警察官の平均年収を徹底調査!年代別・階級別・地域別で紹介!

警察官の平均年収を徹底調査!年代別・階級別・地域別で紹介!

警察官の平均年収について解説します。大卒と高卒の平均年収の差や年代別の年収・月収・ボーナスなどを詳しく解説するので、警察官に興味のある方はぜひ読んでみてください。最後には、年収の高い警察官になるためのポイントもお伝えしますよ。

記事の目次

  1. 1.警察官の年収ってどれくらい?
  2. 2.警察官とは
  3. 3.警察官の平均年収
  4. 4.警察官の年代別の年収・月収・ボーナス
  5. 5.警察官の階級別の年収
  6. 6.警察官の地域別の年収
  7. 7.年収の高い警察官になるには?
  8. 8.年収を上げたいならおすすめの転職エージェント
  9. 9.転職エージェントと合わせてみるべきおすすめのサイト
  10. 10.警察官の年収はサラリーマンと比べると高い

警察官の年収ってどれくらい?

Photo byijmaki

安定した公務員は人気の職業です。しかし、「事務仕事は合わないな」という方もいるのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、やりがいがあって人の役に立っている実感を強く得られる警察官です。警察官は、私たちの生活を見守ってくれる身近な存在。

しかし、そんな警察官は国家公務員と地方公務員に分けられることをご存じでしょうか。また、大卒か高卒かによる昇進スピードの違いや年代別の平均年収などは知らない方も多いでしょう。

サラリーマンの平均年収より高いか低いか想像できないなら、この機会に警察官の平均年収について知ってみてはいかがでしょうか。
一度社会人になってから警察官に転職する方も少なくないので、転職先のひとつとして考えてみてもよいですね。警察官は、同じ年代のサラリーマンと比べて年収が高いことも多いですよ。

警察官とは

フリー写真素材ぱくたそ

警察官は、みなさんの安心安全な暮らしを守る大切な役割を担っています。さて、その警察官には「国家公務員」と「地方公務員」の2種類があることをご存じでしょうか。

まずは、国家公務員と地方公務員の警察官の違いについて解説します。

警察官の種類

  • 国家公務員
  • 地方公務員

国家公務員と地方公務員の警察官の違い

警察官は「国家公務員」と「地方公務員」の2つに分けられます。

国家公務員は、キャリア組と呼ばれ、入庁と同時に警部補の階級が与えられます。その後、警部や警視へと昇進試験を経ることなく出世していく仕組みです。
国家公務員の警察官のなかには、30代で警察署長に就任する方もいるほど出世のスピードは早く、重要なポストはほとんどが国家公務員の警察官が占めています。

一方、みなさんが日常生活で接することが多いのは、地方公務員の警察官です。全国の都道府県で地方公務員の警察官が採用されています。
巡査から始まり、巡査部長や警部補、警部などへ出世していく仕組みです。昇進するためには試験に合格しなければいけません。その試験は、警部までなら実技や日頃の実績の評価ではなく、筆記の成績だけで合否が決められます。

警察官なら逮捕件数といった実績も考慮される印象を持つかもしれませんが、単純に努力が形として見えやすい筆記試験でのみ判断するのが適切だと考えられているようです。
同じ都道府県でも、地域によって犯罪発生率が異なるので、実績を加味していません。もし、逮捕件数を評価軸にしてしまうと有利不利が生じてしまうからです。警察官の仕事をまっとうするために必要な考え方だといえるでしょう。

男性

男性

警察組織は、「巡査→巡査部長→警部補→警部→警視→警視正→警視長→警視監→警視総監」の9階級で成り立っています。

警察官の平均年収

Photo bynattanan23

次に、本記事のテーマである警察官の平均年収を解説します。階級によって月収が違うのでチェックしてみてください。

警察官の平均年収は500~800万円

2019年4月に実施された「地方公務員給与実態調査結果」によると、警察官の平均年収は500万円~800万円でした。月収でいうと、33万円あたりだといえます。

ただし、大卒か高卒かによっても異なってくる階級が大きく影響します。大卒が高卒かによって初任給でも月収に3万円ほどの差があるので詳しく解説しましょう。

女性

女性

月収で3万円の違いって大きいですよね。

大卒と高卒の平均年収の差は?

大卒か高卒かによって階級や出世スピードが変わってきます。警察組織は、9階級に区分され、その等級で月収が決まる仕組みです。

もし階級が上がらなければ大卒も高卒もさほど変わりません。しかし、大卒のほうが最初の昇進試験の受験資格を得るのが早いため、差が開くことがほとんどです。

  • 大卒の場合:巡査部長の試験を受けるためには1年間の勤務が必要
  • 高卒の場合:巡査部長の試験を受けるためには4年間の勤務が必要
何度も昇進試験に落ちていると、巡査部長にはなれず、月収は上がっていきませんが、チャンスが早く来るのはかなり有利でしょう。

とくに、キャリア採用の場合、階級は警部補から始まります。初任給から同年代と比べて高い水準です。その後も出世すると高収入を期待できるでしょう。
「公安職給料表」をみると、標準職務別に以下のような最低平均給料月額になっています。
 
標準職務 最低平均給料月額
巡査 17万8,103円
巡査長 22万9,300円
巡査部長 23万4,600円
警部補 21万6,300円
警部補等 36万6,513円
課長補佐等 40万494円
警視等 45万3,493円
課長、署長等 42万9,426円

同じ標準職務でも号給が違ってくるので、あくまでも目安だと考えてください。たとえば、同じ巡査でも17万6,103円~28万9,500円の開きがあります。
総平均月収は33万円です。おおよそ40歳を過ぎたあたりから月収が30万円を超えると考えたらよいでしょう。ボーナスは月収の4か月分ですので、100万円~250万円くらいになります。

なお、警察庁長官や警視総監、警察庁次長は、別途「指定職俸給表」が設定されるので、その分月給が高いです。
指定職俸給表とは、その官職の職務と責任の度合いが高度で、かつ、一般職の職員に適用される扶養手当や住居手当といった属人的な給与がなじまない場合に定められるもの。

警察庁長官や警視総監、警察庁次長は、非常に責任が重いので、月給が高くても不思議ではありませんよね。
 

男性

男性

大卒のほうが出世が早いかもしれません。

警察官の年代別の年収・月収・ボーナス

Photo by marumeganechan

続いて、年代別で警察官の年収・月収・ボーナスをみていきましょう。

危険な職務もおこなう警察官は各種手当が多く、ほかの国家公務員や地方公務員よりも平均年収が高く設定されています。
2019年の総務省発表の資料によると、国家公務員や地方公務員の平均年収相場が650万円程度であるのに対して、警察官の平均年収は717万57円と高水準です。

20代の警察官

20代の警察官の場合、年収・月収・ボーナスの目安は以下のとおりです。
 

モデル 25歳の巡査
年収 約390万円
月収 約23万円
ボーナス 約60万円

30代の警察官

30代の警察官の場合、年収・月収・ボーナスの目安は以下のとおりです。
 

モデル 35歳の巡査部長
年収 約515万円
月収 約30万円
ボーナス 約85万円

40代の警察官

40代の警察官の場合、年収・月収・ボーナスの目安は以下のとおりです。
 

モデル 45歳の警部補
年収 約660万円
月収 約38万円
ボーナス 約110万円

50代の警察官

50代の警察官の場合、年収・月収・ボーナスの目安は以下のとおりです。
 

モデル 56歳の所属長(7級)
年収 約865万円
月収 約45万円
ボーナス 約135万円
 
モデル 57歳の所属長(8級)
年収 約900万円
月収 約46万円
ボーナス 約140万円
 
モデル 58歳の参事官
年収 約1,010万円
月収 約48万円
ボーナス 約150万円

全国どこでもほとんど同じ水準で設定されています。45歳でおおむね年収650万円程度、60歳の定年近くになると年収1,000万円以上になることも。

警察官の仕事内容はハードですが、収入の安定性があり、比較的高水準ではあります。

女性

女性

警察官の社会的信用は高く、ローンが組みやすいです。

警察官の階級別の年収

フリー写真素材ぱくたそ

警察官は階級によって年収に大きな差があります。
階級は下から順番に「巡査→巡査部長→警部補→警部→警視→警視正→警視長→警視監→警視総監」の9階級です。

この9階級のなかでも主要なポジションについて掘り下げましょう。なお、本記事では警察官に適用される「公安職給料表」のデータを参照します。

巡査の平均年収

巡査の平均月収は約17万円から約29万円です。
そのため、平均年収は約570万円になるでしょう。
ただし、想定される年収は320万円から820万円まで幅広いです。ノンキャリアの警察官は巡査からキャリアが始まります。

巡査部長の平均年収

巡査部長の平均月収は約23万円から約43万円です。
モデルは38歳で月収は33万円ほどをイメージするとよいでしょう。
年収でいうと、約630万円です。

巡査部長は、警察署にて主任の地位を得ます。
初級幹部として警部や警部補の補佐をしつつ、部下の巡査に指示をおこなうのが役割です。

警部の平均年収

警部の平均月収は約37万円から約44万円です。
モデルは51歳で、43万円ほどの月収をイメージするとよいでしょう。
もろもろの手当も含めると、年収は720万円ほどになります。

警部になると、警察官全体の平均年収を超えてくるころです。
警部は、警察庁や警視庁の係長、都道府県の課長補佐、警察署の課長などの役職に就きます。責任も増えてくるころです。

警視の平均年収

警視の平均月収は、約35万円から約47万円です。
平均年齢は51.5歳あたり。年収は約780万円とされています。

ときには、捜査一課や捜査二課などを統括するポジションですので、責任が重く、その分年収も上がるのです。

警視総監の平均年収

警視総監にもなると、平均月収は50万円近くなります。
年齢は54.8歳が平均ですので、ちょうど定年の少し前だと考えるとよいでしょう。年収は約1,250万円です。

警視総監は、警視庁にただ一人だけ置かれるポストで、警視庁長官に続く地位があります。
ここまで出世するのは至難の業ですが、目標とするキャリア警察官も少なくありません。

男性

男性

どこまで出世したいか現実的な目標を定めるとよさそうですね。

警察官の地域別の年収

Photo by Dick Thomas Johnson

続いて、地域別の年収もみていきましょう。地域別でみた年収ランキングの上位5つを比較します。

東京・大阪・神奈川・愛知・滋賀の年収を比較

2020年の総務省発表データによると、地域別の警察官年収ランキングは以下のとおりです。
 

順位 都道府県 ボーナス 年収
1 東京都(警視庁) 187万8,500円 771万4,520円
2 大阪府 178万8,600円 767万5,116円
3 神奈川県 174万3,500円 751万7,252円
4 愛知県 175万1,500円 734万4,376円
5 滋賀県 170万8,000円 733万9,444円

東京都や大阪府など、大都市の年収が高く設定されています。これは、都道府県によって変わる地域手当が高く、事件や事故が増えるため残業代が多く支給されることが影響していると考えてよいでしょう。

男性

男性

年収の高さと大変さは比例関係かもしれませんね。

年収の高い警察官になるには?

警察官という仕事に憧れを持っている方も少なくありません。
そして、現実的なことを考えると少しでも年収は高いほうがよいでしょう。
そこで、年収の高い警察官になるための方法を紹介します。

年収が高い警察官になるためのポイント

  • 昇進試験を受けて階級を上げる
  • 平均年収が高い地域を選ぶ
  • 警察庁にキャリア・準キャリアとして採用される
  • 残業の多い部署に異動する

昇進試験を受けて階級を上げる

警察官は階級によって年収に大きな差があるため、昇進試験に合格し、階級を上げて年収もアップさせる方法がもっとも堅実的でしょう。

ちなみに、警部補になれる年齢は学歴問わず26歳からです。警視以上は、試験ではなく、勤務での実績や能力などを評価されて昇進します。

平均年収が高い地域を選ぶ

平均年収が高い地域を選ぶという方法もあります。2020年における警察官の年収ランキングは以下のとおりでした。

  1. 東京都(警視庁)
  2. 大阪府
  3. 神奈川県
  4. 愛知県
  5. 滋賀県
  6. 埼玉県
  7. 千葉県
  8. 宮城県
  9. 兵庫県
  10. 京都府
一方、47位は鳥取県でした。東京都(警視庁)の警察官の年収が771万4,520円で、鳥取県の警察官年収が635万5,904円ですので、大きな差があると感じられる方もいるでしょう。

しかし、発生する事件や事故の件数も違ってくるので、一概に東京都をおすすめするわけではありません。生まれた地域や育った地域など、親しみのある都道府県を選ぶ警察官がほとんどです。

警察庁にキャリア・準キャリアとして採用される

大卒以上で国家公務員採用試験に合格して、警察庁にキャリア・準キャリアとして採用される方法もあります。

キャリア警察官は、初任から警部補です。その後、昇進試験はなく、1年後に警部、さらに2年半後に警視になれます。20代で指揮官クラスになれるわけです。

また、国家公務員一般職試験に合格した準キャリア警察官は巡査部長から始まります。そして、キャリア警察官と同様に昇進試験を受けずともキャリアアップしていく流れです。優秀な方は、警視長になれるので、年収はずいぶん上がります。

残業の多い部署に異動する

ノンキャリアで昇進試験の受験資格取得まで時間がかかるなら、いっそのこと残業が多い部署に異動願いを出そうかと考える方もいます。
もっとも忙しい部署は刑事課だといわれています。とくに強行犯捜査をおこなう捜査1課は帰宅もままなりません。

また、組織犯罪対策課も多忙です。国際捜査に関わる刑事は、海外の時間に合わせて勤務するので、生活リズムが掴みにくいともいわれています。
そのほか、災害やテロに対応する警備課も残業時間が多くなることが多いようです。ただし、「残業を増やしてまで年収を上げたいか?」ということは自問自答したいですね。

女性

女性

努力なしに年収は上げられませんね…。

年収を上げたいならおすすめの転職エージェント

単純に年収を上げたいだけなら、警察官以外の仕事も考えてみるとよいでしょう。転職エージェントを利用して、視野を広げてみてください。

転職エージェントの利用をおすすめする理由

年収を上げたいあなたのために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントだけを厳選してみました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高い
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有している
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいる
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。

業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
転職を考えているのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。

また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方にはとくにおすすめ。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量ともにトップレベルといえるでしょう。

とくにグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。

また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため、選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評ですので、キャリアやスキルに自信のある方は、ぜひ登録してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1,000万円以上の求人が求人全体の約3割~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値をはかるためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

ほかの転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。

ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職エージェントと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報なら「インテリゴリラ」
  • 自分の市場価値を確認するなら「ミイダス」
  • 口コミから企業を知るなら「転職会議」
  • 今人気の企業を知るなら「転職人気企業ランキング」

圧倒的高品質な選考情報なら「インテリゴリラ」

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、ほかにもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているとのことです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、現場の声も聞けるでしょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、最難関企業の特別選考の案内をしてもらえる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくためにぜひ登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

自分の市場価値を確認するなら「ミイダス」

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせることで市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービスです。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、より自分にフィットしたオファーを受け取れます。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値をはかれます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、書類選考なく面接できるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで自動でオファーが来るので、忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方にはとくにおすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら「転職会議」

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業のなかで働く方の口コミを事前に確認しておくことは、入社後に「そんなはずじゃなかった」と後悔しないために非常に重要なことです。

数ある口コミサイトのなかでも、転職会議はもっとも信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックできます。

残業時間や有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカがテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認できます。面接が何回おこなわれたかといった具体的な情報も手に入れられます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら「転職人気企業ランキング」

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも登録しておいたほうがよいでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査をおこなっているので信憑性があります。ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になりますよ。

doda 登録フォームはこちら

警察官の年収はサラリーマンと比べると高い

フリー写真素材ぱくたそ

警察官の年収は、サラリーマンの年収より高いこともめずらしくありません。ただし、警察官の年代や、大卒か高卒かによる昇進の早さ、国家公務員か地方公務員か、なども十分考慮してください。

警察官の仕事はハードですので、年収の高さだけに注目して転職するのはおすすめできませんが、ひとつの判断材料になったのならば幸いです。

年収を上げたいなら、本記事で紹介した転職エージェントに登録したり転職サイトを利用したりしてみてもいかがでしょうか。

瀬戸山佳菜
ライター

瀬戸山佳菜

大学在学中に人材コンサル会社にて営業事務を経験。新卒採用や中途採用のサポートなどを担う。その後、2年半IT会社にてシステムエンジニアを経験後、Webライターに転身。就活や転職、お金のことなど幅広い分野の記事を執筆中。モットーは、読者に役立つ情報発信を。継続は力なりという言葉を大事にし、コツコツ真面目に奮闘中!

関連記事

目次

人気記事ランキング