「お疲れ様です」は目上に失礼?正しい敬語や言い換え表現を解説!

「お疲れ様です」は目上に失礼?正しい敬語や言い換え表現を解説!

本記事では「お疲れ様です」は目上の人に対して使うと失礼なのかについて詳しく解説しています。その中で、「お疲れ様です」の目上の人に対しての正しい表現などについても具体例を交えながら解説しています。「お疲れ様です」の使用法について気になる方は必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.「お疲れ様です」の意味
  2. 2.「お疲れ様です」の使い方
  3. 3.「お疲れ様です」は目上の人や社外で使うと失礼?
  4. 4.「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分け
  5. 5.「お疲れ様です」の言い換え表現は?
  6. 6.目上の人への挨拶でもお疲れ様は使える!
  7. 7.転職するならインテリゴリラに登録

「お疲れ様です」の意味

Photo byFree-Photos

「お疲れ様です」の意味

  • 相手の苦労をねぎらう意味
  • 挨拶の意味
  • メールや電話の際の決まり文句

ここでは、「お疲れ様です」の意味について詳しくみていきたいと思います。

相手の苦労をねぎらう意味

まず、「お疲れ様です」は目上の人など相手の苦労に対してねぎらう意味で用いられることが多い表現となっています。

目上の人から部下などの目下の人に対して「お疲れ様」と用いられることや、部下などが上司などの目上の人に対して「お疲れ様です」ということなど用いられる場面は多岐にわたると言えます。

英語で「お疲れ様です」を用いる場合など例外もあるので注意が必要です。

挨拶の意味

また、ビジネスの場においては相手をねぎらうだけでなく、挨拶の意味として用いられる場合もあります。

その場合、「お疲れ様です」は「こんにちは」や「おはようございます。」などの意味としてメールなどで用いられる場合があります。

メールや電話の際の決まり文句

「お疲れ様です」は、そのほかにも、メールや電話の際の決まり文句として用いられることが少なくありません。

「お疲れ様です。○○部署の○○です。」などの形で用いられることがあります。

また、「お疲れ様です」は社外の人に対して用いる場合は失礼に値する場合もあるので注意が必要です。

敬語表現やその他の英語圏においての使い方などさらに詳しい情報を知りたい方は、インターネットを活用して確認しておきましょう。

「お疲れ様です」の使い方

Photo byFree-Photos

ここでは、「お疲れ様です」の正しい使い方に関してみていきたいと思います。

先ほど見たように、「お疲れ様です」の意味は多岐にわたり、「お疲れ様です」を用いることが出来る場面も幅広いということが出来ます。

一般的に、「お疲れ様です」を使うタイミングとしては、相手が疲れている場面で用いられることが多いです。

仕事を始めるタイミングや朝の時間帯に「お疲れ様です」と使うことはあまりふさわしいとは言えず、失礼に値することもあります。

【例文】
「ただいま戻りました(社外での活動を終えて帰社した人に向けて)」「お疲れ様です。」

このように、「お疲れ様です」は正しい使い方をする必要があります。
英語圏での使い方やその他の場面での正しい使い方に関して知りたい方は、インターネットを活用して確認しておきましょう。

「お疲れ様です」は目上の人や社外で使うと失礼?

Photo byStartupStockPhotos

「お疲れ様です」は目上の人や社外で使うと失礼?

  • 目上の人に使っても良い
  • 社外の人に使う際は注意

「お疲れ様です」は目上の人に対して使うべき敬語表現ではないのではないかと心配する人も多いと思います。

そこでここでは、「お疲れ様です」を目上の人や社外の方に対して用いると失礼かどうかについて詳しくみていきたいと思います。


 

目上の人に使っても良い

「お疲れ様です」は敬語表現として、社内の目上の人に対して使っても構わないと言われています。

目上の人に対して用いる際は、「お疲れ様です」や「お疲れ様でした」など丁寧な敬語表現にすることで社内の人には用いられることが多い言葉です。

しかし、社外の人などに対して「お疲れ様です」を用いる場合は、失礼にあたることが多いです。
次の項目では、社外の人に対して用いる場合を見ていきましょう。

社外の人に使う際は注意

社外の人や取引先の方などに対して「お疲れ様です」を用いる事は失礼と言われる場合が多いです。

というのも、「お疲れ様」はもともと目上の人が目下の人に対してねぎらうために用いられていた言葉であり、社外の人に対しても「お疲れ様です」を用いる事で相手に失礼な印象を与えてしまう可能性があります。

その際は、「お疲れ様です」の言い換え表現を用いるべきでしょう。
以下では「お疲れ様です」の言い換え表現についていくつか例を紹介しています。

「お疲れ様です」の言い換え表現

  • ありがとうございました。
  • お世話になっております。

このような言い換え表現が考えられます。
そのほかにも、英語への言い換えなどが考えられます。

「お疲れ様です」の言い換え表現や英語圏でも使い方に関して知りたい方は、インターネットを活用して確認しておきましょう。

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分け

Photo byFree-Photos

ここでは、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分けについてみていきたいと思います。

「ご苦労様です」は「お疲れ様です」とは異なり、目上の人などに対して用いると失礼な印象を与えてしまう可能性があります。

意味としては「お疲れ様です」と似通っている「ご苦労様です」ですが、一般的には目上の人が部下などの目下の人に対して用いるねぎらいの言葉です。
そのため、社外や目上の人に対して用いるには失礼と当たる可能性が非常に高いです。

目上の人に対してねぎらいの言葉を送る際は、「ご苦労様です」を言い換えて「お疲れ様です」という敬語表現に変えて使いましょう。

「お疲れ様です」の言い換え表現は?

Photo byStartupStockPhotos

「お疲れ様です」の言い換え表現は?

  • 目上の人へ敬意や感謝を伝える場合
  • 目上の人への挨拶として使う場合

ここでは、「お疲れ様です」の言い換え表現についてみていきたいと思います。

「お疲れ様です」は、目上の人に対しての敬意や感謝を伝える場合と目上の人への挨拶として用いられることが多いと言われています。

この二通りの場合についてここでは詳しくみていきましょう。

目上の人へ敬意や感謝を伝える場合

社外の人との商談などを終えて、会社に帰ってた上司に対して「お疲れ様です」と声を変えるほかに「お帰りなさいませ」などより丁寧な敬語表現を用いる事が出来ます。

特に、上司などが外回りから帰ってきた際は、感謝や敬意をこめて「おかえりなさいませ」などより丁寧な敬語表現を用いる事で、失礼な印象を与えない可能性が高いと言えます。

また、商談などを行った社外の人に対しては、「お疲れ様です」や「お疲れ様でした」とメールなど伝えるのではなく、「本日はどうもありがとうございました。」などより丁寧な敬語表現を用いてメールなどで伝えることが良いと言えるでしょう。

目上の人への挨拶として使う場合

社内外において、目上の人に対して挨拶として使用する場合においても「お疲れ様です」以外に多くの表現を知っておく必要があります。

特に、社外の人に対しては「お疲れ様です」という挨拶表現は失礼となる場合も考えられます。

メールなどを通じて目上の人に対して用いる場合はその場の雰囲気や時間帯を考えて、「こんにちは。」や「おはようございます。」など場面に合わせた使い方をしていきましょう。

そのほかにも英語への言い換えやその他の場面での「お疲れ様です」の言い換えが考えられます。

英語の言い換えや英語圏などその他の場面における言い換えに関しては、インターネットを活用して確認しておきましょう。

目上の人への挨拶でもお疲れ様は使える!

ここまで、目上の人に対しても「お疲れ様です」は使えるということや、その使い方に関して詳しく解説してきました。

メールなどビジネスの場面においては、「お疲れ様です」を使う場面に適した場合とそうでない場合があるので注意が必要といえます。

上記のように、転職難易度の高い企業への転職を目指す方に向けて、選考を突破するために転職エージェントをうまく活用することを転職ゴリラではおすすめしています。

業界の中でも選考難易度の高い企業への転職を目指している場合だと、選考に向けて入念な選考対策をしている必要があると言われています。
本記事の中でも紹介している転職エージェントでは、それぞれの企業に特化した選考対策や、業界ごとの選考に関してのアドバイスなど難易度の高い選考を突破するための情報を無料で提供しています。
またそれ以外にも、転職エージェントではそれぞれの企業の非公開の求人情報を登録者に紹介したり、年収などの待遇面の交渉を企業側にしてくれるなど幅広いサービスを行っています。

さらに、業界の中でも選考難易度の高い企業への転職を目指し、納得した転職活動を行いたい方に向けて、転職情報サイトのインテリゴリラに登録することを併せておすすめしています。

転職情報サイトのインテリゴリラでは、実際に選考難易度の高いと言われる企業の選考を突破した方の選考体験記や、それらの企業の選考に関してのアドバイスなど非公開の情報を提供しています。

転職エージェントや転職情報サイトのインテリゴリラを活用して、転職活動をスムーズに行いましょう。
有名企業の選考体験記一覧はこちら

納得のいく転職活動を行いましょう。

転職するならインテリゴリラに登録

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

【あなたにおすすめの記事はこちら】

「迅速な対応」の意味と正しい使い方は?ビジネスで使う正しい表現を解説!のイメージ
「迅速な対応」の意味と正しい使い方は?ビジネスで使う正しい表現を解説!
本記事では、「迅速な対応」の意味や正しい使い方について詳しく解説しています。特に、「迅速な対応」についてビジネスの場で正しく丁寧に使うために具体的な例を交えながら紹介しています。「迅速な対応」の意味や使い方について知りたい方にとって、必見の内容となっています。
「及び」の意味や正しい使い方は?例文を用いて正しい表現を解説!のイメージ
「及び」の意味や正しい使い方は?例文を用いて正しい表現を解説!
本記事では「及び」の意味や正しい使い方などに関して、例文などを用いながら正しい表現について詳しく解説しています。「及び」の類語やその違いなどについて解説しており、「及び」の正しい使い方や意味について気になる方は、必見の内容となっています。
「ネック」の意味や正しい使い方は?例文や類語などを詳しく解説!のイメージ
「ネック」の意味や正しい使い方は?例文や類語などを詳しく解説!
本記事では、「ネック」の意味や正しい使い方について詳しく解説しています。「ネック」について例文や意味をおさえておくことで、ビジネスシーンでも幅広く活用される「ネック」を使いこなすことが出来ます。「ネック」について詳しい情報を知りたい方にとって必見の内容です。
酒井俊樹
ライター

酒井俊樹

大手日系メーカー就職予定の大学生。大学時代は部活動に打ち込んでおり強みは「忍耐力」。どんなジャンルの記事も、読者の方が読みやすい内容になることを心がけ、粘り強く取り組みます。趣味はお菓子食べ比べ。

関連記事

目次

人気記事ランキング