【2021年版】UR都市機構はホワイト企業と評判?口コミから社風や退職理由を調査!

【2021年版】UR都市機構はホワイト企業と評判?口コミから社風や退職理由を調査!

高水準の福利厚生が売りのUR都市機構は就活生からの評判も高く、常に人気企業ランキングで業界トップに君臨しています。そこで今回は、UR都市機構に実際に働いている人の声をもとに、ホワイト企業なのかなどの評判、年収などはどうなっているのかなど、気になる情報を徹底解説をします。

記事の目次

  1. 1.UR都市機構はワークライフバランスが評判!
  2. 2.UR都市機構の退職や離職率に関する評判や口コミ
  3. 3.UR都市機構の年収・福利厚生に関する評判や口コミ
  4. 4.UR都市機構の仕事のやりがい・成長に関する評判や口コミ
  5. 5.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.UR都市機構などの評判は内定者に聞こう!

UR都市機構はワークライフバランスが評判!

Photo bycarloyuen

UR都市機構は非常に知名度の高い企業で、特にワークライフバランスが高水準で整っており、就活生からも人気の高い企業の一つです。

特にダイバーシティの推進に力を入れており、産休・育休など働く女性への支援に力を入れています。
産前に6週間、産後に8週間の合計14ヶ月の産休の取得や、子供が3歳になるまで育児休暇を取ることができるなど、その水準は非常に高いものがあります。

月間平均残業時間も20時間未満であったり、柔軟な時差出社に対応しているなど、全体的に制度が整っており、安心して働くことができる企業と言えます。

評判のあるUR都市機構などの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

UR都市機構の退職や離職率に関する評判や口コミ

Photo byFirmbee

UR都市機構のコーポレートサイトによると、離職率0.8%、平均勤続年数は17.6年であり、比較的退職者が少ない傾向があります。

その背景としては、福利厚生の充実や休暇の多さ、残業の少なさなどがあげられます。

女性

女性

基本的に退職はほとんどおらず、一度入社した社員が長く勤めている印象があります。
働く女性への支援に関しては、非常に力を入れているため、出産を機に退職する人はおらず、出産後の職場復帰率は100%です。
出産に対しての支援はもちろん、育児に関するサポートも手厚いため、家事・育児と仕事の両立が可能な職場です。
そのため、ワークライフバランスを保つことができ、家庭を持ってからや、重要なライフイベントを経た後も安定して働き続けられる環境と言えます。

ただ、やはりどうしても一部退職する人はいますが、私の周りでは人間関係や労働環境など、ネガティブな理由はあまり多くありませんでした。
一定年数を超えると給与が上がりづらかったり、民間企業の方が給与が多いため転職をする人がいましたが、会社が嫌で出ていく人はほとんどいません。
若手の場合ジョブローテーションが多く、多くの仕事を覚え適材適所への配置と取ることもできます。
一方で、ローテーションのスピードが速いため、なかなかスキルが身につかないとの意見が出ているのも事実です。

総合的に見ると基本的に会社を辞める人は非常に少なく、いたとしてもネガティブな理由で去っていく人はほとんどいません。
そのため働く環境としては、非常に高水準であり、平均勤続年数の高さにも表れていると思います。

【2021年版】三井不動産の中途採用は難しい!競合と比較しても応募条件が厳しい!のイメージ
【2021年版】三井不動産の中途採用は難しい!競合と比較しても応募条件が厳しい!
三井不動産の中途採用は高いスキルや経験が求められるため、転職難易度が高いです。三井不動産の中途採用は即戦力を募集しています。この記事では中途採用の難易度が高い理由や転職が有利になる人の特徴、中途採用の求人について解説しています。三井不動産に中途採用で内定を獲得したい方には必見の内容です。

UR都市機構の年収・福利厚生に関する評判や口コミ

Photo bynattanan23

年収に関しては年功序列の風土が強く、勤続年数が長い上層部からは高評価が集まる一方で、若手からはやや不満の声も出ています。

福利厚生に関しては、冒頭で触れたように非常に整っており、多くの社員から満足の声が出ています。

男性

男性

年収に関しては、安定はしているものの若いうちからバリバリ稼げるという印象はありません。

基本的には年功序列のため、年収アップは年数と役職に依存します。
30歳で500万円、40歳で800万円、50歳で1000万円といたように、成果を出していれば階段式で年収は上がっていきます。
一見安定感のある昇給とも取れますが、いくら成果を出しても民間企業の様に突発的に年収アップができないのがネックです。
そのため、安定よりも成長や早期年収アップを求める同僚は、割と早いうちに転職を検討しています。

また中途採用の際の年収基準も、社会人歴何年目かを見られるので、スキルよりも経験年数を見て新卒入社と同じテーブルで判断しています。
賞与は比較的高い方であり、多い人では100~150万円程度のため、安定して毎年計算できると言っていいでしょう。
また基本的には公務員と同じ制度を取り入れているため、サービス残業などはなく、残業した分はしっかりと給料に反映されます。
そのため、仕事が好きで遅くまで残って業務をすればその分年収を上げることはできるため、給与が少なくても働いた分は稼ぐことができます。

総合的に見ると、安定した昇給やある程度年功序列に賛同できるのであれば、UR都市機構の年収には満足できると思います。

女性

女性

福利厚生の水準は非常に高く、働く環境においては他の企業と比べても整っている方だと思います。
そもそも残業が20時間以内と少なく、ワークライフバランスを保てることや、有給休暇の取得率の高さなど福利厚生には力を入れています。

全社員に対して働きやすい環境づくりを行ているのはもちろんですが、UR都市機構の場合特に働く女性への支援のレベルが圧倒的に高いです。

産前に6週間、産後に8週間の休暇が取れるため、働きながらもしっかりと態勢を整えて出産に臨むことができます。
さらにその後、子供が3歳になるまで育児休暇を取ることができるため、出産後も安心して育児に専念することができます。
またそれが評価や出世の枷になることもなく、平等な状況で産後に復帰することができるため、産後の復帰率も現在は100%です。
また育児休暇に関しては男性でも取ることができるため、女性活躍を推進している一方で、男性がそれを支える風土も浸透しています。

また出産育児以外にも、介護に関する支援制度も整っており、家族の介護を理由に休暇を取ることもできます。
そのため、もしも家族に何かあったおときも、家族のサポートに集中できるため、安心して勤めることができます。
このあたりの福利厚生の充実差も、就活生から人気が高い理由だと思います。

【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開のイメージ
【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開
「年収を上げたい」「転職で年収アップしたい」という方が多いですが、転職すれば必ずしも年収アップするとは限りません。本記事では転職で年収を上げる方法や注意点、上がりやすい業界などをご紹介します。転職で年収アップしたい方は、ぜひ参考にしてください。

UR都市機構の仕事のやりがい・成長に関する評判や口コミ

Photo byFree-Photos

福利厚生の充実や安定性において高評価の声が集まる一方で、やりがいや成長に関しての評判は、やや低い傾向があります。

やはり年功序列の安定性と若手の成長性の両立は難しく、若手からはやや不満の声が集まっています。

男性

男性

年功序列で安定的な風土のため、若手のうちからモチベーションを高く持って働くのはやや難しいと思います。

成果が給与に反映されるものの、それよりも勤続年数や役職が占めるウェイトが大きいため、成果を出したとしてもあまり昇給が見込めません。
つまり仕事ができてもできなくても給与に反映されることが少ないため、若いうちから成長しようという意欲のある人は少ない印象です。

一方で営業ノルマなどが課せられていないことや、過度なプレッシャーがないことがプラスに作用することもあります。
余裕をもって仕事ができるため、仕事に追いつめられることがなく、業界全体を見渡したり競合他社の動きなど把握できるため、自ずとインプットする時間は多く取れます。
そのため、仕事をこなす以外で得られる知識や、自己学習の時間が取れるため、独学で力をつけて成長していく社員も大くいます。

【2021年版】日本の年収中央値は356万円!中央値と平均値の違いは?のイメージ
【2021年版】日本の年収中央値は356万円!中央値と平均値の違いは?
2021年の年収中央値は356万円です。中央値は平均と異なり、データの中心の値を見ることができます。転職における年収の比較をする際に、中央値と平均値の違いを知りたいのではないでしょうか。本記事では転職成功を目指す方に、データを用いながら中央値と平均値の違いを解説します。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

UR都市機構などの評判は内定者に聞こう!

フリー写真素材ぱくたそ

普通の民間企業とは違い、年功序列で安定性があることや、抜群の福利厚生で働く女性を支援している点など、UR都市機構は非常に働きやすい環境を実現しています。
そのため新卒の倍率も高いことに加え、中途採用の枠が少ない分中途入社を目指すのであれば、難易度は非常に高いものとなるでしょう。

もしもUR都市機構へ転職を目指すのであれば、その狭い門を実際に突破し、内定を勝ち取った人のリアルなアドバイスや情報などが非常に重要になります。
そこでインテリゴリラのような実際の内定者や選考経験者の声を多く集めるサービスへ登録し、よりリアルな情報をもとに事前対策を行うことをおすすめします。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング