「辛辣」の意味や正しい使い方は?類語や対義語などを例文を用いて解説!

「辛辣」の意味や正しい使い方は?類語や対義語などを例文を用いて解説!

クレームなどを描写するときに使う言葉が「辛辣」です。漢字からなんとなくの意味は想像できても、実は正しい意味を把握していない人が多いのがこの「辛辣」という言葉。ここではそんな「辛辣」について、意味や類語、対義語に加えて英語表現も例文を含めてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.辛辣の意味・語源
  2. 2.辛辣の使い方・例文
  3. 3.辛辣の類語
  4. 4.辛辣の英語表現
  5. 5.辛辣の対義語
  6. 6.転職したい人必見!おすすめの転職サイト
  7. 7.辛辣は言動・性格・商品などを厳しく批判したい時に使う言葉

辛辣の意味・語源

フリー写真素材ぱくたそ

「部長に辛辣な意見を言われた。」などと使う「辛辣」という言葉ですが、正しい意味が説明できるでしょうか。

使われている漢字の意味から想像するとネガティブな意味を持っていそうですが、実は「辛辣」にはそのような意味はありません。ここからは誤解している人も多い「辛辣」について、正しい意味を解説します。

辛辣の意味は2つ

「辛辣」という言葉には2つの意味があります。まず1つ目の意味は「言葉や表現がたいへん厳しい様子」です。これが「辛辣」といった時に一般的に当てはまる意味合いです。
気を付けておきたいのが、「辛辣」は伝えたいことをストレートに表現するという意味があるだけで、そこに悪意はありません。

ですから、最初に触れたように「部長からの辛辣な意見」というのは、ストレートで手厳しい意見という意味であって、部長からの悪意はないのです。
そして「辛辣」の2つ目の意味は「味がたいへん辛いこと」です。こちらの意味で使われることは珍しいですが、ラー油を漢字で書くと「辣油」となり、同じ「辣」という漢字を使っているように、ピリッと辛い時に使うこともできます。

毒舌とは別の言葉

「辛辣」の使い方で気を付けたいのが、よく意味が似ている「毒舌」との違いです。「辛辣」は、意見をオブラートに包まず容赦なく表現することで、手厳しいですが感情的に悪意はなく、むしろ相手のことを考えて「辛辣」な意見を述べることさえあります。
それに対し、「毒舌」というのは「毒」という漢字が意味するように「ネガティブな感情を込めて意地悪な表現すること」を意味します。

また、「辛辣」は「辛辣」な言葉、「辛辣」な態度のように言葉だけでなく態度に対しても使えますが、「毒舌」には「舌」が入っているように言葉にしか使うことができない点も違いとして挙げられます。

辛辣の語源は中国語

「辛辣」の語源は中国語にあります。中国語にも日本語同じように書く「辛辣」という言葉があり、意味も日本語同じく「厳しい意見、味が辛い」という意味になります。

ちなみに「辛辣」のそれぞれの漢字の意味ですが、「辛」の意味が「厳しい、味が辛い」、そして「辣」の意味も「厳しい、味が辛い」となり、同じ意味の漢字を重複して使うことで、その程度が激しいということを強調しています。

「普遍的」の意味や正しい使い方は?類語や例文なども詳しく解説!のイメージ
「普遍的」の意味や正しい使い方は?類語や例文なども詳しく解説!
皆さんがよく耳にする「普遍的」という言葉。その意味や使い方を正確に理解していますか? 「全てのことに共通していること」「広く行き渡る様」等と定義されていますが、これだけでは理解しづらいです。 本記事では「普遍的」の意味や例文、類語、対義語について解説します。

辛辣の使い方・例文

Photo byFree-Photos

「辛辣」の意味が分かっても、その正しい使い方が分からなければ実際の場面で的確に運用することはできません。ここからは「辛辣」の2つの意味について、それぞれの使い方と例文をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてください。

言葉・表現が厳しいことへの使い方・例文

「辛辣」を「言葉や表現が厳しい」という意味で使う場合には、文末を「辛辣だ」や「辛辣です」という形で終わるという使い方ができます。

また、「辛辣」を形容動詞として使い、名詞を修飾するという使い方もできます。その場合は「辛辣な意見」「辛辣な態度」「辛辣な批評」などといった使い方があります。
例文を挙げると「上司に報告書を提出したら辛辣な批評が返ってきた。次は褒めてもらえるように批評の内容をしっかりと見直したい。」となります。

味が極めて辛いことへ使い方・例文

「辛辣」を「味が極めて辛い」という意味で使う場合も、「言葉や表現が厳しい」という場合と同じく、文末に使用することもできますし、「辛辣な」と何かを修飾する形で使用することもできます。

例文を挙げると「新しく出来たラーメン屋は本場の唐辛子をたっぷり使っているらしく、その辛辣な味で大人気だ。」となります。

「寂寥感」の意味や正しい使い方は?類語についても詳しく解説!のイメージ
「寂寥感」の意味や正しい使い方は?類語についても詳しく解説!
「寂寥感」の意味をご存知でしょうか。何となく耳にしたことがあったり、本を読んでいて遭遇したことはあるけど、正しい意味は理解していない方も多いのではないでしょうか。こちらの記事にて「寂寥感」の意味を解説していきます。理解を深め、正しい使い方をマスターしましょう。

辛辣の類語

Photo byFree-Photos

語彙力はいくら高くても邪魔になるものではありません。そしてそんな語彙力を身に付ける方法としておすすめなのが類語です。今回のように「辛辣」の意味を確認する際には、併せて「辛辣」の類語も覚えてしまうと語彙力を無理なく伸ばすことができます。

痛烈の意味

「辛辣」の類語としてまず挙げられるのが「痛烈」です。読み方は「つうれつ」で、意味は「非常に激しく攻める様子」となります。

「辛辣」はどちらかと言えば冷静に対応しているという印象ですが、「痛烈」となるとやや感情的なニュアンスが加わります。例文は「せっかく努力して作り上げた作品を痛烈に批判され、ここ数日落ち込んでいる」です。

苛辣の意味

「苛辣」も「辛辣」の類語としてぜひ覚えておきたい言葉です。読み方は「からつ」で、意味は「状況や批判などが非常に厳しい様子」となります。例文は「彼女は性格が苛辣なのでどうも近寄りがたい。」や「苛辣な労働環境でもめげずに努力を続ける。」となります。

峻険の意味

「辛辣」の類語には「峻険」という言葉もあります。読み方は「しゅんけん」です。山編の漢字が使われていることからも分かるように、「山などが高くて険しい」という意味のほかに、「態度などが厳しい様子」という意味もあります。

例文を挙げると「特に心当たりがないのに、同僚からいきなり峻険な態度を取られて戸惑っている。」となります。

酷評の意味

比較的よく使われる類語には「酷評」もあります。「こくひょう」と読み、意味は「非常が手厳しい様子」となります。新しい本が出た時に新聞などに批評が掲載されますが、その際に厳しい評価が下されるのが「酷評」の例です。

例文を挙げると「好きな映画監督の最新作を楽しみにしていたのに、レビューサイトで酷評されていたので見に行く気が失せてしまった。」です。

冷厳の意味

最後にご紹介する「辛辣」の類語は「冷厳」です。読み方は「れいげん」で、意味は「落ち着いていて厳格な様子」となります。例えば、裁判官は常に冷厳な態度を取る職業の好例と言えるでしょう。

例文を挙げると「部長は会社では常に冷厳な態度なので話しかける時には緊張するが、仕事以外ではとても気さくな人だと聞いて驚いた。」となります。

「懐疑的」の意味や正しい使い方は?類語や英語表現についても詳しく解説!のイメージ
「懐疑的」の意味や正しい使い方は?類語や英語表現についても詳しく解説!
「懐疑的」の意味はご存知でしょうか。耳にしたことはあるけど、正しい使い方や類語については理解していないのではないでしょうか。こちらの記事では「懐疑的」の意味、類語、使い方を例文等を通じて説明します。英語についても説明しますので、これを機にしっかり学びましょう。

辛辣の英語表現

Photo byderwiki

国際化がますます進んでいる現代社会。ビジネスの場面でも日常の場面でも英語に触れる機会が増えてきています。一気に英語を覚えようとすると大変ですが、新しい語彙を覚える時にはその英語表現も併せて覚えていくと、いつの間にか英語の語彙が増えているのでおすすめです。

類似の英単語

「辛辣」という意味を表す英単語はいくつかあります。まず1つ目の「言葉や表現が厳しい」という意味で使われる英単語には「harsh」や「incisive」、「bitter」といった単語がありますが、一番よく使われるのが「harsh」です。

そして2つ目の「味が極めて辛い」という意味でよく使われる英単語には「spicy」「hot」があります。さらに「極めて」という意味をより強く言い表したい場合には「very」を付けて「very spicy」や「very hot」とすることもよくあります。

類似の英単語の例文

それぞれの例文をご紹介しましょう。まずは「harsh」を使った例文は「She was scolded with harsh words.」で、日本語の意味は「彼女は辛辣な言葉で叱られた。」となります。

味が辛いという「spicy」を使った例文は「This dish is too spicy to eat for me.」で、「この料理は辛すぎて食べられない。」という意味になります。

「レギュレーション」の意味や正しい使い方は?類語や対義語について解説!のイメージ
「レギュレーション」の意味や正しい使い方は?類語や対義語について解説!
カタカナ語はビジネスの場面でもよく使いますが、実は意味や使い方が曖昧なまま使っていることも多いのが現状です。今回ご紹介する「レギュレーション」もその一つで、業界によって意味が異なるのが特徴です。そんな「レギュレーション」について例文も含めてご紹介します。
「ニュアンス」の意味や正しい使い方は?類語や対義語についても詳しく解説!のイメージ
「ニュアンス」の意味や正しい使い方は?類語や対義語についても詳しく解説!
「ニュアンス」と聞くとなんとなく意味のイメージはつきますが、しっかりとした意味を理解しないまま使っていることはありませんか。今回はよく耳にするけど曖昧な理解の「ニュアンス」について、意味や類語、英語表現や使い方も併せてご紹介していきます。

辛辣の対義語

Photo bySztrapacska74

「辛辣」の類語、英語表現が確認できたら、あと押さえておきたいのが対義語です。例えば、発言が少し「辛辣」すぎると感じる人に注意したい場合など、「辛辣」の対義語を知っておくことで話がスムーズに進む場面も多くあります。

温和

「辛辣」の対義語としてまず挙げられるのが「温和」です。読み方は「おんわ」で、「性質が穏やかなさま、角が立たない様子」を意味します。

ちなみにこの2つの意味で使う際には「穏和」という漢字を使うこともできます。例文は「彼女は温和な性格のため、いつも多くの友人に囲まれている。」です。

柔和

「柔和」も「辛辣」の対義語として使うことができます。読み方は「にゅうわ」で、意味は「態度などがものやわらかな様子」となります。例文は「緊張していたが、面接官が柔和な様子で接してくれたので言いたかったことはすべて伝えることができた。」となります。

調和

「調和」も「辛辣」の対義語です。読み方は「ちょうわ」で、意味は「釣り合いが取れ、まとまっていること」となります。例文は「会社で上手くやっていくには、率直な意見を述べることも大切だが、周りとの調和も意識しなければならない。」です。

優しい

「辛辣」の対義語として「優しい」という言葉も使うことができます。読み方は「やさしい」で、「辛辣」の対義語として使う時の意味は「思いやりがあり、しとやかである様子」となります。例文は「落ち込んでいる時に優しい言葉を掛けられ、思わず泣いてしまった。」です。

物腰柔らか

「辛辣」の対義語として最後にご紹介するのは「物腰柔らか」です。読みは「ものごしやわらか」で、「言動が落ち着いており、安心できる様子」というのが意味合いです。例文は「どんなクレームにも物腰柔らかに対応できる上司を尊敬する。」です。

「語彙力」の意味と正しい使い方は?類語や英語表現などを解説!のイメージ
「語彙力」の意味と正しい使い方は?類語や英語表現などを解説!
ビジネスシーンだけでなく、人と円滑なコミュニケーションを取るために欠かせない「語彙力」。そんな「語彙力」ですが、いったいどのような意味、能力のことを指すのでしょうか。ここでは「語彙力」の意味や「語彙力」を高める方法、英語での表現方法などを解説します。

転職したい人必見!おすすめの転職サイト

圧倒的高品質な選考情報サイト

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

企業一覧 | インテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にも日本M&Aセンター/M&Aキャピタルパートナーズ/マッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【日本M&Aセンター・M&Aキャピタルパートナーズなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、最難関企業の特別選考のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

辛辣は言動・性格・商品などを厳しく批判したい時に使う言葉

Photo byStartupStockPhotos

漢字だけを見るとネガティブな印象を持ってしまいがちな「辛辣」という言葉。正しい意味を理解すると、「辛辣」な意見を受けた場合には真摯な姿勢が求められることが分かります。
これを機に「辛辣」の意味や類語、対義語などをしっかり把握し、適切に使えるようにしましょう。

Takako
ライター

Takako

大学卒業後、東南アジアで働いた後ワーホリでカナダへ。その後ワークビザへ切り替え、移民。海外在住の日本人児童の国語指導(国語の教員免許所持)、日本語講師、翻訳家、ライターとして活躍中。バイリンガル子育て中。

関連記事

目次

人気記事ランキング