「お疲れ様です」は目上に失礼?言い換え表現も紹介

「お疲れ様です」は目上に失礼?言い換え表現も紹介

「お疲れさまです」は、ビジネスシーンで頻繁に使われる言葉です。目上の人に使っても問題ない言葉ですが、場合によっては失礼と受け取られてしまう可能性があります。相手との関係を良好に保つためにも「お疲れさまです」の意味や使い方をしっかりと覚えておきましょう。

「お疲れ様です」の意味

Photo byTumisu

「お疲れ様です」は目上の人など相手の苦労に対してねぎらう意味で用いられることが多い表現です。

目上の人から部下などの目下の人に対して「お疲れ様」と用いられることや、部下などが上司などの目上の人に対して「お疲れ様です」ということなど用いられる場面は多岐にわたります。

それ以外にも挨拶としても使える表現です。

ビジネスシーンでは「お疲れ様です」という言葉を使う機会が非常に多いです。
使い方を間違えないように、言い換え表現もチェックしましょう。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

「お疲れ様です」の使い方

Photo byFree-Photos

ここでは、「お疲れ様です」の正しい使い方に関してみていきたいと思います。

先ほど見たように、「お疲れ様です」の意味は多岐にわたり、「お疲れ様です」を用いることが出来る場面も幅広いということが出来ます。

一般的に、「お疲れ様です」を使うタイミングとしては、相手が疲れている場面で用いられることが多いです。

仕事を始めるタイミングや朝の時間帯に「お疲れ様です」と使うことはあまりふさわしいとは言えず、失礼に値することもあります。

【例文】
「ただいま戻りました(社外での活動を終えて帰社した人に向けて)」「お疲れ様です。」

このように、「お疲れ様です」は正しい使い方をする必要があります。
英語圏での使い方やその他の場面での正しい使い方に関して知りたい方は、インターネットを活用して確認しておきましょう。

ビジネスの基本「電話マナー」の心得!失礼にならないかけ方・切り方は?のイメージ
ビジネスの基本「電話マナー」の心得!失礼にならないかけ方・切り方は?
リクルートやベンチャー企業での実務経験をもとに、ビジネスの基本である、「電話マナー」の心得についてお伝えします。 ビジネスをする上で、電話マナーは必須の内容になります。 社会人になりたての方はもちろん、若手社員の方も、セルフチェックを兼ねてご覧ください。

「お疲れ様です」は目上の人や社外に使うと失礼?

Photo byStartupStockPhotos

「お疲れ様です」は目上の人や社外に使うと失礼?

  • 目上の人に使っても良い
  • 社外の人に使う際は注意

「お疲れさまです」は丁寧な敬語表現であるため、目上の人に使っても問題ない言葉です。
ただし、失礼と思われる可能性もあるため、なるべく社外の人には使わないようにしましょう。

目上の人に使っても良い

「お疲れ様です」は敬語表現として、社内の目上の人に対して使っても構わないと言われています。

目上の人に対して用いる際は、「お疲れ様です」や「お疲れ様でした」など丁寧な敬語表現にすることで社内の人には用いられることが多い言葉です。

しかし、社外の人などに対して「お疲れ様です」を用いる場合は、失礼にあたることが多いです。
次の項目では、社外の人に対して用いる場合を見ていきましょう。

社外の人に使う際は注意

社外の人や取引先の方などに対して「お疲れ様です」を用いる事は失礼と言われる場合が多いです。

というのも、「お疲れ様」はもともと目上の人が目下の人に対してねぎらうために用いられていた言葉であり、社外の人に対しても「お疲れ様です」を用いる事で相手に失礼な印象を与えてしまう可能性があります。

 

目上の人に使う「お疲れ様です」の場面別の使い方

Photo byStartupStockPhotos

目上の人に使う「お疲れ様です」の場面別の使い方

  • 挨拶で使う
  • メールや電話の冒頭で使う

目上の人に「お疲れさまです」と使う場合は、挨拶の代わりとして使われることが多いです。
特にビジネスシーンでは「こんにちは」よりも「お疲れさまです」が挨拶の言葉として適しています。

挨拶で使う

「お疲れさまです」は「こんにちは」の代わりとして使われることが多いです。
すれ違ったりしたときに「お疲れさまです」と挨拶する場面はよく見られるでしょう。
他にも、何か用事があって目上の人に声をかける一言目として「お疲れさまです」は使えます。

メールや電話の冒頭で使う

「お疲れさまです」は、メールや電話の冒頭で使われます。
定型句として使うことが多く、特に大きな意味はありません。
オフィスシーンの挨拶として「こんにちは」より「お疲れさまです」が最適でであるため、メールや電話の冒頭で挨拶代わりとして使われいます。

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分け

Photo byFree-Photos

「ご苦労様です」の意味は、一般的には目上の人が部下などの目下の人に対して用いるねぎらいの言葉です。
「ご苦労様です」は「お疲れ様です」とは異なり、目上の人などに対して用いると失礼な印象を与えてしまう可能性があります。

目上の人に対してねぎらいの言葉を送る際は、「ご苦労様です」を言い換えて「お疲れ様です」という敬語表現に変えて使いましょう。

「ご承知おきください」の目上の人への正しい使い方は?意味や類語を徹底解説!のイメージ
「ご承知おきください」の目上の人への正しい使い方は?意味や類語を徹底解説!
「ご承知おきください」という敬語の意味や使い方を解説します。会社で日常的に使っている方もいるのではないでしょうか。実はこの表現、目上の人に対して使うことはNGなんです。「ご承知おきください」はビジネスシーンやメールでどのように使えば良いのでしょうか。

「お疲れ様です」の言い換え表現は?

Photo by6306752

「お疲れ様です」の言い換え表現は?

  • 仕事の途中で声をかける場合
  • 目上の人へ敬意や感謝を伝える場合
  • 目上の人への挨拶として使う場合
  • 目上の人が営業先や出張先から会社に帰ってきた場合
  • 上司よりも先に退社する場合

ビジネスシーンでは「お疲れさまです」を使うのではなく、「お疲れさまです」の言い換えの言葉が適してる場合があります。
より丁寧に自分の気持ちを伝えたい時は、言い換えの言葉を使いましょう。

仕事の途中で声をかける場合

仕事の途中で声をかける場合は「今、お時間よろしいでしょうか」などが挙げられます。
以上のような場面の場合、相手が忙しいことを考慮して声をかけるのが重要です。
「お疲れさまです」だと挨拶なのか何かを伝えたいのか目的がはっきりしないため、何かを伝えたいときは「今、お時間よろしいでしょうか」と声をかけるのもおすすめです。

目上の人へ敬意や感謝を伝える場合

打ち合わせなどで時間を割いてくれば場合は、「本日はありがとうございました」と伝えましょう。
打ち合わせや商談をした社外の人などにも「本日はありがとうございました」と伝えるのが一般的です。
例文としては「次のミーティングまでに〇〇の問題を解決いたします。本日はありがとうございました。」などが挙げられます。

目上の人への挨拶として使う場合

社内外において、目上の人に対して挨拶として使用する場合においても「お疲れ様です」以外に多くの表現を知っておく必要があります。

特に、社外の人に対しては「お疲れ様です」という挨拶表現は失礼となる場合も考えられます。
メールなどを通じて目上の人に対して用いる場合はその場の雰囲気や時間帯を考えて、「こんにちは。」や「おはようございます。」など場面に合わせた使い方をしていきましょう。
例文としては「おはようございます。本日もよろしくお願いいたします。」「こんにちは。今日は〇〇の報告をしたく、時間を設けさせていただきました。」などが挙げられます。
 

目上の人が営業先や出張先から会社に帰ってきた場合

目上の人が営業先や出張先から帰ってきた場合、「お疲れさまです」よりも「お帰りなさいませ」の方が良いです。
「お帰りなさいませ」は、目上の相手に対して、ねぎらいの気持ちを強く伝えられます。
例文としては「お帰りなさいませ。長時間お疲れ様でした。」などが挙げられます。

上司よりも先に退社する場合

上司よりも退社する場合は「お先に失礼します。」と伝えるようにしましょう。
「お先に失礼します。」を伝えるだけでも印象が良くなり、社内で上手くコミュニケーションが取れる1つの要因になります。
一方で、何も言わずに退社してしまうと、印象が悪くなり、働きづらくなる可能性もあります。
例文として挙げられるは「仕事が終わったので、お先に失礼します。」などです。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

目上の人への挨拶でもお疲れ様は使える!

Photo byPexels

本記事のまとめとしては以下の通りです。

  • 「お疲れさまです」は目上の人に使っても問題ない
  • ただし、社外の人に使うと失礼に思われる可能性があるため、言い換えを使う
  • メールや電話などでは挨拶の代わりとして「お疲れさまです」を使う
  • 「ご苦労さまです」は目上の人に使わない
本記事では「お疲れさまです」の正しい使い方について詳しくご紹介しました。
今回ご紹介したように「お疲れさまです」は目上の人にも使える言葉です。
ですが、失礼と思われる可能性もあるので、使う際は少し注意しましょう。
また、電話やメールの最初には挨拶代わりとして「お疲れさまです」を入れるようにしましょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
酒井俊樹
ライター

酒井俊樹

大手日系メーカー就職予定の大学生。大学時代は部活動に打ち込んでおり強みは「忍耐力」。どんなジャンルの記事も、読者の方が読みやすい内容になることを心がけ、粘り強く取り組みます。趣味はお菓子食べ比べ。

関連記事

目次

人気記事ランキング