転職に最適なタイミングを年代や時期別にご紹介!退職すべきでない人とは?

転職に最適なタイミングを年代や時期別にご紹介!退職すべきでない人とは?

転職に最適なタイミングは、年代や時期別に異なります。20代なのか40代なのか、どういった目的で転職するのかなどで適切なタイミングは異なります。こういった基本的な情報を踏まえて、退職すべきでない人についても詳しくご説明いたします。

記事の目次

  1. 1.【年代別】転職のベストタイミングと必要なスキル
  2. 2.【時期別】転職のベストタイミング
  3. 3.転職したいと思うタイミングは?
  4. 4.今、転職すべきではない人はどんな人?
  5. 5.転職のタイミングに関するよくある質問
  6. 6.転職にベストなタイミングを知って転職しよう

【年代別】転職のベストタイミングと必要なスキル

転職のタイミングや必要とされるスキルについてどのような認識をお持ちでしょうか。
スキルという観点では業界に依存するところが大きいのでわかりやすいと思いますが、タイミングについてはよくわかっていないのではないでしょうか。

また、業界という切り口でなく職種という切り口での違いもありますし、人によって異なる意見を持っているため、きちんと理解していない人が多いと思います。
ここでは年代別の転職にベストなタイミングと必要なスキルをご紹介いたします。

第二新卒での転職はスキルを要求されない

第二新卒での転職を見ていきましょう。

一般的に、第二新卒と呼ばれる区分での転職は、専門的なスキルを要求されないことが多いです。そもそも第二新卒というのは、社会人経験が三年未満のことを指します。

「石の上にも三年」という言葉がありますが、これは「最初は辛くとも、三年も辛抱すれば報われる。」ことを意味します。一度は耳にしたことがあると思います。
これを第二新卒にも当てはめ、「あまり頑張れない人」や「我慢強さがない」といったマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

もちろん面接官によって受け取る印象が違うことは明らかですが、自分が面接官になったとして、どのように考えるでしょうか。聞き手が納得できる論理が必要でしょう。
 

20代後半での転職は実績があると良い

20代後半での転職を見ていきましょう。

20代後半(25~29歳)での転職は、実績があると良いです。
就職してから何となく過ごしてきたわけでなく、きちんと配属された部署で結果を出したことが評価されるからです。何となく過ごしてきた人が多い中、目に見える実績は相手の目に留まるでしょう。

また、この実績というものは同業他社や異業種でも同じ職種の場合強いアピールポイントになります。似たような環境で成果を出すことが出来る事を示しているからです。

20代後半は転職人口の中でも、その割合が大きいです。というのは、ある程度社会人経験を積むことで、より自分に合った職種がみつかることもありますし、本当にやりたいことが見つかる場合も多いからです。
言い換えるとライバルが多いということなので、しっかりと差別化することが重要です。
 

30代前半での転職は高いスキルが求められる

30代前半での転職を見ていきましょう。

30代前半(30~34歳)での転職は、求められるスキルが上がります。
求められるスキルが上がる理由は、中堅扱いになるためです。「何となく過ごしてきた」がまだ通用する20代と比べ、30代ではそれが通用しなくなることには注意が必要です。

また、「役職についているか」や「マネジメント経験はあるのか」といったことが見られるようになります。
もちろん、役職についている人とついたことがない人が居ると思いますが、ついている人は有利になります。ついていることが実績になります。逆に、管理職についていない人はなるべく早く転職する方が良いでしょう。

マネジメント経験も管理職の扱いと同様で、持っているとプラスに作用します。どのように部下をマネジメントできたかを上手に伝えられると問よいでしょう。

30代後半での転職はマネジメント経験の有無が必要

30代後半(35~39歳)での転職を見ていきましょう。

30代後半(35~39歳)での転職は、マネジメント経験がなければ厳しいです。経験がある人とない人で大きく差が出て来るところなので、ない人は早めに転職してマネジメント経験が出来るポジションに就くことをお勧めします。

そもそもなぜマネジメント経験が必要になるのかということですが、一般的に30代後半の様に年齢が高くなると、年収が高くなります。
年収が高くなると見合うスキルのレベルも高くなるため、そのスキルの一つとして、マネジメント経験が挙げられるわけです。

マネジメント経験というとざっくりしていますが、具体的には「現職や前職にて部長職の経験があること」や「大人数を率いて事業を推進させたこと」や「企業など経営者としての経験がある」といったことが挙げられます。

注意点ですが、30代後半の転職はこのマネジメント経験があるかどうかで大きく変わります。なるべく早く経験を積むようにしましょう。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

【時期別】転職のベストタイミング

転職における、時期別のベストなタイミングをご存知でしょうか。

自分の人生と相談したタイミングや、給料関係によるタイミング、会社側の都合を踏まえたタイミングなど、色々とタイミングはあります。どういう考えでどういったタイミングで転職すべきかご説明いたします。

是非ご自分に合った転職タイミングを探しましょう。

結婚前の転職

転職のタイミングの一つとして、結婚前及び結婚後が挙げられらます。
それぞれのメリットを簡潔にご説明いたします。

結婚前に転職することのメリットは、育休や産休が取りやすいことです。結婚前に転職し、ある程度の期間働くことで、後々産休や育休が取りやすくなります。また、子供が風邪をひいて病院に連れて行かないといけない時も休みを取りやすくなります。
逆に、結婚後に転職してすぐに育休や産休をとると良く思わない人が多いです。

結婚後に転職することのメリットは、しっかりと今後の働き方を見直せることです。結婚することで優先順位の一番上に位置しているものが、仕事から子供や家庭に変わる人もいます。
優先順位が変わるとライフスタイルが変わりますし、自分が望む働き方を実現できる場所へ就職することが良いでしょうし、結婚という大きな区切りを終えた後に転職する方が心理的にもすっきりしているでしょう。

住宅ローンの審査が終わってから

転職のタイミングの一つとして、住宅ローンの審査が終わってからというものが挙げられます。
その理由を簡潔にご説明いたします。

まず、住宅ローン申請をするのに転職直後だと通りにくい可能性が高いです。現にそうでなくとも、「この人はすぐ仕事を辞める可能性がある」という印象を持たれてしまうと、ローンというものは通りづらくなるのではないでしょうか。もちろん、審査の基準は厳密に定められています。

また、年収が一時的に下がるため借りられる額が少なくなる可能性も高いです。年収が上がり続ける転職というのもありますが、難易度は高いですし、必ずしも皆そうであるわけではありません。
年収を下げる転職になった場合、借りられる額が下がり、結果として住宅ローンの審査が通りにくくなることもあります。

ボーナスの支給後

転職のタイミングの一つに、ボーナスの支給後というものがあります。
簡潔にご説明いたします。

そもそもボーナスとは、企業が多くの利益を上げたときに、その一部を従業員に還元しようとして支給されるものです。一般的に、日本では「夏と冬の年2回、月給3か月分のボーナス支給」というパターンが多いです。

このように、月給とは別に特別に支給されるのがボーナスなので、支給される前に退職するのはもったいないと言えるでしょう。もちろん、あえて貰わないという選択もありますが、貰って特に損になることがないのであれば貰うべきでしょう。

支給されるはずのボーナスを貰い損ねることを防ぐために、現職のボーナスの査定期間などをしっかり確認をすることが大事です。確認した上で転職スケジュールを練ると良いでしょう。

しかし、ボーナス支給後の転職はライバルが多いです。皆、同じようなことを考えているためです。したがって、こういったライバルと時期をずらすためにあえてボーナス支給前に動く人も一定数居ます。

中途採用の求人が増加する2、3月や8、9月

転職のタイミングの一つに、中途採用のタイミングと合わせることが挙げられます。
簡潔にご説明いたします。

まず、新年度に向けた体制を整える2、3月が中途採用のタイミングの一つになります。4月から企業の新年度が始まりますが、新卒社員が入ってくる前に入社させることで教育コストを抑えることが出来るようです。

また、下半期にむけた8、9月もタイミングの一つになります。10月にから会社の期が変わりますし、様々な人事異動も含め人の異動が活発になるからです。

しかし、上に述べた2つのタイミングは競争率が比較的高くなります。企業自体も同じ考えを持った求人が多くなり、結果として同じ考えの転職希望者が多くなるためです。そのためしっかりとした対策が必要になります。

転職したいと思うタイミングは?

働く人が転職したいと思うタイミングにはどのようなものがあるのでしょうか。社会人であれば何度か思うタイミングがあります。
そんなタイミングをご紹介いたします。是非参考にしてください。

転職後すぐにまた転職

よくあるタイミングの一つ目は、転職後すぐです。
簡潔にご説明いたします。

まず、転職した会社が自分の想像とあまりにも違う場合に良く起こります。どれだけ入念に情報収集して転職先のことを調べつくしても、イメージと現実は異なることもあります。

こういった場合、すぐに転職したいと思う人も居るでしょう。しかし注意が必要です。というのも、すぐに転職するとマイナスイメージがつくためです。新卒が3年以内に転職することにも言えますが、やはり「我慢できない」印象を人によっては持つでしょう。

取得した資格を活かせる職場に転職

よくあるタイミングの二つ目は、取得した資格を生かせる職場に転職したいと感じる時です。

会社で勤務しながら資格取得をして活かせる職場に転職することが挙げられます。宝の持ち腐れではないですが、より生かせる場所に行きたいと思うのは自然なことです。

身近な例では、MBAを取得した人は経営関係の職場に転職するといったことが挙げられます。

勤務時間や休日の不満から転職

よくあるタイミングの三つ目は、勤務時間や休日の不満を感じるようになった時です。
簡潔にご説明いたします。

自分の理想とする仕事環境とはかけ離れていたとき、転職したいと感じる人が多いです。具体的には休日出勤が多い、残業が多いといったことです。
出勤日数や残業が増加しても構わない人は、逆に残業させてくれる環境を求めることもあるようです。
 

今、転職すべきではない人はどんな人?

逆に、転職すべきでない人の特徴はどんなものでしょうか。
転職すべき人やタイミングの逆を知ることで、「転職」に対する理解が深まります。以下にて、詳しくご説明いたします。

退職理由が明確ではない人

転職すべきでない人の特徴として、退職理由が明確ではない人が挙げられます。

一般的に転職において、前職での退職理由が明確でなければなりません。嫌で辞めたとしも、どこが嫌だったのか、どの点を改善できると良いかなどをきちんといえる必要があります。
面接官にきちんと論理的に説明できるかということを確かめていてください。

とはいえ、勤めていた企業がブラック企業で辞めたのなら仕方ない部分もあります。その場合もしかるべき説明をする必要があります。

ネガティブな理由だけでの転職

転職すべきでない人の特徴として、ネガティブな理由だけで転職しようとしている人が挙げられます

性格的な面もありますが、「嫌だからやめた」などネガティブな理由で転職してしまうと、他の場所でもうまくいかず、「嫌だからやめた」を繰り返すことになる時もあります。

転職の理想は、「スキルを上げたいから」や「より活躍できる場所へ行きたいから」などの前向きの理由であることです。前向きな理由は分かりやすい上に、聞いてる側も期待することが出来ます。

転職のタイミングに関するよくある質問

転職に関して、よくある質問にお答えいたします。
是非参考にしてください。

・転職に良くないタイミングはあるか?
→ベストタイミング以外は良くないタイミングといえます。ベストタイミングとは2、3月と8、9月のタイミングです。

・コロナ禍での転職はうまくいかないか?
→コロナの終息がまだわからないのでうまくいかないとは限りません。
したがって、転職したいと思った時に転職を検討したほうが良いです。

・退職のベストタイミングは?
→社内規定に沿うようにすることが大事です。次の人への引継ぎ、有休消化、賞与の支給などを考えて行動したほうが良いです。

・資格取得後と取得前はどちらが良い?
→現職にいる間に、資格を取得することが望ましいです。退職後、資格取得の勉強をしてから転職する場合はブランクが空きます。そもそも、転職後は慣れるまで大変なので勉強時間があまり取れないでしょう。

・出産前と後ではどちらが良いか?
→上でも述べましたが、出産後の転職は難易度が高いです。転職後1年以内は育休が取れない場合が多いです。どうしてもの場合は、育児などと両立しやすい会社を選ぶことが重要です。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

転職にベストなタイミングを知って転職しよう

まとめると、転職活動は年代によって、適切なタイミングや求めらる内容が大きく変わります。それぞれの内容をしっかりと把握することが大事です。
また、年代という切り口でなく、結婚といったイベントを機に考える場合もあります。様々な切り口で考えるてみると納得できるでしょう。

難易度が高い企業への転職は情報をきちんと収集することが大切です。持っている情報量の差で結果が大きく決まると言っても過言ではありません。

インテリゴリラでは転職に対する手厚いサポートを行っています。

難関企業をはじめとして、様々な企業の選考体験記なども掲載しています。ぜひ一度インテリゴリラを活用してみてはいかがでしょうか。あなたの転職活動にきっと役立つでしょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
菅野
ライター

菅野

京都大学の4回生です。就職活動の中でビジネスについての知識を身に着け、アウトプットしていきます。よろしくお願いします。

関連記事

目次

人気記事ランキング