Sansanの評判や口コミは?福利厚生や激務度、転職難易度まで解説!

Sansanの評判や口コミは?福利厚生や激務度、転職難易度まで解説!

名刺アプリで業界シェア率を圧倒するSansanは、現在非常に勢いのある企業です。ユーザーや市場からの評判の高さはもちろんですが、現役社員からの評価も非常に高いです。今回はそんなSansanの福利厚生や激務度、転職難易度についてご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.Sansanの会社評判や評価は?
  2. 2.Sansanの企業情報は?
  3. 3.Sansanの働き方に関する評判・口コミは?
  4. 4.Sansanの待遇に関する評判・口コミは?
  5. 5.Sansanの中途採用情報
  6. 6.Sansanへの転職難易度
  7. 7.Sansanの評判はエージェントに確認!

Sansanの会社評判や評価は?

https://hrmos.co/pages/sansan/jobs/1000207

一般の人には馴染みが無いSansanですが、多くの取引先と仕事をしているビジネスマンの間では、非常に知名度が高い企業です。
Sansanは名刺管理サービスのEightの開発、運営を行っており、そのアプリの評判の高さから、ビジネスマンの間では非常に有名な企業です。

さらに名刺管理サービスのEightは、現在日本語以外に9か国語も対応できるなど、グローバル展開を行いアジアNo.1プラットフォームの構築に向けて成長中です。

このようにユーザーからのサービスに対する評判はもちろん、大型の資金調達を成功させるなど、Sansanは業界での評判も非常に高いのが現状です。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

Sansanの企業情報は?

https://jp.corp-sansan.com/mimi/2019/11/yoiko-02.html

Sansanの企業情報

  • 企業概要
  • 事業内容

Sansanは2007年に設立された企業で、名刺管理サービスを提供しています。
主な事業としては、企業向けのSansan事業と個人事業主向けのEight事業です。
設立からそこまで月日が経っていないにもかかわらず、2015年には本格的な海外進出を果たすなど、急激な成長を遂げており注目されています

Sansanの企業概要

Sansanの企業概要

  • 会社名:Sansan株式会社
  • 設立:2007年
  • 資本金:28億円
  • 代表者:代表取締役社長 寺田親弘
  • 本社所在地:東京都港区神宮前5-52-2青山オーバルビル
  • 売上:133億6,200万円(2020年5月期)
  • 従業員数:827名(2021年)

Sansanの基本的な事業内容は上記の通りです。
Sansanの歴史は現代表の寺田氏が名刺管理サービスを提供する目的として、三三株式会社を設立したことが始まりです。

その後も東京都内で何度か拠点を変え、着実に成長を続けています。
そして2015年には本格的な海外進出を果たし、Sansan事業の展開を主軸とした連結子会社をシンガポールに設立しました。
また2018年にはベンチャーキャピタルなどから、総額100億円以上の資金調達を行い上場準備を開始し、翌年2019年には東証マザーズへ新規上場をはたしています。
その後2021年には東証一部へと市場変更をし、依然として成長を続けています。

現在では名刺管理サービスEightなどをはじめ、多くのサービスがビジネスマンから高評価を集め、名刺管理ソフトの市場シェア率は驚異の83%と独占状態です。

Sansanの事業内容

Photo byStartupStockPhotos

Sansanでは大きく分けて2つのサービスが存在します。

まず一つ目が企業名にもなっているSansan事業です。
Sansanは取引先の名刺をクラウド上にデータ保存をし、そのデータをもとに営業力強化やマーケティングの実施などを行える、アプリ管理サービスの一つです。
Sansanは単なる名刺管理を行うだけのサービスではなく、CRM機能も付いているため、入手した名刺をもとにデータ構築などを行います。
その結果継続的に顧客にフォローアップができたり、見込み客へのアプローチなどが効率的に行え、企業の営業活動の生産性UPにもつながっています。

二つ目がEight事業です。
これは個人のビジネスマンがターゲットとなっており、顧客と交換した名刺をデータ化して保管するサービスです。
使い勝手が非常に良く、写真で撮影をするだけで相手の名前はもちろん、企業名、役職、部署なども一括で登録されます。
さらに相手が昇進や配置転換などで部署が変わった時や、名刺の記載内容に変更があった際もすぐにお知らせをしてくれます。
そのため名刺交換だけして相手を忘れてしまうなどと言ったことも少なくなり、常にクライアントや見込み顧客の最新の情報がキャッチできるサービスとなっています。

このように間接的に日本のビジネスマンを支援していることから、社員の多くがやりがいを感じて各事業に取り組んでいます。

Sansanの働き方に関する評判・口コミは?

https://hrmos.co/pages/sansan/jobs/1000657

Sansanの働き方に関する評判・口コミ

  • 社風や社員の雰囲気
  • キャリア

Sansanはバリバリと仕事をして成長ができる環境ですので、基本的に良い内容の評判・口コミが多いです。
特にベンチャー企業ならではの雰囲気やスピード感などに一定の評価があります。
ただし、決してマイナス面がないわけではないので、Sansanの評判・口コミについて詳しく確認していきましょう。

Sansanの社風や社員の雰囲気についての評判

Photo bymwitt1337

Sansanは、まだ設立されたばかりということでベンチャー感が強い企業です。
口コミや評判を見てみても、フラットでカジュアルな社風であったり意思決定のスピードが速かったりなど、ベンチャー企業ならではの良い評判が数多く見られます。
一方で、意思決定の速さが裏目に出ることもあり、組織体制やルールがすぐ変わり安定感に欠けるといった口コミも見られました。

社風や社員の雰囲気についてのポジティブな評判

まず最初に上げられるのが、業界No.1のシェアを獲得した後もおごらず、さらに上や世界展開を目指しているため、日々業務に真摯に取り組む人が多いとのことです。
そのためチームワークが良く、全社員が一丸となって課題に取り掛かる社風が目立ちます。
また現在急成長を遂げている企業のため、基本的に組織体制の変化などは激しく、環境の変化に対応する力も求められますが、同時にやりがいも感じているようです。
そこで重要なのが自走力で、上からの指示を聞いて動くのではなく、自ら変化の中で成長する意欲が必要とも言えるでしょう。

次に社員同士の関係を見てみると、比較的フラットでカジュアルな社風であることがうかがえます。
上司部下関係なく、会社の成長のためであれば遠慮なく意見ができる環境が整っている点も、チーム一丸となって課題に取り組む社風に繋がっていると言えます。
また意見するだけではなく、そのアイディアが良いと判断された場合の、その後の実行速度も非常に早く、意思決定のスピード感にも定評があります。

このようにSansanは、急成長を遂げるベンチャー企業らしく、スピード感や変化はもちろんですが、その中にも整ったチームワークが形成されており、やりがいを持って社員全体で協力する社風が根付いています。

社風や社員の雰囲気についてのネガティブな評判

一方でSansanの社員の意見を見ていくと、ネガティブな意見として以下のようなものが上がっていました。

まず一つ目が、組織体制やルールの変化が日々起こりすぎている点についてです。
ベンチャー企業のため、変化スピードが早く、目まぐるしく社内体制などが変わることが予想されますが、逆を言うと安定感に欠けることを意味します。
そのため、一定の社員からはなかなか定まらない社内体制に不安を覚え、安定したルールは社風の確立を求めている人もいます。

二つ目に上げられるのが、業務体制についてです。
Sansanの現場では、自分のスキルごとに専門性をもって業務に取り掛かります。
そのため、自分と違うスキルを持った人との交流が図りづらい縦割りの社風が浸透しており、メンバーとのコミュニケーションが図れないという意見も出ています。
先述でチームワークの良さについて解説しましたが、あくまで自分の周りの小さなチーム単位であり、部署全体などの規模になるとまだまだチームワークにも課題が残るのが現状です。

Sansanのキャリアについての評判

Photo byPublicDomainPictures

Sansanは実力主義の文化が強く、キャリアアップには成果が1番重要な要素になるそうです。
また、評価方法は360度評価を取り入れているので、公平性が高い環境でキャリアアップに挑戦できます。
一方で、キャリアアップができても、給与がずば抜けて高いことはないといった口コミも見られました。

キャリアについてのポジティブな評判

Sansanでは基本的に成果に応じて給与が増えたり、昇進したりと実力主義に近しい評価制度が整っています。
多くの社員が新卒や中途だからといったしがらみにとらわれることなく、正当に評価されていると感じています。
そのため自身の成果がフェアに評価され、昇進することにやりがいを感じていたり、同世代と比べて年収が多いことなどに満足をしている社員も多数います。

特に評価制度に関しては360度評価も取り入れているため、公平性が非常に高いことがあげられます。
360度評価とは、特定の直上司からの評価だけではなく、他部署の上司や同期メンバーからの声も評価の際に取り入れる方法です。
そのため、個人の偏見などでキャリアが偏ることがすくなく、自身の成果に相応しいキャリアを積むことができます。

このようにSansanでは、公平性の高い評価制度の設定などキャリア形成にも力を入れており、多くの社員がやりがいを持って日々業務に取り掛かっています。

キャリアについてのネガティブな評判

大きなやりがいを持って務めている社員が多いSansanですが、一方で以下のようなネガティブな評判も上がっています。

360度評価を設定しており、多くの人から評価されることにやりがいを感じる一方で、その評価内容に対する透明性があまりなく、なぜこのような評価か疑問が残るケースも多いです。
確かに一人の意見に偏らず、公平な評価を下せる360度評価ですが、一方でその内容があまり開示されず、自分の評価に納得がいかないケースも少なくありません。

また仕事自体にやりがいを感じるものの、給与自体がずば抜けて高いわけではないので、収入面でやりがいを感じていない社員も多数います。
現役社員の声を参考にすると、前職と比べて年収が下がったとの社員も多く、現在は給料ではなくやりがいを重視して働いているとのことである。
そのため年収を求めて転職を検討している人は、Sansanは理想の転職先とはならないでしょう。

Sansanへの転職はありか?口コミや転職難易度について徹底解説!のイメージ
Sansanへの転職はありか?口コミや転職難易度について徹底解説!
Sansanへの転職を考えているのであれば、職種や仕事内容、口コミ、やりがいなどの情報を知っておくと円滑に転職活動を進められます。 この記事にはそれらの情報を網羅的にまとめており、Sansanの転職に役立つ情報をご紹介しております。是非参考にしてみてください。
Sansanは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!のイメージ
Sansanは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!
業界トップの地位に君臨するSansanは、転職先として人気企業であるのと同時に激務との噂も絶えません。そのためワークライフバランスや離職率など、多くの人が気になっています。そこで今回はSansanの激務の実態や、実際の社員の働き方について解説をしていきます。

Sansanの待遇に関する評判・口コミは?

Photo bygeralt

Sansanの待遇に関する評判・口コミ

  • 年収
  • 福利厚生や待遇

Sansanの待遇に関する口コミとしては、年収が見合っていないといった内容が数多く見られました。
ただし、福利厚生が充実しているため、非常に働きやすい環境だそうです。
また、社員のスキルアップにはコストを惜しまないなど、社員の成長にも力を入れています。

Sansanの年収についての評判

Sansanの年収はそこまで高くないといった口コミが多く見られます。
高くないと感じられる原因としては、ベンチャー企業であるため非常に多く、それに見合った給料が支払われていないと感じられることが挙げられます。
ただし、一般企業よりは高い年収が貰えているそうです。

年収についてのポジティブな評判

年収についてはずば抜けて高い金額ではないですが、一般企業の平均よりは高いと感じている社員が多いようです。
昇給のタイミングが年2回あるので、その評価のタイミングで成果が認められれば年収が上がる社員も大勢います。
ベンチャー企業の社風が強いSansanでは、定期的社内ルールが変わるので、タイミングが合えば、一度の昇給で大きく年収を上げることも可能です。

また評価グレードも10段階と細かく設定されていることから、自分が今どのようなレベルに位置し、なぜこの給与が支払われているのかが明確です。
そのため、今後の目標の設定やビジョンが持ちやすく、自分の現在の評価かから目標年収を逆算することもできます。

年収についてのネガティブな評判

一方で現役社員の声を調査していくと、総合的に年収の低さに対してのマイナス評価は多くありました。

そもそも年収の設定が低く、業界No.1シェアを誇り、知名度や実績が高い割には、社員に還元されていないと感じる人も多いです。
現在急成長を遂げているベンチャー企業のため、業務量が多く仕事は多岐にわたりますが、それに見合った給料をもらっていると実感している人はあまり多くありません。

10段階のグレードで給与が決まるものの、入社時に設定された年収が低いと給与も上がりづらいため、転職の際は事前に年収交渉をすることがおすすめです。
そのため、Sansanへ転職を考えている人は、転職エージェントなどに登録をし、年収交渉などのフォローアップも依頼すると良いでしょう。

Sansanの福利厚生や待遇についての評判

Sansanの福利厚生は非常に充実しているといった口コミが数多く見られました。
また、有給消化率が70%以上であることや有給休暇以外にも休みの制度があることなどが非常に良い評判を得ています。
ただし、休日でも緊急の案件があれば連絡が来るなど、休みでも仕事をしなくては行けない場合もあるそうです。

福利厚生や待遇についてのポジティブな評判

Sansanの福利厚生は非常に充実しており、全体的に見ると高評価の声が多いです。

有給消化率が70%以上であることや、チャージ休暇と呼ばれる7月から10月の間で取得できる3連休など、社員の休みを大事にする福利厚生が整っているのが特徴です。
また残業も月間平均で30時間と業界的に見て少なく、年収が低い代わりに福利厚生への充実には注力している様子がうかがえます。

このほかにも、業務上必要なスキルを得るための書籍購入や講習への参加などの費用を負担するなど、社員のスキルアップのためにはコストを惜しまない傾向にあります。

福利厚生や待遇についてのネガティブな評判

総合的に見て福利厚生が整っているSansanですが、一方で少数ですが以下のようなマイナス評価も見られます。

基本的に残業が少ないが、部署によってはみなし残業で50時間を超える場合があり、一概に残業が少ない環境とは言えないです。
特に独身社員は子供持ちの社員よりも休暇の取得が取りづらく、ワークアズライフの生活になることも多くあります。

また有給休暇など申請は通りやすく、確実に休むことができますが、休日でも緊急の案件があれば連絡が来ます。
そのため、有給休暇取得率が高い割にしっかりと休暇をとれている実感ががなく、不満を感じている社員も少なくありません。

 Sansanの平均年収は高い?評価制度や福利厚生などを徹底解説!のイメージ
Sansanの平均年収は高い?評価制度や福利厚生などを徹底解説!
Sansanは、ITベンチャーの一角として非常に注目されている企業です。年収や待遇も高水準がゆえ転職先としても魅力的な存在であり、志望者は非常に多くなっています。本記事では、Sansanでの平均年収や福利厚生、入社する方法などについて、詳しく解説します。

Sansanの中途採用情報

Photo by089photoshootings

Sansanが現在募集している職種は以下の通りです。

  • 総合職
  • エンジニア/研究開発職
  • クリエイティブ職
エンジニアだけではなく様々な職種を募集しているのがSansanの特徴です。
総合職に関しては、プレゼンテーション・公演のストーリー設計やスピーチ原稿を担当するスピーチライターなどといった珍しい職種も募集されています。
ただし、クラウドサービスを提供している企業ですので、エンジニア/研究開発職の職種が数多く募集されています。

Sansanへの転職難易度

Photo byStartupStockPhotos

Sansanの転職難易度は比較的高いです。
ただし、中途採用を積極的に行っているので、中途採用で入社するチャンスはあります。
エンジニア系などのSansanが求めているスキルと一致するスキルがあれば、転職することはそこまで難しくないでしょう。
ただし、未経験での転職は難しいため、Sansanへ転職したい場合はスキルを身に着けてから転職に挑戦するのがおすすめです。

コンサルティングファームへ転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、コンサルティングファームへの転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

コンサル転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームの選考体験記が網羅

 

会社名 転職難易度 人気度
マッキンゼー&カンパニー ★★★★★ ★★★★
ボストンコンサルティンググループ ★★★★ ★★★★
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン ★★★★ ★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★
日本IBM ★★★ ★★★
アビームコンサルティング ★★★ ★★★
インテリゴリラでは、上記のようなコンサルティングファームの選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例(ケース面接含む)
・内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

 
 
会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

コンサル転職ならインテリゴリラ

Sansanの評判はエージェントに確認!

Photo bysasint

このようにSansanは業界において圧倒的なシェア率を誇り、インパクトのある事業で常に成長を続けているベンチャー企業です。
そのため仕事にやりがいを持って働きたい人や、世の中に革新をもたらしたい野心家などから、転職先として非常に人気の高い企業です。
年収が低い代わりに安定した福利厚生や、仕事の面白さなどの魅力があり、毎年多くの応募者がいます。

読者の中でSansanに入社し、業界をリードしたい、革新的なプロジェクトをしたいと思っている人は、実績のある転職エージェントへ登録することは必須と言えるでしょう。
エージェントへ登録することで事前対策や情報収取、年収交渉などもフォローしてくれるため、現在転職を検討している人は忘れずにエージェントの登録を行いましょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング