【2021年版】日本航空の中途採用は難しい!理由は求められるスキルの高さと求人の少なさにあり!

【2021年版】日本航空の中途採用は難しい!理由は求められるスキルの高さと求人の少なさにあり!

日本航空の中途採用は難しいと言われています。
その理由は求められるスキルの高さと求人の少なさにあるようですが、その詳細について転職エージェント出身者が解説していきます。
日本航空の中途採用での転職をお考えの方は、是非、記事をご覧ください。

記事の目次

  1. 1.日本航空への中途採用は難しい!理由は求められるスキルの高さと求人の少なさにあり!
  2. 2.日本航空の中途採用で有利になる人の特徴
  3. 3.日本航空の中途採用選考フロー
  4. 4.日本航空の中途採用の求人情報
  5. 5.選考難易度が高い日本航空に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.日本航空の中途採用を成功させたいならしっかりとした準備を!

日本航空への中途採用は難しい!理由は求められるスキルの高さと求人の少なさにあり!

Photo byblende12

日本航空への中途入社はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【求められるスキルが高い】【求人が少ない】という理由で難易度が高いという結果になりました。

日本航空は、人気のある航空業界のリーディングカンパニーとして知られています。
その為、転職希望者が多いものの、求人数は非常に少ないという状態で、かなり倍率は高くなっています。
職種によって異なりますが、基本的には高い英語力を求められるので、間口は狭くなります。

上記に加えて、足元では【コロナの影響で採用を控えている】【2012年の再上場や組織の改革が行われている】ため日本航空の中途採用の難易度はさらに高くなっています。

航空業界は、新型コロナウイルスの影響を大きく受け、日本航空も大きなダメージを受けました。
そもそも飛行機が飛んでいないという状況で、日本航空も中途採用を控えているという状況です。
また、日本航空は、京セラ創業者の稲盛和夫氏が経営再建を行い、2012年に再上場を果たしました。
経営不振に陥った経験から、コスト管理もより気を引き締めて行っており、その影響で、採用も慎重になっているという背景があります。

会社概要

設立 1951年8月1日
本社所在地 東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル
代表取締役社長執行役員 赤坂祐二
連結従業員数 35,653人(2020年3月現在)
資本金 355,845百万円

日本航空のような倍率が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておく必要があり、【事前準備】が必須となります。
その際、会員制情報サイトのインテリゴリラは、非常に有益な情報を得る事が出来ます。
インテリゴリラでは、内定者にインタビューを行っており、選考過程で得た情報や、選考官の雰囲気なども知る事が出来ます。
ネットの又聞きの情報でなく、内定者に直接インタビューを実施しているので、リアルな選考情報や、転職者目線で見た企業の情報に触れる事が出来ます。

ネットの情報は、加工されている部分も多いので、実際の内定者の話をもとにまとめられているインテリゴリラの情報は、かなり希少価値が高いものになります。

出来る限りの情報収集を行い、万全の態勢で日本航空への転職を成功させましょう。     

日本航空などの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

日本航空の中途採用で有利になる人の特徴

Photo byClker-Free-Vector-Images

【日本航空で採用される人の特徴】として、下記が挙げられます。

・感謝の心を持って、謙虚に学ぶ
・プロ意識をもつ
・多文化を尊重し、適応する
・お客さまに心を尽くす
・果敢に挑戦し、最後までやり遂げる
・採算意識をもつ
・仲間と共に働く

これは、日本航空のホームページにも記載されており、中途採用をする上での明確な基準になっています。
もし、日本航空への転職をお考えの方は、まずはその指針に共感出来るかを確認しておいた方がいいでしょう。

日本航空の求める人材のポイントを理解したら、その指針に沿って、【自分の体験談などを棚卸しておく】ことをおすすめします。
具体的には、どんな職種であれば、自分がプロとしてどんな意識で仕事に取り組んでいるかや、挑戦してきた仕事など、エピソードを一言で話せる状態にしておくと、面接で好印象を持たれます。

いくら指針に共感していますと口で伝えても、面接官からするとその人のこれまでの行動が判断基準になるので、具体的なエピソードをまとめておくことが重要になります。

【2021年版】日本航空の年収は839万円!年収が高い理由は高額な賞与と充実した手当にあり!のイメージ
【2021年版】日本航空の年収は839万円!年収が高い理由は高額な賞与と充実した手当にあり!
日本航空の平均年収は839万円(2020.3期)です。安定的に推移しており、2019年は828万円、2018年は867万円、2017年は859万円でした。年収が高い理由や、職種や年齢別の年収、初任給、給与・評価制度等も解説しています。日本航空に就職・転職を考えている方はご覧ください。

日本航空の中途採用選考フロー

Photo byFree-Photos

日本航空の中途採用選考フロー

  • 日本航空の中途採用の選考プロセス
  • 日本航空の中途採用面接の傾向
  • 日本航空の中途採用面接の傾向

日本航空の選考は、【Web書類選考、適性検査、面接3回程度が基本】と言われています。

また、面接内では基本的な質問が多いようですが、傾向を抑える必要があるため、下記項目を確認し、【万全の態勢】で面接に臨みましょう。

日本航空の中途採用の選考プロセス

日本航空では、【Web書類選考、適性検査、面接3回程度】が選考プロセスになっていますが、職種により、選考内容にも違いはあります。

また、1次面接、2次面接は現場社員と人事が行い、最終面接では役員と人事が担当するケースが多いようです。

日本航空の中途採用面接の傾向

日本航空の【中途採用の面接の傾向】としては、挑戦し最後までやり遂げる社風にマッチするかを見られます。

また、過去には、具体的に下記のような質問がありました。

・これまで最も困難だった仕事にどのように対処したか
・チームワークを発揮した経験
・JALが経営破綻した理由はなんだと思うか

その他、志望動機や転職理由等、一般的な内容も聞かれるので、あらかじめ自己分析をして考えを整理しておく必要があります。

日本航空の中途採用面接の攻略法

日本航空の中途採用の面接では、【中期経営計画への理解度合い】が見られます。

日本航空では、今後のあるべき姿を示した「JAL Vision 2030」の実現に向けて、「2021-2025年度 JALグループ中期経営計画」を策定しています。

その為、中長期計画についても理解を深めておく必要があります。
また、競合他社と比較した際の日本航空の強みについても問われる事があるので、競合優位性についても、整理しておきましょう。

【2021年版】ANAの中途採用は職種によっては難しい!理由は応募者の多さにあり!のイメージ
【2021年版】ANAの中途採用は職種によっては難しい!理由は応募者の多さにあり!
ANAの中途採用は応募者が多いため転職難易度が高いです。ANAの中途採用は即戦力を募集しています。この記事では中途採用の難易度が高い理由や転職が有利になる人の特徴、中途採用の求人について解説しています。ANAに中途採用で内定を獲得したい方には必見の内容です。

日本航空の中途採用の求人情報

フリー写真素材ぱくたそ

日本航空については、【下記のような職種を募集】しています。

ただし、現在は新型コロナウイルスの影響で採用を控えており、採用ホームページからは応募が出来ない状態になっています。

※過去募集の職種

職種 業務内容 ※一部ホームページ抜粋
業務企画職(地上職 事務系)  お客さまのニーズや需要動向の予測・分析、それらに応じた商品企画、営業活動、また事業運営に必要な総務、調達、財務、経理、広報、部門ごとの採算管理など、領域ごとに業務を担当。
フライトに携わるさまざまな部門のスタッフが最高のパフォーマンスを発揮できるような仕組みを構築し、最大限にサポートする。
業務企画職(地上職 数理・IT系) 業務企画職(地上職 数理・IT系)は、情報通信技術や統計学といった素養を活かし、JALグループが蓄積するビッグデータを定量的、定性的に分析しながら、路線計画や販売戦略、IT企画などを担う。
例えば、レベニュー・マネジメントの部門においては、つねに収益の最大化を目指し、分析による業務変革を推進する。将来的にはIoTやAI、ロボットといった最新テクノロジーを活用した新しいサービス、新しいビジネスを創出しながら、数理・IT系領域の枠を超えてJALグループの成長を牽引する。
業務企画職(技術系) お客さまに安心・満足いただける高品質な航空機を常に採算性を意識しながら提供し続けることが、業務企画職(地上職 技術系)の最大の使命。
尊い命をお預かりする仕事という点において、JALの技術系社員に課せられた責務は重大であり、一人一人に覚悟が求められている。
自社養成パイロット さまざまなスタッフがお客さまのために準備してきたフライトの最終責任者がパイロットだ。「安全性」「定時性」「快適性」を考慮し、運航効率を高めていく。安全な運航を行う技量とプロフェッショナルとしての志が求められる。
客室乗務職 「保安要員としてお客さまを安全に目的地までお運びすること」、そして「お客さまにとって最高のサービスをつくりあげること」が客室乗務職の使命である。

職種ごとの年収は公開されていませんが、2020年3月期の有価証券報告書で、日本航空の平均年収は、839万円と発表されています。
また、ポジションによって求められるスキルは異なりますが、どの職種においても、比較的若手が採用されている傾向があるようです。
これは、多くの新卒採用者を採用している背景があり、新卒採用者とのバランスを考えてのようです。

ちなみに、業務企画職は大卒以上で大学ラベルも見られるようですが、技術職の場合は学歴ではなく、スキルを中心に見られ、入社後も、社内独自の検定を合格し、スキルを付けていく必要があるようです。
勤務地は全国の主要空港なので転勤もあり、勤務時間は基本はシフト制になっています。

転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!のイメージ
転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!
「転職の面接は平均何回行われるの?」「面接回数が変わる理由は何?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では「転職で面接が平均何回行われるのか」「面接回数が増減する理由」「面接で気を付けるポイント」について説明しています。

選考難易度が高い日本航空に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

日本航空の中途採用を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo by LV Aircraft Photography

日本航空へ転職するポイント

  • 事前情報を収集する
  • 内定者の生の声を聞く
  • 面接対策をする

日本航空などの人気企業は倍率が高くなるので、難易度が更に高くなります。

その中でも、日本航空は、転職難易度の高い会社の為、【しっかりとした事前準備が必要】になります。

その為、日本航空への転職を成功させたい場合は、念入りな情報収集や面接の対策が必要になってきます。
その際役立つのが、会員制情報サイトのインテリゴリラになります。
インテリゴリラでは、内定者へインタビューを行い、選考のリアルな雰囲気や、企業の詳細について知る事が出来ます。
また、その情報を元に、面接対策を行う事で、他の転職者よりも、選考を有利に進められる可能性が高まります。

会員制情報サイトのインテリゴリラでしっかりと情報収集を行い、選考に臨み、日本航空の内定を勝ち取りましょう。    

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

YUTA
ライター

YUTA

新卒でリクルートに入社し、その後、リクルートOBが経営する転職エージェントで、RA及びCAを担当。 現在は、某企業の取締役。 転職エージェントでの経験と知識及び、会社経営から得た知識をもとに記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング