【2021年版】シマノへの転職は難しい?コロナの影響・転職難易度まで解説

【2021年版】シマノへの転職は難しい?コロナの影響・転職難易度まで解説

シマノは、数多くの転職希望者がおり実務経験も必須であるため、転職難易度が高い企業です。また、日本国内だけでなく海外でもブランド力を確立させているので、グローバルに活躍しています。そんなシマノへの転職に必要な情報をご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.シマノへの転職は難しい!
  2. 2.シマノの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.シマノの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.シマノの転職の選考フローや面接傾向は?
  5. 5.シマノへの転職の面接対策方法とは?
  6. 6.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  7. 7.シマノへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

シマノへの転職は難しい!

シマノへの転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【数多くの転職希望者がいる】【実務経験が必須である】という理由で転職難易度が高くなってきています。

シマノは、自転車の部品や釣具といった分野で世界でも名が知れ渡っている企業です。
また、現在では東証第一部に上場しているなど、非常に大きな規模で事業を展開してます。
以上のように、シマノは「高いブランド力」と「安定した経営」の2つを持ち合わせていることで数多くの人が転職を希望しており、転職難易度が非常に高くなっているのが現状です。

さらに、シマノの中途採用情報を見てみると、ほとんどの職種で実務経験が必須となっています。
世界でもトップクラスの技術を持つシマノでは、高いレベルでの専門的なスキルが必要になるため、豊富な実務経験がないと転職するのはほぼ不可能です。

また、採用を絞って1人あたりの売り上げを増やそうとしており、高いレベルの専門的なスキルがあるからといって必ず採用されるわけではありません。
一方で、業界が大きくなりつつある現状では、幅広い人を採用しているといった一面もあり、採用基準の要素として人柄なども重要であると言えます。

2021年のシマノの動向やコロナの影響・課題やリスク

2019年から始まった新型コロナウイルス感染拡大以降、蜜を避けたいという理由により、自転車の需要が世界的に高まりました。
よって、自転車の分野で世界的なシェアを持っているシマノは、自転車需要の増加に伴い、最終的な利益は前年と比べて22.5%と非常に高い数値で伸びています

また、有価証券報告書の情報を参考にすると、しまのは新型コロナウイルス感染拡大による自転車需要の増加が今後も続いていくと考えており、2021年の売り上げと最終利益が過去最高を更新するという見通しを示しました。

そのため、新型コロナウイルス感染拡大による自転車需要の増加に対し、どれだけ売り上げを伸ばせるのかが今後のシマノの課題として挙げられます。

シマノは、自転車や釣具といった分野で国内外問わずブランドを確立しているため、入社を希望する人が多い企業です。
そのため、倍率が高く、入社の難易度は高いと言えます。

入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくことが重要です。
面接を通過するポイントやアピールすべき点を知るためには、実際に面接を受けた人からの意見を参考にするのがおすすめです。
インテリゴリラでは、実際に面接を受けた人のリアルな意見を参考にすることができます。

転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

シマノの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

シマノは、創業してから100年以上経つ日本の老舗です。
現在は、3つの事業を中心に世界中で製造拠点、販売拠点を展開しています。
中心事業は、自転車部品、釣具、ロウイング関連用品などの開発・製造・販売で、開発から販売まで一貫して行っているのがシマノの特徴です。

また、製造過程では「精密冷間鍛造」という技術を採用しており、この技術により高い品質と耐久性に優れた商品をリーズナブルな価格で販売することを実現しています。

今後のシマノの課題としては、中国を中心とする新興国市場の取り込みが挙げられます。
自転車や釣具といった分野の先進国マーケットは、すでに成熟しており、今後の大幅な拡大は望めません。
そのため、まだマーケットが成熟していない新興国市場での売り上げを伸ばすことが、今後シマノが成長していく上で非常に重要な点になります。

会社概要

社名 株式会社シマノ
本社住所 〒590-8577
大阪市堺市堺区老松町3丁77番地
創業 1921年2月(大正10年)
設立 1940年1月(昭和15年)
資本金 356億円
上場取引所 東証一部
従業員数 シマノ本社:1,442人
連結:12,244人
(2020年12月31日現在)

【2021年版】豊田合成への転職は難しい!面接傾向・求める人物像まで!のイメージ
【2021年版】豊田合成への転職は難しい!面接傾向・求める人物像まで!
豊田合成は競争率が高いため、転職難易度は高いです。この記事では豊田合成の転職難易度や転職が有利になる人の特徴、転職希望者への求人について解説しています。豊田合成へ転職したい方には必見の内容なのでぜひ最後までご覧ください。

シマノの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

Photo by089photoshootings

シマノの転職で求められる人物像

  • 基本理念を理解し、共感してくれる人

シマノは、「基本理念を理解し、共感してくれる人」を求める人物像として挙げています。
シマノの基本理念を理解するためには、「会社の使命」を知っておくことが重要です。
また、「好奇心」「専門分野」「論理的思考力」の3つを持ち合わせている人も、シマノが求める人物像として挙げられています。

会社の使命

人と自然のふれあいの中で、新しい価値を想像し、健康とよろこびに貢献する。

「肌を掠める風」「路傍に落ちる木洩れ陽」「水面に広がる波紋」のような身近な自然に対して心を躍らせるといった素直な感情を人から引き出せることがシマノ最大の誇りとして挙げられています。

人から素直な感情を引き出すためには「人と自然がもっと身近になり、共に生きる喜びを分かち合えることが大切」と考えており、これからも人の喜びに大きく関わるような製品を作ることを目指して、以上のような会社の使命を掲げています。

好奇心・専門分野・論理的思考力について

  1. 好奇心
    • 楽しいことや未知なことを楽しみながら吸収できる方
  2. 専門分野
    • 一つのことを着実に積み重ね、知見を広めることができる方
  3. 論理的思考力
    • 人の意見や情報を論理的に捉え、人に分かり安く伝えることができる方


 

「こころ躍る製品」を提供し続ける企業であることがシマノのビジョンです。
以上のビジョンを実現するためには、既存の技術や概念にとらわれず、新しい発想で物事に取り組めるメンバーが必要だとシマノは考えています。
また、新しい発想を生み出すだけではなく、しっかりと議論できる論理的思考力も重要です。
以上を参考にすると、好奇心や探究心を持ち、何を実現したいのかを考え、国内・海外問わず周りに働きかけて高い目標にチャレンジできる方が求められていると言えます。

シマノの転職の選考フローや面接傾向は?

フリー写真素材ぱくたそ

自転車業界と釣具業界の中で世界でもトップクラスへのシェア率を誇るシマノへの転職は非常に難関だと言えます。
そのため、面接や選考の準備が大事です。
特に中途採用面接は、新卒採用の場合と違い、これまでのキャリアや持っているスキル、これからのビジョンなどについて詳しく問われます。
シマノの中途採用面接では、どの企業でも問われるような一般的な質問がほとんどですので、しっかりと対策をするようにしましょう。

シマノの転職の選考フロー

シマノの転職の選考フローは、以下のように進みます。
 

Step.1 書類選考
Step.2 英語試験
Step.3 適性検査
Step.4 面接2回

シマノは、海外に数多くの拠点を持つ企業です。
そのため、文系・理系問わず英語を使う機会が多くあり、選考にて英語の試験が行われます

また、適性検査はSPIが行われます。
面接に関しては、担当部署と人事部門の方が担当し、計2回行われるそうです。

シマノの転職の面接傾向

シマノの転職の面接傾向としては、「一般的な内容の質問が多い」ということが言えます。

「転職会議」や「OpenWork」といった企業系口コミサイトの情報を参考にすると、「転職を希望するきっかけや理由」「志望動機」「入社して実現したいこと」「職務経歴や実績」について質問されることが多いそうです。

特に「入社して実現したいこと」については深掘りされる傾向が見られるので、「将来のビジョン」や「シマノに転職しなければならない理由」についてしっかりと考えておくようにしましょう。

また、シマノは「論理的思考力を持った人」を求める人物像としています。
そのため、論理が破綻しないよう、しっかりと道筋を立てて話すようにしましょう
面接の雰囲気に関しては、比較的和やかな環境だそうですので、落ち着いて面接に臨むことが可能です。

【2021年版】三菱重工業への転職は難しい!理由は専門性の高さにあり!のイメージ
【2021年版】三菱重工業への転職は難しい!理由は専門性の高さにあり!
三菱重工業への転職は難しいと評判で、その理由は専門性が求められ、景気の先行きが明るいと言う理由で人気が高いことにあります。社会インフラ、船舶、航空機などの輸送機器、大型ロケットなどの宇宙機器の展開を行う三菱重工業への転職のために突破するノウハウを紹介します。

シマノへの転職の面接対策方法とは?

Photo byFree-Photos

シマノへの転職の対策方法としては、下記の4点をしっかり把握することが大切です。

会社の経営方針や指標、戦略、課題をしっかりと把握しておくことで、「転職を希望するきっかけや理由」「志望動機」「入社して実現したいこと」などの質問に対応できるようになります。

特にシマノは他の一般的な企業と異なり、売上高や営業利益などを客観的な指標としてしか考えていません。
以上のよう会社の利益を追い求めない代わりに、長期的な経営戦略として「シマノのブランド力強化」や「自転車・釣り文化の社会的価値向上」「企業価値の向上」などを掲げています

面接では、以上の経営方針に関する質問も問われますので、下記の4点をしっかりと覚えておきましょう。

シマノへの転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

シマノを経営する上での基本方針

基本理念の「人と自然のふれあいの中で、新しい価値を創造し、健康とよろこびに貢献する。」という使命を果たすことが、シマノの経営する上での基本方針です。
その使命を果たすために、シマノは自転車部品事業と釣具事業で新しく優れた商品を作り続け、顧客の心身の健康に貢献していくことが必要と考えています。

また、経営する上での基本方針として、シマノが特に重点を置いているのが以下の4つです。

  • 顧客からの信頼得て満足できるサービスを提供
  • 企業価値を向上させ開かれた経営
  • 達成感とよろこびを分かち合える、公正でいきいきとした職場づくり
  • 社会の一員として環境を大切にし共に繁栄

シマノの目標に設定する経営指標

シマノは、売り上げと営業利益を客観的な経営指標として採用しています。
2021年3月31日に発表されたシマノの経営指標の状況は以下の通りです。
 

指標 計画
(百万円)
実績
(百万円)
増減
(百万円)
計画比
(百万円)
売上高 370,000 378,040 8,040 2.2
営業利益 77,000 82,701 5,701 7.4

シマノの中長期的な会社の経営戦略

シマノは「価値創造企業」であることを中長期的な経営戦略としています。
また、以下の3点を長期的な経営戦略として事業を展開しています。

  • コア・コンピタンスの強化とマーケットの絞り込み
  • 自転車文化・釣り文化の創造とブランド強化
  • 企業価値の向上
以上の3点を経営戦略の基本方針として、持続可能な事業活動を行っています。

シマノの対処すべき課題

有価証券報告書を参考にすると、シマノが懸念している問題として「新型コロナウイルスの感染拡大」や「米中通商問題による混乱」による影響が挙げられています。
ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から密を避けられる自転車や釣りといったアウトドアレジャーが注目されているため、シマノ製品の需要動向は好調であるのが現状です。

以上のような状況下の中、シマノは「価値創造企業」として一歩一歩、前進していくことが大切だと考えています。
そのため、「技術開発力」「コスト競争力」「コーポレート・ガバナンス」を強化していくことが、今後のシマノが対処すべき課題として挙げられています。

【2021年版】未来工業へ転職できる?ホワイト企業への転職したいなら必見!のイメージ
【2021年版】未来工業へ転職できる?ホワイト企業への転職したいなら必見!
未来工業はホワイト企業として知名度が高く業界トップの人気企業です。転職難易度は非常に高く、「未来工業へ転職するのは難しいかもしれない」と悩む方も多いと思います。この記事では、転職難易度の高い未来工業への転職が有利になる人の特徴や面接の傾向などをご紹介します。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

特別選考へ挑戦できる

 会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

シマノへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

インテリゴリラLINE公式アカウントに相談

シマノは【数多くの転職希望者がいる】【実務経験が必須である】の2つの理由で転職難易度が高いと言えます。

そんな転職難易度が高いシマノへの転職を成功させるためにはしっかりとした対策が必要です。
また、転職の対策として企業の情報収集は最も重要になります。

インテリゴリラの転職の選考体験記では、実際に転職した人から取り寄せたさまざまな企業の実態を数多く掲載しています。
転職を考えている人は、是非、インテリゴリラの転職の選考体験記を参考にしてみてください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
佐藤健太
ライター

佐藤健太

人材系の会社で2年ほど経験し、現在はWebライターとして活動しています。キャリア系などの記事を中心にさまざまなジャンルを執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング