【2021】リクルートに転職するには?元リクルート社員が選考難易度や面接対策について解説!

【2021】リクルートに転職するには?元リクルート社員が選考難易度や面接対策について解説!

元リクルート社員が本音で面接対策や年収、評判や福利厚生について解説します。
また、実体験に基づきいた選考難易度などの転職情報をお伝えします。
元リクルート社員だからこそ語れる情報が満載ですので、リクルートへの転職をお考えの方はぜひ参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.リクルートに転職するには?
  2. 2.リクルートの選考難易度は?
  3. 3.リクルートの採用対象者
  4. 4.リクルートの選考を徹底解説!
  5. 5.リクルートの社風・評判・平均年収は?
  6. 6.リクルートの主な職種
  7. 7.リクルートのグループ会社紹介と選考難易度
  8. 8.リクルート転職後のキャリアパスについて
  9. 9.リクルートならではのCV職種とは?
  10. 10.一流難関企業に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  11. 11.リクルートに転職するには

リクルートに転職するには?

[引用元:https://www.recruitcareer.co.jp]

リクルートに転職するには、リクルート独自の面接対策とリクルートの社風の理解が必要です。
しかし、リクルートの独自の制度や社風を理解することは困難です。今回の記事では、元リクルート社員がリクルートに転職をいかに成功させるか、またどういった対策や特徴を理解しておけばよいか、全て暴露します。

リクルートに転職するためにおさえておくべきポイント

リクルートへの転職を希望されている方は、どんなイメージをお持ちでしょうか?
独立する人が多い、メガベンチャーとなり待遇がいい、様々なイメージがあるかと思います。
結論として、リクルート社員を目指す方は、一次面接、最終面接含め、面接対策をしっかりしておくことが必要になります。
具体的には、下記要素が面接で見られます。

見られるポイント

  • 自責のスタンス
  • 当事者意識
  • やり切る力
  • 課題解決能力
  • 論理的思考

面接では上記ポイントを備えているかを見る為に、様々な角度から質問されます。
「なんで?」と深堀ヒアリングされるので、慣れていない方は少し抵抗があるかもしれません。
転職エージェントなどを活用し、しっかり事前準備しましょう。
また、会員制情報サイトのインテリゴリラなどは、リクルートの情報も掲載されているので参考にしましょう。

リクルートに転職するには20代がおすすめ

リクルート社員への転職をお考えの方は、20代での転職をおすすめしています。
実際に、特にリクルートの法人営業部隊には20代で転職してくる人が多いので、部署の受け入れ体制としても20代の方がマネジメントしやすいという背景もあります。
またリクルート社員として実績を積み、20代で独立するメンバーも多いので、同世代の同志を見つける事が出来るかも知れません。

リクルートへの転職ならインテリゴリラ

内定者が語るリクルートの選考のポイント

  • リクルートでの内定のポイントはメタ認知。内定者が回答していた自己理解に関する回答内容とは
  • 面接でのPRが苦手な人必見。事前準備で周りと差をつけ、内定獲得を実現した方法とは?
  • リクルート内定者は面接準備のためにここまで行っている。内定率を高めるために準備すべき内容とは

内定者に直接インタビューした情報によると、リクルートの選考難易度は非常に高いです。理由は2点あります。

1.リクルートの転職希望者のレベルが高い
2.面接では難易度の高い質問への対応が求められる

リクルートには、人材業界出身者はもちろん、未経験の業界でトップの成績を残した優秀な方が転職してきます。よって、倍率は非常に高くなる傾向があります。
実際に転職の面接で、何を聞かれたかといった内容は一般には公開されておらず、貴重な内定者の生の声が聞けるサイトは特に重宝するべきです。
実際の面接内容や、内定者の経歴が詳細に書かれている、インテリゴリラを利用してみるのはいかがでしょうか。


リクルートの選考体験記はコチラ

リクルートの選考難易度は?

Photo byStartupStockPhotos

リクルートの選考難易度は高いです。
リクルートは書類選考よりも面接での結果を重視する傾向があり、自身の価値観の深堀され本音ベースで面接官にぶつけられるかが内定の鍵になります。
いくら過去の実績が優秀な方でも、リクルートの重視する選考ポイントから離れていれば残念ながらお見送りになってしまう可能性が多々あります。

書類選考以降、1度見送りになると1年以内の再応募は不可とされています。
確実に内定が欲しい方はぜひインテリゴリラで情報収集をしてみてください。
リクルートの選考体験記はコチラ

リクルートの採用対象者

[引用元:https://www.recruit.co.jp/employment/]

採用年齢

実際のところ、リクルートの採用年齢は、24歳~32歳と言われています。

もちろん明確に採用情報に記載されている訳ではないですが、実態としては上記年齢幅の間で転職している方が多くなっています。
リクルート社員には、20代後半での営業マネージャーや、30代での部長も複数名いるので、部門の年齢構成を加味した際に、結果的に上記年齢の採用になっていると考えられます。
年齢が若くても結果を出してやる気があれば、管理職のチャンスをくれるのがリクルートの特徴と言えます。
特に営業部門は、結果を出せば早々にキャリアアップ出来る人事制度もあるので、チャンスが多いかと思います。
比較的、独立したい思考の人も多いので、マネジメントを若いうちから学びたいという方には、魅力的な企業かと思います。

求める人物像

リクルートは複数のグループ会社がありますが、リクルート社員を目指すにあたり、下記は共通して求められているポイントになります。

求められるポイント

  • 明るく前向き
  • 当事者意識を持ち、能動的に仕事が出来る
  • 論理的思考がある
  • 途中で投げ出さず最後までやり切る力がある
  • 素直な姿勢を持ち、人の意見を受け入れられる
  • 自分の意志がある
  • チームで働くことが出来る

上記のポイントから、リクルート社員は独立したいなどの想いがある、上昇志向の強い人が多いので、成長したいという姿勢がないと、入社後に大きなギャップを感じる可能性が高くなります。

もちろん全員が独立志向がある人ではありませんが、リクルート社員は、自分の意志を持った人が多いのは間違いありません。

リクルートの選考を徹底解説!

書類選考

リクルートは人物重視で採用する傾向があるので、学歴などで一律NGという事はありません。

しかし中途採用の場合は、職歴やスキルはしっかり見られます。
例えば、営業職志望なのに30歳で営業経験がないや、事業企画の職種希望で、事務経験しかないなどでは、比較的書類選考でお見送りになる可能性が高くなります。

自分の経歴と、希望する職種の親和性を考え、応募するようにしましょう。

また、履歴書に独立するためのキャリアアップしたいと記載していたら、普通の会社は、それだけでNGになります。
しかし、リクルートの場合は、独立したいというバイタリティをプラスの情報と捉え評価してくれる、ちょっと変わっている部分もあります。

SPI・筆記試験

リクルートの筆記試験では、全ての職種において、SPIを必須で受験します。

SPIは元々リクルートが開発した試験なので、採用試験ではかなり重視されています。

選考難易度が高いと言われている理由としては、SPIの合格基準が高い点もあるかと思います。

しかし、事業会社によっては、SPIの合格基準が低い会社もあるので、言語、非言語、しっかり準備すれば合格の可能性は高まります。

また、性格診断は、自分をよく見せようとすると、回答に矛盾点が現れるので、あまり考えすぎず素直に答えましょう。
仮に、リクルートが好きそうな傾向に無理やり合わせて合格したとしても、入社後にミスマッチとなるため、あまりおすすめはしません。

一次面接(人事・現場マネージャー)

書類選考が通過したら、人事もしくは直属の上司になる可能性がある現場マネージャーの面接があります。

最終面接だけでなく、一次面接から、かなり深堀りした質問をされるため、しっかり準備して臨みましょう。人となりや何がその人の価値観を形成しているのかを見られているため、幼少期のことまで聞かれることもあります。

また、リクルート社員の間では、普段から「なぜ?」を3回以上聞かれる場面をよく目にします。
これは、一次面接、最終面接でも同じコミュニケーションが取られるケースが多いので、覚悟して臨んだ方がいいかもしれません。

回答が本心で言っているのかを確かめられるまで、繰り返しヒアリングされるので、慣れない方は圧迫面接のような感じを受ける方もいます。

転職エージェントなどに相談し、必ず準備して臨みましょう。

最終面接(部長または役員)

最終面接の質問は一次面接と同じケースが多いですが、一次面接で気になった点や、申し送り事項をもとに、懸念点を更に深堀してヒアリングされます。

面接を担当する部長や担当役員によって、若干見ているポイントはバラつきがありますが、基本的なスタンスは共通認識として面接の評価ポイントとしているので、対策をすれば、しっかりと評価を得る事が出来ると思います。
 

男性

男性

最終面接では、担当役員にかなり突っ込んで質問をされました。

独立するためにリクルートでキャリアアップしたいという点について、なぜ独立したいのかや、どんな方法で独立するのかなどかなり深く質問されました。

しかし、転職エージェントに事前に対策をしてもらっていたので、独立する理由を整理できていたので、最終面接も突破する事が出来ました。

最終面接は一次面接の内容とリンクしている事も多いので、一貫性がある回答をすることをおすすめします。

リクルートの社風・評判・平均年収は?

[引用元:https://www.recruit.co.jp/company/involvement/] 

社風や評判の口コミ

男性

男性

かなりフラットな社風で、メンバーが社長の事を「○○さん」と、さん付け呼ぶのが社内では普通になっています。

前職では、そもそも社長に直接話しかける事もあり得ない状態だったので、風通しの良さに驚いています。

女性

女性

女性で営業をしていますが、育休制度や福利厚生がかなり充実しています。

雇用形態にもよりますが、子どもが小学校高学年まで時短勤務が出来たりするのは、他の会社ではほとんどないのではないかと思います。

【2021年版】リクルートが激務なブラック企業って本当?元リクが真相を徹底解説!のイメージ
【2021年版】リクルートが激務なブラック企業って本当?元リクが真相を徹底解説!
「リクルートが激務でブラック企業なのか知りたい」という方に向けて、リクルートの実態をご紹介します。社風や年収、実際にリクルートで働く人の口コミなどをご紹介します。リクルートへの転職を考えている方や激務かどうかを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

リクルートの平均年収

リクルートの平均年収は962万円と言われています。

日本人の平均年収が440万円程度と言われる中、かなり高い水準かと思います。

部長で数千万円、取締役クラスになると数億円の年収と言われています。

上場して選考難易度は上がっていると思いますが、非常に待遇としては恵まれているかと思います。

【2021年版元リク解説】リクルートの年収は高い?年齢・役職別年収も大公開!のイメージ
【2021年版元リク解説】リクルートの年収は高い?年齢・役職別年収も大公開!
リクルートは、常に新しいビジネスを生み出すメガベンチャーの代表格です。人材サービス事業の他、不動産や教育、ライフスタイルなど様々な事業を展開しています。今回は元リクが、外部の人は知り得ないリクルートグループの年収情報や年収制度について徹底解説していきます!

リクルートの主な職種

法人向け営業

リクルートは、今でこそネット事業に力を入れていますが、元々、どぶ板の営業で成長した企業になります。

人材の営業では、求人を出したい・ハローワークを出しているけど採用がうまくいっていない企業にアプローチしたり、ブライダルであれば結婚式場など、領域ごとで提案先は変わってきます。

メディアプロデュース・編集職種

リクルートが運営するメディアの企画・編集を行います。

例えば、ホットペッパーの巻頭などの枠は、クライアントからの出稿ではなく、特集などが組まれていたりします。

コーポレートスタッフ系職種

管理部門のスタッフになり、経理・人事・SEなど幅広く募集しています。
事業会社ごとにコーポレートスタッフがいますが、2021年に事業会社が株式会社リクルートに統合されるので、編成が行われる予定となっています。

リクルートのグループ会社紹介と選考難易度

[引用元:https://xtech.nikkei.com]

グループ会社

  • リクルートキャリア
  • リクルートジョブズ
  • リクルート住まいカンパニー
  • リクルートライフスタイル
  • リクルートマーケティングパートナーズ
  • リクルートメディカルキャリア
  • リクルートコミュニケーションズ
  • リクルートテクノロジーズ

リクルートキャリア

リクルートキャリアは、リクナビや、リクルートエージェントなどを展開する会社になります。

スキルも見られますが、考え方や価値観、スタンスなどの人物面を重視した採用を行っています。

事業部によって選考難易度は若干異なりますが、求めている基本的な人物像は共通しています。

最終面接では、スキルよりも人物面をしっかりヒアリングされるので、準備して臨みましょう。

=================================================================
リクルートキャリアの面接内容まるわかり!内定のための必勝法は?
リクルートキャリアの選考体験記はこちら

=================================================================

リクルートジョブズ

タウンワークなど、アルバイト領域のサービスを展開する会社になります。

週ごとに目標があるため、マルチタスクで、フットワークの軽い人物が求められます。

現在の営業は、代理店を通した代理店営業がほとんどになっています。

最終面接では、代理店営業に必要な調整力や、マルチタスクで業務を遂行できる能力があるかをみられます。

リクルート住まいカンパニー

スーモやスーモカウンターなど、不動産の領域を担当している会社になります。

選考難易度としては、職種によりバラつきがあり、事前に情報を収集して応募する事をおすすめします。

最終面接も、事業部により質問事項が変わってくるので、転職エージェントなども活用して対策を行いましょう。
=================================================================
リクルート住まいカンパニーの面接内容まるわかり!内定のための必勝法は?
リクルート住まいカンパニーの選考体験記はこちら

=================================================================

リクルートライフスタイル

ホットペッパーやじゃらんなど、生活領域を担当している会社になります。

選考難易度としては、事業部により採用基準が違うため、転職エージェントなどから、個別の情報を収集する事をおすすめします。

最終面接でも、部長や役員のキャラクターが様々なので、会員制情報サイトのインテリゴリラなどでも情報収集しましょう。
=================================================================
リクルートライフスタイルの面接内容まるわかり!内定のための必勝法は?
リクルートライフスタイルの選考体験記はこちら

=================================================================

リクルートマーケティングパートナーズ

ゼクシィのブライダル領域や、スタディサプリなどの学び領域などを担当しています。
スタディサプリに関しては、コロナの影響もあり事業が急成長を遂げており、組織も急拡大している真っ只中です。

こちらも事業部により、選考難易度や求める人物像が大きく異なるため、事前の情報収集と、自分のタイプを見極めて応募する事業部を選ぶことをおすすめします。

最終面接では、希望の領域で面接官が全く異なるので、エージェントを活用して情報収集しましょう。
=================================================================
リクルートマーケティングパートナーズの面接内容まるわかり!内定のための必勝法は?
リクルートマーケティングパートナーズの選考体験記はこちら

=================================================================

リクルートメディカルキャリア

医療機関の人材紹介を行っている会社になります。

営業やキャリアコンサルタントは、ドクターなどを相手にするため、比較的、高学歴の人が好まれるため、選考難易度は高くなります。

もちろん学歴などで採用が決まっている訳ではありませんが、医療系の知識なども勉強して対応できる、地頭の良さは求められるので、選考難易度は高いと言えるかもしれません。

最終面接でも、ドクターと対応に話せる交渉力があるかを見られます。

リクルートコミュニケーションズ

リクルートグループのブランドPRの戦略などの、マーケティング領域などを担当している会社になります。

選考難易度としては、採用人数がそこまで多くないので、比較的狭き門と考えた方がいいでしょう。

最終面接でも、業務の適性などを厳しく評価されます。

リクルートテクノロジーズ

IT、ネットマーケティング領域を担当している会社になります。

IT技術のスペシャリストを求めている為、非常に選考難易度の高い会社になります。
AIを取り入れたHRTechなどのサービスにおいて、特に直近力を入れています。

最終面接でも、専門知識やスキルを身に付けているかをしっかり見られます。

リクルート転職後のキャリアパスについて

リクルート社員の卒業後のキャリアパスは、多岐にわたります。

ほんの一例ですが、下記ご覧ください。

卒業後のキャリアパス

  • 大手事業会社の営業・人事
  • 人材紹介会社の営業・管理職
  • ベンチャー企業の取締役
  • メルカリ、LINE、サイバーエージェントなどのIT系の会社
  • 電通、博報堂などの大手広告代理店のアカウントプランナー
  • プルデンシャルなど大手生命保険の会社
  • 独立・起業

人材系では、営業職はもちろん、人材系の知識を活かして人事への転職など、未経験の職種へのキャリアパスも事例があります。

また、大手ITなど急成長している会社への転職も数年前から増えてきました。
その他、ベンチャーの取締役、独立など様々な選択肢があります。
リクルート社員は、元々、卒業後のキャリアパスを見据えて入社してくる社員も多いので、多岐にわたるキャリアパスの実績があるのだと思います。
実際、リクルート出身で独立している人が多いと言われるのは、元々、独立するためにリクルートに入社している人が多いというのも、理由の一つかと思います。

リクルートならではのCV職種とは?

リクルート社員のなかで特殊なのが、CV職(キャリアビュー職)という制度になります。
営業などの職種で、3年間の期間を任期満了すると100万円のキャリアアップ支援金がもらえます。

正社員と職務内容はほぼ同じで、営業職などでリクルート社員として実績を積むことが出来るので、キャリアアップするための選択肢として、検討してみてもいいかもしれません。
実際に、3年後に独立するなどの次のキャリアを見据えて、リクルート社員のCV職を選択する人も多くいます。
選考難易度としては、他の会社の正社員と同等のレベルを求められるので、市場価値も上げる事が可能になります。
詳細などは、転職エージェントや、会員制情報サイトのインテリゴリラなどで収集しましょう。

男性

男性

飲食店で独立する夢があり、ホットペッパーのCVの営業職として入社を決めました。
3年後には飲食店のノウハウがたくさん学べた状態で、尚且つ卒業支援金は、開業資金に回すことが出来たので、リクルート社員の営業職としてのキャリアを選んでよかったと思っています。

一流難関企業に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

内定を取るための選考情報サイト

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラの掲載企業一覧を見る

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

マッキンゼー/アクセンチュア/日本M&Aセンター/M&Aキャピタルパートナーズ/リクルートグループ/など、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

日本M&Aセンターの選考体験記はこちら

会員限定の転職サービス

マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループをはじめとする戦略コンサルティングファーム出身者や、
リクルートやM&A業界出身者など、インテリゴリラに掲載のある企業であれば、勤務経験者や、現役社員からサポートを受けられることもあります。

無料会員登録をして、内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聴いてみましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

有名企業の選考体験記一覧はこちら

リクルートに転職するには

[引用元:https://www.nikkei.com]

2020年9月時点の転職状況としては、正直に言うと、難しい状況となっています。
新型コロナウイルスの感染拡大の収束の目処がつかないことからも明らかです。
またクライアント企業の経費削減という観点からもコンサルティング業界は危機に晒される可能性が非常に高いと言えます。

また、有効求人倍率(季節調整値)は1.11倍となり、昨年6月の0.5ポイント下回っています。
上記のような影響で、企業の採用ホームページを見てみても、募集が減っているのを顕著に見られます。

こういう状況でも、転職エージェントを利用すると、難易度の高いリクルートなどの有名企業の非公開求人が存在する場合もあり、利用するのがおすすめです。
さらに、転職エージェントによっては持っている非公開求人が異なるので複数登録することをおすすめします。  

まだ、転職する気が無いと思っている人でも、トップ企業の概要や選考体験記を読むことで転職も視野に入れられることになります。
そこからどの企業に転職したいかについて、考えることで、転職活動がより現実味を帯びたものになります。

 実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。本気でリクルートに内定したい方はこちら
=================================================================
リクルートの面接内容まるわかり!内定のための必勝法は?
リクルートの選考体験記はこちら

=================================================================

【未経験でも可能】人材業界への転職について!主要企業・職種・平均年収を公開のイメージ
【未経験でも可能】人材業界への転職について!主要企業・職種・平均年収を公開
エージェント出身の筆者が経験をもとに、人材業界への転職方法を徹底解説します。 自身も未経験から人材業界への転職を経験しており、実体験も踏まえた情報を本音で暴露します。 人材業界への転職をお考えの方は、是非参考にしてみてください。
YUTA
ライター

YUTA

新卒でリクルートに入社し、その後、リクルートOBが経営する転職エージェントで、RA及びCAを担当。 現在は、某企業の取締役。 転職エージェントでの経験と知識及び、会社経営から得た知識をもとに記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング