未経験でも転職はできる?20代・30代・40代の転職ポイントも紹介

未経験でも転職はできる?20代・30代・40代の転職ポイントも紹介

「未経験でも転職できる仕事ないかな」「この歳で採用してもらえるかな」と年齢で転職について悩んでいませんか?年齢を重ねるにつれ仕事は自分の生活に直結していくので、慎重に選びたいですよね。この記事では、未経験の転職に必要な知識や情報について年齢別に解説します。

記事の目次

  1. 1.未経験の業種でも転職可能?
  2. 2.未経験の業種に転職する人は多い?
  3. 3.転職のおける未経験者の意味は3つある
  4. 4.企業が未経験の転職者を採用する理由
  5. 5.【年齢別】未経験の転職事情とポイント
  6. 6.未経験でも転職しやすい職種
  7. 7.未経験の転職はポイントをつかんで成功させよう

未経験の業種でも転職可能?

フリー写真素材ぱくたそ

未経験の業種でも、的を絞って求人を探すことで転職は可能です。とくに20代だと求人も多いので転職の可能性は広がります。また30代以上だからといって、未経験の業種への転職ができないということはありません。

大手総合転職エージェント2社が公開している「業種別未経験歓迎求人の割合」の結果から、共通して割合が高かった業界・業種を以下の表にまとめてみました。

未経験歓迎の求人
業界別 業種別
  • 建設・プラント・不動産
  • メーカー(電気・機械)
  • 人材業界
  • 小売業界
  • IT・Web業界
  • 営業職
  • 技術職 (建設系)
  • 機械系エンジニア

『リクルートエージェント』『doda』(2021年6月時点)サイト掲載のデータ参考)

上の表から分かるとおり。業種に的を絞って求人を探していくことで、未経験でも採用される可能性が高くなるでしょう

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

未経験の業種に転職する人は多い?

Photo byhelpsg

大手転職サイトのdodaの調査によると、未経験の業種に転職する人の割合は全体の6割以上とのデータもあります。つまり、異業種からの転職の割合は高く、増加傾向にあります。社会的に転職へのハードルがさがっていることもあり、異業種への転職に挑戦する人が多くなっているようです。

          〔転職サービス『duda』調べ 2021年6月

転職のおける未経験者の意味は3つある

Photo byClker-Free-Vector-Images

転職における未経験者の意味は、完全な未経験者・業種の未経験者・職種の未経験者の3つの種類があります。

転職における未経験者の意味

  • 『完全な未経験者』


    業種・職種共に未経験者のこと。正社員経験があることが前提であり、新卒者やフリーターは対象外の場合も多いです。

  • 『業種の未経験者』 

    技術職や営業職といった職種のキャリアはあるが、業種は未経験の人のこと。

  • 『職種の未経験者』 

    同じ業界で働いた経験はあるが、職種は未経験の人のこと。

転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!のイメージ
転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!
「転職の面接は平均何回行われるの?」「面接回数が変わる理由は何?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では「転職で面接が平均何回行われるのか」「面接回数が増減する理由」「面接で気を付けるポイント」について説明しています。

企業が未経験の転職者を採用する理由

Photo byTumisu

企業が未経験者を募集する背景の一つに、深刻な人材不足があります。帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)」によると、国内企業の53%で正社員が足りていないのが現状です。また、それ以外にも企業が未経験者を募集する理由には以下の4つが挙げられます。

  1. 固定観念のない人材を採用したいから
  2. 意欲的な人材が欲しいから
  3. 経験より資格等の有無を重視しているから
  4. 経験者の少ない職種を募集しているから

このような理由で企業は今、募集の間口を広げています。気になる企業が見つかった場合は、仕事内容や企業の求める人物像などをヒントにして「なぜこの企業は未経験者を募集しているのか」そして「自分はこの企業で活躍できそうなのか」を探るようにしてみるといいでしょう。求人の意図を読み解くことで「応募すべき求人かどうか」を判断できます。

【年齢別】未経験の転職事情とポイント

フリー写真素材ぱくたそ

未経験での転職は年齢ごとにポイントが異なるので、年齢に合わせた対策をしましょう。20代は意欲重視、30代は同業種内で探す、40代はなるべく経験を活かすといったことが必要です。ここからは年代別にポイントやおすすめの職種について詳しく説明します。

20代は意欲をアピール

20代の転職者に対して企業は、実績よりポテンシャルを見ているため新しい仕事に挑戦するチャンスであり、転職の可能性は高いです。経験よりポテンシャル重視なので、意欲を存分にアピールしましょう。
ポテンシャルとは潜在的な能力のことで、基礎学力や素養、仕事をやりとげる力などの基本的な能力です。また向上心や仕事へのやる気、コミュニケーション能力なども採用のポイントになります。

20代の未経験転職のポイント

  • 実績よりポテンシャル重視
  • 新卒入社の社員と差が少ないので成長が見込める
  • 他の企業の色に染まってないから扱いやすい

30代は同業種異職種への転職がおすすめ

30代は社会人としての一定の経験やスキルを身に付けた方が多いので、未経験転職の難易度は高くなります。その上でおすすめなのが、同業種異職種への転職です。過去のキャリアを活かしつつ、新しい職種で理想を見つけられると上手くいくでしょう。
30代であれば、一定の専門性を持った経験・スキルが何かしらあるはずです。そのようなスキル・経験を整理したうえで、あらためて今後の働き方を考えるとより現実的なキャリアプランとして明確化されます。

30代の未経験転職のポイント

  • 転職難易度がやや高くなる
  • キャリアプランを明確にする必要がある
  • キャリアの棚卸し

40代はこれまでの経験を活かせる職種への転職がおすすめ

40代の転職では30代以上に「即戦力」を求められるので、経験を活かせる職種への転職がおすすめです。実務経験がなくても、マネジメント経験や優遇される資格もあるため、取得資格や即戦力スキルがあると転職しやすいです。
豊富な経験や年齢が40代の強みになるので、これまでの経験を活かせる業界や職種を探して、自身の経歴や希望に合う企業を見つけることができれば、未経験職種への転職でも採用される可能性はあります。

40代の未経験転職のポイント

  • 即戦力が求められる
  • 40代は扱いづらいイメージがある

未経験でも転職しやすい職種

フリー写真素材ぱくたそ

未経験でも転職しやすい業種をは「事務職」「テレマーケティング」「営業」「接客・販売」です。それぞれの特徴を紹介します。

事務職

 一般事務や営業事務、経理事務などの職種がありますが、中でも一般事務は未経験者からでも働きやすい職種です。また、勤務時間が9時から17時などと定時が決まっていることも多いため、予定が立てやすいというメリットもあります。

テレマーケティング

テレマーケティングとは、テレフォンオペレーターやコールセンターなどの職種のことです。マニュアルはもちろん、研修も充実している企業が多いため、未経験者でも安心して働けます。

営業

営業職には、新規営業や反響営業、ルート営業など様々な職種があります。企業ごとに必要とされる知識が異なるので、未経験者でも採用する企業が多いです。人と接することや多くの人との出会いにやりがいを感じる人に向いている職種です。

接客・販売

接客・販売では、アパレルや量販店の求人が多くみられます。来店者への接客が主な仕事であり、接客マニュアルや商品マニュアルが用意されているため、未経験者も挑戦しやすいと言えます。

ITエンジニア

ITエンジニアは現在注目されている職種ですが、人材育成が間に合っていないことから、慢性的な人材不足の状態にあります。そのため、未経験者への教育支援制度も整えられ、挑戦しやすい職種となってきています。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

未経験の転職はポイントをつかんで成功させよう

Photo byTumisu

気になる企業が見つかった場合は、仕事内容や企業の求める人物像などを参考にして「なぜこの企業は未経験者を募集しているのか」そして「自分はこの企業で活躍できそうなのか」を探るようにしてみましょう。求人の意図を読み解ければ、応募すべき求人かどうかを判断することができます。

ただ、未経験の転職は自分に合っている求人なのか判断するのは難しいのも事実です。判断が難しい場合は、より深い企業情報を知ると理解が深まります。インテリゴリラでは他では見れない、内定者の面接体験記などを知ることができます。未経験の転職者に役立つ情報があるので、ぜひ見てみることをおすすめします。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
宮原
ライター

宮原

現場監督として働く30代前半。大学職員やバーテンダーなど転職を4度経験。現在は副業Webライターとして活動しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング