コンサルタントは年収1,000万円以上実現可能!高年収はスキルの高さと激務から!

コンサルタントは年収1,000万円以上実現可能!高年収はスキルの高さと激務から!

高年収を誇るコンサルタント職種では年収1,000万円超えは珍しくありません。しかしクライアントの経営上の課題を克服するための知見を提供する為に求められるスキルは多岐に渡ります。また労働時間が長い事も特徴です。そんなコンサルタントの年収について徹底解説します。

記事の目次

  1. 1.コンサルタントで年収1,000万円以上実現できる!年収が高い理由はスキルと激務度にあり!
  2. 2.コンサルタントの業界別の年収
  3. 3.コンサルタントの役職別の平均年収
  4. 4.外資系と日系のコンサルタントの年収の違い
  5. 5.コンサルタントの年収の特徴
  6. 6.コンサルタントに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  7. 7.コンサルタント等の人気が高い職種への転職はしっかり準備を

コンサルタントで年収1,000万円以上実現できる!年収が高い理由はスキルと激務度にあり!

Photo byFree-Photos

コンサルタントの平均年収は、各企業ごとにばらつきはありますが、500万円から800万円前後となっています。
入社後の昇進や独立で1,000万円以上の年収も実現可能です。
コンサルタントの年収が高くなる理由は下記三点が挙げられます。

コンサルタントの年収が高くなる理由

  • 求められるスキルが高い
  • 労働集約型になりやすく激務である
  • 利益率が高い(人件費しかかからないため)ので給与に反映されやすい

求められるスキルが高い

クライアント企業はコンサルティングで課題が解決することを望んでいます。
コンサルタントはクライアントに対して課題解決に向けた方法を提案していかなければなりません。
ここで求められるのは、高いコミュニケーション能力を持ち、ロジカルシンキングができ、高いストレス耐性を持つ人材です。

高いコミュニケーション能力

クライアントの現状を把握し、的確な解決方法を提案するためには、きめ細かいコミュニケーションが求められます
クライアントがAという課題について相談してきたものの、実はBに問題がある、ということは少なくありません。
クライアントとの会話から課題の本質を見極めるためにも、高いコミュニケーション能力が必要です。
また、コンサルティングを行う上でのチームワークも求められ、上司や先輩、同僚とも円滑なコミュニケーションを取るのが重要です。

ロジカルシンキング

コンサルタントは論理的に解決方法を探る必要があります。
クライアントに解決方法を提案するときも、「なんとなく」では説得力がありません。
どうしてその考えに至ったのかという過程を、論理的に説明することが求められます

高いストレス耐性

どの職業でも少なからず人はストレスを感じることがありますが、特に外資系コンサルティングファームは非常にシビアな世界です。
あり得ない位の短期間で無理難題を解決に導くことが求められるケースも多々あります。
そのような高負荷がかかる状況下においても、プロ意識と冷静さを保ちながら職務を遂行することが出来る能力が求められます

労働集約型になりやすく激務である

コンサルタントの仕事は、労働集約型のビジネスで、常に人が働き続けないと売上が上がりません。
さらに、コンサルティングは基本的に裁量労働型という形で給与を出されることが多いく、成果に応じた報酬のみが支払われる仕組みで給与が設定されています。
これを経営者の視点で考えてみると、社員の労働時間が長くなっても支払う人件費は変わらないため、経営者側は社員に働かせれば働かせるだけ得をするというモデルになり、結果として激務になるというメカニズムです。

利益率が高い(人件費しかかからないため)ので給与に反映されやすい

コンサルティングは在庫を抱えないので、必要経費が少ないため利益率が高くなります
利益率の高さは、そのまま社員の利益へ還元される場合が多いので、コンサルティングファームの年収は高いです。
また、コンサルティングは1件あたりの単価が非常に高く、売上も大きいので社員の高年収へ繋がります。

コンサルタントという職種は年収が高く人気の職種なので、入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
そこで、把握するためのインテリゴリラを紹介します。

コンサル系企業などの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

コンサルタントの業界別の年収

Photo byJulius_Silver

コンサルタントは大きく分けて8種類に分類されます。

業界 平均年収
戦略系コンサルタント 500~1,500万円
ファイナンシャルアドバイザリーコンサルタント 600万円~2,000万円
事業再生 / ハンズオン型支援コンサルタント 700万円~1,000万円
シンクタンク系コンサルタント 600万円~1,200万円
業務・IT系コンサルタント 500万円~1,000万円
組織人事コンサルタント 400万円~700万円
監査法人コンサルタント 500万円~1,400万円
ミドルマーケット向けコンサルタント 500万円~1,000万円

同じ業界の中でもバラつきがあり、中にはサラリーマンの平均年収400~500万円とほぼ変わらないコンサルティングファームさえあります。

コンサルティング業であれば高収入であるということは、一概には言えませんが、全体の平均は年収701万円であり、給与が高めであることは確かです。

コンサルタントの役職別の平均年収

Photo bygeralt

コンサルタントの役職ごとの年収を表にまとめると、下表の通りです。
 

役職 平均年収
アナリスト 500万~800万円
コンサルタント 700万~1,300万円
マネージャー 900万~2,000万円
プリンシパル 1,300万~2,500万円
パートナー 2,000万円~数千万円以上

同じ役職内でも業績次第では一定の範囲内で変動しますが、やはり階層別に明確な収入差があることが分かります。
未経験や中途採用の場合はアナリストからのスタートが多いですが、個人の能力に見合った役職からスタートする場合も多いです。

外資系と日系のコンサルタントの年収の違い

Photo byFree-Photos

コンサルタントは高年収ですが、企業ごとに年収レンジに差があります。
外資系企業の方が日系企業よりも収入が高く、平均年収は戦略、外資系総合、日系総合、中堅ファームの順に高いことが多いです。
しかし、実力主義によるところが大きく、仕事をこなせなければ稼げないという事実は把握しておきましょう。
下表では代表的な外資系企業と日系企業の平均年収を紹介します。

外資系企業

企業名 平均年収
マッキンゼー 1,180万円
ボストンコンサルティンググループ 1,384万円
ベインアンドカンパニー 1,118万円
デロイトトーマツ 910万円
 
日系企業
企業名 平均年収
野村総合研究所 989万円
アビームコンサルティング 819万円
三菱総合研究所 842万円
シンプレクス 704万円

コンサルタントの年収の特徴

Photo byFree-Photos

コンサルタントの年収の特徴は下記三点です。

 コンサルタントの年収の特徴

  • 徹底的な実力主義
  • 年俸制が多く、残業代は支払われないことも
  • 日系企業のような年功序列や終身雇用とはかけ離れている

徹底的な実力主義

コンサルタントに対して「エリート」といったイメージを持っている人も多く、一般的なサラリーマンに比べて給料が高いことで知られている職業です。初任給でも年収500万円以上は珍しくなく、20〜30代で年収1000万円、上位の役職についている人であれば年収数千万円というケースもあります。
ただし、高い給料は徹底した「実力主義」にもとづいています
何より重視されるのは年齢や肩書きではなく、「コンサルタントとしてどのような案件を引き受け、どのような成果を残すことができたのか」という点です。

年俸制が多く、残業代は支払われないことも

外資系のコンサルティング会社では「年俸制」をとっている企業も多く、その場合は残業分があらかじめ含まれた給料が支払われます。
また、企業内で役職が上がりマネージャーの立場になると、労働基準法上の「管理監督者」になるため残業代は支給されません。
このように、コンサルタントは「残業をすればするほど収入が上がる」という仕事ではありません
年間を通していかに仕事を効率よく進めることができるかがコンサルタントには求められます。

日系企業のような年功序列や終身雇用とはかけ離れている

国内の昔ながらの日系大手企業では、今もなお「年功序列」や「終身雇用」の制度を維持しているところが多いです。
正社員で一度入社すれば長期間に渡って安定した生活を得ることも可能です。しかし、コンサルタント業界は「実力主義」「成果主義」の世界です。
成果を出せない社員に対しては厳しい処遇が突然言い渡されることもあるため、貯金をしておくなど、つねにリスクに備えておくことが大切です。
その一方で、業界内での転職は非常に盛んなこともあり、キャリアアップして高収入をめざしたい人にとってはどんどん挑戦できます。

コンサルタントに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

マッキンゼー/アクセンチュア/日本M&Aセンター/M&Aキャピタルパートナーズ/リクルートグループ/など、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

〇〇の選考体験記はこちら(リンクも変更お願いします)

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

コンサルタント等の人気が高い職種への転職はしっかり準備を

コンサルタントの業界別、役職別、日系か外資かのくくりでの説明や、コンサルタントの年収の特徴について説明してきましたがいかがだったでしょうか。

日系企業では著名な野村総合研究所、外資系コンサルティングファームではマッキンゼーやボストンコンサルティンググループでは応募者も優秀な人材が殺到します。
優秀な人材との競合のみならず、選考過程で課せられるフェルミ推定やケース面接といった他の企業の転職活動ではめぐり合わない面接過程があることも難易度が高い理由です。
そういった難易度の高い企業への転職は情報収集が大切になります。
具体的には、過去にどのような人材が転職に成功したのか、また、選考フローではどのような質問をされ、どのような受け答えをすることで合格を掴み取れたのかという事です。
通常、転職活動での選考体験記は情報が出回っていないため、閲覧をすることは難しいですが、インテリゴリラでは可能です。
是非、インテリゴリラを活用して転職活動を有利に進めてみてはいかがでしょうか

有名企業の選考体験記一覧はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事