「リバイバル」の意味や正しい使い方は?類語や例文なども詳しく解説!

「リバイバル」の意味や正しい使い方は?類語や例文なども詳しく解説!

「80年代ファッションのリバイバル」のように、昔の勢いを取り戻すという意味の言葉が「リバイバル」です。ビジネスでぜひ正しい意味を知っておきたい言葉の一つである「リバイバル」。ここでは、そんな「リバイバル」について例文や英語表現も含めて詳しく解説します。

記事の目次

  1. 1.「リバイバル」の意味とは
  2. 2.「リバイバル」のよくある使い方と意味
  3. 3.「リバイバル」を使った例文紹介
  4. 4.「リバイバル」の類語・意味
  5. 5.「リバイバル」を使った英語の例文
  6. 6.転職したい人必見!おすすめの転職サイト
  7. 7.「リバイバル」の意味を理解して正しく使おう!

「リバイバル」の意味とは

Photo byFree-Photos

少し前に大ヒットを記録したのがクイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」です。このように、最近は「リバイバル」ブームが起こっており、ビジネスシーンでは見逃せない動きとなっています。

しかし、この「リバイバル」という言葉、知っているようで実は正しい意味を知らなかったり、仕事で使えるような例文を知らなかったりする言葉の一つでもあります。

ここでは、そんな「リバイバル」という言葉について、ぜひ押さえておきたい正しい意味や類語なども含めてご紹介します。

基本的な意味は「生き返り」「よみがえり」

まず最初に「リバイバル」の意味についてご紹介しましょう。「リバイバル」という言葉はもともとは英語で、それをカタカナ表記したものです。

そして意味は「一旦廃れてしまったものが、また注目を集め、再評価されること」となります。例えば、以前写ルンですという商品がありましたが、デジタルカメラの登場などに伴って廃れてしまいました。

しかし、最近はその現像するまで分からないというドキドキ感や、どこか懐かしい写真の仕上がりなどが手伝って再注目を集めています。つまり、写ルンですは「リバイバル」を遂げたといってもいいでしょう。

「リバイバル」にはこのように再び流行するという意味のほかに、「生き返る」「元気になる」「意識を取り戻す」といったような意味もあります。

ここで気を付けたいのが、「リバイバル」とよく似た単語である「リメイク」です。どちらも英語から来た単語でカタカナ表記をしますから、仕事などで間違った使い方をしている例も散見されます。

「リメイク」という言葉には、基本的な意味として「手直しをする」というものがあります。つまり、すでにあるものに手を加えて新しいものに作り替えることが「リメイク」です。それに対し「リバイバル」は一切手を加えず、当時のままです。

キリスト教用語でも使われる

「リバイバル」を仕事や転職の場面で使う場合には、すでにご紹介したような再評価という意味で使われることがほとんどですが、実は「リバイバル」はキリスト教の用語でもあります。

キリスト教に関連して「リバイバル」が使用される時の意味は「信仰復興」となります。キリスト教においては神を信じることが理念となりますが、そこへ立ち返ろうという動きであったり、キリスト教を積極的に広めようという動きのことを指します。

「リバイバル」の語源

「リバイバル」の語源は英語です。英語では「revival」と綴り、意味としては日本語で使われるのと同じように「復活、生き返り、再生」などとなります。

ちなみに英語を覚える時には、その単語を分解して覚えると頭に入りやすいですが、「revival」という単語も「re」と「vive」と「al」に分けることができます。

そして「re」は「再び」という意味、「vive」は「生きる」という意味、「al」は「動詞から名詞を作る接尾語」となります。

「マスト」の意味・使い方とは?「マスト」を使った例文や類語も紹介!のイメージ
「マスト」の意味・使い方とは?「マスト」を使った例文や類語も紹介!
「マスト」という単語を一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。しかし詳しい意味を知らない方も多いと思います。 そこで今回は、「マスト」の意味・使い方を説明し、「マスト」を使った例文や類語・対義語も紹介していきます。この機会に正しい使い方を確認しましょう。

「リバイバル」のよくある使い方と意味

Photo byStartupStockPhotos

「リバイバル」という言葉の意味が分かったところで、次は「リバイバル」のよくある使い方をご紹介しましょう。「リバイバル」は、その単語単体でもビジネスの場面で登場しますが、少し形を変えて使われることが非常に多いです。

「リバイバルする」の使い方と意味

「リバイバル」のよくある使い方、まずは「リバイバルする」というように動詞の形での使い方です。「リバイバル」だと名詞ですので「再評価」ですが、それが動詞になり「再評価される、再評価する」というのが具体的な意味です。

たまごっちという大ヒットしたおもちゃがありますが、一旦は廃れたものの数年後にまた注目を浴びるようになり新バージョンが発売されたというのは「リバイバルした」例の一つです。

「リバイバル現象」の使い方と意味

「リバイバル」に名詞を付けた使い方もあります。その例が「リバイバル現象」です。これは、「一旦は古くなってしまった流行がまた復活するという現象」で、商品を売る側からするといかにしてこの「リバイバル現象」を巻き起こすのかが勝負となります。

「リバイバル現象」はクイーンの音楽が再注目を集めるようになった音楽業界はもちろん、ファッション業界、食品業界など多岐にわたる業界で発生します。

ちなみに、この「リバイバル現象」は仕事で使う以外に医療分野の用語でもあります。あまり一般的な使い方ではありませんが、例えば慢性の頭痛を持っている人が骨折をしたとします。

すると、一時的には骨折の痛みのほうに意識が向いてしまうので頭痛のことは忘れてしまいます。しかし、骨折が良くなるとまた頭痛の痛みが感じられるというような現象のことを指して「リバイバル現象」といいます。

「リバイバルブーム」の使い方と意味

限られた商品において「リバイバル現象」が発生しますが、それが社会全体にまで広まり、「リバイバル」がさまざまなものにおいて発生する状態のことを「リバイバルブーム」と言います。

ブームというのは、急激な上昇を意味する英語ですから、「リバイバル」が急に注目を集めるようになった状態となります。

最近では、若い世代の中でバブル時代の流行が再評価されるようになり「リバイバルブーム」が起きていますし、ファミコンやゲームボーイなど昔懐かしいゲームの「リバイバルブーム」もありました。

ちなみにこの「リバイバルブーム」という言葉ですが、英語で「revival boom」と言えなくもないですが、「make a comeback」としたほうが自然ですのでおすすめです。

「ネック」の意味や正しい使い方は?例文や類語などを詳しく解説!のイメージ
「ネック」の意味や正しい使い方は?例文や類語などを詳しく解説!
本記事では、「ネック」の意味や正しい使い方について詳しく解説しています。「ネック」について例文や意味をおさえておくことで、ビジネスシーンでも幅広く活用される「ネック」を使いこなすことが出来ます。「ネック」について詳しい情報を知りたい方にとって必見の内容です。

「リバイバル」を使った例文紹介

Photo byFree-Photos

ここからご紹介するのは「リバイバル」を使った例文です。「リバイバル」の辞書的な意味を知っていたとしても、正しい使い方をしていなければ仕事の時にも転職の時にも生かすことができません。

「リバイバル」の使い方に自信がない時には、ここでご紹介する例文を少し変えて使ってみるとこから始めましょう。

仕事・転職に関する例文

「リバイバル」の例文、まずは仕事や転職に関するものです。転職の際には即戦力が求められますが、その面接で「リバイバル」を意識した発言ができるとマーケットについて知識があることをアピールすることができます。

例文を2つご紹介すると「80年代の音楽がリバイバルしている傾向にあるので、転職後の会社では何かプロジェクトを仕掛けたいと思っています。」と「最近のヒットのキーワードはリバイバルだ。」となります。

日常会話での例文

「リバイバル」という言葉は、転職の際だけでなく日常生活でもよく使われます。「リバイバル」しているヒット商品については会話も弾みますので、ぜひアンテナを張っておきたいものです。

例文としては「バブル時に流行ったファッションがまたリバイバル中です。」や「子どもの頃に遊んだゲームがまたリバイバルヒットしているので思わず買ってしまった。」となります。

「アンバサダー」の意味や正しい使い方は?類語についても詳しく解説!のイメージ
「アンバサダー」の意味や正しい使い方は?類語についても詳しく解説!
アンバサダーの意味をご存知でしょうか。何度か耳にしたことはあっても、正確な意味や使い方は理解していない方が多いのではないでしょうか。是非この機会に、アンバサダーの意味やその由来、正しい使い方についても学び、しっかり語彙力を高めていきましょう。

「リバイバル」の類語・意味

Photo bySztrapacska74

「リバイバル」を会話の中で使えることは非常に大切ですが、「リバイバル」という言葉ばかり連呼しているとあまりスマートな印象になりません。「リバイバル」の類語をいくつか把握しておき、会話の中で適宜「リバイバル」と入れ替えて使うのがおすすめです。

リバイバルの類語

  • 再興
  • 復活
  • 再燃
  • 再起

再興

「リバイバル」の類語、一つ目は「再興」です。「リバイバル」とかなり意味が近く「一度衰えてしまったものにまた勢いが戻る」という意味になります。

「リバイバル」がカタカナ語ですので、あまり多用したくない時も便利に使える類語です。例文としては「昔大人気だったたまごっちブームが再興した。」となります。

復活

「リバイバル」の類語、二つ目は「復活」です。この言葉は日常的もよく使う言葉ですのでなじみがあるという方も多いのではないでしょうか。意味としては「一旦、廃止になったり消えたものが元に戻る」となるほか、「死んだものが生き返る」という意味もあります。

「リバイバル」との意味の違いとしては、「リバイバル」は一度ヒットしたものを指しますが、復活はヒットしていないものにも使うことができます。

例文としては、「残念ながら実行までつなげることができなかったプロジェクトを復活させるチャンスがやってきた。」となります。

再燃

「リバイバル」の例文、三つ目は「再燃」です。もとの意味は「一度火が消えたところからまた燃える」ですが、「衰えていたものがまた盛り返すこと」という意味でも使われます。例文としては「この問題はすでに解決していたように見えるが、時を経て再燃した。」となります。

再起

「リバイバル」の類語、最後にご紹介するのは「再起」です。意味は「悪い状態からまた勢いを取り戻し、立ち直ること」となります。例文としては「病気でしばらく仕事を休んでしまったが、最近になって再起を果たした。」となります。

「ネグレクト」の意味やビジネスシーンでの使い方は?類語や例文なども詳しく解説!のイメージ
「ネグレクト」の意味やビジネスシーンでの使い方は?類語や例文なども詳しく解説!
児童虐待に関するニュースで使用される「ネグレクト」という言葉。実は、ビジネスに関連する場面においても使用できる意味があります。ここでは、そんな「ネグレクト」という言葉について「ネグレクト」の詳しい意味はもちろん、例文や事例などについても解説します。

「リバイバル」を使った英語の例文

Photo byFree-Photos

次にご紹介するのは「リバイバル」の英語の例文です。最近では仕事で英語を使う機会が多い方も増えてきました。また、転職では英語が使えると有利になることも多いです。常日頃から英語での表現方法も身に付けるようにしておきましょう。

ビジネスシーンで使う英文例

「リバイバル」をビジネスで使う場合の例文としては、「Company A will creat a revival plan for company B.」で「A会社はB会社のために再建計画を作る。」となります。「rivival plan」が「再建計画」です。

また、「We need to discuss on the revival of the manufacturing industry.」で「我々は、製造業のリバイバルについて議論をしなければならない。」となります。

エンターテイメントで使う英文例

エンターテイメントでは「After treatment, the singer held a revival concert at Nippon Budokan.」で、日本語では「治療後、その歌手は日本武道館で復活コンサートをした。」となります。

また、「The movie was screened as a revival film in 2020.」で「その映画は、2020年にリバイバル上映された。」となります。

「thx」の意味や正しい使い方は?例文やその他の省略英語についても解説!のイメージ
「thx」の意味や正しい使い方は?例文やその他の省略英語についても解説!
「thx」の意味をご存じでしょうか?正しい使い方を学び、実際に活用いただけるように、例文や英語の省略形、その他の省略形を解説いたします。 「thx」は主に英語圏で使われるため、英語圏外で暮らす人々には馴染みがないかもしれません。正しい意味を把握しましょう。

転職したい人必見!おすすめの転職サイト

圧倒的高品質な選考情報サイト

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

企業一覧 | インテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にも日本M&Aセンター/M&Aキャピタルパートナーズ/マッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【日本M&Aセンター・M&Aキャピタルパートナーズなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、最難関企業の特別選考のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

「リバイバル」の意味を理解して正しく使おう!

Photo bymohamed_hassan

使い方が分かりそうで実は細かな意味までは把握していないというケースが多い「リバイバル」という単語。マーケティングとも関係が深い言葉ですのでこれを機に例文も含めてしっかり把握し、仕事や転職の際に正しく使用できるようにしておきましょう。

【あなたにおすすめの記事はこちら】

【例文付き】「往々にして」の正しい意味の使い方は?あなたも間違っているかも?のイメージ
【例文付き】「往々にして」の正しい意味の使い方は?あなたも間違っているかも?
ビジネスシーンでたびたび使われる「往々にして」というフレーズの意味をきちんと理解できていますか。「往々にして」の意味や語源、使い方を例文を用いながら説明します。誤った使い方や英語への訳し方なども解説します。
「恒常的」の意味と正しい使い方は?定常的との違いや類語・対義語も合わせて解説!のイメージ
「恒常的」の意味と正しい使い方は?定常的との違いや類語・対義語も合わせて解説!
「恒常的」という言葉は「変化がなく一定のこと」という意味を持ちます。ビジネスでよく使われる言葉で、間違った使い方をしている人も多いです。そこで今回は「恒常的」の使い方や意味、類語・対義語・英語表現などについて詳しく解説したします。
「憚られる」の意味と正しい使い方は?類語や敬語を例文つきで解説!のイメージ
「憚られる」の意味と正しい使い方は?類語や敬語を例文つきで解説!
本記事では「憚られる」の意味や正しい使い方について詳しく解説しています。特に、「憚られる」の読み方や敬語表現に関して例文などを用いながらわかりやすく解説しています。転職希望者の中で、「憚られる」などの意味や使い方に関して知りたい方は、必見の内容となっています。
Takako
ライター

Takako

大学卒業後、東南アジアで働いた後ワーホリでカナダへ。その後ワークビザへ切り替え、移民。海外在住の日本人児童の国語指導(国語の教員免許所持)、日本語講師、翻訳家、ライターとして活躍中。バイリンガル子育て中。

関連記事

目次

人気記事ランキング