コンサルタントに必要な資格は?コンサルタントの年収や仕事内容も合わせて解説!

コンサルタントに必要な資格は?コンサルタントの年収や仕事内容も合わせて解説!

コンサルタントは企業の経営支援などやりがいがあり、現在非常に人気が高い職種です。年収も高額で多くの人がコンサルタントへ挑戦しますが、職種によっては様々な資格が求められます。そこで今回はコンサルタントが持っておくべき資格について解説していきます。

記事の目次

  1. 1.コンサルタントの意味や仕事内容は?
  2. 2.経営・戦略コンサルタントの年収
  3. 3.経営・戦略コンサルタントに有利な資格一覧
  4. 4.コンサルタントのその他の資格
  5. 5.コンサルタントに転職したいならおすすめの転職エージェント
  6. 6.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  7. 7.コンサルタントへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

コンサルタントの意味や仕事内容は?

Photo byFree-Photos
男性

男性

コンサルタントは主にクライアント企業の経営課題の解決や、戦略面での支援などが主な仕事内容となり、難易度が高い分年収も非常に高いため人気の高い職種の一つです。
しかしその分求められるスキルは非常に高度であり、英語力や専門的なファイナンスの知識など多岐にわたります。

そこで本記事では、コンサルタントの意味や仕事内容の詳細、有利になる資格など各種類別で詳しく解説を行っていきます。

コンサルタントの意味

まずそもそも、コンサルタントとはどのような意味なのでしょうか。
結論から言うと、コンサルタントとは相談をする人という意味の単語です。
そのため一般的には何か相談事を聞く人のことを意味しますが、ビジネス用語においては、経営課題や戦略などあらゆる点で相談を受ける人を、コンサルタントとして表します。

もともとの意味からコンサルタントとは、企業の課題解決のためのサポートをすることが主な仕事となっており、現在では多くの企業がコンサルタントへ相談をし、事業拡大や成長を続けています。

コンサルタントの仕事内容

相談する人と言った意味合いをもつコンサルタントですが、その仕事内容は支援する分野によって大きく変わってきます。
そこで、現在非常に人気の高い3種類のコンサルタントの仕事内容をまとめましたので、コンサルタントの意味が曖昧であったり、どのような仕事をしているか、いまいち掴めないと感じている人は参考にしてください。

経営コンサルタント

まず最初に、経営コンサルタントの仕事を解説していきます。
経営コンサルタントは、文字の意味通りクライアント企業の経営に関する相談を受け、解決に導くことが主な仕事内容となっています。

具体的には、どのような支援を行えばクライアントの経営が良くなるか、人事や営業、マーケティングなど多岐にわたって支援を行うのが経営コンサルタントの仕事です。
そのため仕事内容自体はルーティンワークになりづらく、常に多くの知識をインプットし、正確にアウトプットする必要があります。
結果として仕事自体は非常に忙しくなりがちですが、様々な知識やスキルもおのずと備わってくるため、非常にやりがいがあるのが、この経営コンサルタントです。

戦略コンサルタント

次に解説を行うのは、戦略コンサルタントです。
実は戦略コンサルタントの仕事内容は、経営コンサルタントと非常に良く似ています。
戦略コンサルタントの仕事内容は、クライアントの経営戦略を練ることです。
具体的に経営コンサルタントと違う点は、大企業がメインとなり、他企業との買収や合併の支援、海外進出の計画などの難易度の高い支援が多いのが特徴です。

ファームによってはこの戦略コンサルタントと経営コンサルタントを分けて採用しているファームもあれば、経営・戦略どちらの仕事も行うファームもあります。

ITコンサルタント

一方でITコンサルタントは大きく仕事内容が変わってきます。
主な仕事内容としては、クライアント企業のIT戦略の立案や、システムの見直し、新システムの導入や最適化など、IT関連を一手に引き受けます。

最終的にはクライアント企業の収益を伸ばすことなので、経営・戦略コンサルタントと最終的なゴールは同じですが、ITコンサルタントの場合は、ITの分野に特化したコンサルティングを行います。

また近年多くの企業でデジタル化が進み、ITコンサルタントの需要も高まっています。
IT分野は非常に難易度の高い案件が多いため、こちらもやりがいのあるコンサルタント言えるでしょう。

M&Aコンサルタント

最後に紹介するM&Aコンサルタントは、文字の意味通り、M&Aの分野を中心に、クライアントの支援を行います。
クライアントの課題解決にM&Aが必要な際に、合併や株式譲渡、事業譲渡など、どの手法が最適か、またM&A先の選定や交渉から実行までをワンストップで支援します。

また案件の規模や難易度によっては、弁護士や会計士など外部からの優秀な人材の紹介なども行うなど、業務範囲は多岐にわたります。
そのため、M&A以外にも様々な知識が必要とされます。

【2021年版】コンサルタントの仕事内容とは?業界・職種別の特徴や必要な能力を解説!のイメージ
【2021年版】コンサルタントの仕事内容とは?業界・職種別の特徴や必要な能力を解説!
コンサルタントは年収が高く人気の職業です。そんなコンサルタントの仕事内容や必要な能力はどのようなものでしょうか。コンサルタントファームにはどのような分類があるか職種別の仕事内容などを解説します。

経営・戦略コンサルタントの年収

Photo bynattanan23
男性

男性

コンサルタントは非常に難しい仕事で、求められる成果のレベルも高いため、年収も非常に高額になります。
そこで、この章ではコンサルタントの平均年収や有利になる資格などについて、解説をして行きます。

経営・戦略コンサルタントの平均年収は約535万円

経営・戦略コンサルタントの平均年収は、約535万円とされています。
国税庁が令和2年に発表した、民間給与実態調査によると、日本国内の平均年収は436万円でした。
そのためコンサルタントは比較的、高い年収を得られる職種と言えます。

中でも外資系の経営・戦略コンサルタントの年収は非常に高いことで有名で、成果を出している人であれば、年間で4,000万円を超える人も存在します。

資格を持っていると有利に働くことも

コンサルタントが持っていると有利な資格

  • 社労士
  • 会計士
  • 税理士
  • 中小企業診断士
  • 行政書士
  • TOEIC800点以上

コンサルタントの場合、他の職種と違い特定の資格を持っていると発生する手当などは、基本的にありません。
しかしクライアントの経営・戦略の支援を担うことが仕事内容のため、専門的な資格を持っていた方が、的確なアドバイスをすることができ、結果的に成果が出て、年収がアップすることに直接的につながります

また企業によっては英語圏やアジア圏など、グローバル展開の支援を必要としているため、英語やその他の言語を使いこなせた方が、携われる案件が多くなるでしょう。

経営・戦略コンサルタントに有利な資格一覧

Photo byFree-Photos
男性

男性

コンサルタントは非常に難易度の高い課題解決に向き合うため、様々な分野に精通する必要があります。
必須資格などは特にありませんが、持っていることでクライアントからの信用が大きく上がる資格などもあるので、参考にしてください。

経営・戦略コンサルタントに必要な資格はない

結論から言うと、特に必須とされる資格は存在しません。
この資格がないとコンサルタントになれない、給料が低くなるなど特定の資格もありません。

実際に資格がなくても、クライアントが満足する課題可決を提供できれば、そ俺は一流のコンサルタントと言えます。
しかし多くの案件をこなしていくうちに、その分野に精通できるのもコンサルタントならではのメリットなので、積極的に資格は取得することをおすすめします。

経営・戦略コンサルティングファームに有利な資格一覧と難易度

先ほどの章でも少し解説したものも含め、持っていると経営・コンサルティングファームに有利な資格を、詳しく解説していきます。

MBA

経営・戦略コンサルタントとして、まず最初に取得を勧めたいのが、MBAの資格です。
これは経営学修士と呼ばれ、経営学の大学院の修士過程をを修了することで得られる資格です。

これは経営・戦略コンサルタントの本質となる経営支援を行う上で非常に有利に働き、MBAを保有していることは、それだけ経営に関して深い知識を有している証明になります。
そのため多くの経営・戦略コンサルタントがMBAをもっており、さらに日本では大企業の社長の約4割がMBAを持っているとされています。

MBAの難易度

結論から言うとMBA取得の難易度は国内の大学院に行くか、海外の大学院へ行くかで多少の差は出ますが、どちらも非常に難易度が高いです。

ビジネスに関する学問の最高峰とされているため、倍率も非常に高く、大学院によっては英語での試験や論文も求められます。
そのため、経営学への知見はもちろん、英語力など多くのことを求められるため、非常に多くの勉強時間が必要となります。

一般的には、まったく経営の知識のない人であれば、出願の約半年前当たりから勉強を始めて、合格できるかできないかあたりのラインになっています。

MBAは転職に有利な資格?求人や年収から取得のメリットを解説のイメージ
MBAは転職に有利な資格?求人や年収から取得のメリットを解説
MBAは転職に有利な資格であるのかを明らかにするために、メリット・年収・取得年齢・失敗しないMBA受験など様々な切り口から解説しています。キャリアチェンジやキャリアアップに有利なMBA取得をお考えの転職者にとって、必見の内容になっています。

中小企業診断士

中小企業診断士もビジネスにおいて、常に取得したい資格ランキングの上位に位置する資格です。
この資格は、中小企業の経営課題に対して、診断やアドバイスを行う専門家として認められた証となる資格です。
また法律上の国家資格とされているため、市場での信頼感を得る際にも非常に有利に働くため、コンサルタントで中小企業のクライアントをメインに取引を行う際は、ぜひ取得しておきたい資格と言えます。

中小企業診断士の難易度

中小企業診断士の難易度も、MBAと同じく高い部類に位置しています。
例年の合格率は約20%前後とされているため、約5人に1人が受かる計算になります。
一次試験はマークシート形式となっており、全科目で総合60%以上で、なお各科目40%未満でないことが条件となっています。
一次試験では基本的に経営、財務などに関する科目がメインとなっています。

二次試験では記述式の筆記試験と、10分程度の面接となっています。
面接では面接官が3人に対して、受験性1人で行われ、ランダムで様々な事例を提示され、合計4つの事例に対して答えを求められるのが一般的です。
そのため事前準備はもちろん、当日緊張せずに面接をこなせるよう、場数を増やす意味も込め、ロールプレイングなど多くこなしておくことが良いでしょう。

中小企業診断士は転職に有利なの?資格取得難易度から メリットまで!のイメージ
中小企業診断士は転職に有利なの?資格取得難易度から メリットまで!
この数年、様々なビジネスパーソンから注目される中小企業診断士。経営コンサルタントに転職する方はもちろん、企業経営にまつわる専門知識を幅広く得たい方におすすめです。 ここでは、中小企業診断士の資格概要から取得のメリット、転職に有利かどうかまで解説します。

公認会計士

公認会計士も経営・戦略コンサルタントを行う上では、非常に有利に働く資格で、いわば会計監査のプロフェッショナルと位置付けられる資格です。
経営を行う上で、会計関連の作業は避けては通れません。
そのため、経営に関してのプロスキルを身に着けておくことは、クライアントから信用されるためにも、非常に必要になります。

コンサルタントをする際にはもちろん有利になりますが、コンサルタント卒業後、転職する際にも非常に有利には働き、公認会計士の資格を持っていることで一気に選択肢が広がります。

公認会計士の難易度

公認会計士の難易度も非常に高いです。
合格率も例年10%前後と困難を極めます。

一次試験では短答式の試験で、12月と5月に開催されます。
一回目の12月の方が合格率が高いため、受験を検討している人は、1回目の12月へのエントリーを検討した方が良いでしょう。

また一次試験を突破した後は論文形式の試験があります。
こちらは通常8月下旬に1回のみ行われるので、万全の対策をとってから受験することをおすすめします。

税理士

税理士も上記の資格と並び、経営・戦略コンサルタントを行う上で非常に重宝される資格の一つです。
決算月などは、各企業が税金関連の作業が増え、様々な対策が必要となってきます。
その際に担当しているコンサルタントが、適切なアドバイスや支援を行ってくれれば、この先も安心して経営・戦略を任せられます。
そのため多くのコンサルティングファームでは、税理士の資格を持っている場合、採用率が高くなる実態があります。

税理士の難易度

税理士の難易度も非常に高く、合格率は毎年20%前後です。
そのため非常に長期間の学習期間や、対策を取る必要があります。

試験内容も広く、会計学2科目、税法3科目の合格が必要とされているため、カバーする範囲も多岐にわたります。
また受験資格も定められており、法律学または経済学を一科目以上履修していることや、大学3年以上で法律学または経済学を含む62単位以上を取得していることなど、他にも様々定められています。
そのため、試験の合格率が低いことに加え、そもそも受験資格も設けられているため、非常に難易度の高い資格と言えます。

コンサルタントのその他の資格

Photo byFirmbee
男性

男性

ここまで解説してきた資格とは別に、英語やITに関する資格も持っていると、コンサルタントとしての価値は上がります。
現在デジタル化によるITの普及や、グローバル展開による英語力の需要など、常にコンサルティングにおけるスキルの必要性も日々変化しています。

TOEIC・TOEFLなどの英語の資格

現在、多くの企業がグローバル展開をしていらり、視野に入れています。
そのため、TOEICやTOEFLなどの英語関連の資格も、所持していることで大きな武器になります。

近頃では、特にTOECIのスコアが英語力を図る際の主流となっているため、ぜひTOEICでハイスコアを所持しておきたいところです。
具体的にはTOEIC800点以上を持っていれば、十分なビジネスレベルの英語力を持っていると判断されるため、将来グローバル案件に携わり、英語力を活かしたいと思っているコンサルタントは、最低でも800点以上は保有しておくべきと言えるでしょう。

WEB・IT系の資格

デジタル化が急速に進んでる今、英語力と並んでWEB・IT系の資格も持っていることで有利にコンサルティングが行えます。

厳密には経営・戦略コンサルタントとITコンサルタントは分けられていますが、結果的に経営支援を行う際にシステムなどの導入が必要な場合、WEB・IT系の資格を持っていた方が良い場合もあります。
そのため英語関連だけではなくWEB・IT系の資格にも目を向け、取得を目指した方が、より力のあるコンサルタントとして活躍できます。

コンサルタントに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
転職を考えているのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

コンサルタントへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

前述通り、コンサルタントとして活躍する場合、所有しておいた方が有利になる資格は多数あります。
しかし、まずはコンサルタントになるだけであれば、無資格でも十分に叶えられます。
そこでコンサルタントを目指している人は、優秀なコンサルタントへの転職支援実績のあるエージェントを活用し、転職活動を成功させてください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング