ランドマーク税理士法人への転職情報!選考フローや年収、評判も紹介

ランドマーク税理士法人への転職情報!選考フローや年収、評判も紹介

本記事では、ランドマーク税理士法人への転職について解説していきます。
また、ランドマーク税理士法人の事業内容や採用情報、社員の口コミなどの情報も公開していきます。
ランドマーク税理士法人への転職に興味のある方や、税理士への転職を考えている方はご覧ください。

記事の目次

  1. 1.ランドマーク税理士法人は相続税対策が得意な税理士法人
  2. 2.ランドマーク税理士法人の会社概要
  3. 3.ランドマーク税理士法人の中途採用情報
  4. 4.ランドマーク税理士法人の選考フロー
  5. 5.ランドマーク税理士法人の年収
  6. 6.ランドマーク税理士法人の評判
  7. 7.ランドマーク税理士法人の離職率
  8. 8.ランドマーク税理士法人の福利厚生
  9. 9.ランドマーク税理士法人を宗教という人もいるのはなぜ?
  10. 10.ランドマーク税理士法人への転職は未経験も可だが資格取得でさらに有利

ランドマーク税理士法人は相続税対策が得意な税理士法人

ランドマーク税理士法人は相続税対策が得意な税理士法人
Photo bystevepb

ランドマーク税理士法人は相続税に関する対策が得意な税理士法人事務所です。
高い相続税に悩んでいた地主農家の家族を守りたい。
このような思いから、1977年に誕生したのが「ランドマーク税理士法人」です。
ランドマーク税理士法人は農家や地主だけでなく、中小企業の経営者や個人事業主などさまざまなお客様の相続や税務会計、資産運用など、さまざまなサポートをしながら事業を拡大させていきました。
現在も相続税の分野に対して無類の強さを誇っており、多くのお客様からの信頼を獲得しています。
相続税対策に特化している会計事務所はあまり多く存在していないこともあり、税理士業界内でも差別化を図ることに成功しています。
また、国内の高齢化社会の進行により、相続税対策の需要は今後も拡大する見込みがあるでしょう。
また、専門特化にしている相続税だけでなく、法人税や所得税、消費税など、あらゆる税目の申告もサポートしてもらえます。
多数の外部弁護士や司法書士、不動産鑑定士などの専門家とも提していることもあり、先輩社員だけでなく、さまざまな業務のプロからアドバイスを貰えるため、相続税対策のプロを目指せるだけでなく、日々の正確に深くリンクしているあらゆる税金の知識が身につきます。
そのため、「特定の分野を掘り下げる」と「知識の幅を広げる」の両立が実現できることこそ、ランドマーク税理士法人の魅力と言えるでしょう。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

ランドマーク税理士法人の会社概要

ランドマーク税理士法人の会社概要
Photo byfietzfotos

ランドマーク税理士法人の会社概要は以下になります。

法人名 ランドマーク税理士法人
グループ会社 ランドマーク行政書士法人
株式会社 ランドマーク不動産鑑定
株式会社 ランドマークエデュケーション
株式会社 ランドマークコンサルティング
一般社団法人 相続マイスター協会
代表 税理士・行政書士・立教大学大学院客員教授
清田幸弘(セイタ ユキヒロ)
顧問 弁護士
太田 壽郎(オオタ ジュロウ)
総人数 308名(2022年4月時点)
資格者一覧 ・税理士:23名(うち国税OB6名、有資格者含む)
・弁護士:1名
・公認会計士:4名(有資格者含む)
・行政書士:13名(有資格者含む)
・社会保険労務士:1名(有資格者含む)
・中小企業診断士:1名
・宅地建物取引士:22名
・不動産鑑定士:1名
・税理士科目合格者:21名
・米国公認会計士:2名
・米国税理士:2名
・ファイナンシャルプランニング技能士:100名
・顧問税理士:7名
・顧問弁護士:2名
・顧問司法書士:1名
・顧問不動産鑑定士:3名
・顧問社会保険労務士:1名
業務内容 1.相続・事業承継対策支援 
2.相続手続き支援、相続税申告
3.資産税コンサルティング 
4.税務調査対策支援
5.決算、確定申告(個人・法人) 
6.セミナー開催
相続税申告件数 年間 868件(2021年度)

また、東京都内や神奈川県内に多くの事務所を持っています。
ランドマーク税理士法人の事務所は以下になります。
  • 東京丸の内事務所
  • 新宿駅前事務所
  • 池袋駅前事務所
  • 町田駅前事務所
  • タワー事務所
  • 横浜駅前事務所
  • 横浜緑事務所
  • 新横浜駅前事務所
  • 川崎駅前事務所
  • 登戸駅前事務所
  • 湘南台駅前事務所
  • 朝霞台駅前事務所
  • ランドマーク行政書士法人
    鴨居駅前事務所
事業内容は、相続・事業承継対策支援や相続手続き支援相続税申告などをメインに行っております。
その他にも、資産税コンサルティング税務調査対策支援なども行っているため、税金に関する悩みを解決してもらえます。
また、2021年度の相続税申告件数は868件と、かなり人気の高い税理士法人と言えるでしょう。

ランドマーク税理士法人の中途採用情報

ランドマーク税理士法人の中途採用情報
フリー写真素材ぱくたそ

ランドマーク税理士法人は現在、中途採用を積極的に行っております。
業界未経験の方も対象に積極的な採用を行っています。
そのため、相続税などの知識がない人でも、入社後に実務を通して学べます。
税の知識を身に着けてスペシャリストを目指したい人」や「お客様の悩みを解決するやりがいを感じたい人」におすすめと言えるでしょう。
専門的な知識を持っていることよりも、人と接することが好きという人を求めているため、コミュニケーション力に自身がある方は、積極的に応募してみてください。

 

ランドマーク税理士法人の選考フロー

ランドマーク税理士法人の選考フロー
フリー写真素材ぱくたそ

ランドマーク税理士法人の選考フローは、『書類選考、面接2回、筆記試験・適性検査』の順番で進みます。
面接回数は変更あるかもしれないため、事前準備はしっかりと行っておきましょう。
また、面接では専門的な知識について聞かれることはほぼありません。
ランドマーク税理士法人では、人と接することが好きな人材を求めています。
そのため、ポイントを絞って話せるかや、相手の話をしっかりと聞けるかなど、コミュニケーションスキルを重視して選考しています。
ランドマーク税理士法人の社風から見ても、新入社員を育てていくことに重きを置いているため、入社後に自分の成長を感じられるでしょう。

ランドマーク税理士法人の年収

Photo byespartgraphic

ランドマーク税理士法人の年収を調べた結果、明確な数字を出している情報はありませんでした。
しかし、実際にランドマーク税理士法人で働いているその情報を見てみると、税理士業界の中でも年収は低いようです。
税理士の年齢別平均年収は以下になります。

年代 平均年収
20~24歳 約364万円
25~29歳 約506万円
30~34歳 約913万円
35~39歳 約1,009万円
40~44歳 約1,158万円
45~49歳 約1,107万円
50~54歳 約813万円
55~59歳 約755万円
60~64歳 約416万円
65~69歳 約681万円

おそらくですが、ランドマーク税理士法人の年収は、上記の表よりも低い可能性があります。

ランドマーク税理士法人の評判

Photo bysucco

ここからはランドマーク税理士法人で実際に働いている人の評判を紹介します。
「発展途上の企業ですが、会社の規模がどんどんと大きくなっています。それに伴い、各責任者のレベルが追いついていないので、部下のマネジメントができない人も多いです。」ランドマーク税理士法人は現在も成長している企業ですが、企業をどんどん拡大しているため部下のマネジメントの経験が少ない社員も多いみたいです。
「男性中心の会社で男性同士が体育会系で厳しいように感じますが、女性社員には優しい印象を持っています。男性は外回り営業、女性は内勤といった風に色がはっきり分かれています。1会計事務所なので人の入れ替わりが激しいですが、若い社員が多いのでノリが良く、経験者にも新人を雇って育てていこうと言う方針等が感じられます」
女性も働きやすい企業で内職が多いため、体力に不安を感じる方でも安心して働けます。
職種上、人の入れ替わりは激しいですが、若い社員も多く、新人を育てていく社風となっているみたいです。

ランドマーク税理士法人の離職率

ランドマーク税理士法人の離職率
Photo byijmaki

ランドマーク税理士法人に限らず、会計業界は人が定着しにくい業界と言われています。
そのため離職率が高いです。社員が辞める原因の1つとして、能力が低い人ほどたくさんの給料もらっていると言う矛盾点が挙げられます。
ランドマーク税理士法人は残業代を正確に支払うことを決めており、残業を全て申告するようにと社員に伝えていました。
すると残業を生活給にしている社員にとって、遅くまで会社に入れば入るほど給料が増えるので、都合が良かったです。
そのため、能力が高い社員は残業がなく、能力が低い社員は残業代により、給料が上回っていました。
これを改善するために、残業時間と賞与を連動させて給料規定の見直しをしています。
そのため、「能力のある人が正しく評価される会社」や「日本一社員に優しい高収益な税理士法人」を目指すための施策を打ち出しています。

ランドマーク税理士法人の福利厚生

ランドマーク税理士法人の福利厚生
フリー写真素材ぱくたそ

ランドマーク税理士法人は、福利厚生が充実しています。
残業手当は、固定残業代を超えた分の一分単位で全額支給されます。
また、成果も申告システムのため、新規のお客様を獲得するたびに、申告書を作成しなければいけません。
しかも、税理士試験科目合格や行政書士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーなどのさまざまな資格手当もあります。
そのため、自分がほしい資格の取得へ、企業が応援してくれます。
また、住宅手当や通勤手当、昼食・夕食補助制度など、生活に関する福利厚生も充実しています。

ランドマーク税理士法人を宗教という人もいるのはなぜ?

ランドマーク税理士法人を宗教という人もいるのはなぜ?
フリー写真素材ぱくたそ

Twitterランドマーク税理士法人の情報を調べてみると、「CMがなんか新興宗教的な気持ち悪さを感じる」という意見が見つかりました。
実際に、調べてみると以前のCMはセミナー動画のようなコンテンツとなっているため、少々怪しさを感じます。
しかし、CMがリニューアルされており、爽やかな印象を与えるため、以前のような怪しさは感じられません。
また、アメリカには『ランドマーク・フォーラム』と呼ばれるエアハード式セミナー・トレーニングがありますが、こちらとは全く関係ありません。
こちらは日本にも進出していますが、国内では『ブレイクするーテクノロジー』と呼ばれるため、全くの別モノと考えましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ランドマーク税理士法人への転職は未経験も可だが資格取得でさらに有利

ランドマーク税理士法人への転職は未経験も可だが資格取得でさらに有利
Photo bygeralt

本記事では、ランドマーク税理士法人への転職について紹介しました。
ランドマーク税理士法人は、大手の会計企業ですが、業界未経験でも転職できます。
しかし、他の会計企業と比べると、年収は少々低めという口コミが見られました。
しかし、福利厚生が充実しているため、会社員に優しい企業と言えるでしょう。
また、税理士試験科目合格、行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士、米国税理士等など、会計業界でスキルを活かせる資格に対する手当も充実しています。
そのため、新規顧客取得の成果報酬や福利厚生、資格の取得など、働きやすい企業と言えるのではないでしょうか。

インテリゴリラでは、実際の内定者の面接体験記やオリジナルの転職情報など、他では見られない情報が多く掲載されています。
そのため、他の転職者が持っていない情報を手に入れて、転職活動を有利に進めたいという人はぜひチェックしましょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
輝琉亜
ライター

輝琉亜

熊本県でwebライターとして生活している輝琉亜(キルア)です。 ライター歴6年目で、年収400万円を達成! クライアント様に恵まれた結果、活動2ヶ月目で月収20万円を達成しました。 50以上キーワードでGoogle検索上位獲得&500記事以上の執筆実績があります!

関連記事

目次

人気記事ランキング