【2021年版】ディスコへの転職は難しい!理由は高い専門性にあり!

【2021年版】ディスコへの転職は難しい!理由は高い専門性にあり!

ディスコへの転職は難しいと言われています。
理由としては、高い専門性が求められている点にあるようですが、その詳細について転職エージェント出身者が解説していきます。
ディスコへの転職をお考えの方は、是非一度記事をご覧ください。

記事の目次

  1. 1.ディスコへの転職は難しい!理由は高い専門性にあり!
  2. 2.ディスコの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.ディスコの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.ディスコの転職の選考フローや転職方法とは?
  5. 5.ディスコへの転職の面接対策方法とは?
  6. 6.ディスコに転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.ディスコへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

ディスコへの転職は難しい!理由は高い専門性にあり!

【ディスコ】への転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【高い専門性やスキルが必要】という理由で転職難易度が高くなってきています。

ディスコは、どの職種でも実務経験者が求められており、基本的には、職種経験のある即戦力しか採用されない傾向があります。
また、日々技術も進化しており、高いレベルでアウトプットが出来るん人材を求めています。
ちなみにディスコは、世界各国に展開しており、ポジションによっては英語力が求められるので、更に転職難易度が高くなるケースもあります。

他にも、ディスコは独自の技術を持ち、競合優位性となるポイントが複数あります。
こうした強みが信頼に繋がり、精密加工装置・加工ツールの製造メーカーとして実績を積み上げてきました。

2021年のディスコの動向やコロナの影響・課題やリスク

2021年のディスコの動向やコロナの【影響・課題やリスク】としては、下記が挙げられます。


有価証券報告書では、新型コロナウイルス感染症の影響により、顧客の引き合いに大きな変化はなかったと記載があります。
その為、業績自体に、大きな影響は現段階ではないというのが見解のようです。
ただ、今後、感染症拡大の影響で経済状況に影響があった場合は、業績に影響がある可能性も否定は出来ないとの事でした。

倍率が高いディスコなどの企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておく必要があり、【事前準備】が必須となります。

その際、会員制情報サイトのインテリゴリラは、非常に有益な情報を得る事が出来ます。
インテリゴリラでは、内定者にインタビューを行っており、選考過程で得た情報や、選考官の雰囲気なども知る事が出来ます。
ネットの又聞きの情報でなく、内定者に直接インタビューを実施しているので、リアルな残業時間や、転職者目線で見た企業の情報に触れる事が出来ます。
ネットの情報は、加工されている部分も多いので、実際の内定者の話をもとにまとめられているインテリゴリラの情報は、かなり希少価値が高いものになります。

出来る限りの情報収集を行い、万全の態勢でディスコへの転職を成功させましょう。 

ディスコなどの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

ディスコの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

ディスコの【会社概要】は下記になります。 

会社概要

本社所在地
〒143-8580 東京都大田区大森北2-13-11
創業 1937年5月5日
資本金 21,424,134,870円(2021年3月末現在)
従業員数 単体:4,361名、連結:5,586名 (2021年4月末現在)
事業内容 1. 精密加工装置の製造ならびに販売
2. 精密加工装置のメンテナンスサービス
3. 精密加工装置のオペレーションやメンテナンスの研修サービス
4. 精密加工装置の解体リサイクル事業
5. 精密加工装置のリースおよび中古品売買
6. 精密加工ツールの製造および販売
7. 精密部品の有償加工サービス

ディスコは、1937年に創業され、精密加工装置・加工ツールの製造メーカーとして成長を続けてきました。
現在は、連結の従業員数が5500名を超え、大手企業として価値を提供し続けています。

また、メインの事業は精密加工装置・加工ツールの製造になります。

ディスコでは、「高度なKiru・Kezuru・Migaku技術」に事業領域を定め展開しています。
事業の選択と集中をする事で、業界での実績を積み会社としての信頼に繋がっています。

ディスコの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

ディスコの転職で【求められる人物像や転職する人の特徴】は下記になります。

ご紹介する内容はディスコの採用ページに記載されていますが、具体的には、「DISCO VALUES に共感できる⼈」「何でも楽しむ“Fun” な⼈」などがあります。
これは、企業理念に共感し、目の前で起こる事象に対して愉しむことができる人を指します。

また、「脳のアスリート」という考え抜くことができる人や、「⽬指すなら、エベレストに登りたい⼈」という、上昇志向の強い人を求めています。

他にも、「⼈と良い関係を築ける⼈」「未知なることにワクワクする⼈」「考え抜くのが好きな⼈」「仲間と共に達成の喜びや感動を味わいたい⼈」「何があってもくじけない⼈、腐らない⼈」という項目もあります。

それ以外でいくと「ハツラツとしていて、笑顔が素敵な⼈」「⾊々な国の⼈と仕事をしたい⼈」「状況に応じて柔軟に役割を果たせる⼈」という、グローバル社会で、柔軟に対応ができる人というのも求めている人材のポイントになります。

求める人材の項目が多いですが、「できない理由を⾔うより、できる⽅法を考える⼈」「⾃分の意⾒やアイデアを率直に⾔える⼈」「ものごとを正しく、素直に理解できる⼈」「課題発⾒センスのある⼈」「思い切り能⼒を伸ばしたい⼈ 」も記載がされています。

選考内で上記ポイントを伝える場合、言葉だけでは印象に残らないので、具体的なこれまでのエピソードを交えながら伝えると、選考官の評価も高くなります。

【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開のイメージ
【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開
「年収を上げたい」「転職で年収アップしたい」という方が多いですが、転職すれば必ずしも年収アップするとは限りません。本記事では転職で年収を上げる方法や注意点、上がりやすい業界などをご紹介します。転職で年収アップしたい方は、ぜひ参考にしてください。

ディスコの転職の選考フローや転職方法とは?

ディスコの転職の【選考フローや転職方法】としては、下記になります。

選考フローでいくと、書類選考と、2~4回の面接が実施されます。
面接が3回の場合は、1次面接は現場社員の課長・主任クラス、2次面接は現場社員の部長クラス、最終面接は社長と1対1での面接が基本フローになっています。

また質問内容としは、オーソドックスな内容が多くなっているようです。

ディスコの転職の選考プロセス

ディスコの選考は、まずは【書類選考があり、書類選考を通過した場合、2~4回の面接】があります。

面接回数が3回の場合は、1次面接は課長・主任クラスの、入社後に一緒に仕事をする現場メンバーが行います。
2次面接は現場社員の部長クラスのケースが多く、最終面接は社長と1対1での面接になっています。
もし、3回の面接で結論が出ない場合は、別のセクションの役職者が面接に入るケースもあるようです。

人により面接回数も異なるので、状況に応じて対応しましょう。

ディスコの転職の選考フロー傾向

ディスコの面接では、【オーソドックスな質問が多い】ようです。

具体的には、「企業理念について何が共感できるか?」や「DISCO VALUESの何を知っていますか?」という質問がされたケースもあるようです。

また、転職理由や志望動機などは、自分の中で棚卸しを行い、深堀して質問された際にも回答できるように準備しておきましよう。

転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!のイメージ
転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!
「転職の面接は平均何回行われるの?」「面接回数が変わる理由は何?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では「転職で面接が平均何回行われるのか」「面接回数が増減する理由」「面接で気を付けるポイント」について説明しています。

ディスコへの転職の面接対策方法とは?

ディスコへの【転職の対策方法】としては、下記の4点をしっかり把握することが大切になります。

・会社を経営する上での基本方針
・目標に設定する経営指標
・中長期的な会社の経営戦略
・会社の対処すべき課題

会社の理念共感をしているかは比較的重視する企業の為、理念については理解を踏まえておく必要があります。

他にも、会社の方針や、会社としての課題等も、リサーチをしながら自分なりの意見を述べられるようにしておくと、選考でプラスの評価に繋がります。

【ディスコ】への転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

ディスコを経営する上での基本方針

【ディスコ】への転職で必ず覚えておくべきポイント4選として、ディスコを経営する上での基本方針を理解しておく必要があります。

ディスコでは、DISCO VALUESを制定しており、経営陣だけでなく、全社に共有を行い、従業員一人一人にも浸透するような社内広報がされています。

上記は面接時にも理解度を問われる可能性が高いので、ホームページなどを見て理解を深めてから面接に臨むようにしましょう。

ディスコの目標に設定する経営指標

【ディスコ】への転職で必ず覚えておくべきポイント4選として、ディスコの目標に設定する経営指標があります。
 

ディスコでは、会社として掲げた経営方針を、業務や従業員の日々の言動に落とし込んでいます。
これは、企業活動の質を高めていくための施策で、経営方針をもとに、経営指標の目標が設定されています。

会社としての指標と、部門ごとの指標もあり、事業部ごとに採算を見ていくのも特徴になります。

ディスコの中長期的な会社の経営戦略

【ディスコ】への転職で必ず覚えておくべきポイント4選として、ディスコの中長期的な会社の経営戦略があります。

もちろん短期的な売り上げ目標などもありますが、売上げだけでなく、ディスコの会社全体としての、中長期的な会社の経営戦略も理解しておく必要があります。

ホームページや有価証券報告書に記載されている、最低限の情報については目を通しておくようにしましょう。

ディスコの対処すべき課題

【ディスコ】への転職で必ず覚えておくべきポイント4選として、ディスコの対処すべき課題があります。

これは、競合と比較した際にディスコの伸びしろになりそうな部分や、改善が必要と思う点を自分なりにまとめておく事をおすすめします。
実際、その仮説立てた課題が正しいかは分かりませんが、常に改善する思考を持っているというスタンスが面接官に伝わる事が大事になります。

年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】のイメージ
年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】
年収1000万円以上を稼げる仕事には、どのような職業があるのでしょうか。年収1000万円稼げるかどうかは企業や業種によっても変わります。今回は、年収1000万円稼げる仕事の職業や業界、年収1000万円稼いだ場合の手取りなどを紹介していきます。

ディスコに転職したい方への求人情報

ディスコで募集している職種は下記になります。
 

職種 業務内容 給与
技術開発 エンジニアとして、設計や開発を行ります。
領域ごとに担当が分かれているので、専門性の高いエンジニアが揃っています。
500万円~1200万円
営業 営業職として、法人営業を担当します。
大手企業がメイン顧客なので、複数人のプロジェクトチーム単位で営業する事もあります。
500万円~1200万円
管理 管理部門として、グループ全体の管理を行います。
各領域ごとの採用になっており、スペシャリストが揃っています。
500万円~1200万円

基本的には大卒以上の募集が多く、実務経験がないと応募できないケースがほとんどです。
※技術系は高専卒以上の場合もあり

また、勤務地は、東京や工場のある広島などがあります。
これは職種により勤務地が異なるので、事前に調べておくようにしましょう。

ちなみに勤務時間は、基本は8:30~17:15になっています。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。
 

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ディスコへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

ディスコなどの人気企業は倍率が高くなるので、難易度が更に高くなります。

その中でも、ディスコは、転職難易度の高い会社の為、【しっかりとした事前準備が必要】になります。
その為、ディスコへの転職を成功させたい場合は、念入りな情報収集や面接の対策が必要になってきます。
その際役立つのが、会員制情報サイトのインテリゴリラになります。
インテリゴリラでは、内定者へインタビューを行い、選考のリアルな雰囲気や、企業の詳細について知る事が出来ます。
また、その情報を元に、面接対策を行う事で、他の転職者よりも、選考を有利に進められる可能性が高まります。

会員制情報サイトのインテリゴリラでしっかりと情報収集を行い、選考に臨み、ディスコの内定を勝ち取りましょう。    

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。
YUTA
ライター

YUTA

新卒でリクルートに入社し、その後、リクルートOBが経営する転職エージェントで、RA及びCAを担当。 現在は、某企業の取締役。 転職エージェントでの経験と知識及び、会社経営から得た知識をもとに記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング