【2021年版】東京エレクトロンへの転職は難しい!理由は高い専門性を求められるため!

【2021年版】東京エレクトロンへの転職は難しい!理由は高い専門性を求められるため!

東京エレクトロンへの転職は難しいと評判で、その理由は求められる専門性の高さと同社の未来が明るく人気が高いことにあります。半導体製造装置及びFPDの事業展開を行う東京エレクトロンへの転職のために突破するノウハウを紹介します。

記事の目次

  1. 1.東京エレクトロンへの転職は難しい!理由は高い専門性を求められるため!
  2. 2.東京エレクトロンの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.東京エレクトロンの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.東京エレクトロンの転職の選考フローや転職方法とは?
  5. 5.東京エレクトロンへの転職の面接対策方法とは?
  6. 6.東京エレクトロンに転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.東京エレクトロンへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

東京エレクトロンへの転職は難しい!理由は高い専門性を求められるため!

Photo bybrookhaven

東京エレクトロンへの転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【専門性が求められる】【企業の未来が明るく人気】という理由で転職難易度が高くなってきています

専門性が求められるという点では、半導体製造装置及びFPD (フラットパネルディスプレイ)を製造、保守、営業するどの活動においても、高度な知識や経験が必要になってきます。
企業の未来が明るいという点では、半導体、FPD (フラットパネルディスプレイ)は、昨今のIoT、スマートフォンの普及、デジタル化の推進から社会からの需要が高く、企業の先行きも明るいため、将来有望であるとされています。

2021年の東京エレクトロンの動向やコロナの影響・課題やリスク

2021年度の東京エレクトロンは、株価も業績も堅調です。
コロナ禍で普及したパソコン、5G、電気自動車、IoTという社会環境の中で、東京エレクトロンが手がける半導体製造装置及びFPD (フラットパネルディスプレイ)は、コロナ前よりも需要が増し、業績も右肩上がりになっています。
しかし、今後、韓国や台湾をはじめとした新興国や米国の企業で半導体製造装置及びFPD (フラットパネルディスプレイ)の分野での競争は激しくなるので注意が必要です。
 

東京エレクトロンは年収が高く人気の職種なので、中途入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
東京エレクトロンへの転職活動を突破するために、強力なインテリゴリラを紹介します。

東京エレクトロンなどの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

東京エレクトロンの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

Photo bygeralt

東京エレクトロンの会社概要は下記の通りです。
会社概要

会社名 東京エレクトロン株式会社
Tokyo Electron Ltd.
本社 〒107-6325
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
tel:03-5561-7000
設立 1963年(昭和38年)11月11日
代表者 代表取締役社長・CEO 河合 利樹

資本金

549億6,119万円
従業員数 1,667人(単独)
14,668人(連結)
拠点数 国内7社・26拠点
海外21社・17の国と地域・50拠点
合計28社・18の国と地域・76拠点(連結)

事業内容

東京エレクトロングループは、本社及び39社の関係会社で構成されています。
エレクトロニクス技術を利用した半導体製造装置及びFPD (フラットパネルディスプレイ)製造装置の開発・製造・販売・保守サービスを主な事業の内容としています。

当該事業における当社グループの位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりです。
半導体製造装置、FPD製造装置 については連結子会社東京エレクトロン テクノロジーソリューションズ㈱、東京エレクトロン九州㈱、東京エレクトロン宮城㈱他が製造した製品を当社で仕入れて販売しています。
TEL Manufacturing and Engineering of America, Inc.他一部の連結子会社は、製品の製造及び販売等を行っています。
保守サービス等について は、連結子会社東京エレクトロンFE㈱、Tokyo Electron America, Inc.、 Tokyo Electron Korea Ltd.、Tokyo Electron Europe Ltd.他が行っています。
また、次世代技術の開発等については、当社及び連結子会社TEL Technology Center, America, LLC等が行っています。

その他の物流及び施設管理業務等については、連結子会社東京エレクトロ ンBP㈱が主として行っています。
また、当社グループの保険業務については、連結子会社東京エレクトロンエージェンシー㈱が行っています。

転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!のイメージ
転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!
「転職の面接は平均何回行われるの?」「面接回数が変わる理由は何?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では「転職で面接が平均何回行われるのか」「面接回数が増減する理由」「面接で気を付けるポイント」について説明しています。

東京エレクトロンの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

Photo bygeralt

東京エレクトロンの転職で求められる人物像の特徴としては下記が挙げられます。

東京エレクトロンの転職で求められる人物像の特徴

  • コミュニケーションを好む人
  • 新しいことにチャレンジすることを好む人
  • 変化を好み、柔軟に対応するのを好む人
  • 最先端の技術に関わりたい人

コミュニケーションを好む点については、学生時代や前職において積極的な意思疎通を図った経験を交えて話した上で、臨機応変な対応を局面局面でできることを、変化を好み、柔軟に対応するのを好む点としてアピールしましょう。
新しいことにチャレンジすることについては、今回の東京エレクトロンへの転職を通じてチャレンジングである一面をアピールしましょう。
また、東京エレクトロンは最先端の技術を用いて、半導体製造装置及びFPD (フラットパネルディスプレイ)を作っているので、最先端の技術については事前に調べておくようにしましょう。

【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開のイメージ
【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開
「年収を上げたい」「転職で年収アップしたい」という方が多いですが、転職すれば必ずしも年収アップするとは限りません。本記事では転職で年収を上げる方法や注意点、上がりやすい業界などをご紹介します。転職で年収アップしたい方は、ぜひ参考にしてください。

東京エレクトロンの転職の選考フローや転職方法とは?

Photo byranjatm

半導体製造装置分野で世界4大メーカーのひとつに数えられる東京エレクトロンへの転職は、採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われます
それだけではなく、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。
即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策しましょう。

東京エレクトロンの転職の選考プロセス

書類選考、筆記試験、面接で決定
面接の回数は1~3回が一般的ですが、回数は人によって異なる

東京エレクトロンの中途採用は、書類選考、筆記試験、面接で決定します。面接の回数は1~3回が一般的ですが、回数は人によって異なります

東京エレクトロンの転職の選考フロー傾向

「応募しようと思った理由」「どのような面接準備をしたか」「今までの研究(業務)内容は?」など、オーソドックスな質問が多いことが特徴です。意表を突くような質問や高圧的な雰囲気はなく、内定者からは「正直に答えると『君は素直な人だね』と言われた」「人間性を見られていると感じた」などの口コミが寄せられています。
うまく回答することよりも誠実に向き合う姿勢を大切にしましょう。

東京エレクトロンは、グループ34社全体で17か国に拠点を持つグローバルカンパニーであり、海外勤務となる可能性もあります。
実際の面接では「海外での勤務に抵抗はあるか、英語を話せるかを聞かれた」「勤務地がアメリカだったせいか、面接官も外国の方だった」という体験談がある一方で、「英語は入社後に勉強すれば対応できた」という声もあり、英語力を問われない部署から日常会話レベルの英語力が前提とされている部署までさまざまです。
海外転勤の有無や志望する部署の勤務地を確認しておきましょう。
東京エレクトロンは英語圏だけでなくヨーロッパやアジアにも広くグループ展開しているため、語学経験がある場合は履歴書や職務経歴書も含めて積極的にアピールするとよいですね。

年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】のイメージ
年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】
年収1000万円以上を稼げる仕事には、どのような職業があるのでしょうか。年収1000万円稼げるかどうかは企業や業種によっても変わります。今回は、年収1000万円稼げる仕事の職業や業界、年収1000万円稼いだ場合の手取りなどを紹介していきます。

東京エレクトロンへの転職の面接対策方法とは?

Photo bygeralt

東京エレクトロンへの転職の対策方法としては、下記の4点をしっかり把握することが大切です。

【会社名】への転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

会社を経営する上での基本方針を知ることで、東京エレクトロンという会社のアイデンティティを知り、自己分析と重ね合わせることで、同社へのすり合わせを行うことができます。
目標に設定する経営指標、中長期的な会社の経営戦略について把握することで、会社の未来や行先を把握することができます。
また、会社の対処すべき課題やリスクをす知ることで、同社の脅威を知り、より、俯瞰的に東京エレクトロンを見ることができます。

東京エレクトロンを経営する上での基本方針

東京エレクトロンは、技術専門商社からスタートしました。
開発製造機能をもつメーカーへの移行、グローバルな販売・サポート体制の構築など、事業環境の変化をいち早く捉え、その変化に素早く応えることにより、世界の市場に高い付加価値をもつ製品・サービスを提供してきました。
また、東京エレクトロンは、半導体製造装置やその関連分野を中心に技術革新が新たな価値を生み、高付加価値かつ高収益を期待できる事業領域において、独創的な技術で時代をリードすることを通じて成長を続けてきました。
東京エレクトロンの原動力は、業界のリーディングカンパニーとして育んだ豊かな技術力、確かな技術サービスに基づく顧客からの信頼、そして環境変化に柔軟かつ迅速に対応できる社員と、そのチャレンジ精神です。
今後も技術革新による価値創出が見込まれるエレクトロニクス技術を基盤とした成長分野において、最先端技術を活かして事業を推進し、ワールドクラスの高収益企業を目指していきます

東京エレクトロンの目標に設定する経営指標

東京エレクトロングループは、2019年5月27日に財務モデルを改定しました。
売上高2兆円、営業利益率30%以上を目指すモデルを新たに追加するとともに、ROEは30%以上を目指すものとし、実現時期を5年以内としています。
なお、東京エレクトロングループが示す財務モデルは、将来の売上高規模の予想ではなく、売上高規模ごとに目指すべき経営の効率性を示したものです。
これらの財務モデルの実現を通して、ワールドクラスの営業利益率とROEを目指します。 

東京エレクトロンの中長期的な会社の経営戦略

2024年度までに売上高2兆円、 営業利益率30%以上、ROE30%以上、というモデルをその中核目標に掲げ、この目標を実現すべく、引き続きベストプロダクト、ベストテクニカルサービスを追求していきます。
将来、顧客が必要とする高付加価値の最先端技術製品をいち早く市場に投入するとともに最良の技術サービスを 提供していきます。

東京エレクトロンの対処すべき課題

東京エレクトロンの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のよう なものがあります。
市場変動、地政学、研究開発、調達・生産・供給、安全、品質、法令・規制
、知的財産、情報セキュリティ、人材、環境対応、新型コロナウイルスなど
です。
これらは、場合によっては東京エレクトロングループの業績に影響を及ぼすことが想定されますが、それぞれのリスクに対し必要な対策を行なっていきます。

東京エレクトロンに転職したい方への求人情報

Photo bystux

次に、東京エレクトロンの中途採用の求人情報を紹介いたします。
公式HPを参考に現在募集が行われている求人について紹介します。

【ポジション データサイエンティスト】

  • 職務内容

■半導体製造装置へのAI導入に向けて、機械学習アルゴリズムなど関連する先端技術の調査検討、開発部門や事業部門への展開を推進します。
■機械学習技術を検討している事業部に対し、最新のアルゴリズム評価環境の提供、データ解析等の技術協力を行うことにより、AI技術導入を推進します。

  • 必要なスキルや資格

高校・高専・大学卒以上、実務経験3年以上

  • 勤務地

【札幌事業所】札幌市中央区南1条東1丁目

募集職種は、東京エレクトロンのコーポレートサイトに掲載されています。グループ会社ごとに募集している職種の募集要項が掲載されており、ここからエントリーできます。
エンジニア系の募集が主ですが、会社ごとに扱う装置が異なるため必要な資格や経験が変わってきます

また、会社ごとに勤務地はさまざまで地方勤務となる場合もあるため、扱う装置や職務内容と勤務地の折り合いがつくかどうかも応募前に検討する必要があります
ポジションによっては将来的に海外を含めた転勤があることも考慮し、自身のキャリアプランと照らして応募職種を絞り込みましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。
 

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

東京エレクトロンへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo bygeralt

東京エレクトロンの中途採用が難しい理由、会社概要や事業内容、選考フロー、求める人物像、求人情報を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

東京エレクトロンは、求められる専門性は非常に高いですが、半導体製造装置及びFPD (フラットパネルディスプレイ)という現在の社会に必要な部分を担っていることから、転職市場では人気を博しています。

そんな東京エレクトロンでは、中途採用が難しいだけでなく、年収も高水準である為、応募者も優秀な人材が殺到します。
そういった難易度の高い東京エレクトロンへの転職は情報収集が大切になります。

具体的には、過去にどのような人材が転職に成功したのか、また、選考フローではどのような質問をされ、どのような受け答えをすることで合格を掴み取れたのかという事です。
通常、転職活動での選考体験記は情報が出回っていないため、閲覧をすることは難しいですが、インテリゴリラでは可能です。
是非、インテリゴリラを活用して転職活動を有利に進めてみてはいかがでしょうか。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。
亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング