GCAへ転職すると激務?どんな会社かや年収も紹介

GCAへ転職すると激務?どんな会社かや年収も紹介

日本とアメリカ、ヨーロッパでグローバルに活動するGCA株式会社の転職情報を解説。GCAではM&Aファイナンシャルアドバイザーが募集されています。激務の実態や年収、社風について口コミ情報もまじえて詳しく解説します。コンサル業界で転職を検討している方は必見です。

記事の目次

  1. 1.GCAへ転職すると激務が待ち受けている?
  2. 2.GCAに入るには?中途採用は募集している?
  3. 3.GCAの平均年収
  4. 4.GCAの評判
  5. 5.GCAが上場廃止した理由
  6. 6.GCAはどんな会社なのか?
  7. 7.GCAへ転職し高年収を狙おう

GCAへ転職すると激務が待ち受けている?

GCA株式会社は、日本・アメリカ・ヨーロッパを中心に活動する、グローバルM&Aアドバイザリーファームです。
激務のイメージが強いコンサル業界ですが、最近の法改正により時間外労働は複数月平均で80時間以内とするよう規制されました。
GCAの残業時間は月平均で80時間前後と上限に近い数字ですが、コンサル業界では珍しくない水準です。
中途入社であっても即戦力として重要な案件を任される傾向にあり、業務範囲が次のように広いことも、長時間労働の要因と考えられます。

業務範囲

  • 企業の調査、分析、および提案書の作成
  • M&A戦略の立案
  • 締結書類の作成

担当する案件に対して大きな裁量を与えられるので、どこまで時間をかけてクオリティを追求するかは本人次第という側面もあります。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

GCAに入るには?中途採用は募集している?

GCA株式会社は、2021年11月よりフーリハン・ローキー株式会社の完全子会社となりました。
そのため、中途採用についてもフーリハン・ローキーの人事が窓口となっています。
募集要項は次の通りです。
 

職種 M&Aファイナンシャルアドバイザー
職務内容 M&Aアドバイザリー業務
応募資格 (国内外)大学又は大学院卒業
(国内外)MBA課程修了者 歓迎
原則として、以下の業務に関する実務経験3年以上
・M&Aファイナンシャルアドバイザリー
・エクイティ・ファイナンス/インベストメント
・デット・ファイナンス/インベストメント
・M&A会計・財務/税務デューデリジェンス
・会計監査
・企業税務アドバイス
・経営・戦略コンサルティング
・企業/事業再生実務
・経営企画実務
・(国内外)金融機関における法人営業
M&Aファイナンシャルアドバイザリー業務経験者 優遇
会計士(補)、米国公認会計士、税理士 歓迎
海外業務経験者 歓迎
フーリハン・ローキーの経営理念に対する十分な理解と完全な賛同
給与 年俸制
個人の能力により会社規定に照らして決定
諸手当 通勤交通費(会社規定による)など
昇給 会社規定による(年1回、1月)
賞与 会社規定による(年1回、3月)別途支給
勤務地 東京、大阪、名古屋、福岡
※将来、海外勤務の可能性あり
勤務時間 9:00~18:00(昼時間1時間を含む)
但し、フレックスタイム制あり
休日休暇 完全週休二日制(土・日)、祝日、年末・年始、年次有給休暇(1週間超連続休暇×2/年の奨励制度あり)、出産休暇制度、育児休業制度、介護休暇制度、その他
保険 各種社会保険完備
(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)
福利厚生 長期所得補償保険、医療保険(労災以外に適用可)、団体定期保険、スポーツクラブ、人間ドック受診制度(法定定期健康診断に加えて)、借り上げ社宅制度、その他

フーリハン・ローキーは、クライアントの最善の利益を追求し、健全な国内M&Aマーケットの成長に貢献することを目指しています。
人材の募集においては、クライアントのM&A後の成功や企業価値の創出について、クライアントと満足を共有できる人を求めているのが特徴です。

参考:GCA株式会社 採用ページ

GCAの平均年収

GCAの年収について調査したところ、ある転職情報サイトでは650万円~2,000万円との情報があり、回答した人の平均年収は1,115万円でした。
また、別のサイトでは年代別に次のようなデータも出ています。

・20代:1,250~1,300万円
・30代:1,990~2,040万円
・40代:2,550~2,600万円

国税庁による民間給与実態統計調査(令和2年分)によると、民間企業における正規社員の平均給与は496万円なので、GCAはこの2倍以上の数字です。
GCAでこのような高い年収を得られる理由は、莫大な顧問料収入にあります。
M&Aアドバイザリーにおける収益は、成約時に支払われる成功報酬がメインであり、買収価格の1~3%程度です。
GCAの顧客は大手上場企業が多いため、取引額も高額になる傾向があります。
仮に500億円の取引が成立した場合、成功報酬は少なくともその1%にあたる5億円が入ってくるというわけです。
しかも、アドバイザリー業務には原価(材料費、設備費等)がほとんどかからないため、利益率は非常に高くなります。
このような業態では、専門知識や交渉力を持つ人材こそが企業の価値に直結するため、高い報酬を支払っているのです。

GCAの評判

ここからは、GCAの評判についてご紹介します。
全体的に、社風については自由で風通しが良いという情報が多く見られました。
一方で女性の働きやすさについては、ハードワークのため家事育児との両立は困難とのことで、女性社員自体がかなり少ないようです。
また、組織の構成としては創業期から長く活躍するシニア層と、数年でスキルアップして転職していく若手層とに二分されているとのコメントも複数ありました。

男性

男性

風通しが良い。
上下関係が強すぎず、良い意味で年の離れたメンバーにも友達感覚で助けを求めやすい文化。
新卒メンバーの定着率が高く、どの人も人間的に成熟しており、極めて優秀だと感じる。

男性

男性

仕事に対するモチベーションが高い優秀な人材が多く、積極的に仕事をすればそれだけ経験値・スキルの向上につながる。
OJTで業務を進めていくことになるが、自分で試行錯誤する必要があるため、それなりの時間と精神力が必要で、残業も多くなる傾向にある。
上席には尊敬すべき人材が多く、働きがい・成長という点では申し分のない環境。

男性

男性

給与について、自分(FA)は基本給50万+残業10万+賞与100万で年収820万だった。
新卒は500万、アソシエイトで800万程度。
あまり伸びないため、若手は結構やめている。
評価制度は実力よりも気に入られるかが重要。

GCAが上場廃止した理由

GCA株式会社は、2021年11月に上場を廃止しています。
廃止の理由は、アメリカの投資銀行フーリハン・ローキーがTOB(株式公開買い付け)を行ったためです。
フーリハン・ローキーがTOBを行った目的は、ITやソフトウェア分野のM&Aに強く、日本企業とのつながりが深いGCAを取り込むことで、日本企業へのM&Aアドバイザリーを増やすためでした。
近年、コロナ禍の影響で経営状況が悪化し、企業の売却を考える経営者は増えています。
一方で、買い手側は競合が少なく譲渡価格が低下している状況をチャンスと捉えているため、M&Aは今後も活発化することが予想されます。
米国企業のフーリハン・ローキーと日本企業のGCAがタッグを組むことで、国境を越えて行う「クロスボーダーM&A」がしやすくなるのが、双方にとってのメリットです。
以上のことから、このTOBは友好的なものであったと言えます。

 

GCAはどんな会社なのか?

GCAの主な業務内容には「M&Aアドバイザリー」「戦略・PMIコンサルティング」「デューデリジェンス」の3つがあります。
それぞれについて詳しく見てみましょう。
 

M&Aアドバイザリー

  • M&Aは、経営全般を長期的、総合的な視点で支援する戦略の1つとして考えています。
    案件の規模に関わらず、クライアントの成長にコミットするというスタンスです。
    具体的には、上場企業・非上場企業に対して、売却・買収、非公開化案件、買収防衛、グループ再編、事業再生などの包括的なアドバイザリーサービスを提供しています。

戦略・PMIコンサルティング

  • M&Aによる企業成長を遂げるためには、戦略に影響する因子の抽出、戦略の立案、タイミングの見極め、最終意思決定などの調整が必要です。
    また、M&Aの成立後も経営ビジョンの統合やビジネスモデルの再検討、組織モデルの再設計など、多岐にわたる領域を統合しなければなりません。
    GCAでは、これらの課題に対して、戦略コンサルタントによる専門チームを作って一気通貫で支援しています。

デューデリジェンス

  • デューデリジェンス(投資先の資産評価、リスク評価)については、GCA FAS株式会社が担当しています。
    豊富な実績にもとづいて、クライアントの最善の利益のためにデューデリジェンス業務を行っています。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

GCAへ転職し高年収を狙おう

GCA株式会社は、グローバルに活躍するM&Aアドバイザリーファームです。
顧客第一主義の経営理念が組織全体に浸透しており、モチベーションの高い社員が集まっているのが魅力と言えます。
労働時間は長い傾向にありますが、コンサル業界に限って言うと標準的な水準でしょう。
フラットな組織で尊敬できる上司が多いとの評判もあり、ハードワークをするだけの価値がある企業です。
コンサル業界で転職を考えている方は、GCAも候補として検討してみてはいかがでしょうか。
転職サイトのインテリゴリラでは、難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方を対象に、完全非公開の選考情報なども提供しています。
内定獲得者のインタビューなど、他では得られない情報が満載ですので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
m_uchi
ライター

m_uchi

関連記事

目次

人気記事ランキング