「アンバサダー」の意味や正しい使い方は?類語についても詳しく解説!

「アンバサダー」の意味や正しい使い方は?類語についても詳しく解説!

アンバサダーの意味をご存知でしょうか。何度か耳にしたことはあっても、正確な意味や使い方は理解していない方が多いのではないでしょうか。是非この機会に、アンバサダーの意味やその由来、正しい使い方についても学び、しっかり語彙力を高めていきましょう。

記事の目次

  1. 1.アンバサダーの意味・由来
  2. 2.アンバサダーの使い方と例文
  3. 3.アンバサダーの類語・間違えやすい表現
  4. 4.「アンバサダー」の言いかえ表現
  5. 5.転職するならおすすめの転職サイト
  6. 6.「アンバサダー」はビジネスシーンで良く使われる言葉

アンバサダーの意味・由来

Photo byFirmbee

「アンバサダー」は 「大使」「使節」「代表」「代理」という意味の言葉です。「大使」とは具体的に、国のトップの代理として他国に派遣される、最上位の外交官のことです。しかし、仕事や転職などにおいては「 自社の商品の広告塔となる人という意味になります。

アンバサダーの本来の意味

「アンバサダー」は 英語の「ambassador」の読み方を、カタカナにしたものです。英語の「ambassador」には以下に示す通り2つの意味があります。

アンバサダーの意味

  • (駐在の)大使
  • (公式または非公式の)使節・代表

アンバサダーの仕事中・転職サイトでの意味

仕事や転職などのビジネスシーンにおいて「アンバサダー」は、 自社の商品の広告塔となる人という意味になります。
広告や宣伝用語として使われいて、本来の意味とは少し異なるのですね。きちんと理解しておきましょう。

アンバサダーの由来・語源

英語圏では「大使」の意味で使われることが多く、本来は外交用語として使用されます。
ここから、特定の組織や活動、ブランドを代弁するといった言葉を表すことが分かります。

アンバサダーの使い方と例文

Photo bygeralt

ここでは「アンバサダー」の正しい使い方を、例文を用いながら解説していきます。
一般的な場合、仕事や転職などのビジネスシーンなど、自分が使っている場面を想像し、しっかりと身につけましょう。
「アンバサダー」を使用した主要な言葉には以下の5つがあります。

アンバサダーを使用した主要な言葉

  • アンバサダーマーケティング
  • ブランドアンバサダー
  • アンバサダー契約
  • ディズニーアンバサダー
  • ネスカフェアンバサダー

それぞれ詳しくみていきましょう。

一般名詞と組み合わせた使い方・例文

アンバサダーマーケティング

「アンバサダーマーケティング」とは、「 イメージキャラクターを起用することで宣伝してもらうマーケティング方法のことです。人気なタレントやスポーツ選手が企業のアンバサダーとして契約し、広告塔となって宣伝することが多いです。ニュースなどでもよく見られますよね。

例えば以下のように使われます。

<例文>

  • アンバサダーマーケティングで新規開拓をしてみよう。
  • アンバサダーマーケティングを取り入れている競合他社に転職する。
  • A社にはアンバサダーマーケティングで継続的に顧客を獲得する狙いがある。

ブランドアンバサダー

「ブランド・アンバサダー」とは「 企業からの依頼で宣伝やPRを行う人のことです。企業と契約し報酬を貰いながら、SNSやYoutubeで宣伝する人に使われることが多いです。必ずしもタレントや芸能人、スポーツ選手に対してだけ使われるわけではありません。

例えば以下のように使われます。

<例文>

  • A社のブランドアンバサダーをネットで募集する。
  • 自社のブランドアンバサダーに有名なYoutuberを起用する。
  • B社では商品を使ってもらう5000人のブランドアンバサダーを探しています。

アンバサダー契約

「アンバサダー契約」とは「 企業の商品を宣伝するアンバサダーとして契約することを意味します。企業のイメージキャラクターとして契約する、という意味に近く、タレントやスポーツ選手もよく起用されます。「○○選手が××社とアンバサダー契約を結びました。」といったニュースはよく目にしますね。仕事で使うことも多いのではないでしょうか。

例えば以下のように使われます。

<例文>

  • 欧州に移籍する有名なサッカー選手がスポーツ用品メーカーとアンバサダー契約をする。
  • アンバサダー契約の報酬額を提示する。
  • 海外で活躍しているスポーツ選手とアンバサダー契約を締結する。

企業名・商品と組み合わせた使い方・例文

続いては、企業名・商品と組み合わせた「アンバサダー」の使い方と例文を見ていきましょう。仕事や転職などで用いる場合も多いので、しっかりと理解しましょう。

ディズニーアンバサダー

「ディズニーアンバサダー」とは、 東京ディズニーランドのホテルのことです。単なる宿泊施設としてだけでなく、結婚式の式場としても利用されています。多様な利用方法がありますね。

例えば以下のように使われます。

<例文>

  • 先週、ディズニーアンバサダーホテルに泊まった。
  • 来年の年末に、ディズニーアンバサダーホテルで結婚式を挙げることになった。
  • ディズニーランドに行くときは、ディズニーアンバサダーホテルを利用することをオススメするよ。

ネスカフェアンバサダー

「ネスカフェアンバサダー」は、 家庭や職場で無料で使うことができるコーヒーマシンのことです。しかし、マシンそのもののは無料ではあるものの、コーヒー代は毎月6,000円程度かかってしまいます。残念ながらコーヒー代は無料でないのですね。

例えば以下のように使われます。

<例文>

  • ネスカフェアンバサダーでコーヒーを毎日飲む習慣がある。
  • コーヒーを習慣的に飲むのであれば、ネスカフェアンバサダーがお得だ。
  • ネスカフェアンバサダーがあるおかげで話のタネになり、会議が和やかになった。

アンバサダーの類語・間違えやすい表現

Photo byLubosHouska

「アンバサダー」の意味や使い方を抑えたので、次は「アンバサダー」の類語や間違いやすい表現などを見ていきましょう。類語や間違えやすい表現までしっかりと理解することで、プラスアルファで語彙力が身につくため、気を抜かずに理解しましょう。

ここでは以下の3つを取り上げます。

アンバサダーの類語・間違い

  • インフルエンサー
  • メッセンジャー
  • エバンジェリスト

それぞれの類語・間違えやすい表現について、順にみていきましょう。

インフルエンサーの意味との違い

「インフルエンサー」は、「主にSNSでの情報発信によって世間に対して大きな影響を与える人物の総称」のことです。特徴として、有名人や芸能人に限らず、SNSで影響力を持っている人に対しても使われます。YoutubeやInstagram、TwitterやTik Tokなどが主なSNSですね。商品の魅力を伝えたいなら「アンバサダー」、より多くの人に知ってもらいたいなら「インフルエンサー」と使い分けるようにすると良いでしょう。

例えば、以下のように使われます。

<例文>

  • インフルエンサーの囲い込みに広告会社は必死になっている。
  • インフルエンサーは個人の為、企業ブランドを棄損するリスクがある。
  • インスタグラムでフォロワーが2万人以上ならインフルエンサーだ。

メッセンジャーの意味との違い

「メッセンジャー」とは「 品物や伝言などを送り届ける人のことです。類語の一つですね。「誰かの代理人の役割がある人」という意味では「アンバサダー」と同じです。しかし「メッセンジャー」は品物などを送り届ける配達人の意味があるのに対し、「アンバサダー」にはそのような意味はありません。注意しましょう。

例えば以下のように使われます。

<例文>

  • 私の代わりに彼女がメッセンジャーとなってくれた。
  • メッセンジャーを使って品物を相手に送り届ける。
  • メッセンジャーのアルバイトに応募してみようと思う。

エバンジェリストの意味との違い

「エバンジェリスト」とは、IT業界の新しい職種、あるいはその役割を担う専門人材のことです。もともとはキリスト教の「伝道者」の意で、ITのトレンドや技術について、ユーザーやエンジニアなどに分かりやすく説明することを仕事とします。この記事を読んでいる方の中にも、転職して「エバンジェリスト」になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば以下のように使われます。

<例文>

  • エバンジェリストとして自社のサービスを分かりやすく社外の人に向けて説明した。
  • エバンジェリストになるために、専門的な内容や技術的な内容について学習しようと思う。
  • エバンジェリストには、技術的な知識があることは勿論、人に物事を上手く伝える能力も必要である。

「アンバサダー」の言いかえ表現

Photo byDariuszSankowski

ここでは、「アンバサダー」の類語に近い言いかえ表現についてもチェックしていきましょう。語彙力を大幅に増加できますね。仕事などで実際に使っている場面を想像しましょう。

ブランド大使・広報大使

「ブランド大使」「広報大使」ともに「アンバサダー」の言いかえ表現となっております。基本的な英単語として「アンバサダー」には「大使」の意味があるので、ブランドを広げる大使、という意味で使われるのですね。

広告塔

「広告塔」も「アンバサダー」の言いかえ表現の一つです。「広告塔」の辞書的な意味は「企業や団体の宣伝のために目立つ所に設置された構造物、あるいは宣伝の役割を担う有名人」です。言い換えになっていますね。

イメージキャラクター

「イメージキャラクター」も「アンバサダー」の言いかえ表現の一つです。「イメージキャラクター」の辞書的な意味は「企業や商品を象徴するのにふさわしい人で、広告にいつも登場し、企業や商品のイメージづくりをする人。」です。略して「イメキャラ」という時もあります。

転職するならおすすめの転職サイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

「アンバサダー」はビジネスシーンで良く使われる言葉

Photo byFree-Photos

アンバサダーの正しい意味を理解できましたでしょうか。
意味だけでなく使い方や間違い、類語なども理解できましたでしょうか。
転職を考えている場合にも生かすことが出来るでしょう。

まだきちんと理解できていない場合は何度も読み返し、語彙力を増強させましょう。

kanno
ライター

kanno

就職活動の中でビジネスについての知識を身に着け、アウトプットしていきます。よろしくお願いします。

関連記事

目次

人気記事ランキング