【2021年版】日本オラクルへの転職の方法は?安定した業績や選考対策について解説!

【2021年版】日本オラクルへの転職の方法は?安定した業績や選考対策について解説!

日本オラクルは【世界最高クラスの技術力】を有していることから転職市場で人気の企業になっています。そのため、競争倍率が高まっており、転職難易度が非常に高くなっています。
本記事では、日本オラクルの中途採用の押さえておくべきポイントについて解説します。

記事の目次

  1. 1.日本オラクルへの転職は難しい!
  2. 2.日本オラクルの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.日本オラクルの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.日本オラクルの転職の選考フローや面接傾向は?
  5. 5.日本オラクルへの転職の面接対策方法とは?
  6. 6.日本オラクルに転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.日本オラクルへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

日本オラクルへの転職は難しい!

Photo byFree-Photos

【日本オラクル】への転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【安定した業績】【世界最高クラスの技術力】という理由で転職難易度が高くなってきています

日本オラクルの2020年度の業績は、売上高1,496億円(前年対比+8億円)、営業利益497億円(前年対比+34億円)、純利益344億円(前年対比+24億円)と、増収増益となっています。
2020年度はコロナウイルス感染症の影響で企業の設備投資を控える中、IT関連は各企業のテレワーク推進によるセキュリティ強化、などに伴い投資額が伸長しており、大企業を中心にネットワーク経由でシステムを利用するクラウドサービスの採用が増えています。そうしたことを背景に、クラウドサービスを提供する日本オラクルは順調に売上高が推移したと言えます。
また、新型コロナウイルス感染症対策として日本オラクルでは社員の大半が在宅勤務になっており、オフィスの光熱費や通勤費、出張費が減り、それらが増益に貢献しています。

他方、日本オラクルは世界でも唯一、プラットフォームからアプリケーションまで、クラウドソリューションを提供できることを強みとしています。全業務領域を網羅するアプリケーション製品と世界最高峰のデータベース、ミドルウェア製品を全てクラウドで提供しており、ユーザーはアジア全域で80,000社以上になっています。
そして、その技術力を活かして現在日本オラクルでは「データ・ドリブンな会社への変革」を支援するために、クラウドを中心にソリューションを展開しています
直近では、IaaS、PaaS、SaaSの豊富なクラウド・サービスを提供するリージョンを東京・大阪に設立しました。これらにより災害復旧能力をさらに強化しており、顧客サービスの向上に注力しています。

2021年の日本オラクルの動向やコロナの影響・課題やリスク

コロナウイルス感染症の拡大によりテレワークの推進など、働き方・オフィスのあり方が変容しました。その結果、セキュリティ強化やオンラインツールの活用が必要となり、情報サービス産業は全体として底堅く推移しています
そうした状況下、日本オラクルも増収増益を達成しています。

2021年度は社員・顧客企業をはじめとするあらゆるステークホルダーの安全と健康を守り、安定的に事業運営を継続していくとしています。
ただ、顧客企業の経営状況の悪化によるIT投資の抑制および先送りによる新規案件の減少および既存案件の規模縮小ならびに顧客の代金遅延によるキャッシュフローの悪化などのリスクが想定されるとしています。

【安定した業績】【世界最高クラスの技術力】を理由に日本オラクルは中途市場において人気の企業になっています
そのため、競争倍率が高く、転職難易度が高くなっています。

もし日本オラクルのような転職難易度の高い企業への内定を目指すなら、有益な情報を的確に収集するのが大切です。そこで、インテリゴリラの利用がおすすめです。

日本オラクル等の難関企業の転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

日本オラクルの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

Photo byStartupStockPhotos

日本オラクルは米国オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立しました。
米国オラクル・コーポレーションは世界トップクラスのソフトウェアカンパニーとして、世界145カ国、42万社以上の顧客に製品・サービスを提供しています。日本オラクルは日本法人として日本国内をビジネス対象としています。

なお、日本オラクルは日本国内においてクラウドコンピューティングを含むITシステムの構築・運用に利用されるデータベース、ミドルウェア、アプリケーション等のソフトウェア、サーバー、ストレージネットワーク機器等のハードウェアの販売と、これらの製品をインターネットなどのネットワークを通じて提供するクラウドサービス、製品の導入や利用を支援する各種サービスの提供を行っています。

会社概要

社名 日本オラクル株式会社
設立 1985年10月15日
代表取締役 内海 寛子
資本金 24,957百万円
従業員数 22,280人(2020年5月現在)
事業内容 企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェア、クラウドサービスならびにそれらの利用を支援する各種サービスの提供
売上高 1,496億円
上場市場 東京証券取引所 市場第一部

日本オラクルの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

Photo byFree-Photos

日本オラクルは求める人材像として「日本オラクルで幸せになれる人」を掲げています。
応募者一人ひとりスキル・転職目的・価値観が異なり、それらの思いに日本オラクルが応えられるかということを重視しているといいます。
日本オラクルは自由な社風が根付いており、その中で自由に仕事をして活躍できるか、そしてその人が幸せになれるかを見極めているようです。

他方、「Initiative」、「Accountability」、「Teamwork」、「Continuous Learning」、「Transfer」を持ち合わせた人を日本オラクルは求めています
それぞれの定義は以下の表の通りです。これらのコンピテンシーを持ち合わせていることを面接でアピールできるよう、自己理解・キャリアの棚卸しを行なっておきましょう。
 

各コンピテンシー 定義
nitiative 常に自らやるべき仕事を見つけ、方法を模索して実行に移していく行動
Accountability 粘り強く自分のやるべきことを最後までやる遂げる責任感を持った行動
Teamwork 目標を達成するために様々な人に積極的な協力をする
Continuous Learning 常に新しいことを学び吸収しながら自分の能力を高めていく努力
Transfer 自分が得た情報や知識を周囲に率先して伝達し、共有することによって全パリューを向上させる

日本オラクルの転職の選考フローや面接傾向は?

Photo byFree-Photos

日本オラクルの転職の選考フローは書類選考と3回程度の面接で構成されています。

面接では、外資系企業ならではの雰囲気に人間性がマッチするか確認されるようです。
加えて、即戦力になりうる経験やスキルがあるか、見極められます。
詳しくは以下で確認をしていきましょう。

日本オラクルの転職の選考フロー

日本オラクルの転職の選考フローは書類選考と3回程度の面接で構成されています
1次面接は人事部の採用担当が基本的には担当し、2次面接はマネージャー、3次面接は役員が担当するようです。

和やかな雰囲気で面接が進むため、受け答えがしやすいとのことです。

日本オラクルの転職の面接傾向

日本オラクルの面接では、「外資系企業ならではの雰囲気・社風にフィットするか」を確認されます
例えば、「5年後どんな人間になっていたいか?」、「これまで成功した経験は?」など、人間性に対する質問が多いようです。人間性が社風にマッチしていることが内定を獲得する第一ステップだと言えるでしょう。

加えて、即戦力になりうる経験・スキルがあるかを見極められます。そのため、成長意欲よりも「今、オラクルに入社して何ができるか」をアピールするのがいいです。
そこで、まずはオラクルで生かせる経験・スキルを棚卸ししておくのが重要でしょう。

日本オラクルへの転職の面接対策方法とは?

Photo byFree-Photos

日本オラクルへの転職の対策方法としては、下記4つを把握しておくことが挙げられます。

日本オラクルに限らず、企業は採用戦略を、経営方針や経営指標、経営戦略などをもとに考案します。その企業がどのような人材を求めているかなどは、経営方針などを確認すれば見えてくるというわけです。

以下では採用戦略のもととなる4つを詳しくご紹介します。

【会社名】への転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

日本オラクルを経営する上での基本方針

日本オラクルは「ITの新しい価値を創造し、お客様の成功と社会の発展に貢献する」ことを基本理念として掲げています。

ITの役割は業務効率化、コスト削減などのツールから、企業のプロセスやビジネスの変革を支える経営基盤へと進化し、その利用形態も革新し続けています。
そうした中、日本オラクルはテクノロジー・カンパニーとしてクラウドソリューションをはじめとする最先端のデジタル技術を提供することにより、顧客の競争力強化、業績向上、社会の利便性向上、発展に貢献していくことを基本方針としています。

日本オラクルの目標に設定する経営指標

日本オラクルは売上高、営業利益および1株あたり当期純利益(EPS)の増加により、継続的な企業価値向上と株主への利益還元を実現していくことを目指しています。

なお、2020年度の日本オラクルの売上高は1,496億円、営業利益は497億円、1株あたり当期純利益(EPS)は372.52円となっています。

日本オラクルの中長期的な会社の経営戦略

日本オラクルはデータ・ドリプンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスの提供をさらに加速させるために「カスタマー・フォーカス」を掲げ、「ERPクラウドアップグレード」、「大型案件の獲得」、「クラウドデータ利用量の増大」に一層注力していくとしています

また、企業が取り扱う爆発的な情報量の増大、過酷なワークロードに対してセキュアな環境下でパフォーマンスを発揮する「OCT」を基盤とするテクノロジーサービスの価値訴求にも注力していくしています。

日本オラクルの対処すべき課題

日本オラクルは対処すべき最重要課題として、コロナウイルス感染症の対策を掲げています
社員および顧客企業をはじめとするあらゆるステークホルダーの安全と健康を守り、安定的な事業運営を継続していくための対策を講じていくとしています。また、速やかなリモートワークへのシフトと顧客企業への安定的なサービスの提供、営業体制の構築を行い、継続して取り組んでいくといいます。

日本オラクルに転職したい方への求人情報

Photo byPexels

日本オラクルは2021年8月現在、100職種以上で中途採用募集を行っています

営業部門の募集が最も多いですが、製品開発などのエンジニア職、カスタマーサポートなど様々な職種で募集が出されています
コロナウイルス感染症が拡大している中でも業績が安定して推移していることから、積極的に採用を行なっていることが推察されます。

採用情報は随時更新されます。最新の情報をキャッチできるよう、随時採用HPなどをチェックしておきましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

特別選考へ挑戦できる

 会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

日本オラクルへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo byFree-Photos

インテリゴリラLINE公式アカウントに相談

日本オラクルは【安定した業績】【世界最高クラスの技術力】ということを理由に、転職市場で高い人気を誇ります。
特に高い技術力は企業としての将来性にも直結するため、それを重視して応募する人は非常に多いようです。

もし日本オラクルのように、人気が高く転職難易度の高い企業への転職を目指すならインテリゴリラの利用がおすすめです。インテリゴリラを利用すれば、日本オラクルに関する有益な転職情報、インテリゴリラでしか把握できない貴重な情報をキャッチできます。

まずは以下のURLよりインテリゴリラをチェックして転職活動の準備を進めましょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
原田大地
ライター

原田大地

人材紹介業を長年扱い、転職支援を数多くしてきました。数年前から人材業界に関するライターとしても活動しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング