フロンティア・マネジメントの転職情報|激務なのか?転職難易度も紹介

フロンティア・マネジメントの転職情報|激務なのか?転職難易度も紹介

フロンティア・マネジメントの転職情報を解説。同社はコンサル業界内でも給与水準が高く、人気の企業です。品質の高いサービスを提供しているため、転職には高いスキルが求められます。この記事ではフロンティア・マネジメントの転職難易度や激務の実態について解説します。

記事の目次

  1. 1.フロンティア・マネジメントの中途採用情報を紹介!職種は4つ
  2. 2.フロンティア・マネジメントの転職難易度は高い。理由は求めるスキル
  3. 3.フロンティア・マネジメントの新卒採用情報!職種や選考プロセスとは
  4. 4.フロンティア・マネジメントの選考フローは5STEP
  5. 5.フロンティア・マネジメントの面接を突破するには過去の質問例を参考しよう
  6. 6.フロンティア・マネジメントはプロジェクトによっては激務
  7. 7.フロンティア・マネジメントの平均年収は1233万円。転職では前職の給与を考慮し年収が決まる
  8. 8.フロンティア・マネジメントの評判まとめ
  9. 9.フロンティア・マネジメントの事業内容は様々なサービスを組み合わせた事業再生コンサルティングを提供
  10. 10.フロンティア・マネジメントの転職難易度は高い。企業を分析し選考に臨もう

フロンティア・マネジメントの中途採用情報を紹介!職種は4つ

フロンティア・マネジメント株式会社は、経営コンサルティングやM&Aアドバイザリーなどの企業支援をワンストップで手掛けるコンサルタント会社です。
同社では現在、4つの職種で中途採用を募集しています。
 

募集職種 ・経営コンサルタント
・M&Aアドバイザリー
・事業再生コンサルタント
・経営執行支援
応募資格 該当の業務経験がある人で、以下の領域における実務経験がある人、もしくは興味のある人

【業務経験】
・公認会計士
・米国公認会計士
・税理士
・M&Aアドバイザー
・証券アナリスト
・コンサルタント
・弁護士

【実務経験】
・M&Aアドバイザリー業務
・デュー・ディリジェンス業務
・ターンアラウンド業務
勤務地 東京
(ただし、プロジェクトベースでの地方勤務あり)
給与 応相談
休日 ・完全週休2日制
・有給
・年末年始(原則として12月19日~1月3日)
休暇 ・年次有給休暇
・アニバーサリー休暇
・リフレッシュ休暇
・傷病休暇
・慶弔休暇(結婚休暇、配偶者の出産休暇等)
・出産・育児・介護休暇
福利厚生 ・各種社会保険加入(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
・慶弔見舞金
・総合福祉団体定期保険
・選択制確定拠出年金
・福利厚生サービス提供会社が提携するホテル、スポーツクラブ等の割引利用等

4つの職種とも勤務地は東京のみで、プロジェクトにより地方勤務ありとなっています。
休日・休暇や福利厚生について特殊な制度はなく、ごく一般的なものと言えるでしょう。

参考:フロンティア・マネジメント 公式採用ページ

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

フロンティア・マネジメントの転職難易度は高い。理由は求めるスキル

フロンティア・マネジメントの転職難易度は非常に高いです。
理由として、高品質のサービスを提供するため高いスキルが求められていることが挙げられます。

同社は経営支援やM&Aアドバイザリーをしており、働くためには各分野の高度な専門知識やノウハウが求められます。
実際に転職に成功した人たちの前職を見ると、デロイトトーマツやPwCなど「BIG4」と呼ばれるコンサルファームや、あずさ監査法人などの大手監査法人、三菱UFJ銀行などのメガバンクの出身者が多いのが特徴です。

また、フロンティア・マネジメントで働く人の学歴は基本的に大学卒や大学院卒となっており、国立大学や慶應・早稲田などの有名私立大学の出身者が多いようです。
海外大学の出身者も多数在籍しています。

フロンティア・マネジメントの新卒採用情報!職種や選考プロセスとは

フロンティア・マネジメントでは新卒採用も実施しています。
募集要項は次の通りです。
 

募集職種 ・経営コンサルタント
・M&Aアドバイザリー
・事業再生コンサルタント
配属部署 ・コーポレート戦略部門
・マネジメント・コンサルティング部門
・ファイナンシャル・アドバイザリー部門
採用方法 総合職採用
採用プロセス ・書類選考
・SPI試験
・面談等
勤務地 東京
(ただし、プロジェクトベースでの地方勤務あり)
給与 月給 366,667円
※固定時間外手当(45時間分)96,000円含む
昇給 年1回
業績賞与 年1回
※通常、月給(固定時間外手当を含む金額)の3.6ヶ月分相当の支給を予定している。
ただし、初回賞与は在籍期間を考慮し月給の2.7ヶ月分相当の支給を予定している。
休日 ・完全週休2日制
・有給
・年末年始(原則として12月29日~1月3日)
休暇 ・年次有給休暇
・アニバーサリー休暇
・リフレッシュ休暇
・傷病休暇
・慶弔休暇(結婚休暇、配偶者の出産休暇等)
・出産・育児・介護休暇
福利厚生 ・各種社会保険加入(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
・慶弔見舞金
・総合福祉団体定期保険
・選択制確定拠出年金
・福利厚生サービス提供会社が提携するホテル、スポーツクラブ等の割引利用等
キャリアパス ・本人の希望と適性を鑑みて配属部署を決定する
・その後は部署間異動や部門間協業により、多様なトップクラスのプロフェッショナル人材と一緒に仕事をする機会が得られる

新卒採用は総合職での採用となり、基本的に部署や職種は選べません。
初任給は約36.6万円となっていますが、固定残業代(45時間)を除くと約27万円です。
厚生労働省の統計調査によると、令和元年の大卒初任給の平均は約21万円となっており、平均より高い水準と言えます。

参考:フロンティア・マネジメント 公式採用ページ

フロンティア・マネジメントの選考フローは5STEP

フロンティア・マネジメントの選考フローは次の通りです。
状況により変更されることもあるため、一例として参考にしてみて下さい。

エントリー・書類選考

  • 履歴書、職務経歴書、応募動機、希望職種をメールで人事担当に送付します。
    書式は自由で、秘密厳守、書類不返となっています。

一次面接

  • 面接官:人事担当者
  • 質問内容:志望動機や今後のキャリアプランなど

二次面接

  • 面接官:人事部長や担当部門役員
  • 質問内容:志望動機や今後のキャリアプランなど

最終面接

  • 面接官:社長
  • 質問内容:志望動機や今後のキャリアプラン、ストレス耐性に関する事項

内定

  • 雇用条件などが提示されます

フロンティア・マネジメントの面接は、1対1、もしくは1対複数で行われます。
面接は原則2~3回行われ、1回あたり30分~1時間程度です。

フロンティア・マネジメントの面接を突破するには過去の質問例を参考しよう

フロンティア・マネジメントの面接では、志望動機や今後のキャリアプランなど一般的なことを質問される傾向があります。
「前職での成功体験」「志望動機」「今後のキャリアプラン」など基本的な事項は聞かれる可能性が高いので、簡潔に答えられるよう準備しておきましょう。

また、「大変な業務を完遂できるか」「ストレス発散方法はあるか」などストレス耐性に関する質問をされることもあるようです。
ストレスに弱いと思われると不利になるため、ストレス耐性に関する具体的なエピソードも含めて答えられるようにしておくと良いでしょう。
既婚者の場合には「家族の理解は得られるか」といった質問をされた人もいます。

最終面接では、面接時間の半分ほどが逆質問に費やされるケースもあります。
逆質問とは、面接官から「何か聞いておきたいことはありますか」と聞かれることです。
この質問には、単純に疑問を解消するという目的の他に、応募者が何を気にしているのか、志望度がどれほどなのかを確認する目的もあります。
質問が何も出ないとマイナスの印象を与えることもあるため、事前に2~3個準備しておくのがおすすめです。

選考フロー全体に関して特殊な点はなく、面接も終始和やかな雰囲気で行われるようです。
基本的な選考対策をして、自分らしさを発揮することが内定への近道と言えます。

フロンティア・マネジメントはプロジェクトによっては激務

フロンティア・マネジメントでの勤務は、プロジェクトによっては激務になるようです。
激務かどうかは、残業時間や有休消化率が1つの目安になります。
口コミサイトで社員や元社員から寄せられた情報によると、同社の残業時間は月65.8時間、有休消化率は47.0%でした。
業界平均は残業時間が月43.7時間、有休消化率が59.5%のため、いずれも平均よりやや厳しい環境であると言えます。
特に若手や中堅の社員においては、実際に手を動かす仕事が多いため、長時間労働になりやすい傾向にあるようです。

一方で、近年は働き方改革が進んでいるとの情報もありました。
管理職がしっかりと残業時間の管理などを行うようになった結果、メリハリをつけた働き方が浸透し、土日などはしっかり休めているようです。
プロジェクトによっては迅速な対応を求められ激務になることもありますが、一段落したところで有給を取得する人もいます。

フロンティア・マネジメントの平均年収は1233万円。転職では前職の給与を考慮し年収が決まる

フロンティア・マネジメントの給与水準は、コンサル業界の中でも高い水準と言えます。
有価証券報告書(2021年12月期)によると、従業員の平均年間給与は1,233万円でした。
社員や元社員は口を揃えて「他社に比べて良いと思う」と評価しています。

中途採用者の年収については、前職の給与を考慮して決まります。
入社時の給与が低い場合は、年1回の人事評価で少しずつ上げていくことが必要です。
そのため、人事評価や昇給の面では不満の声も散見されました。
採用時の年収が発射台となるため、入社後にどれだけ頑張ってもスタート時の年収が高い人には追い付けないという内容です。
その結果、「どうして自分の年収はこれだけで、あの人の方が高いのか」といった不満につながり、転職していく人もいるとのことでした。

フロンティア・マネジメントの評判まとめ

ここからは、フロンティア・マネジメントの評判について見てみましょう。
組織体制としては代表2名の権限が強く、オーナー企業に近い感覚との投稿が多く見られました。
また、若手・中堅層とシニア層との間で働き方や待遇に差があり、一部の社員は不満を感じているようです。
ただ、労働環境としては働き方改革が進み、残業の削減や休暇取得も浸透していると言えます。
案件に対する個人の裁量も大きいため、うまく調整できる人にとってはかなり働きやすい環境でしょう。
 

フロンティア・マネジメントの組織体制や特徴の評判とは

男性

男性

コンサル会社なだけあり優秀な社員が多く揃っていたと思う。
特に創業者二人のカリスマ性は高く、それに続くマネージャー勢にも能力の高い人員が多くいた。
案件が豊富なので、求めれば仕事を与えてもらえる環境にあり、経験を積むには適した会社

男性

男性

若手・中堅に過酷な労働を強いる一方で、シニアにとても甘い企業です。
若手・中堅が体を酷使してどれほど成果を出しても年収の増加は微々たるもの。
一方、精力的に業務もせず、全く数字を上げないマネージングディレクターやシニアアドバイザーに対しては、安泰に地位・高年収が維持されています。

フロンティア・マネジメントの働き方や環境の評判とは

男性

男性

業務においては個人に権限を与えていて、責任の範囲も大きいため、プレッシャーから時間でカバーすることはあった。
器用にこなす人は早く帰る傾向。
ただ、ここ2~3年は働き方も変わってきて、残業するほど頑張っているという捉え方はかなり減っていると思う。
より集中して限られた業務時間の中で濃い仕事をすることが求められる。

女性

女性

繁忙期は人それぞれ請負っている案件によって変わってきます。
いかに効率よく案件をこなしていくかが重要だと思います。
ある意味、自分の案件であれば調整ができるので自分のやり方次第では長期連休も取れます。
私は独身でしたのでバリバリ働いていましたが、残業は調整できるにしても基本は女性もフルタイムなのでお子様がいる方は難しいかもしれません。

フロンティア・マネジメントの事業内容は様々なサービスを組み合わせた事業再生コンサルティングを提供

フロンティア・マネジメントは、様々なサービスを組み合わせて企業の課題を解決するコンサルティング会社です。
主なサービスには次のようなものがあります。
 

経営コンサルティング

  • 経営戦略(会社戦略・事業戦略など)の立案、中期経営計画の策定から実行支援、M&Aで実施される事業デュー・ディリジェンスなどのサービスを提供しています。

M&Aアドバイザリー・事業継承

  • M&A戦略の立案から対象企業の選定、企業価値の算定、クロージングまで業務全般をサポート。また、事業継承を目的としたM&Aニーズにも対応しています。

経営執行支援

  • 経営の高度化、事業継承の増加などを背景に、経営執行の機会が多様化しています。これらの課題に対し、CEOやCFOを含むマネジメントチームを派遣し、常駐型の経営執行支援を行っています。

事業再生

  • 事業再生計画の策定から実行支援、金融機関との利害調整、経営改革のための経営参画、各種再生手続き上の支援までトータルにサポートします。

ポストM&A(PMI)

  • 禁煙、M&A後の統合(PMI)の重要性が高まっています。M&Aの成功と企業価値向上に貢献するため、PMIの計画策定から実行支援、組織の構築などを支援します。

海外事業(進出)・クロスボーダーM&A

  • 海外への事業展開と海外進出を支援するために、課題の導出から戦略遂行まで、多様なニーズに対応。同社のネットワークを活かし、クロスボーダーM&Aも支援します。

ガバナンス・リスク・コンプライアンス

  • 企業を取り巻くさまざまな危機に対し、対応から予防・再発防止まで一貫してサポートします。

参考:フロンティア・マネジメント株式会社 ホームページ

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

フロンティア・マネジメントの転職難易度は高い。企業を分析し選考に臨もう

フロンティア・マネジメントは、経営コンサルティングやM&Aアドバイザリーなどのサービスを柔軟に組み合わせ、企業の課題解決に貢献するコンサルタント会社です。
安定した業績と、業界内でも高い給与水準で転職先として人気のある企業と言えます。
業務には高度な専門知識やコンサルティングのノウハウが必要なため、転職の難易度は非常に高いのが特徴です。
実際に転職に成功した人たちの中には、BIG4と呼ばれるコンサルファームや大手監査法人、メガバンクなどの出身者が多くいます。
口コミ評判では、「前職の給与を考慮して年収が決まる」「スタートが低いと大幅な昇給は難しい」などの投稿もありました。
そのため、採用面接でいかにスキルをアピールできるかが非常に重要だと言えます。
転職先として同社を検討している人は、自分の強みとなる経歴を整理したうえで、しっかりと企業分析をして選考に臨みましょう。

転職メディア「インテリゴリラ」では、コンサルティングファームをはじめとした難関企業への転職を目指す方に向けて、選考体験記を提供しています。
実際に内定を獲得した方に独自インタビューを行い、面接の質問内容や本人の回答、これから応募する人へのアドバイスなどをまとめているのが特徴です。
ここでしか得られない完全非公開の情報になっていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
m_uchi
ライター

m_uchi

関連記事

目次

人気記事ランキング