手取り14万円の生活とは?家賃の目安や毎月の生活費をリサーチ!

手取り14万円の生活とは?家賃の目安や毎月の生活費をリサーチ!

みなさんは高卒新入社員の平均が手取り14万円であることをご存じでしょうか?そして、実際その金額で一人暮らしをする際、どれほどの生活レベルで暮らせるのでしょうか。今回は手取り14万円の場合の生活費の内訳や貯金、家賃相場などについて徹底的に解説をしていきます。

記事の目次

  1. 1.手取り14万円でどんな生活ができる?
  2. 2.手取り14万円の月収と年収
  3. 3.手取り14万円の家賃はどのくらい?
  4. 4.手取り14万円で一人暮らしの生活状況
  5. 5.手取り14万円で一人暮らしの節約のポイント
  6. 6.手取り14万円の収入を増やすには?
  7. 7.一流難関企業に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  8. 8.手取り14万円で生活するには節約が必須!

手取り14万円でどんな生活ができる?

Photo byjarmoluk

年収は人により様々差がありますが、今の自分の年収だとどんな生活が一般的か考えたことがあるでしょうか?
生活費や家賃の相場や、想定される貯金額など気になる点も多いでしょう。

そこで今回は月で手取り14万円のケースで、一人暮らしをした場合の生活費や家賃など、よりリアルなシュミレーションをもとに解説していきます。

手取り14万円の月収と年収

Photo byBru-nO
男性

男性

実際に手取り14万円の場合、月間の総支給や年収はいくらぐらいになるのでしょうか?
生活費や家賃などの相場の前に、まずは手取り14万円の場合の支給額の詳細を解説していきます。

額面月収は17~18万円

結論から言うと、手取り14万円の場合の額面月収はおおよそ17~18万円あたりになります。
マイナビの調査によると、大卒の初任給の平均が約21万円なのど、新卒の初任給と比べても非常に低い結果となっています。
一方高卒の初任給が約18万円程度のため、目安としては手取り14万円の場合、高卒の新入社員と同じ水準と言えます。

後程詳しく解説しますが、ここから各種保険料や税金などが天引きされるため、最終的に残る金額として手取り14万円になります。

年収は230~250万円

手取り14万円の場合、年収ベースで見ていくと230~250万円程度であると言えます。
総支給が18万円と想定すると、18万円(月収)×12ヶ月=216万円となります。
上記のベースサラリーに加え、ボーナスや残業代が加算され、最終的には250万円弱が想定される年収と言えるでしょう。

ただボーナスに関しては勤務先の企業により、大きく変わるため、手取り14万円でも年収が300万円を超えるケースもあります。
しかし基本的にボーナスは基本給をもとに計算されるため、手取り14万円の基本給の場合、あまり多くのボーナスが見込めないので、年収も自然と低くなってしまうでしょう。

控除される保険料・税金

手取り14万円の控除される保険料・税金

  • 厚生年金:約1万7,000円
  • 健康保険:約9,000円
  • 雇用保険:約500円
  • 所得税:約3,000円
  • 住民税:約6,000円

手取り14万円の場合、控除される金額は上記の合計約3万5,500円です。
特に住民税は2年目から控除されるため、前年に年収が下がってしまうケースもありますので注意してください。

また以外にも控除額が大きく、手元に残った金額が14万円だと、家賃の支払いや生活費だけでも相当圧迫され、なかなか貯金をするのが難しいと言えるでしょう。

手取り14万円の家賃はどのくらい?

Photo byGiovanni_cg
男性

男性

実際に手取り14万円の場合、家賃相場はいくらぐらいなのでしょうか。
家賃は毎月発生し、なおかつ必須項目のため、住居を選ぶ際は慎重に自分の収入と合わせて計算する必要があります。

家賃は手取りの3分の1

一般的には家賃は手取りの3分の1とされているため、手取り14万円の場合は家賃4.6万円が相場となるでしょう。
こうしてみると意外にも4.6万円は家賃として使用できる計算なので、比較的余裕のある生活ができるようにも見えます。

しかし家賃を計算する場合、毎月かかる管理費や人によっては駐車場代なども発生するため、思ったよりも高くなることに注意してください。
また住む場所にもよりますが、同じ4.6万円でも物件によって大きく差が出るため、物件探しの際エリアや間取りなどを慎重に確認しながら進めていくのが良いでしょう。

このように最終的に家賃を計算する際も何かとプラスされる費用があります。
そのため、実際に家賃を決めて物件を探す際には、最終的に4.6万円に抑える必要があるので、家賃単体で3.8~4.2万円あたりの物件が良いでしょう。

東京・東京以外の家賃4万円台の物件の特徴

実際に家賃4万円台で物件を探すとなると、どのようなところに住めるのでしょうか。

まず東京で4万円台を探すと、結論的にほとんど見つかりません。
区によって多少の差はありますが、最も家賃の安い1ルームの平均でも5.5~8.5万円となっています。
そのため、ある程度の生活レベルを求めるのであれば、東京で暮らすのは難しいと言えるでしょう。
もしも手取り14万円で東京に暮らしたいのであれば、築年数30年近いアパートや、風呂無しの物件など、どこか妥協をして物件のレベルを大きく落とす必要があるので注意してください。

一方で東京に家を構えず周辺に住む場合はどうでしょうか。
千葉・埼玉・神奈川の1ルームの相場が約6万円前後となっているため、こちらも非常に生活が苦しくなることが予想されます。
ただ東京に比べると平均的に見て安いため、同じ金額でも東京よりも良い物件と巡りあえる可能性はあります。
しかし東京外だとしても、やはり4万円台の物件を探すのは相当難しいため、東京周辺に家を構えるとしても、良い物件を探すのは難しいと言えるでしょう。

手取り14万円で一人暮らしの生活状況

Photo byPexels
男性

男性

次に手取り14万円の実際の生活費や一人暮らしの情況について解説をしていきます。
もちろん生活費などは個人により差が出ますが、基本的には以下の記載が平均的です。

家賃4万円台で貯金する場合の生活費内訳

一人暮らし手取り14万円の内訳

  • 家賃:4万円
  • 食費:3万円
  • 水道光熱費:1万2,000円
  • 通信費:5,000円
  • 交際費・娯楽費:1万5,000円
  • 日用品費・被服費・理美容費:1万円
  • 医療費:5,000円
  • 交通費:8,000円
  • 貯金:1万5,000円

一人暮らしで手取り14万円の場合のシミュレーションは上記の通りです。
どの分野も切り詰められるだけ切り詰めた生活を想定したとしても、貯金できる金額は2万円に以下になってしまいます。
家賃や光熱費、通信費は節約にも限界があるため、上記をさらに下回ることは難しい問い終えます。

一方で食費や娯楽費は頑張ればもう少し抑えることも可能ですが、これ以上切り詰めると、生活自体が非常に苦しくなってしまいます。

そのため手取り14万円で貯金をするのはやや厳しいと言えるため、将来のために貯金をしておきたいのであれば、副業やアルバイトなど収入源をを増やすことをおすすめします。

家賃4万円台で貯金しない場合の生活費内訳

一人暮らしで貯金をしない場合、基本的には上記の生活費の内訳で娯楽費や食費が増えることになります。
根本的な考えとしては、月々使える自由なお金が1万5,000円増えるため、自身がよりお金を使いたいことに使って良いでしょう。

そのため貯金をしていない生活に比べ、自由度が高くなり生活レベル全体は比較的向上します。

家賃5万円だと生活は苦しい?

ここまで家賃4万円台でのシミュレーションをしてきまたが、東京や東京周辺で物件を探しても、家賃4万円台の物件はそうそう見つかりません。
そうなると次に検討しなければならないのが、家賃の予算を上げて5万円で物件を探すことです。
家賃の予算を5万円まで上げることができるのであれば、4万円台と比べて比較的探しやすくはなるものの、依然として良質な物件は少ないと言えます。

また根本的に問題となるのが、手取り14万円で家賃5万円の物件に住んだ場合、生活費の内訳がどの様になり、生活レベルが安定するかという点です。
内訳は先述の解説通りなので、貯金をしないのであれば家賃5万円でも暮らしていくことはできると言えます。
もしくは貯金をする場合、極端に娯楽費や食費を削る必要が出てきます。
そのため結論としては、手取り14万円で家賃5万円は暮らせるものの、生活自体は厳しくなるのであまりおすすめはできないと言えます。

手取り14万円で一人暮らしの節約のポイント

Photo byMakinoSena
男性

男性

先述通り、手取り14万円では暮らすことはできるもの、生活費の内訳などを見てもわかるように、決して楽な生活ではありません。
そのため、生活レベルを上げるためには、節約術を身につけておく必要があります。

そのためこの章では、手取り14万円でも安定して暮らしていけるための、節約ポイントを解説していきます。

食費の節約

まず一人暮らしで節約をする際、真っ先に見直すべき点が食費です。
外食や飲みに行く回数を一回減らすだけで、3,000円~5,000円の節約は可能です。
加えて一人暮らしにありがちな食事をコンビニ弁当などで済ませている場合や、ウーバーイーツを多用している場合も同様で、見直しが必要です。

もちろん食事は生きていく上で必要なので、切り詰めるには限界があります。
しかし、節約をして資金を増やしていきたいのであれば、無駄な外食を控え、なるべく自炊することをおすすめします。
特に自炊する際も、材料の値段が安いスーパーを見つけたり、タイムセールの時間に買い物へ行くなどの工夫をすることでさらに節約することもできます。
また料理を作る際も、一度に大鍋で数日間分作るなどすることで、全体的な食費を抑えることもできるので是非実践してみてください。

通信費の節約

現在は昔のと違い、大手キャリア以外にも格安SIMやシムロックフリースマホなどが市場に多く出回っています。
そのため一人暮らしで節約を考えているのであれば、通信費の見直しも必要です。
特に大手キャリアなどを使用している場合、月々1万円近く通信費にかかっている場合も多いです。

そこで一度通信費を見直し、現在のプランが本当に自分に最適なのか、もっと抑えることはできないかなどを確認するようにしましょう。
現在では格安SIMの値段も以前に比べてさらに下がっており、通信費を大きく下げることができます。
また合わせてネット回線も現在では、比較的安くても高速でつながるものも増えているので、そちらも見直しが必要です。

光熱費・水道代の節約

一人暮らしの際、光熱費や水道代も自分の匙加減で節約することができます。
まず光熱費に関しては、こまめに使わない電気を消したり、エアコンの温度を調節するなど様々対策をすることができます。
家族と住んでいる場合、人によって快適な温度が変わるため難しいですが、一人暮らしであれば自分で好きなように調整できるので、まずは部屋の温度などから見直していきましょう。

合わせて、水道代も見直しをしていきましょう。
まずはお風呂に入る回数を減らし、週末以外はシャワーだけにするなどすることで、水道代も大幅に節約することができます。
またシャワーの時間もいつもより短くし、急いで済ませるなどすることでさらに節約も可能です。

手取り14万円の収入を増やすには?

Photo byFree-Photos
男性

男性

実際に手取り14万円で一人暮らしをするのは、経済的にやや厳しいため様々な節約が必要になってきます。
しかし場合によっては、節約だけでは限界を感じ、そもそもの年収を増やそうと思う人も大勢いるでしょう。
そこでこの章では、現在の年収をあげ、より快適に一人暮らしを送る方法をいくつか解説していきます。

副業を始める

まず最初に上げられるのが、何か一つ副業を始めることです。
働き方の多様化が進んでいる現代では、多くの企業で副業が解禁されています。
そこでもしも、あなたの今の職場が副業OKなのであれば、空き時間を利用して行える副業を一つ探してみることをおすすめします。

また現職で忙しく、なかなか時間が取れない人であれば、自宅でPCがあればできる副業がおすすめです。
このように、働き方が自由な現在では、いくらでも収入源を増やすことは可能です。
まずは、一度自分の生活スタイルに合う副業を探してみてはいかがでしょうか。

昇進・昇格を目指す

今の収入に満足していないのであれば、仕事で成果を残して昇進・昇格を目指すのも一つの手段です。
成果を残し昇進すれば、当然給料も上がるので月々手元に入ってくるお金も増えます。
また企業によっては役職手当の金額が多かったり、資格手当などがつくこともあります。

そのため、まずは今の仕事を精一杯頑張り、結果を出して昇進を目指してみましょう。
そうすることでキャリアアップも図れ、給与も上がるため、総合的に見てあなたの人生にもたらすメリットが数多くあります。

条件の良い会社へ転職する

今の職場にこだわらず、思い切って条件の良い会社へ転職することも一つの有効な手段と言えます。
現在では転職することが当たり前になりつつある時代で、多くの人が自身の実績をもとに条件の良い会社へ転職をしています。
その中には、結果として転職が成功し前職よりも好待遇で、年収も上がっている人も多くいます。

そのため年収を上げたいのであれば、一度自分のスキルや市場価値を見つめなおして、より条件のよい会社へ転職してみるのも良いでしょう。

一流難関企業に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

内定を取るための選考情報サイト

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラの掲載企業一覧を見る
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

マッキンゼー/アクセンチュア/日本M&Aセンター/M&Aキャピタルパートナーズ/リクルートグループ/など、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

日本M&Aセンターの選考体験記はこちら

会員限定の転職サービス

マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループをはじめとする戦略コンサルティングファーム出身者や、
リクルートやM&A業界出身者など、インテリゴリラに掲載のある企業であれば、勤務経験者や、現役社員からサポートを受けられることもあります。

無料会員登録をして、内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聴いてみましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

手取り14万円で生活するには節約が必須!

Photo bycegoh

このように結論として、手取り14万円で一人暮らしをしようと思うと、できないことはないですが、正直相当生活が苦しくなってしまいます。
もちろん貯金をしない、節約をする、趣味を持たないなど、対策の立てようはありますが、それらの対策だけではなかなか十分と言えず、さらなる対策が必要になるでしょう。

そのため、この記事で紹介したように、まずは自身の生活費の内訳を見直し、改善できる点が無いかもう一度確かめてみてください。
加えて今の年収だけに依存せず、思い切って副業や転職など、そもそも自分の収入を上げることも考えてみてください。
働き方が多様化している今だからこそできることで、サラリーマンでも行える副業も近頃では非常に多くなっています。

現在手取り14万円で一人暮らしをしていて、生活が苦しいと感じている人は、ぜひこの記事を参考に節約術や、収入を増やす術を検討してみてください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング