コロプラはブラックという評判は本当?口コミや成長性からサービス事例まで解説!

コロプラはブラックという評判は本当?口コミや成長性からサービス事例まで解説!

数々のヒット作品を生み出し、東証一部上場も果たしたコロプラですが、転職について検索をするとブラックなのではという、評判の低い記事も多く目にします。そこで本記事では、コロプラの評判はどうなのか?社長はどのような人物なのかを中心に徹底解説をます。

記事の目次

  1. 1.コロプラはブラックという評判は本当なのか?
  2. 2.コロプラの企業情報
  3. 3.コロプラの将来性
  4. 4.コロプラの採用は?
  5. 5.コロプラの評判・口コミは?
  6. 6.コロプラに転職したいならおすすめの転職エージェント
  7. 7.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  8. 8.コロプラへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

コロプラはブラックという評判は本当なのか?

Photo by1ynnneo

コロプラは2014年にリリースした白猫プロジェクトをメインにツムツムなど、評判の高い様々なゲームをリリースしているゲーム会社です。
しかし、コロプラの転職情報をネットで調べると不評、ヤバイ、パワハラなど、ブラック企業なのではないかと思うようなワードが予測で頻出してきます。
また各転職口コミサイトの評判スコアもあまり高くなく、ブラックだという書き込みも目立ちます。

その一方で最近では成長性の高いVR事業を展開しており、今後拡大していくことが予想され、自分の成長性を考えると、非常に優れた環境にあります。

そこで本記事では、コロプラへの転職を検討している人に向けて、コロプラは本当にブラックなのかを、実際の事例などを参考に徹底的に解説していきます。

コロプラの企業情報

[引用元:https://be-ars.colopl.co.jp/company/office_1/000216.html]

男性

男性

コロプラはスマートフォンの位置情報を利用したゲームの事例が多い、位置ゲーのパイオニア的企業です。

コロプラの企業概要

コロプラの企業概要を、以下の表にまとめました。
後ほどまた記述していますが、社長はIT企業を渡り歩き、スピード感を持って2008年にコロプラを創業、200年代のIT業界を牽引した役割を持っています。
こういった会社設立の背景を知っておくと、面接で聞かれた際にも慌てずに回答できます。

会社名 株式会社コロプラ(英語表記:COLOPL,Inc.)
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4丁目2番3号恵比寿ガーデンプレイスタワー11階
設立 2008年10月1日
資本金 65億1,000万円
売上 451億2,800万円(2020年9月期)
従業員数 1,283人
事業内容 位置情報ゲームプラットフォーム及び、スマートフォン特化型アプリの開発・運営

コロプラの提供しているサービス

コロプラでは携帯電話の位置情報を利用したゲームサービス、通称位置ゲーを展開しています。
このシステム取り入れたゲームサービスを多く開発、運用し現在では多くのユーザーが楽しんでいます。
また、コロプラは位置ゲーの商標登録と特許を取得しているため、国内では位置ゲーのパイオニア的立ち位置に君臨しています。

コロプラのサービス事例

コロプラがの主なサービス事例

  • 白猫プロジェクト
  • ディズニー ツムツムランド
  • プロ野球バーサス
  • クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

元々は社長の馬場氏が個人的な副業として始めた、位置ゲームのコロニーな生活の人気が広まったことがコロプラのサービスの最初の一歩です。
その後社長の馬場氏を筆頭に、様々なメンバーが加わり、多くのサービスをリリースしています。

現在コロプラはゲーム事業、VR事業をメインに様々なサービスを展開しています。
ゲーム事業では白猫プロジェクトをはじめとした、様々スマートフォンアプリゲームなどのサービス事例があり、その合計は50以上の事例があります。
また白猫のプロジェクトは、リリースから5年以上たった今でも、グーグルプレイストアの売り上げランキングTOP50以内にランクインするほどの人気を維持しています。

もう一つのメイン事業であるVR事業は、非常に成長性が高い分野であり、白猫プロジェクトをはじめとする、様々なVRゲームアプリをリリースしています。
その他にも360channnelなどの事例もあり、映画や音楽、スポーツをVRを通すし360度全方向から楽しめるサービスとなっています。

コロプラの将来性

Photo byFree-Photos
男性

男性

現在コロプラでは安定したゲーム事業に加えて、成長性が非常に高いVR事業でも大きな展開を見せています。
そんなコロプラの今後の将来性や成長性を解説していきます。

コロプラの社長

代表取締役社長 馬場功淳の経歴

  • 2003年:株式会社ケイ・ラボトリー(現・KLab株式会社)入社
  • 2003年:コロニーな生活を副業としてスタート
  • 2007年:グリー株式会社に入社
  • 2008年:株式会社コロプラを設立、代表取締役社長に就任

前述通りコロプラの現社長は、馬場功淳氏です。
馬場氏は大学院博士課程時代に、アルバイト採用で株式会社ケイ・ラボトリーで勤務をしていました。
その際にiアプリの開発に夢中になりその後、社員登用されています。
2003年にコロニーな生活を個人サイトとして開発をし、リリースをすると瞬く間に人気が爆発し、全国へ広まっていきました。

その後馬場氏は日本で初めて、携帯電話の位置情報登録を利用したゲーム、位置ゲーを開発し、日本各地で大流行をさせます。
その後、2007年にグリーへ転職をしています。
グリーでもiアプリの開発に従事し、その後自身の開発したサービスのユーザー数が増加したこともありグリーに転職したわずか1年後、2008年にコロプラを設立し代表取締役社長に就任しています。

コロプラの経営方針

コロプラのビジョンとミッション

  • Entertainmento in Real life
  • エンターテインメントで日常をより楽しく、より素晴らしく
  • 最新テクノロジーと、独創的なアイディアで”新しい体験”を届ける

コロプラは他社にはない独創的なアイディアから、エンターテインメントを創出し、人々の日常を楽しくすることを企業として掲げている。

また成長戦略としては、業績を安定的に成長させるべく、ポートフォリオ戦略を推進しており、大きく分けてコンテンツ、地域、デバイスの3つのポートフォリオを展開しています。

コンテンツポートフォリオ戦略では、1本のヒット作品のみに頼らず、ユーザーの性別や世代に合わせ、異なる複数のタイトルの開発を行っています。
そのため特定のユーザーだけではなく、老若男女問わず多くのユーザーから支持を受け、利益を安定して生み出す基盤を作っています。

地域ポートフォリオ戦略では、2012年の英語圏への進出を筆頭に、現在台湾、韓国、香港、中国とグローバル展開を進めています。
総売上に占める割合はまだ多くはないものの、今後も積極的に海外展開を行い、新たな利益を生み出すフィールドとして成長性の高い戦略となっています。

最後にデバイスポートフォリオ戦略ですが、ある特定のデバイスのみに集中せず、フィーチャーフォン、スマートフォン、VRなど多くのデバイスやプラットフォームに向けたサービスを開発しています。
今後成長性が高いプラットフォームをいち早く見つけ、投資を行うことでリスクが軽減でき、業績拡大へとつなげていくのがコロプラの狙いです。

コロプラの課題やリスク

様々なサービスや事例を展開しているコロプラですが、企業全体として以下のような課題を掲げています。

  1. コーポレートブランド価値の向上
  2. ユーザー数の拡大とユーザーエンゲージメントの強化
  3. ポートフォリオの拡大
  4. サービスの安全性及び健全性の確保
  5. システムの安定的な稼働
  6. 海外向けサービスの展開
  7. 新技術への対応
  8. 内部管理体制の強化とコーポレートガバナンスの充実
  9. 組織の機動性の確保
  10. 優秀な人材の確保及び育成
リスクに関しては、モバイル関連市場が順調に成長をしているが、万が一鈍化した場合、コロプラの売り上げのほとんどはゲーム事業とVR事業で構成されているため、売り上げが大きく下がるリスクがあります。
また携帯ゲーム産業は多くの競合他社や、新規参入が多いため、競争の激化による影響にも対応する必要があります。
加えて急速にユーザーが増加したコンテンツでのトラブル管理もリスクととらえています。
例としてスマホゲームの業界では、ゲーム内でレア度の高いアイテムなどがオークションサイトで転売されるなど、不正行為が行われるケースもあります。
コロプラもそれらのユーザー間のトラブルをリスクとしてみなしており、発見次第そのユーザーを退会させる、アカウントの停止などの措置を取り行っています。

コロプラの採用は?

[引用元:https://be-ars.colopl.co.jp/recruit/graduate/]

コロプラの募集職種一覧

  • webエンジニア/サーバーサイドエンジニア/ゲームプログラマー
  • エフェクトデザイナー/モーションデザイナー/キャラクタデザイナー
  • ゲームプランナー
  • サウンドディレクター
  • バックオフィス

コロプラの採用方針

コロプラでは通年中途採用を行っており、基本的には経験者を対象にした即戦力の募集となっています。
上記でまとめたゲーム開発に関する職種が、主な募集要項ですが、白猫プロジェクトと黒猫のウィズに関しては、専門部署が存在し、その部署での募集となっています。
この2つの部署では、専任のプランナー、ディレクター、エンジニア、3DCGデザイナー、サウンドデザイナーのポジションがそれぞれあり、各ポジションで随時採用活動を行っています。

コロプラの求める人物像

コロプラでは、求める人物像について、以下のようなポイントを上げています。

まず最初に重要視されているのが、結果、数字、人に素直なことです。
コロプラは数々のヒットアプリを世に送り出し、急成長を遂げている会社です。
さらには成長性の高いVR事業や、海外展開など多くのことに挑戦しています。
そのため結果にこだわり、素直にアドバイスなどを受け止め、共に成長できる素質が必要とされます。

二つ目にあげられているのが、ビジネスとしてエンターテインメントに関心が高いことです。
単純にゲームが好きだからゲームを作りたいのではなく、人々にエンターテインメントというビジネスで、どのような価値を与えられるか、エンターテインメントを通して、どのように利益を上げていくかなどビジネス視点で分析する力も求められます。

三つ目が会社作りに興味があることがあげられます。
コロプラは非常に有名な企業ですが、今期で設立13年目とまだまだ若い会社です。
そのため常に新しいことに挑戦を続け、成長しています。
合わせて多くのポストが存在し、結果が認められれば若いうちから重役に就き、会社全体を見ながら仕事を進めていくことになるでしょう。
単なる現場のいち社員ではなく、自分自身で会社を作っていく意識もコロプラでは重要視されています。

最後に掲げられているのが、徹底的な改善、新たな挑戦などベンチャーマインドあふれることです。
現在海外展開などを行い、様々な事例を作っているコロプラでは、受け身の人では仕事をこなせません。
常に自分自身で挑戦をし、向上心を持って上を目指すような精神的なタフさ、ベンチャーマインドを持つ人材こそが、コロプラが必要としている人材です。

コロプラの評判・口コミは?

Photo byFree-Photos

各口コミサイトで、コロプラはブラック企業ではないかとの書き込みが多いですが、その実態はどうでしょうか。
この章では実際の事例をもとに、コロプラが本当にブラック企業なのか、現場社員はどのあたりをブラックに感じているのかなど、現社員の口コミをもとに評判を解説していきます。

待遇についての評判

男性

男性

基本的に残業が多く、人気アプリの開発部署に所属する場合深夜まで残業することも多いです。
休日出勤をしないと仕事が追い付かず、ワークライフバランスを保つのは非常に難しいと言えます。

エンジニアは他社に比べて給料が高いが、他の職種はあまり多くないため、プランナーなどのポジションはあまりお勧めできません。

仕事のやりがい・成長についての評判

男性

男性

常に新しいアプリの開発や、運営を行うため非常にやりがいを感じます。
また速いスピードで次々アプリの開発などを行うため、自身の成長も身をもって感じることができ、毎日刺激的です。

VR事業の成長性も非常に明るく、これからに期待がかかる部署のため、士気の高いメンバーが多く切磋琢磨しながら業務にあたっています。

一方でトップダウンの傾向が激しく、社長が面白いと思ったゲームやアプリの開発を優先する風潮があり、社長優先の意識が強いです。
そのため本当にユーザーが求めているものを作れているか、たまに疑問に感じることもある。

社員の雰囲気についての評判

女性

女性

上層部が社長の考えを強く引き継いでいるように思えます。
基本的に社長の言うことが正しい風潮があり、良くも悪くも体育会系の若い会社です。
そのためあまり風通しが良くなく、意見することは出来ても、その意見が反映されることはまず少ないです。

仕事が大好きで、他に夢中なものがない、パートナーや家族がいない場合は働きやすいかもしれないが、家族持ちの場合残業などが多く、バランスを保つのが難しいと思います。

各口コミを見ていくと、やはりネガティブな事例が多くブラックではないかと思わせるような内容が目立ちました。
ただトップダウンが激しい点や、激務な部分などに対してブラックだという意見が多い一方、パワハラや過度な残業など、あまりにもひどい口コミはほとんどありません。

人によってはブラックに感じる事例が多い一方で、今後の成長性や事業内容のユニークさなど、魅力を感じている社員は現在の環境に満足しています。また、働き方改革に関しては、IT企業として率先して行っているため、リモートワークの制度や多種多様な福利厚生など、従業員満足度の向上を図る施策をいくつも行っています。

多少ブラックに感じても成長性の高さを求めコロプラで働くか、成長性よりもワークライフバランスを重視するかで、意見が分かれてくると言えるでしょう。

コロプラに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
転職を考えているのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

コロプラへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

各情報サイトでブラック企業なのではないかと噂されているコロプラですが、結論ブラックな部分が残っているものの、現在は働き方を変えていこうという方針もあります。成長性やユーザーからの評価の高さなど、魅力的に感じる部分は多く、毎年様々なバックグラウンドを持つ人材が応募をしています。

そんな人気の高いコロプラへ転職する検討している人は、転職エージェントの登録を行い、徹底したサポートと対策を利用し、ぜひ転職を成功させてください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング