「または」の意味や正しい使い方は?類語との違いや使い分けや例文もご紹介!

「または」の意味や正しい使い方は?類語との違いや使い分けや例文もご紹介!

「または」の正しい使い方をご存じでしょうか。もしかしたら間違えたまま使ってしまっているという可能性もありますから、ここで「または」について振り返ってみましょう。「または」の類語や対義語、英語表現などについてもご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.「または」とは
  2. 2.「または」の正しい使い方・例文
  3. 3.「または」の類語「もしくは」「あるいは」との違い・使い分け方
  4. 4.「または」のその他の類語
  5. 5.「または」の対義語
  6. 6.「または」の英語表現
  7. 7.「または」の意味と正しい使い方を覚えよう!
  8. 8.転職したい人必見!おすすめの転職サイト

「または」とは

Photo bystevepb

「または」という言葉は日常生活の中だけではなく、ビジネスシーンにおいても頻繁に使われます。
しかし、その正しい使い方を本当に正しく知っているかと問われると、はっきりと答えられる方は少ないのではないでしょうか。

この記事では、「または」の意味だけではなく、使い方や類語との違いを例文を交えて解説していきます。それだけではなく、「または」の英語表現もご紹介しますので、ぜひボキャブラリーに加えてください。

「または」の意味

「または」とは、複数の選択肢から1つを選ぶ際に使われる言葉です。
選択肢の数に限りはありません。それらの中から必ずどれかを選び取るのであれば、「または」という言葉を使う事ができます。

どれも選ばないという場合には、選択肢がいくつあっても「または」を使う事はできません。

「または」の漢字

「または」は、漢字にすると「又は」となります。

基本的にビジネスシーンにおいては漢字で書く方が良いでしょう。公的な文書では漢字での表記が義務付けられているため、契約書のやり取りなどの重要な場面では「又は」と書くべきです。

「または」の正しい使い方・例文

フリー写真素材ぱくたそ

それでは、実際に「または」の使い方を例文を交えてご説明していきます。

例文を知っておくと使用する際のイメージが掴みやすくなるため、ぜひ一文は覚えておきましょう。

句読点の付け方

「または」の使い方で気をつけたいのが、句読点の付け方です。
「AかB、またはC」「A、またはBかC」といったように3種類の選択肢を繋げる際には「または」を選択肢で挟む形にするのが一般的な使い方です。

ただし、「AまたはB」のように二者間のみでの選択肢の提示であれば、句読点を付ける必要がない場合もあります。
例文として挙げられるのは、以下のようなものです。

・コーラかジュース、またはコーヒーを選べます。
・電車または自家用車でお越しください。

このような使い方をします。

間違った付け方

間違った使い方としては、「または」の後ろに句読点を付けてしまうというものが挙げられます。

具体的な例文はこちらです。
・山または、海に行こうと思っている。
・日曜か土曜または、祝日に会いたいと考えている。

「または」の後ろには必ず選択肢を繋げるようにしましょう。

「または」は数学でも使われる

「または」は数学においても使われます。その際には「∪」という記号を使います。

これは「A∪B」のように表現され、「AまたはB」とそのまま読まれる事もあれば「AカップB」と読まれる事もあります。

AまたはBのどちらかに属する要素を持っている集合という意味を表す時に使われます。

「または」の類語「もしくは」「あるいは」との違い・使い分け方

Photo byLubosHouska

「または」の類語として、「もしくは」「あるいは」という言葉があります。

これらはほとんど変わりのない意味を持っていますが、若干違いがあり、使い方も異なります。そのため、正しい使い分け方を知っておきましょう。

「もしくは」の意味・使い方

「または」の類語である「もしくは」は、漢字で表記すると「若しくは」になります。こちらも公の文書では漢字で記載するようにしましょう。
「または」の違いと使い分けるポイントは、選択肢の重要度の違いによって使い方を変えるというところにあります。

「明日もしくは明後日、または3日後までに連絡します。」という例文では、明日と明後日は小さな接続、3日後が大きな接続を表しています。接続の大きさが使い分けに影響を与えるのです。

また、「もしくは」は「赤もしくは青もしくは緑または黄の中から選んでください。」のように多くの選択肢を繋げる事ができます。

「あるいは」の意味・使い方

「または」の類語として、「あるいは」が挙げられます。
「または」と「あるいは」は多くの場合同じ意味合いで使われますが、意味が少し違います。

「または」がどれか1つのみを選択する意味を持っている一方で、「あるいは」は同時に複数の選択肢を選び取る事ができるのです。

「買い物あるいは外食をしてから帰宅したい。」という例文の場合は、買い物と外食の両方を選ぶ事ができます。

「または」「もしくは」「あるいは」の使い分け方

「または」「もしくは」「あるいは」の使い分け方として、「または」は二者間のみでも使用できるという大きな特徴がある事を覚えておくと良いでしょう。

「もしくは」は「または」が同じ文中で使用されていなければ使う事ができません。

そして「あるいは」ですが、これはニュアンスで使い分けましょう。「または」は積極的に選択肢から選び取りますが、「あるいは」はどちらかと言えばこちらにする、といったような意味合いで使われます。

このように、類語といっても意味には違いがあるのです。

「または」のその他の類語

Photo by torisan3500

「または」には他にも多くの類語があります。

ここでは例文を交えて類語をご紹介していきます。ビジネスシーンですぐに使えるように、ひとつでも多く覚えておきましょう。

「さもなければ」

「さもなければ」は「または」の類語です。
意味の違いとしては、「さもなければ」には緊急性が付与されているというところが挙げられます。「そうでなければ」「そうしなければ」という意味合いを含んでいます。

例文としては、「早く持って。さもなければ落としてしまうよ。」といったものが挙げられます。

「ないしは」

「ないしは」も「または」の類語です。

「ないしは」は「または」と同じ使い方をする事もありますが、選択した期間や範囲を表すために使われる事もあります。

例えば「このまま走り続ければ30分ないしは1時間で着くだろう。」という文では、30分か1時間という意味ではなく、30分から1時間の間で、という意味になります。

「か」

「か」も「または」の類語です。意味の違いとしては、「または」とは異なり可能性がある選択肢を繋げられるところが挙げられます。

例えば、「もうすぐメールか電話が来る。」という例文では、メールか電話のどちらかが来るという意味で使われます。必ずどちらかが来るというニュアンスを持っているため、「または」よりも確実性があります。

「それとも」

「それとも」も「または」の類語ですが、使い方に大きな違いがあります。

「それとも」は疑問形でしか使う事ができません

例えば、「ビールそれともワインにする?」というように、どちらにするか相手に選んでもらうために選択肢を繋げる使い方をします。

「または」の対義語

Photo byThorstenF

ここでは「または」の対義語についてご説明します。

類語も多い「または」ですが、対義語も多く存在します。どちらもとっさに使えるようにしておくと良いでしょう。

「かつ」

「かつ」は両方あるいは同時に選択肢を掴むという意味を持っています。

これは、選択肢の中からどれかを選ばなければならない「または」とは正反対の言葉だと言えます。
例文として「質が良く、かつ安い服を買う事ができた。」といったものが挙げられます。

「並びに」

「並びに」も「または」の対義語です。「並びに」は複数の選択肢を提示する事ができますが、それぞれの種類が異なっていなければならないという条件があります。

例として、「明日は申込用紙並びに印鑑をご用意ください。」といったような使い方が挙げられます。
選択肢に順序による優先順位はありません。

「及び」

「及び」は複数の事柄を並べる際に使う「または」の対義語です。

似た種類、または同列として扱われる事柄を並べられるため、「並びに」との使い分けに注意しましょう。
例として「こちらには使用済みカップ及びストローを捨ててください。」といった文が挙げられます。

「と」

「と」も「または」の対義語です。「と」は繋いだ事柄に優先順位はなく、ただ羅列するためだけに使われる言葉です。

どちらか、またはどれかを選ぶという意味も持っておらず、事柄をいくつ並べても誤用になりません。
例として、「シーソーとベンチがある公園ができた。」といった文が挙げられます。

「や」

「や」も「または」の対義語です。「や」は「と」と同じ意味を持っていて、同様に事柄を単に繋げるための役割を持っています。

例として、「猫や犬のようなペットを飼いたい。」といった文が挙げられます。
深い意味はなく、ただ2つを並べているだけです。

「または」の英語表現

Photo bylibellule789

「または」は英語で表現する事もできます。英語での表現を覚えておくと、英文読解の際に非常に役立つため、ぜひ参考にしてみてください。

英語では幅広い表現をする事ができますが、ここでは2つに絞ってご紹介します。

英語表現①or

1つ目の英語表現は「or」です。これは馴染み深い英語ではないでしょうか。

英語においても「or」を使う事で「または」という意味を表す事ができます。「AorB」とすれば、「AまたはB」という意味に訳せます。

英語表現②either or

2つ目の英語表現は「either or」です。

「A either or B」は「AまたはB」と訳す事ができます。「or」よりも硬い表現なので、文書などではこちらを使うと良いでしょう。
シーンによって「or」と「either or」を使い分けてください。

「または」の意味と正しい使い方を覚えよう!

Photo bysasint

「または」という言葉は、日頃何気なく使っているものですが、実際に使い方を調べてみると奥深いという事がお分かり頂けたのではないでしょうか。

類語や対義語も併せて、正しい使い方を意識して覚えておきましょう。

転職したい人必見!おすすめの転職サイト

圧倒的高品質な選考情報サイト

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

企業一覧 | インテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にも日本M&Aセンター/M&Aキャピタルパートナーズ/マッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【日本M&Aセンター・M&Aキャピタルパートナーズなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、最難関企業の特別選考のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

有名企業の選考体験記一覧はこちら

関野真弥
ライター

関野真弥

職業柄得た日本語に対する専門性から、正確な日本語の意味や正しい使い方についての記事を執筆しています。出典は必ず複数の辞書やサイトから引用し、正確性を主軸にした執筆を心がけています。

関連記事

目次

人気記事ランキング