報を徹底解説!のイメージ
NTTデータの転職難易度は?気になる年収や評判・面接情報を徹底解説!
転職エージェント出身者が、NTTデータへの転職について、徹底解説します。エージェントならではの知見と、最新情報をもとに、NTTデータの転職難易度や、年収事情、評判などをお伝えします。NTTデータへの転職をお考えの方は、是非、ご覧ください。

選考難易度が高いNTT東日本に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

NTT東日本等の人気が高い会社への転職はしっかり準備を

Photo bymohamed_hassan

NTT東日本の中途採用が難しい理由、選考内容、求める人物像、求人情報を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

NTT東日本は、経営企画部、ビジネスイノベーション本部、総務人事部、ビジネス開発本部、財務部の多種多様な部署で、東日本地域における地域電気通信業務及びこれに附帯する業務、目的達成業務、活用業務を展開しています。
テレワークの普及もあり、我々の生活に密着した企業である為、非常に安定した業績をあげられるとも言い換えられます。

そんなNTT東日本では、中途採用が難しいだけでなく、年収も高水準である為、応募者も優秀な人材が殺到します。
そういった難易度の高い企業への転職は情報収集が大切になります。
具体的には、過去にどのような人材が転職に成功したのか、また、選考フローではどのような質問をされ、どのような受け答えをすることで合格を掴み取れたのかという事です。
通常、転職活動での選考体験記は情報が出回っていないため、閲覧をすることは難しいですが、インテリゴリラでは可能です。
是非、インテリゴリラを活用して転職活動を有利に進めてみてはいかがでしょうか。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング