アクシスコンサルティングはどんな転職エージェント?良い・悪い評判も

アクシスコンサルティングはどんな転職エージェント?良い・悪い評判も

アクシスコンサルティングは、コンサル業界の転職支援実績が全エージェントの中で1位のコンサルティングに特化した転職エージェントです。
国内系コンサルティングファームはもちろん、大手外資系コンサルティングファームの転職にも強みがあります。

記事の目次

  1. 1.アクシスコンサルティングはコンサルティングに特化した転職エージェント
  2. 2.アクシスコンサルティングと他社の転職エージェントとの比較
  3. 3.アクシスコンサルティングを利用するのにおすすめな人
  4. 4.アクシスコンサルティングで求人紹介を断られることはある?
  5. 5.アクシスコンサルティングを利用するメリット
  6. 6.アクシスコンサルティングを利用するデメリット
  7. 7.アクシスコンサルティングの良い評判
  8. 8.アクシスコンサルティングの悪い評判
  9. 9.アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化している

アクシスコンサルティングはコンサルティングに特化した転職エージェント

Photo byTumisu

アクシスコンサルティングは、コンサル業界の転職支援実績が全エージェントの中で1位のコンサルティングに特化した転職エージェントです。

特化型エージェントの中でも実績1位で、シニアコンサルタント以上の入社実績でも1位を獲得しています。

業界に特化したエージェントだからこそコンサルティングファームとの独自の強いコネクションがあり、国内系コンサルティングファームはもちろん、大手外資系コンサルティングファームの転職にも強みがあります。

また、キャリアアドバイザーの大半がコンサルティングに詳しい専門エージェントになっており、中長期的なキャリアパスを踏まえた相談やシニアコンサルタントへの転職など、大手では手の届かないサービスに定評があります。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

アクシスコンサルティングと他社の転職エージェントとの比較

Photo bygeralt

アクシスコンサルティングと他社の転職エージェントと比較すると、30代から50代くらいまでの比較的中堅層におすすめの転職エージェントであると言えるでしょう。

すでにコンサル業界で業務経験があったり、ある程度の知識やスキルがあり、シニアコンサルタント以上の転職でキャリアアップや年収アップを目指したい方におすすめします。

求人数は公開されていませんがその7割以上が非公開求人であるため、一般公開されていない優良企業の求人を優先して紹介してもらえる可能性があります。

またコンサルタント希望の転職者に多角的にサポートができるため、フリーで働きたいコンサルタントにも求人案内ができるようです。
 

アクシスコンサルティングを利用するのにおすすめな人

Photo by6689062

アクシスコンサルティングを利用するのにおすすめな人は、コンサルタントとしてキャリアアップを目指す人や、それまでのコンサルタントとしての経験を活かして次のキャリアを作っていきたいと思っている人です。

コンサルタントに特化した転職エージェントであるため、コンサルタント経験者のアドバイザーが多数所属しています。
したがってコンサルタントとしての長期的なキャリアを考えたい人や、今後のキャリアパスを再考したい人にもおすすめできます。


もしコンサルタントを目指しているけど、自分の経験に不安があったり未経験だったとしても、アクシスコンサルティングに相談してみるのは良いかもしれません。
コンサル経験が豊富なアドバイザーがいるので、これまでのキャリアに関係なく今後の理想的なキャリアパスとその戦略を一緒に考えてくれるはずです。

アクシスコンサルティングで求人紹介を断られることはある?

フリー写真素材ぱくたそ

アクシスコンサルティングで求人紹介を断られることは、あり得ます。

その理由は、「すでに求人が埋まってしまった」や「求人に対して応募者の能力や経験がマッチしていない」などが挙げられます。

すでに求人が埋まってしまった場合、企業側も採用人数や予算などの関係で求人紹介ができない場合もあるので、そこは無理を言っても仕方ありません。
求人情報は日々変わるということを前提に準備しましょう。

また、求人と応募者の能力や経験がマッチしていない場合もあります。
もし紹介した人材が企業側のニーズと大きく異なった場合、エージェントは信頼を損ねてしまいます。
転職支援も各ファームとの信頼関係が非常に大切になるため、無理矢理紹介するようなことはしないのです。

上記のような背景で、企業ニーズとマッチしない場合は、求人を断られることもあるということをあらかじめ理解しておきましょう。

ただしアクシスコンサルティング経由で転職活動してみると、もしかしたら「書類選考の通過率が高い」と感じるかもしれません。

これも特化型であるがゆえ、コンサルタント希望のキャリアにマッチした求人が多くあるからです。

コンサル業界に絞って希望にあった求人を探しているのであれば、特化型のエージェントサービスを活用することで効果があることも多いです。

アクシスコンサルティングを利用するメリット

Photo byPeggy_Marco

アクシスコンサルティングを利用するメリットは、コンサル業界に特化した転職支援が受けられるということです。
 

アクシスコンサルティングでは、コンサル業界を熟知した専門のエージェントが転職活動をサポートします。
コンサル業界特有の「フェルミ推定」や「ケース面接」への対策も可能です。

業界に詳しいアドバイザーがいるため、大手の転職エージェントに比べて的確なアドバイスを受けることができるでしょう。

※フェルミ推定:予想つかない数量を論理的に概算すること
※ケース面接:問いに対して制限時間内に対策を提案する面接


また、アクシスコンサルティングの求人の7割以上が非公開求人であるというのも大きなメリットです。

非公開求人が多いというのは、転職エージェントが企業に信頼されているということです。
企業は競合他社に採用ルートや詳細を知られたくないため優良案件を非公開にするケースが多いのです。
こういったとっておきの非公開求人にアクセスできるのは、人が集まる転職エージェントならではなのです。

アクシスコンサルティングを利用するデメリット

Photo byPeggy_Marco

アクシスコンサルティングを利用するデメリットは、「コンサル業界以外の求人が少ないこと」と「メールが頻繁に送られてくること」です。

アクシスコンサルティングはコンサル業界専門の転職エージェントのため、コンサル系以外の職種の求人は少ないです。
未経験の人でもコンサルタントの求人を紹介してくれますが、逆にコンサル業界の求人にこだわりがなく、様々な業界の転職先を探している人は、幅広い求人を持っている大手の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

また、利用者のなかにはメールが多く届くことを気にする人もいるようです。
ただし届くメールの中にはスカウトメールも含まれているので、すべてをブロックするのは得策とは言えません。
本気で転職活動をしたいと思うなら、活動期間内は求人情報に敏感になる必要があり、頻繁なメールは致し方ないかもしれませんね。
本当に気になるのであれば、アクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーと相談してみると良いでしょう。

アクシスコンサルティングの良い評判

フリー写真素材ぱくたそ

アクシスコンサルティングの良い評判としては【コンサル業界への専門性が高い】【企業とのコネクションが強い】【中長期的なサポート】があります。

コンサル業界に特化しているだけあり、利用者からの口コミも高評価です。

特化型というだけあり、専門のアドバイザーを数多く抱えているので専門性が高いサービスを提供できているようです。

また業界内での各ファームとのコネクションにも強みがあり、コンサル業界を志望する転職者向けのサービスが充実しているようです。

コンサル業界でスキルをつけて成長していくための中長期的なキャリア形成に信頼できる転職エージェントだという評価が多いです。

アクシスコンサルティングの悪い評判

Photo byTumisu

アクシスコンサルティングの悪い評判は【求人が少ない】【アドバイザーの質が悪いこともある】があります。

利用者の口コミの中には、アドバイザーが良くなかったというものもありました。

コンサル業界に特化しているという点で、逆に転職希望者の理想に沿った求人の紹介が少なかったり、タイミングによっては案件が少なく求人を紹介されなかったと感じる利用者もいたようです。

またコンサルタント経験者ということでキャリアアドバイザーとしての対応に満足していない利用者もいました。
大手のように総合的なサービスに強みがあるという訳ではなく、豊富に誰にでも紹介できる求人があるという訳ではないので、一方的に手厚いサポートに期待するのはやめましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化している

Photo bygeralt

この記事では、コンサル業界に特化した転職エージェントであるアクシスコンサルティングについて紹介してきました。

コンサル業界に特化しているため、大手エージェントにはない魅力が多くありました。

業界内ではトップクラスの転職支援の実績があるため、コンサルタントとして中長期的なキャリアを考えている人は専門のアドバイザーに相談してみると良いでしょう。

逆にコンサル業界に特化しているがゆえに、業界未経験や経験が少なく総合的なサービスを求めていたり、転職先の業界をコンサルティングファームに絞り切れてない人にはオススメできません。

この記事でアクシスコンサルティングの転職エージェントとしての特色をきちんと踏まえて、自分に合った転職支援を受けられるように対策してみてくださいね。

コンサルティングファームへの転職を考えている人は、業界特有の面接の傾向や具体的な面接事例を調べてみることをおすすめします。

インテリゴリラでは、内定者の面接体験記など他では見ることのできない情報をチェックすることができます。
人気企業への転職情報など独自の情報が掲載されているので、万全な準備をしてライバルとの差をつけましょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
宮原
ライター

宮原

現場監督として働く30代前半。大学職員やバーテンダーなど転職を4度経験。現在は副業Webライターとして活動しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング