35歳の年収は平均いくら?男女別や中央値についても詳しく解説!

35歳の年収は平均いくら?男女別や中央値についても詳しく解説!

誰にとっても、平均年収は非常に興味深いものです。
特に35歳くらいにもなると、年収に格差が生まれ、より気になってしまう部分があるでしょう。
本記事では35歳の平均年収について、詳しく解説します。
今の年収について思うことがあれば、ぜひ参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.35歳の平均年収は約460万円
  2. 2.35歳の条件別の平均年収
  3. 3.35歳の平均年収が高い業種TOP3
  4. 4.30代後半・35歳~39歳の企業規模別の平均年収
  5. 5.35歳の転職で年収をアップさせるには?
  6. 6.転職したいならおすすめの転職エージェント
  7. 7.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  8. 8.年収アップの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!
  9. 9.35歳は上手な転職で年収アップも可能

平均年収については、ほとんどの人が興味を持っているでしょう。
「みんな、どれくらいの年収なのだろう?」
「自分の年収は、他と比べて低いのでは?」
といったことは、誰しもが考えたことがあるはずです。

本記事では、35歳における平均年収や中央値について、詳しく解説します。
また男女別や学歴別など、さまざまな条件下での年収についても触れているので、より正確な分析が実施できるはずです。
平均年収や中央値について気になる人は、ぜひ参考にしてください。

35歳の平均年収は約460万円

Photo bynattanan23

35歳の平均年収については、国税庁をはじめとした公的機関による調査がなされていません。
国税庁の年収に関する調査は「35歳〜39歳」などと5歳ごとでブロック分けしており、35歳単体のデータが出ていないのです。

そのため、今回はリクナビNEXTで集計されたデータを用います。
リクナビNEXTの調査によれば、35歳の平均年収は435万円程度です。
月収に直すと、およそ36万円程度になります。

35歳の年収中央値

続いて、中央値について考えてみましょう。
中央値とは、「すべてのデータを並べたとき、ちょうど真ん中にくる数字」のことです。
たとえば年収1,000万円、500万円、300万円の人が一人ずついるなら、500万円が中央値となります。

平均年収よりも中央値を気にしている人も多いでしょう。
中央値にも35歳だけのデータがないので、今回は「doda」の調査で判明している中央値を参照します。

dodaによれば、35歳の年収中央値は400万円程度でした。
たとえ平均を下回っていたとしても400万円以上稼いでいるなら、少なくとも中央値以上、つまり上位50%側には入っていると判断できます。

35歳の条件別の平均年収

フリー写真素材ぱくたそ

続いて、35歳を前提とし、各種条件下における平均年収を解説します。

35歳の平均年収

  • 男女別の平均年収
  • 雇用形態別の平均年収
  • 学歴別の平均年収
  • 都道府県別の平均年収

データについては、上記したdoda、およびリクナビNEXT、そして賃金構造基本統計調査を参考にしています。

男女別の平均年収

男女別の平均年収は、以下のとおりです。

男女別の平均年収

  • 男性:480万円
  • 女性:320万円

男女間においては、年収には大きな違いがあります。
これには、女性が男性と比較してフルタイム勤務から離脱しやすいといった原因が関係しているでしょう。

雇用形態別の平均年収

雇用形態別では、以下のとおりです。

雇用形態別の平均年収

  • 正規雇用(会社員・公務員):450万円
  • 非正規雇用(契約社員・アルバイト):290万円

正規と非正規における平均年収には、160万円ほどの違いがあります。
やはり非正規で働く期間が長いことは、かなり損失が大きいと言えるでしょう。

学歴別の平均年収

学歴別の平均年収としては、以下のようになっています。

学歴別の平均年収

  • 大学・大学院卒:503万円
  • 専門学校・短大卒:380万円
  • 高校卒:360万円

学歴においても、平均年収には格差があるとわかります。
年収のことを考えるのであれば、やはり大卒という名目は大きな助けとなるでしょう。

都道府県別の平均年収

都道府県別でも、平均年収には格差が確認できます。
ここでは、主要な都道府県における平均年収を解説します。

都道府県 平均年収
北海道 413万円
宮城県 418万円
東京都 550万円
神奈川 505万円
愛知 480万円
大阪 491万円
広島 431万円
高松 389万円
福岡 381万円
というように、都道府県も平均年収に対して大きな影響を与えています。
特に関東はずば抜けて平均収入が高い傾向です。
ただし関東地方は物価が高い傾向にあります。
したがって関東地方の平均年収が高い一方で、支出が多いという側面は否めません。

35歳の平均年収が高い業種TOP3

Photo byfancycrave1

平均年収は、やはり業種によって大きく左右される傾向があります。
また35歳・30代と言えば、業界での年収の違いがはっきりと出てくる時期です。

キャリアパスを考えるとき、「将来的に年収で格差が出るかもしれない」と言われたりします。
その将来というが、まさに35歳前後、あるいは30代です。

35歳における業種別の平均年収は、下記が上位3種となっています。
これらの業種は、30代においてある意味「勝ち組」と呼べる年収が確保できています。
(参考:厚生労働省賃金統計調査)

3位:メーカー系

メーカーの平均年収は、おおよそ480万円となっています。
やはりメーカーは基本的に高年収です。
20代までも高待遇であり、30代以降も、あらゆる業種においてTOP3を争う程度には恵まれているでしょう。

またその他高収入の業界と比較して、やや業務量が落ち着いているのもポイントだと言えます。

2位:金融・保険系

金融・保険業界も、年収が高い業界です。
平均年収としては、およそ532万円になります。
30代はもちろん、30代以前、以降ともに高年収が維持できるでしょう。

ただし金融・保険業界は激務であり、難易度も高くなっています。
また結果主義的な部分もあり、金融・保険業界で活躍し続けることは簡単ではありません。

1位:専門コンサル系

もっとも年収が高いのは、コンサルに関連した業界でした。
平均年収は、およそ570万円となっています。
先ほど紹介した35歳の平均年収を100万円以上上回る数字です。

ただし専門コンサルの業務は、非常に難易度が高い部分があります。
また業務自体も激務であり、年収相応の苦労があると言えるでしょう。

また専門コンサルで35歳か30代であれば、もっとも活発に動き回る時期です。
よって、年収を得るためには、さらに負荷が強いハードワークが求められるでしょう。

年収の差が出るスキルは?

上記までで解説してきたとおり、35歳・30代の平均年収は、業界の違いや男女差、あるいは学歴などで左右されます。
それに付随して、本人のスキルも年収を左右する要因です。

35歳、30代の年収に対して大きな影響を与えているスキルは、やはり英会話だと判明しています。
具体的には、TOEICスコア600以上を有している層は、年収が高い傾向です。
彼らの年収はおよそ460万円であり、35歳全体の平均年収435万円を25万円ほど上回る数字でした。

TOEICスコアが700を超えている場合は、平均年収590万円程度となり、さらに高待遇となります。
普段から「英会話スキルは重要だ」と言われますが、それが改めて確認されたと言えるでしょう。
(参考:リクナビNEXT・ジャーナル)

30代後半・35歳~39歳の企業規模別の平均年収

フリー写真素材ぱくたそ

続いい30代後半、および35歳から39歳の企業規模別での年収を確認しておきましょう。
年収のことを考えるのであれば、やはり希望する企業の規模感にいついては、きちんと把握しておかなければいけません。

大企業と小企業では約100万の差

企業規模における年収のデータを見てみましょう。

<大・中・小企業、それぞれの平均年収>

企業規模 35歳から39歳あたりの平均年収 全体平均年収(435万円)との差異
大企業 513万円 +78万円
中企業 449万円 +14万円
小企業 414万円 △21万円
(参考:厚生労働省賃金統計調査)

上記のとおり、企業規模が平均年収に与える影響は、決して小さくありません。
大企業と小企業では、100万円以上の違いがあるのです。
もし就職・転職を考えている場合、企業規模で全く違う待遇があることは、理解しておかなければいけません。
たとえ最初は微々たる違いにしか見えなくても、30代、40代となってくれば、大きな格差として現れます。

「大企業へ入ることが全てではない」といった通説を
聞いたことがある人も多いでしょう。
もちろん、小企業へ入ることが必要なケースもあります。
しかし、少なくとも年収という部分で考えるのであれば、やはり大企業が圧倒的に有利であることは変わりないのです。

男性と女性でも差があり

先ほど、性別によって35歳の平均年収は変わってくると紹介しました。
この影響は企業規模にかかわらず波及しています。
それを理解するためにも、まずは以下の表を参考にしてください。

<企業規模ごとにおける、35歳から39歳の男女別平均年収>

  男性 女性
大企業 585万円 441万円
中企業 494万円 404万円
小企業 464万円 363万円
(参考:厚生労働省賃金統計調査)

というように、性別の違いはすべての企業規模において影響しています。
理由としては、やはり女性がフルタイム勤務から離脱しやすい部分が挙げられるでしょう。
特に結婚や出産につき出勤時間や日数が限定されることは、たいへん大きな要因です。

また女性(あるいは事務職)の給与が低く設定されがちなことも、原因として考えられるでしょう。
女性が年収を追求する場合は、男性と変わらない給与水準が適用される業種・職種で働くことが求められます。

35歳の転職で年収をアップさせるには?

Photo bygeralt

大きな変化を期待するのであれば、転職するという道筋もあります。
現在の人材難を鑑みる限り、30代でも転職することは可能です。

さすがに、20代ほどイージーではありません。
将来性といった部分がアピールし難い部分もあります。
それでも相応のスキルや経験を有していれば、いくらでも転職するチャンスはあると言えるでしょう。

下記では、35歳が転職し、年収をアップさせる具体的な方向性について解説します。

大企業から中小企業の管理職に転職

大企業で勤めているのであれば、中小企業の管理職に転職するという方法が考えられます。
なぜなら、大企業で役職なく働くのと、中小企業で管理職として働くことを比較した場合、後者の方が高年収であるケースが多いからです。

また、現在の中小企業は、人材不足に苦しんでいる部分があります。
中でも経験豊富なベタランを据えるべき管理職のポストには、相当な穴があるのです。
これは、若い人材を継続して確保できていないことに起因します。

そこに転職を希望すれば、むしろ「よくぞ来てくれた」といったムードで歓迎されるでしょう。
そして管理職がゆえ、手当てなどが加算されて、年収を向上させられる見込みもあるわけです。

ただし、大企業の平社員に及ばないケースも決して少なくはありません。
また、将来的に見れば大企業で管理職となったケースと比較して、年収が歩留まりしてしまうリスクはあります。

今より格上の会社に転職

オーソドックスに考えるなら、今より格上の会社への転職が考えられるでしょう。
格上とは、つまり年収とその向上率が高い企業を指します。
この転職が決まれば、当然ながら年収を高められるわけです。

格上の会社へ転職するとなると、やはりそれだけのスキルと経験が求められます。
言葉にすると簡単ですが、それなりに難易度は高いと考えておきましょう。

転職を実現させるために、アピールすべきスキルや経験について、意識的に高めておく必要があります。

転職して失敗するパターンとは

35歳が転職するパターンとしては、

  • 業種と職種が同一である別の会社へ移る
  • 業種が同一である別の会社へ移る
  • 職種は同一である別の会社へ移る
といういずれかが考えられるでしょう。
しかし、この三軸だけで考えていると、失敗のパターンへハマる恐れがあります。

具体的には、「日系と外資系をまたぐ転職」が、典型的な失敗パターンです。
なぜなら日系企業と外資系企業では、まるで考え方が違うから。

日系企業の場合、どちらかというと保守的な社風であり、年功序列によって守られている部分があります。
保守的であるがゆえ、良くも悪くも待遇や年収が大きく変動することはありません。
また、「社員は家族」といった言葉に代表されるように、やや温情によって成り立っている部分もあります。

一方で外資系企業は、日系企業と比較してやや先進的な思想をよしとします。
具体的には年齢や立場より、実力や実績を重んじる傾向です。

年功序列もないわけではありませんが、日系企業ほど絶対的なものではありません。
また、互いが互いに対してドライな部分もあります。
少なくとも「社員は家族」「人材は人財」といった思想は強くありません。

いずれにせよ、誰しもが現状では日系企業か外資系企業で勤めているのであり、系統による独自文化に触れているわけです。
新卒から一度も転職していないなら、実に13年もの間、その文化圏においてキャリアを積んできたわけですね。

しかし日系・外資系をまたいで転職すると、今まではあり得なかった社風や習慣の中で働くこととなります。
すると、やはり大きなカルチャーギャップが感じられるわけです。
前歴ではうまくやっていたが、転職先ではまるで使い物にならない、といったケースも珍しくありません。
これが、35歳、あるいは30代からの転職における典型的な失敗パターンです。

よって、35歳から転職するのであれば、少なくとも資本を一致させておいたほうがよいでしょう。

転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
転職を考えているのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

年収アップの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

本記事では35歳の平均年収について解説して参りましたが、いかがでしたでしょうか。
35歳からの年収アップを伴った転職を確実に成功させたい方は情報収集が必須です。

そんな方にはインテリゴリラがおすすめです。
インテリゴリラは内定者に直接インタビューを行い、選考情報を記事にしています。
情報収集には最適ですので、ぜひ一度ご確認ください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

35歳は上手な転職で年収アップも可能

Photo bykschneider2991

35歳、あるいは30代という年齢は、状況や条件ごとで年収に大きな違いが生じる時期です。
新卒当初は微々たる違いだった待遇が、ここに来て大きな違いと出てくるわけですね。

しかし、決して手遅れなどではありません。
35歳からでも転職することで年収を上げることは可能です。
新卒や20代ほどイージーではありませんが、努力次第ではいくらでも転職によるキャリアアップが狙えます。

 タチバナ
ライター

 タチバナ

フリーライター、ディレクター。3度の転職を試みるが、いずれも長続きせず退社。4社目がいわゆる「ブラック企業」で心身の調子を乱す。一時期はストレスから「ゼリーすら食べられない」ほどの食欲障害を患うが、フリーライターとしての活路を見出してから快方、新しい人生を歩み出す。現在は「転職することで、”ものの見方”を変えること」の大切さを伝えるためライティングに励む。好きなライターは吉川ばんび、好きな作家は村田 沙耶香。

関連記事

目次

人気記事ランキング