【2021年版】コンサルタントの仕事内容とは?業界・職種別の特徴や必要な能力を解説!

【2021年版】コンサルタントの仕事内容とは?業界・職種別の特徴や必要な能力を解説!

コンサルタントは年収が高く人気の職業です。そんなコンサルタントの仕事内容や必要な能力はどのようなものでしょうか。コンサルタントファームにはどのような分類があるか職種別の仕事内容などを解説します。

記事の目次

  1. 1.コンサルタントの仕事内容は?
  2. 2.コンサルタントの役職・職位別仕事内容
  3. 3.コンサルタントの一日
  4. 4.コンサルタントのプレゼン資料
  5. 5.コンサルタントとしてのやりがい
  6. 6.コンサルタント転職を目指す方におすすめの転職エージェント
  7. 7.転職サイトと合わせてみるべきおすすめサイト
  8. 8.コンサルタント従事者や経験者から情報収集を!

コンサルタントの仕事内容は?

Photo byFree-Photos

コンサルタントの仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。コンサルティングファームには外資系企業も多くありますが、大まかに分けて以下の3つのファームに分類されます。

  • 戦略系コンサルティングファーム
  • 総合系コンサルティングファーム 
  • IT系コンサルティングファーム

ここでは、コンサルティングファームごとの仕事内容を具体的に解説していきます。

コンサルタントのファームや仕事内容をチェック

  • コンサルティングファームのビジネスモデル
  • コンサルタント業務の具体的な仕事内容

コンサルティングファームのビジネスモデル

コンサルティングファームのビジネスモデルは戦略系ファームと総合系ファーム、IT系ファームでそれぞれ異なります。

  • 戦略系コンサルティングファーム
クライアントの経営課題を分析し、改善策を提案するファームです。そのため、経営者と近いところで仕事をするのが戦略系コンサルティングファームの特徴となります。

戦略系ファームの代表としては外資系の「マッキンゼー」「ボストン・コンサルティング・グループ」「ベイン・アンド・カンパニー」などがあります。

  • 総合系・IT系のコンサルティングファーム
クライアントの業務改善やIT関連の導入や見直しなどを行うファームです。総合系コンサルティングファームの代表としては「アクセンチュア」、IT系コンサルティングファームの代表としては「シグマクシス」などがあります。どちらかというと、経営よりも現場寄りの問題を解決する仕事内容となります。


アウトプットを必要とする戦略系コンサルティングファームの方が、コミュニケーション能力や分析力を必要としますが、年収は総合系コンサルティングファームやIT系コンサルティングファームの方が高いことが多いです。

コンサルタント業務の具体的な仕事内容

コンサルタント業務の具体的な仕事内容は以下のようになります。

  • クライアントの課題をヒアリングする
  • どうすれば課題解決できるか案を講じる
  • 課題解決策をプレゼン資料にまとめ提案を行う

そのためクライアントの課題を引き出すコミュニケーション能力や、課題を明確にするための分析力、課題解決策を提案するためのプレゼン力などが必要となります。

クライアントが抱えている問題を解決する手段に正解はありません。
それぞれのコンサルタントが、ヒアリングをもとに最適と思われる解決案を自分で模索し提案しなければなりません。提案の内容次第では、クライアントの将来を左右するような重要な仕事内容です。
その対価として高い年収をもらうことができ、結果を出した時の喜びも感じ取ることができます。

転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

コンサルタントの役職・職位別仕事内容

Photo byFotorech

コンサルタントの役職や職位別の仕事内容は、どのようなものがあるのでしょうか。
ここではそれぞれの仕事内容について詳しく解説していきます。

コンサルタントの役職や職位別仕事内容は?

  • アナリストの仕事内容
  • コンサルタントの仕事内容
  • マネージャーの仕事内容
  • パートナーの仕事内容

アナリストの仕事内容

コンサルタントの最初の仕事としてアナリスト業務から始めることとなります。新入社員に限らず、中途入社の場合でもアナリストから始める場合が多いです。

アナリストの主な仕事は資料作成や情報収集です。会議での議事録作成やクライアントへのインタビューだけでなく、プログラミングのコーディングまで任されることがあります。

男性

男性

先輩クライアントから「○○の情報をまとめておいて」などと指示されることも多く、そのような業務をこなしながらコンサルタントに必要な基本的な能力を身につけていきます。

コンサルタントの仕事内容

アナリストからコンサルタントになると、プロジェクトの一部を任され担当することになります。自分で判断して課題を解決するための仮説を構築したり、検証作業を進めていきます。

どのような情報を集めるのか、誰にヒアリングするのかということを自分で決めなければなりません。業務の進捗ごとにマネージャーやチームと会議を繰り返しながら、結果が出るようにプロジェクトの軌道修正を行います。

女性

女性

責任がある業務を行うことになるので、入社後3~4年目の社員で構成されることが多いです。

マネージャーの仕事内容

マネージャーの仕事は、すべてのプロジェクトの取りまとめや進行管理をすることです。プロジェクト全体を見通しスムーズにプロジェクトが遂行できるよう責任を持って業務に取り組まなければなりません。

そのため、コンサルタントやアナリストよりも高い能力を求められます。

男性

男性

プロジェクト管理はもちろん、予算管理や顧客との折衝などを行わなければならないので、コミュニケーション能力に加え管理能力なども必要となります。

パートナーの仕事内容

パートナーとはコンサルティングファームの共同経営者のことを指します。パートナーは顧客開拓やプロジェクトの受注の他、コンサルティングファームの経営などをしなければなりません。

個人的な人脈を通してクライアントにアプローチしプロジェクトを受注したり、コンサルティングファームの成長戦略などを計画します。パートナーにはより高い能力が求められるため、パートナーになれるのはほんの一握りです。

女性

女性

パートナーは真のコンサルティングの魅力を知ることができ、その年収もアナリストやコンサルタント、マネージャーと比べて高額なものとなります。

コンサルタントに求められるスキルは?仕事内容やビジネスモデルの点から解説!のイメージ
コンサルタントに求められるスキルは?仕事内容やビジネスモデルの点から解説!
将来、コンサルタントになりたいと思っている方も多いでしょう。そこで、今回は、コンサルタントのスキルについて詳しくご紹介いたします。コンサルタントに必要なスキルについてマインドセットなどを詳しく説明いたしますので、是非、参考にしてください。
コンサルタントに必要な資格は?コンサルタントの年収や仕事内容も合わせて解説!のイメージ
コンサルタントに必要な資格は?コンサルタントの年収や仕事内容も合わせて解説!
コンサルタントは企業の経営支援などやりがいがあり、現在非常に人気が高い職種です。年収も高額で多くの人がコンサルタントへ挑戦しますが、職種によっては様々な資格が求められます。そこで今回はコンサルタントが持っておくべき資格について解説していきます。
コンサルタントは年収1,000万円以上実現可能!高年収はスキルの高さと激務から!のイメージ
コンサルタントは年収1,000万円以上実現可能!高年収はスキルの高さと激務から!
高年収を誇るコンサルタント職種では年収1,000万円超えは珍しくありません。しかしクライアントの経営上の課題を克服するための知見を提供する為に求められるスキルは多岐に渡ります。また労働時間が長い事も特徴です。そんなコンサルタントの年収について徹底解説します。

コンサルタントの一日

フリー写真素材ぱくたそ

コンサルタントは非常に多忙なイメージがありますが、その一日の流れはどのようになってるのでしょう。
ここでは、コンサルタントの一日の流れについて詳しく説明していきます。

各ファームのコンサルタントの一日は?

  • 戦略コンサルタントの一日
  • ITコンサルタントの一日
  • 人事コンサルタントの一日
  • 業務系コンサルタントの一日
  • 医療コンサルタントの一日

戦略コンサルタントの一日

Photo byFree-Photos
男性

男性

戦略系コンサルタントは仕事内容も多岐に渡りますが、その中でもクライアントととのミーティングは欠かせまん。

8:30 起床

10:00 オフィスに到着。留守電やメールのチェック。クライアントや競合他社のインタビュー。

12:30 ランチ

13:30 クライアントや競合他社のインタビュー。

15:15 資料の収集やオペレーターの手配

17:00  帰社

19:00 プロジェクトチームミーティング

20:00 今日の成果を整理

21:00 退社

【特徴】
戦略系コンサルタントはクライアントや競合他社へのインタビューを行い、戦略を模索します。その他にも資料の収集やオペレーターの手配なども行わなければなりません。

ITコンサルタントの一日

男性

男性

ITコンサルタントは自社の技術が上手くいっているか、技術動向調査を行います。

Photo by089photoshootings

7:45 起床

9:00 オフィス到着。メールのチェック

10:00 技術動向調査

12:00 ランチ

13:00 報告資料作成

14:00 クライアントとの電話ミーティング

17:00 報告資料作成

22:00 報告資料レビュー・帰宅

【特徴】
ITコンサルタントはクライアントとのミーティングに合わせて技術動向調査もあります。それに基づき報告書の作成をしなければならないので、かなり多忙な1日となるでしょう。

人事コンサルタントの一日

Photo byFree-Photos
女性

女性

人事コンサルタントは、主に人材育成などの業務改善をすることになります。

7:00 起床

9:50 出社

10:00 クライアントに向けてプレゼン

12:00 昼食

14:00 プレゼン終了

17:00 クライアントの担当者へプレゼン後の修正資料を送付。

18:00 スケジュールと業務フローを作成して帰宅

【特徴】
企業の人事業務に関して、どのような改善点があるのかクライアントにプレゼンを行うことが主な仕事となります。プレゼンした後は、プレゼン内容の修正や報告などの作業があります。

業務系コンサルタントの一日

男性

男性

業務コンサルタントは、業務改善などの取り組みを行っています。

Photo bytommyzwartjes

6:00 起床

7:30 出社

10:00 クライアントとの打合せ

12:00 昼食

13:00 クライアントチームリーダと打ち合わせ

16:00 チームリーダミーティング

19:00 メンバーとのディスカッション

22:00 帰社

【特徴】
業務コンサルタントはクライアントとの打ち合わせにおいて、どのような改善点があるのか把握し、チームで改善案の検討をすることが仕事です。チームリーダーとの打ち合わせの他、メンバーとのディスカッションも重要な仕事の役割です。

医療コンサルタントの一日

Photo by Dick Thomas Johnson
女性

女性

医療コンサルタントは医療の現場になくてはならない存在です。その一日も多忙を極めます。

7:00 起床

7:30 出社

10:00 クライアントとの打合わせ

12:00 昼食

13:00 クライアントと打ち合わせ

16:00 チームリーダーミーティング

19:00 メンバーとのディスカッション

20:00 帰社

【特徴】
クライアントとの打ち合わせが主な業務ですが、打ち合わせにおいて改善点や疑問点を把握し、チームリーダーやメンバーと改善案などについて話し合います。そのための資料収集・作成も重要な仕事です。

コンサルタントのプレゼン資料

フリー写真素材ぱくたそ

コンサルタントといえば、クライアント対してプレゼンを行うことも重要な業務の一つです。そのプレゼン資料はどのような内容なのでしょうか。
ここでは、外資系の大手コンサルタントを含めた、それぞれ企業のプレゼン資料を紹介していきます。

各企業のプレゼン資料をチェック

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • アーサー・D・リトル
  • ボストン・コンサルティング・グループ
  • アクセンチュア
  • デロイトトーマツコンサルティング
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
  • NTTデータ経営研究所

マッキンゼー・アンド・カンパニー

外資系のトップファームの一つが「マッキンゼー・アンド・カンパニー」です。経営コンサルティングを世界で初めて明確な形で確立したファームであり、そのプレゼン資料もかなりのボリュームです。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの資料はこちらになります。

アーサー・D・リトル

アーサー・D・リトルは1886年に設立された外資系の経営コンサルティングファームです。世界初の経営コンサルティングファームで日本のオフィスでも様々なサービスを展開しています。
製造業の出身者が多く、そのコンサルティングマネージメントも技術力を中心としたものです。

アーサー・D・リトルの資料はこちらになります。

ボストン・コンサルティング・グループ

ボストン・コンサルティング・グループは外資系の大手戦略系コンサルティングファームです。「多様性からの連帯」を掲げ品質や結果にこだわるコンサルティングファームとなっています。
人材の個性や強みを伸ばす文化を持ってるのが特徴です。

ボストン・コンサルティング・グループの資料はこちらになります。

アクセンチュア

アクセンチュアは大手の外資系経営コンサルティングファームです。データ分析機能構築にや、産業保安製品安全分野などを手掛けています。

アクセンチュアの資料はこちらになります。

デロイトトーマツコンサルティング

日本のリーディングファームの一つが、デトロイトトーマツコンサルティングです。世界140カ国に16万人以上のプロフェッショナルメンバーを抱えています。

デロイトトーマツコンサルティングの資料はこちらになります。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、マネジメントコンサルに強みを持つコンサルティングファームです。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの資料はこちらになります。

NTTデータ経営研究所

NTTデータが100%出資して設立したコンサルティングファームが、NTTデータ経営研究所です。

NTTデータ経営研究所の資料はこちらになります。

コンサルタントとしてのやりがい

Photo byFirmBee

年収が高く、高い能力を求められるコンサルタントですが、そのやりがいはどのような部分にあるのでしょうか。

ここでは、それぞれのやりがいについて詳しく説明していきます。

コンサルタントのやりがいとは?

  • 大きなプロジェクトに携われる
  • 企業経営者と議論ができる
  • 信頼を得て次のプロジェクトにつなげられる

大きなプロジェクトに携われる

コンサルタントは規模次第では大きなプロジェクトに関わることが可能です。そこで成果を上げればニュースとして取り上げられることもあります。

外資系のコンサルタントとなると、普通では関わることのないような数十億円単位のプロジェクトや、経済を大きく左右するプロジェクトに関わることは非常に責任感を求められる仕事ですが、その分年収ややりがいも大きいです。

プロジェクトが成功するとやりがいを感じると共に、自信をつけることもできます。

企業経営者と議論ができる

コンサルタントの仕事は企業の経営を左右する場合もあります。企業経営者と様々な議論をし、将来に向けての戦略や中・長期的な計画を立てなければなりません。

外資系のコンサルタントは、大きな企業の役員クラスの方とも議論をすることが多くなります。そのため高い年収を誇り、自分も成長することができます。

自分よりもはるかに多くの経験と実績を積んだ経営者と議論することは、とても刺激になりやりがいを感じることでしょう。

信頼を得て次のプロジェクトにつなげられる

コンサルタントとして信頼を得て、次のプロジェクトを依頼されることはとても大きな喜びです。

企業にとってコンサルタントとの契約は決して安いものではありません。しかし、結果を出して信頼を得ることができれば、契約の継続と共に新しい顧客を紹介してもらうことも可能です。

信頼を得て次のプロジェクトにつなげることができれば年収もアップし、とてもやりがいを感じることでしょう。

コンサルタント転職を目指す方におすすめの転職エージェント

Photo byfancycrave1

コンサルタント転職を目指す方は、どのような転職サイトを利用すれば良いのでしょう。

ここでは、おすすめの転職サイトを紹介していきます。

コンサルタント転職におすすめの転職エージェントは?

  • アクシスコンサルティング
  • キャリアカーバー
  • ビズリーチ
  • ランスタッド
  • JACリクルートメント
  • パソナキャリア

アクシスコンサルティング|現役コンサルタントの転職支援数No.1

[引用元:https://www.axc.ne.jp/]

アクシスコンサルティング』は、現役コンサルタントの転職支援数No.1のコンサル専門の転職エージェントです。

アクシスコンサルティングの特徴・強みは、アクセンチュアやBIG4などの総合系・IT系のコンサルティングファームに強い点が挙げられます。
また、面接対策や書類対策などの転職支援に力を入れており、志望企業独自の対策をしてもらえるので安心して相談できます。

コンサルティングファームに転職したい人はまず相談してみてください。

アクセスコンサルティング 登録フォームはこちら

キャリアカーバー|リクルート運営のハイクラス向け転職エージェント

[引用元:https://careercarver.jp/]

キャリアカーバー』は、大手の「リクルート」が運営するハイクラス(高年収者)向けの転職サイトです。

キャリアカーバーには以下の3つの特徴があります。

  • 会員登録後はスカウトを待つだけで問題なし
  • 1,000人以上のコンサルタントの中から、自分にあった担当者を選べる
  • 多数の非公開求人(ハイクラス向け)に挑戦できる
口コミを見ても良質な求人の多さやサービスの良さから高い評価につながっています。完全無料で使えるので、ぜひ試していただきたいです。

キャリアカーバー 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです。

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

ランスタッド|求人案件が豊富で希望通りの求人が見つかる

[引用元:https://www.randstad.co.jp/tenshoku/]

ランスタッド』は海外転職や外資系転職に強い転職サービスです。

求人数はあまり多くないという声が多いですが、年収の高い案件の求人が多く、高年収帯の方からは満足度が高い傾向があります。

ランスタッドは以下の方におすすめです。

  • 外資系への転職したい方
  • ハイクラスの転職を目指す方
  • 質の高いサポートを受けて転職活動を進めたい方
是非一度登録してみてください。

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職クラスや年収600万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです。

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

転職サイトと合わせてみるべきおすすめサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

・インテリゴリラの登録方法について

  1. インテリゴリラのHP右上の「会員登録」をクリックする。
 

 2.自身の経歴・連絡先・転職希望先の情報を入力する。(5分程度で全ての登録を終えることが可能です。)

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

コンサルタント従事者や経験者から情報収集を!

Photo byFotografieLink

コンサルタント業界に転職したいのであれば、コンサルタント業務の経験者から情報収集することにより転職活動を有利に進めることができます。

コンサルタントは年収も高く非常に人気のある職業です。しかし、その競争率は激しく高い能力がなければ採用されること難しいでしょう。
日頃からスキルを磨くことに加え、コンサルタント業界を知り尽くした転職サイトを利用することにより、非公開の求人や未公開の情報を知ることができます。
そのような求人や未公開の情報を知ることにより、転職活動を有利に進めることができ、目標のコンサルタント転職の実現に近づくこと間違いなしです。

弥山 大生
ライター

弥山 大生

1986年熊本県生まれ。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本執筆・監修を行う。また、自身の就職活動やビジネスでの学びを活かし、キャリアアドバイザーとして就活・転職相談などを行っている。

関連記事

目次

人気記事ランキング