Sansanは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

Sansanは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

業界トップの地位に君臨するSansanは、転職先として人気企業であるのと同時に激務との噂も絶えません。そのためワークライフバランスや離職率など、多くの人が気になっています。そこで今回はSansanの激務の実態や、実際の社員の働き方について解説をしていきます。

記事の目次

  1. 1.Sansanは激務なのか?
  2. 2.Sansanの職種や仕事内容は?
  3. 3.Sansanの労働時間や激務度の口コミや評判
  4. 4.Sansan社員のその他の評判・口コミ
  5. 5.Sansanへの転職に転職エージェントを使用する理由
  6. 6.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  7. 7.Sansanの激務度は転職エージェントに確認を!

Sansanは激務なのか?

Photo byB_Me

名刺管理のシステムSansanや、名刺管理アプリEightを中心とした、ビジネスマンの効率アップ支援するツールを開発しているSansanは、業界トップのシェアを誇るベンチャー企業です。
それ故転職先として人気が高い一方で、ネット上では激務や長時間の残業、ワークライフバランスについての噂が絶えません。

そこで本記事では実際にSansanに勤める社員の声をもとに、激務の実態や実際の離職率、具体的な働き方などを徹底的に解説しいていきます。
現在Sansanへ転職を希望し、実際の労働状況について気になる人は、ぜひ参考にしてください。

Sansanの職種や仕事内容は?

出展元:https://jp.corp-sansan.com/recruit/office/

男性

男性

仕事の面白みややりがいには定評のあるSansanですが、実際に自分が働くとなると、残業時間や実際の社員がどの様な働き方をしているか気になりますよね。
そこでこの章では、はSansanのワークライフバランスや働き方について、職種別にフォーカスをして解説していきます。
 

Sansanの職種

Sansanの現在の募集職種一覧

  • 総合職:アシスタント・キャリアアドバイザー・セールス・ウェブサイト編集長・カスタマーサポート・人事担当など
  • エンジニア/研究開発職:ウェブエンジニア・セキュリティエンジニア・サービスエンジニア・アプリケーションエンジニア・フロントエンドエンジニア・プロダクトマネージャーなど
  • クリエイティブ職:制作ディレクター・ウェブプロデューサー・コピーライター・動画制作ディレクター・グラフィックデザイナーなど

総合職の仕事内容と激務度

Sansanの総合職の仕事内容は多岐にわたります。

事業の戦略をやアプリの告知を行うための企画や運用担当では、顧客との打ち合わせ、自社サービスの認知度アップのための広報などをメインに行っています。
そこで完成された内容を、実際のセールスメンバーが世の中に発信し、より多くのクライアントへ最適なソリューションを提供すべく、商品を提案しています。
さらに契約後のフォローや、エンドユーザーのフォローを行うために、カスタマーサポートが設置されており、常にユーザーの問い合わせに対し、スムーズに回答を行っています。

このように、総合職ではサービス立案後の提案から、その後のフォローアップまでをワンストップで行えるよう、多くの部署が存在します。

また総合職の働き方やワークライフバランスにおいては、以下の理由よりやや激務であると言えます。
まず最初の理由として、見込み残業が45時間設定されており基本的に定時退社の実現が難しいことがあげられます。
そのため、仕事を優先した働き方が求められ、プライベートの時間の確保が難しい傾向にあります。

ベンチャー企業のため変化が激しく、昨日までの体制が明日には一新されることも珍しくありません。
そのため、常に変化が求められたり新しい知識をインプットしなければならないため、新しい知識の取得にも多くの時間を要してしまいます。

一方で家庭の事情などで平日に休みが欲しい場合は、土日に仕事を行い平日に振り替え休日を取得することも可能です
自由度の高いベンチャー企業だからこそ、個人に合わせた働き方が実現できるメリットがあり、激務ではあるもののある程度の時間のコントロールには融通が利くと言えるでしょう。

エンジニア/研究開発職の仕事内容と激務度

エンジニア職の主な仕事内容は、Sansan、Eightの開発と運用です。
さらにその中でもフロントエンド、セキュリティ、iOS、Android、ウェブなど細分化されており、それぞれの部署で分担して開発を行っています。
開発メンバーの多いSansanでは、一人で多くのことを兼業するよりは、自分の得意な分野に注力し、集中して一つの開発に取り組める環境が確立されています。
そのため一人が多くの業務に取り掛かる必要がなく、比較的余裕を持った働き方が実現できており、エンジニア職の離職率は平均よりも低い傾向にあります。

エンジニア職の実際のワークライフバランスについては、総合職よりも保たれており、あまり激務ではないのが現状です。
各種口コミサイトに載っている現役エンジニアの意見を見てみると、ある程度自分の仕事や働き方はコントロールできるとのことです。
さすがに毎日定時退社で残業なしとはいきませんが、毎日深夜まで残ったりなどと言った激務ではない様子です。

また特徴として、自社内開発100%であるため、顧客都合に振り回されることもありません。
そのための顧客都合の納期に迫られることなく、余裕を持ったスケジュールで開発にあたることができます。
結果として、ある程度のスケジュールの調整がつけやすく、エンジニアのワークライフバランスも高水準で保つことが実現できています。

クリエイティブ職の仕事内容と激務度

クリエイティブ職はエンジニア職と手を組むことの多い部署で、エンジニア職同様にコンテンツの制作がメインの仕事内容です。
エンジニア職が裏側のシステムなどを開発する一方で、クリエイティブ職はUI/UXなどと言った実際にユーザーの目に直接見える部分のデザインを担当します。
まだプロデューサーやディレクタークラスになると、単なるデザインだけではなく、プロジェクトの全体の進行をディレクションするなど、業務のレベルも一段階上がります。

そんなクリエイティブ職の激務度ですが、Sansanの中では総合職とエンジニア職の間の激務度と言えます。
現場でのクリエイティブがメインの層は、比較的ワークライフバランスが保たれ、余裕のある働き方ができます。

一方でディレクター、プロデューサークラスになると、企画全体の進行や管理まで手掛けるため、退社時間が遅くなったり休日に対応するケースも増えてきます。
そのため総合職ほどではありませんが、やや仕事優先の働き方になりがちで、場合によってはワークライフバランスが保ちづらい社員もいるのが現実です。

Sansanの労働時間や激務度の口コミや評判

Photo byFirmbee
男性

男性

職種によって残業時間や働き方が様々なSansanですが、現役社員のリアルな評判はどうでしょうか。
ここでは実際の残業時間やワークライフバランス、離職率について、現役社員がどう感じているかを解説していきます。

Sansanの社員からの口コミをまとめると、全体的に見て残業時間が多く、ワークライフバランスよりはワークアズライフになりがちであることがうかがえます。

特に総合職では顧客への提案や、新規獲得のための営業活動に関して目標が設定されており、数値にコミットできない社員は残業時間が多くなる傾向にあります。
理由としては、上場後もベンチャー思考を大事にしていることがあげられ、創業当初のような働き方をしている社員も多く在籍し、ワークライフバランスを気にしない上層部も一定数いるとのことです。
そのため、各事業部のミドル以上のメンバーはワークライフバランスを気にしない働き方が浸透しているケースが多く、部署によっては残業時間が多くなる傾向にあります。

比較的自分の時間が作りやすいエンジニア職やクリエイティブ職に関しては離職率が高くないものの、目標数値が厳しい営業職はやや離職率が高い現状があります。
ただどの企業も営業職というのは離職率が高いため、Sansanの離職率が特別高いというわけではないので安心してください。

 Sansanの平均年収は高い?評価制度や福利厚生などを徹底解説!のイメージ
Sansanの平均年収は高い?評価制度や福利厚生などを徹底解説!
Sansanは、ITベンチャーの一角として非常に注目されている企業です。年収や待遇も高水準がゆえ転職先としても魅力的な存在であり、志望者は非常に多くなっています。本記事では、Sansanでの平均年収や福利厚生、入社する方法などについて、詳しく解説します。

Sansan社員のその他の評判・口コミ

Photo bymohamed_hassan
男性

男性

離職率や残業、ワークライフバランスについては様々な意見がうかがえましたが、その他の社風や給与に対しての満足度はどうでしょうか。

ここでは離職率や働き方以外の、社内体制や給与制度について、現役社員がどう感じているかを詳しく解説していきます。

激務の対価である高給には満足している?

Photo bynattanan23

結論から言うと、Sansanの社員は給与に対して満足をしていません。
確かに一般企業と比べると高給の部類に属しますが、残業時間や仕事量、業界No.1シェアを誇る企業である点から考えると、給与はやや少ないと感じる社員が多いのが現状です。

理由としては営業メンバーのインセンティブが無いことがあげられます。
通常営業が年収を上げるとなると、契約数や経常利益に基づいたインセンティブを獲得し年収を上げていく必要があります。
しかしSansanではインセンティブがないため、成果を出している営業と出していない営業との年収の差がそこまで大きくありません。
このあたりも、営業職の離職率がやや高くなってしまう理由の一つと言えるでしょう。

ただ住宅補助や書籍購入補助など、金銭面に直接関係のある補助制度が多いため、年収に満足がいかなくても生活面でかかる費用をある程度カバーしてくれます。
特に住宅補助に関しては、会社から2駅以内であれば月に3万円の補助が出るので、多くの社員がこの制度には満足をしています。
また残業が多く帰りが遅くなることも多々あるため、駅近くに住むことで補助が出るのは、社員にとっても非常に都合が良い制度と言えるでしょう。

人間関係や社員の雰囲気について

Photo byFree-Photos

会社の雰囲気については、非常に評価の高い声が多い現状があります。
多くの社員が業界をリードしている自覚を持ち、上場後も満足することなく世界展開などを目指しています。
そのため何か課題にぶつかった際は、チーム一丸となり協力し合う社風が確立されており、現場は常に活気にあふれています。

事業体制的にSansan事業とEight事業の2分化が取られていますが、どちらも人との出会いからビジネスを支えるというビジョンに変わりはありません。
そのため、事業部間での風通しも良く、他部署の上司からのフォローやアドバイスも手厚く、若いうちから成長できる環境が整っているのが特徴です。

また日ごろの業務連絡には、社内SNSを活用しているため、誰がいつどんな仕事を行っているかも手早く把握できます。
人数が増えてきて成長フェーズに差し掛かっているからこそ、社内コミュニケーションに重きをおき、チームワークが保てるような配慮も全社的に行われている点も、高評価の理由の一つです。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

Sansanは確かに激務な環境ですが、その中でも多くの社員はやりがいや成長環境においては満足している傾向にあります。

業界トップのシェア率を誇り、常に業界の先頭をリードしているため、ダイナミックな仕事や規模の大きい案件が多いため、常にやりがいを感じて務めてる社員が多いのが現状です。
またシンガポールに連結子会社を設立するなど、現在ではグローバル展開も視野にいるため、ますます仕事の面白さには多くの社員が期待をしています。

また激務であることを裏返すと、日々多くの業務をしなければならない環境ということです。
つまり多くの業務をこなしていくことで、着実に個のスキルが身につき若いうちから成長することができる環境であることを意味します。
実際の社員の口コミを見ても、他社の模倣ではなく自分たちが0から1を作り出しているため、他社と比べても成長速度の速さは実感している人が多くいます。
そのため、Sansanでは激務の中でも確かな成長環境が確立されており、仕事を通してスキルを身に着けたい社員からは、多少激務であってもある程度の支持を集めています。

Sansanの評判や口コミは?福利厚生や激務度、転職難易度まで解説!のイメージ
Sansanの評判や口コミは?福利厚生や激務度、転職難易度まで解説!
名刺アプリで業界シェア率を圧倒するSansanは、現在非常に勢いのある企業です。ユーザーや市場からの評判の高さはもちろんですが、現役社員からの評価も非常に高いです。今回はそんなSansanの福利厚生や激務度、転職難易度についてご紹介いたします。

Sansanへの転職に転職エージェントを使用する理由

Photo byFree-Photos
男性

男性

このように、Sansanの評判は良いもの悪いもの様々あります。
しかい業界トップの実績があることから、毎年多くの希望者が後を絶ちません。
そのため、Sansanへ転職を希望しているのであれば、以下の理由から転職エージェントへの登録は必須と言えるでしょう。

理由1:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

現在30以上の募集職種を公開しているSansanですが、この他にも非公開で好待遇な募集を行っている可能性があります。
特にベンチャー企業では即戦力の募集が多い傾向にあり、転職エージェントを使い非公開で採用をしているケースがあります。
そのため転職エージェントへ登録し、非公開求人など一般市場に出回っていない情報を集めることで、転職活動が有利に進むことがあります。

理由2:Sansanや業界に特化した対策が可能

Sansanの募集ポジションは細かく分けられており、各分野で求められるスキルや経験には様々な差があります。
そのため、自力で情報収集や事前対策を行ったとしても、細部まで徹底するのは難しいでしょう。
そこで転職エージェントを利用し、Sansanに特化した対策や過去に合った面接時の質問などを聞いておくことで、より選考の突破率が上がることも期待できます。

理由3:年収アップ等の交渉も依頼できる

先述通り年収があまり高くないSansanでは、入社時の年収が今後の昇給にも大きく関わってきます。
そのため面接時の年収交渉はマストですが、年収にか関わる交渉はなかなかデリケートなため、入社前に打診するのも難しいのが事実です。
転職エージェントでは、そんな難しくも大切な年収交渉もサポートしてくれるため、年収があまり高くない企業への転職を検討している際は、非常に心強いい味方になります。

Sansanへの転職はありか?口コミや転職難易度について徹底解説!のイメージ
Sansanへの転職はありか?口コミや転職難易度について徹底解説!
Sansanへの転職を考えているのであれば、職種や仕事内容、口コミ、やりがいなどの情報を知っておくと円滑に転職活動を進められます。 この記事にはそれらの情報を網羅的にまとめており、Sansanの転職に役立つ情報をご紹介しております。是非参考にしてみてください。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

Sansanの激務度は転職エージェントに確認を!

Photo bysasint

このようにSansanは業界をリードするトップ企業だけあり、業務体系は比較的激務であると結論づけることができます。
それと同時にワークライフバランスや離職率に関する理由は様々ありますが、総合的に見ると人気の高い企業でもあります。
そのためSansanへ転職する際は、事前に激務でも耐え抜けるか、実際の離職率や今後の待遇や福利厚生はどうなっているかなど、情報収集は欠かせません。

現在Sansan転職を考えている人は、この記事を参考に実績のあるエージェントへ登録をし、より有利に転職活動を進めてください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング