「懐疑的」の意味や正しい使い方は?類語や英語表現についても詳しく解説!

「懐疑的」の意味や正しい使い方は?類語や英語表現についても詳しく解説!

「懐疑的」の意味はご存知でしょうか。耳にしたことはあるけど、正しい使い方や類語については理解していないのではないでしょうか。こちらの記事では「懐疑的」の意味、類語、使い方を例文等を通じて説明します。英語についても説明しますので、これを機にしっかり学びましょう。

記事の目次

  1. 1.懐疑的の意味
  2. 2.懐疑的の使い方
  3. 3.懐疑的の例文
  4. 4.懐疑的と似た意味の言葉・表現
  5. 5.転職するならおすすめの転職サイト
  6. 6.懐疑的は日常・仕事中のどこでも使える意味の言葉

懐疑的の意味

Photo bygeralt

「懐疑的(かいぎてき)」とは「ある物事や概念などに対して、疑問を持っているように見受けられること」という意味です。熟語の漢字をそれぞれ見ていくと、「懐」「疑」「的」の3つがあります。つまり、懐(心の中)に疑いを抱いているということですね。何となく理解できましたでしょうか。

「懐疑的」は仕事におけるビジネスシーンや小説などにおいて頻繁に用いられる語句であり、使い方もバリエーションに富んでいます。したがって、しっかりと理解し自分で使いこなせるようになることで、様々な場において語彙力の幅が広がるでしょう。

疑っている様子を意味する

「懐疑的」は信じ切ることが出来ず、疑っている様子を意味します。例えば「部長は課長の提案に眉を細め、懐疑的な反応を示した。」のように、何か信じ切ることが出来ない様子を意味します。

慣用句や四字熟語とセットに情景を思い浮かべてみたり、英語などの外国語と一緒に覚えてみると、様々な場合を想定でき理解に繋がりますね。

哲学的な意味もある

「懐疑的」には哲学的な意味もあります。哲学における「懐疑的」とは、議論している、あるいは証明しようとしている命題の真偽に関して、判断するに至る明確な根拠を欠いていて、保留している状態のことを意味します。

デカルトの「方法的会議」は哲学用語であり、この世の不確実であったり疑う余地があるものを全て否定していった結果、「我思う、ゆえに我あり」という哲学の第一原理にたどり着いたことを知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

懐疑的の使い方

Photo byMorningbirdPhoto

「懐疑的」の意味を確認したところで、次はその使い方についてみていきましょう。類語や例文、仕事においてどう使うかといったことも意識すると効果が増しそうですね。

人への使い方

「懐疑的」は人に対して使うことが出来ます。「あの人はものすごく懐疑的だな。」といった会話を耳にしたり、小説の文中に「彼は非常に懐疑的だ。」といったセリフを目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それでは、具体的にどのような人が「懐疑的」なのでしょうか。以下に例を挙げます。

懐疑的な人とはどういう人か

  • 警戒心が強い人
  • 容易に信じようとせず、疑いを持っている人
  • 自分に自信を持っていて、思考を曲げない人

これら3つに共通することとして、「物事を慎重に考える人」が挙げられますね。

モノへの見方の使い方

「懐疑的」はモノに対して使うことが出来ます。「日経平均株価は上昇しているのに、景気が好転している実感がないので懐疑的になってしまう」といった会話を仕事中に耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それでは、具体的にどのようなモノが「懐疑的」なのでしょうか。1つ特徴を挙げるとするならば、予想される因果関係とは裏腹に想定されない事実を引き起こすようなモノでしょうか。

先ほどの株価の話に戻ると、「株価が上昇している」ということは「企業の業績が伸びていたり、企業に投資しようとしている人が多い」こともありますので、「景気が良くなる」と考えられます。しかし、この事実に反して「景気は好転していない」ため、「懐疑的」になってしまっているのですね。ここでは経済における株の話を厳密に議論するつもりはありません。あくまで例の話です。

考え方に関する使い方

「懐疑的」は考え方に対して使うことが出来ます。「部長の考えには懐疑的にならざるを得ないよ。」や「経営方針と行っている事業に乖離がありすぎて、役員の考えに懐疑的になってしまう。」といった会話を仕事をしているビジネスマンなら耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それでは、具体的にどのような考え方が「懐疑的」なのでしょうか「懐疑的」な考え方とは「ある事象や物事に対して、偏りなく見れているかどうか、数字という道具を用いて定量化できているかどうか、そもそもそれは本当に事実なのか」といったことを表現する考え方です。下に一例を挙げます。

会議中にAさんが「このグラフからコストを下げればいかなることが起きようと売り上げは上がります。」と発言したとしましょう。ここでBさんが「ちょっと待って、景気が悪くなったら売り上げが下がるんじゃないの?」といった具合に、疑いを持った思考を表現することが「懐疑的」な考え方なのですね。

懐疑的の例文

Photo bysteveriot1

ここまで読んでくださったかたは「懐疑的」の意味や使い方を理解されたことと思います。ここから先は例文を用いた類語や英語における表現も見ていきます。日常生活や仕事においてどのように使用するのかといったことにも目を向け、理解を深めましょう。

人に使う時の例文

ここでは人に対して「懐疑的」を使う場合の例文をご紹介します。あくまで一例ですので、他の例文も参照したりして理解を深めていきましょう。

<例文>

  • Aさんは非常に懐疑的な性格の持ち主であり、時には鋭い洞察をしたり意見を出したりするが、仕事のスピードが極めて遅いことが欠点だ。
  • 「石橋を叩いて渡る」という言葉はまさにBさんのためにあるのではないかと思うくらい、Bさんは懐疑的な人だ。

モノに使う時の例文

ここではモノに「懐疑的」を使う場合の例文を見ていきましょう。人に対して使う時や、考え方に対して使う時と比べてみることで、微妙なニュアンスも理解することが出来るのではないでしょうか。それでは見ていきましょう。

<例文>

  • 転職成功率100%と噂の人材会社のセミナーに参加したが、社員の方の高圧的な態度が目につき、本当にこの人材会社で転職できるのか懐疑的に思ってしまった。
  • 「誰でも短時間で月100万円稼げる仕事」という言葉に目を引かれたが、本当にそんなことがこの世の中にあるのかと懐疑的に思った。

考え方に関する例文

ここでは考え方に「懐疑的」を使う場合の例文を見ていきましょう。人に対して使う時や、モノに対して使う時と比べてみることでより一層理解が深まることでしょう。それでは見ていきましょう。

<例文>

  • 「その論理関係は正しくありません。適切なデータが使用されていないからです。」という課長の発言で、課長は懐疑的な考え方が出来る人なのだと思った。

懐疑的と似た意味の言葉・表現

Photo by torisan3500

ここまで読んでくださった方は「懐疑的」の意味や使い方、例文など理解を深めたことでしょう。それらに加えて、ここでは「懐疑的」と似た意味の言葉や表現を見ていきます。英語についても扱いますので、海外出張が多いビジネスマンや留学を考えている学生さんは必見です!

懐疑的の同義語・類語

ここでは「懐疑的」の同義語と類語を解説します。以下に示す4つの単語は、「懐疑的」の同義語や類語と言えるでしょう。

「懐疑的」の同義語・類語

  • 半信半疑
  • 不信感
  • 疑惑
  • 否定的

半信半疑(はんしんはんぎ)…半分は信じているが、半分は疑っていること。嘘か本当か判断に迷う様子。
<例文>

  • 部長の考えには半信半疑だったが、正しいことが今年度の業績で分かった。
  • 成功するか失敗するか、ずっと半信半疑であった。

不信感(ふしんかん)…信じていない思いのこと。信用することが出来兄という気持ちのこと。
<例文>
  • 度重なる不正により、A社には不信感が募っている。
  • 政治家と企業の癒着により、より不信感が募った。
疑惑(ぎわく)…本当かどうか、不正があるのではないかなどと疑いを持つこと。またそのような気持ちのこと。
<例文>
  • 浮気はしていないと主張する彼の疑惑は未だに晴れない。
  • 友人の度重なる約束の放棄が、彼女の心の疑惑を広げてしまった。

否定的(ひていてき)…否定する内容を持つさま。
<例文>
  • 出世したいなら上司の考えに否定的にならない方が良いだろう。
  • 何事もそう否定的に考えずに、肯定的に考えてみようじゃないか。

懐疑的の英語表現

ここでは「懐疑的」の英語表現についてみていきます。まとめを除いて最後ですので、気を抜かずに読み切りましょう!

「懐疑的」の英訳としては、「unbelieving」「skeptical」「mistrustful」「suspicious」などがあります。それぞれ例文を示します。

<unbelievingの例文>

  • Even unbelieving people will appreciate his preaching.(不信心の人でも彼の説教の素晴らしさは認めるだろう。)
<skepticalの例文>
  • He was skeptical of the announcement made by the government.(彼は政府が出した発表に対して懐疑的だった。)
<mistrustfulの例文>
  • He is mistrustful of the man he made the insurance contract.(彼は保険の契約をした男のことを信用していない。)
<suspicousの例文>
  • They are getting suspicious.(彼らは懐疑的になり始めている)

転職するならおすすめの転職サイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

懐疑的は日常・仕事中のどこでも使える意味の言葉

Photo bysasint

「懐疑的」についての理解を深められたでしょうか。英語の例文も理解できましたでしょうか。不安なところがありましたら、是非読み返して理解を深めましょう。

また、上記では転職を考えている方におすすめの転職サイトを紹介しております。
転職活動ではまず選考情報等の情報収集が重要です。
内定者に直接聞いた非公開の選考情報を公開しているので、一度ご確認ください。
有名企業の選考体験記一覧はこちら

【あなたにおすすめの記事はこちら】

「寂寥感」の意味や正しい使い方は?例文や寂寞感との違いも紹介のイメージ
「寂寥感」の意味や正しい使い方は?例文や寂寞感との違いも紹介
「寂寥感」の意味をご存知でしょうか。何となく耳にしたことがあったり、本を読んでいて遭遇したことはあるけど、正しい意味は理解していない方も多いのではないでしょうか。こちらの記事にて「寂寥感」の意味を解説していきます。理解を深め、正しい使い方をマスターしましょう。
「恒常的」の意味と正しい使い方は?定常的との違いや類語・対義語も合わせて解説!のイメージ
「恒常的」の意味と正しい使い方は?定常的との違いや類語・対義語も合わせて解説!
「恒常的」という言葉は「変化がなく一定のこと」という意味を持ちます。ビジネスでよく使われる言葉で、間違った使い方をしている人も多いです。そこで今回は「恒常的」の使い方や意味、類語・対義語・英語表現などについて詳しく解説したします。
kanno
ライター

kanno

就職活動の中でビジネスについての知識を身に着け、アウトプットしていきます。よろしくお願いします。

関連記事

目次

人気記事ランキング