【2021年版】クボタへの転職は難しい!理由は求めるスキルの高さにあり!

【2021年版】クボタへの転職は難しい!理由は求めるスキルの高さにあり!

農業機械で有名なクボタは、世界120か国以上でビジネス展開しているグローバル企業で、経験者採用枠が多い反面、業界内でも人気の企業とあって転職難易度は高いと言えます。クボタへの選考フローや面接内容、求められる人材といった、転職情報をまとめてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.クボタへの転職は難しい!理由は求めるスキルの高さにあり!
  2. 2.クボタの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.クボタの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.クボタの転職の選考フローや面接傾向は?
  5. 5.クボタへの転職の面接対策方法とは?
  6. 6.クボタに転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.クボタへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

クボタへの転職は難しい!理由は求めるスキルの高さにあり!

Photo by pasa47

クボタへの転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【事業の更なるグローバル化】【即戦力採用】という理由で転職難易度が高くなってきています。

農業機械、建設機械で有名なクボタは、国内首位、世界でも3位という世界有数の農業機械メーカーです。日本のみならず、世界中の食料・水・環境問題を解決する為にグローバルに事業を展開しており、世界120か国以上でクボタの製品が取引されています。
現地のニーズに合わせた事業展開で、約17年の間に海外売上費は約30パーセントから約68パーセントへ上昇。グローバル企業として着実に業績を上げています。
近年ではサービスを組み合わせたソリューションの提供も推進していることから、海外で活躍する為のビジネスレベルの英語力が必須なのはもちろん、海外の代理店とのコネクションを持つ人材が求められています。
又、技術職の人材が不足していることから、中途採用者には即戦力となる経験者が必要とされています。だからと言って異業種・異職種異職種からの転職が必ずしも不可能というわけではありませんが、前職での経験や活躍が採用に影響するのは事実です。

2021年のクボタの動向やコロナの影響・課題やリスク

2021年度のクボタは業績、株価共に好調に上がっていくと予想されます。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一時生産が休止していたことでディーラーへの供給が滞ったことから前年度は売上高、利益共に減少しましたが、2021年度は逆に、新型コロナウイルス感染拡大を受けテレワークや巣篭り需要が増えたことが売上高の回復に繋がりました。特に、新型コロナウイルスの影響からの戻りが早かった北米市場が好調で、住宅着工件数も回復していることから農業機械だけでなく小型建機の売り上げも増加しています。

クボタは事業の柱がいくつもあり、仮に1つが傾いたとしても補完し合える点で、とても安定性のある企業です。事業分野が幅広いだけでなく、グローバルな事業展開をしていることから顧客の地域も幅広く、全体で見ると極端に業績が傾いて悪くなるということがありません。
1960年には国産初のトラクタを開発するなど、日本の農業機械化を先駆ける存在として常にトップを走り続けているクボタは業界内でも人気の企業なので、入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくことが大切です。
面接内容に関しては、実際にクボタの採用面接を受けた内定者から情報を得るのが一番。
情報収集には、内定者のリアルな選考体験記が無料で読めるインテリゴリラがおすすめです。

転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

クボタの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

Photo by Edmund Garman

1890年に鋳物の製造・販売からスタートしたクボタは、日本で初めて水道管の国産化や農業の機械化を実現し、日本の発展に貢献してきました。
トラクタや田植え機などの農業機械は国内シェア1位を誇り、クボタを代表する要の商品となっている他、地中に埋まっている水道管の6割がクボタの製品です。小型建機や建築材料、鉄管、産業機械向けディーゼルエンジンの製造も手掛けています。
クボタは農業ソリューション、水環境ソリューション、環境ソリューションという、生活に欠かせない食料・水・環境の領域において事業展開しており、世界中120か国以上に拠点を構えるグローバル企業です。

クボタの会社概要

社名 株式会社クボタ
代表者 代表取締役会長 木股 昌俊
代表取締役社長 北尾 裕一
創業 1890年
資本金 841億円(2020年12月31日現在)
従業員数 41,605名(2020年12月31日現在・連結)
11,356名(2020年12月31日現在・単独)
本社所在地 大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号

転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!のイメージ
転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!
「転職の面接は平均何回行われるの?」「面接回数が変わる理由は何?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では「転職で面接が平均何回行われるのか」「面接回数が増減する理由」「面接で気を付けるポイント」について説明しています。

クボタの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

Photo byAymanejed

クボタの転職で求められる人財像について、クボタの公式HPに掲載されているポイントを参考にまとめました。

クボタが求める人財像

  • クボタの経営理念や事業内容に共感する姿勢を持つ人財
  • 自らの成長を求めてチャレンジし続けられる人財
  • 誠実さと粘り強さを兼ね揃えた人財
  • 多様性を受け入れ、チームワークを尊重する人財

まず第一に、クボタの経営理念や事業内容に共感できなければ、クボタへの転職は難しいと言えます。前職や他社と比較してばかりでは、何の進歩も見られません。クボタの経営理念や事業内容に共感し、前職の良さを今後のクボタに活かす前向きな思考が求められます。
自律的に挑戦し続ける力や、製品作りに欠かせない誠実さや粘り強さの他、「グローバル・メジャー・ブランド」を目指していることもあり、国境や言葉の壁を越えた多様性を尊重し受け入れる力も必要です。
又、クボタはチームワークを大切にする社風なので、周りをよく見て、丁寧に意見を聞いた上で自分の考えを述べるような、協調性がある人材の方がより社内にマッチするようです。
 

【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開のイメージ
【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開
「年収を上げたい」「転職で年収アップしたい」という方が多いですが、転職すれば必ずしも年収アップするとは限りません。本記事では転職で年収を上げる方法や注意点、上がりやすい業界などをご紹介します。転職で年収アップしたい方は、ぜひ参考にしてください。

クボタの転職の選考フローや面接傾向は?

Photo by089photoshootings

クボタの転職の選考フローはごく一般的な流れですが、書類選考中に電話やWEB面接を挟むこともあります。基本的に中途採用の募集は技術職が多いことから、事務職への転職はやや難しいと言えます。
中途採用者には即戦力が求められる為、応募職種の実務経験やスキルが問われるのはもちろん、クボタはグローバルに事業展開していることもあり、英語力も必要とされます。
内定を掴むために、自己分析や業界分析を行うなど、面接や選考の準備をしっかりしておきましょう。

クボタの転職の選考フロー

クボタの公式HPから直接応募した場合は、以下のような選考フローで行われます。

クボタの転職の選考フロー

  • エントリー
  • 書類選考
  • 面談
  • 面接(2回程度)

公式HPの採用ページにある「募集職種一覧」より、希望職種にエントリーします。併願はできず、1人1職種の応募となります。職種やポジションに悩む場合は、「ポジションサーチ」にエントリーすることで、クボタ側からポジションの提案を受け、選考に進むことができます。
書類選考後、「経歴のヒアリング」「希望求人内容の確認」の為の電話又はWEB面談を経て、2回の面接が行われます。1次面接は現場社員と人事担当者、最終面接は現場社員の部長クラスと人事担当者が担当となります。又、最終面接の前には適性検査も実施されます。
エントリーから内定までは約1カ月程度ですが、職種によっては同日に1次面接・最終面接を実施する1日完結型説明選考会も開催されるのが、クボタの経験者採用の採用プロセスの特徴です。

クボタの転職の面接傾向

クボタの面接では志望動機など一般的な質問の他、会社説明のビデオを見ての感想を聞かれたり、コミュニケーション能力を測る目的で「何か質問はないか」と質問を求められることもあるようです。
応募職種と志望動機に矛盾があると深く追求されるので、事業内容をしっかりと理解した上で、自分のキャリアや専門性を具体的にどう活かすことができるかを伝えることが、評価の大きなポイントとなります。
内定を取りたいが故にいくら大きなビジョンを語っても、クボタの目指すものと逸れていたり、自身のキャリアや専門性とはかけ離れたものでは何も響きません。自分の軸をしっかりと1本持って挑むことが大切です。
又、職種によっては面接の途中で英語での自己紹介を求められたり、英語で質問に答えるよう求められることもあるので、英語での質疑応答にも対応できるよう、準備をしておきましょう。
 

年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】のイメージ
年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】
年収1000万円以上を稼げる仕事には、どのような職業があるのでしょうか。年収1000万円稼げるかどうかは企業や業種によっても変わります。今回は、年収1000万円稼げる仕事の職業や業界、年収1000万円稼いだ場合の手取りなどを紹介していきます。

クボタへの転職の面接対策方法とは?

Photo by6689062

クボタへの転職の対策方法としては、下記の4点をしっかり把握することが大切です。

クボタへの転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

クボタを経営する上での基本方針

クボタにはスピリッツと呼ばれる基本方針があり、これはクボタの土台となる価値観として創業者の信念と共に継承されています。

・総合力を生かしすぐれた製品と技術を通じて社会の発展につくそう
・会社の繁栄と従業員の幸福を希って今日を築き明日を拓こう
・創意と勇気をもって道の世界に挑戦しよう


「やればできる」「失敗を恐れるな」という信念で、水道管の国営化や農業の機械化を実現し、日本の社会の発展に貢献してきたクボタでは、優れた技術ばかり追うのではなく、人や社会に役立つものを全知全霊を込めて作り出さねばならないという思いで製品開発に取り組んでいます。
だからこそ、世界中の国々にその製品が受け入れられ、グローバルに事業を推進することができています。

クボタの目標に設定する経営指標

クボタは「For Earth,For Life」を標榜とし、食料・水・環境分野において、優れた製品や技術、サービスを通じて社会の課題を解決し、地球と人の未来を支え続けることを使命と考えています。
そして、単に売り上げや利益のトップとなることを目標とするのではなく、「グローバルメジャーブランド」つまりは「最も多くの顧客から信頼されることによって、最も多くの社会貢献をなしうる企業」となることを目標としています。
目標の実現の加速の為、10年後を見据えた長期ビジョン「GMB2030」を策定し、「豊かな社会と自然の循環にコミットする"命を支えるプラットフォーマー”」を掲げ、食料や水資源、廃棄物、都市環境などの問題を解決するソリューションを強化し、長期にわたる持続的発展を目指しています。

クボタの中長期的な会社の経営戦略

クボタの「中期経営計画2025」では、「ESG(環境、社会、ガバナンス)経営の推進」、「次世代を支えるGMB2030実現への基礎作り」、「既存事業売上高の拡大」、「利益率の向上」、「持続的成長を支えるインフラ整備」の5つをメインテーマとして挙げ、2025年には売上高2兆3000億円、営業利益3000億円を目指します。
それに加え、次世代の成長ドライバー候補の確保に向けた取り組みや、「ICT技術・ビッグデータ・先端技術」といった3つの領域でDXを推進し、GMB2030実現の支えとしています。

クボタの対処すべき課題

新型コロナウイルスの感染拡大により、社会の環境が大きく変化し、人々の生活様式も一変しました。
「食料・水・環境」という重要な社会インフラを支えるクボタの事業は、エッセンシャルビジネスとして底堅い需要に支えられていますが、長期的な成長と企業価値の増大を実現していくには、いくつか事業上の課題があります。
「企業を取り巻く社会の変化により企業の社会的責任がより重くなっている」ということや、「競争環境の激化や先行投資により利益率が低下傾向にあること」、「事業のグローバル化が進む中で、事業運営体制が実態に合わなくなってきていること」などが挙げられますが、特に、グローバル企業としてこれからも成り立っていく為には、グローバル化に対応した運営の変革を目指し、生産や調達レイアウトの変革、事業を適切に把握・管理する経営管理体制の構築が必要となります。

クボタに転職したい方への求人情報

Photo bygeralt

クボタに転職したい方への求人情報を、クボタの公式HPの採用ページを参考にご紹介します。
クボタの公式HPに掲載されている経験者採用の募集職種一覧には、クボタと関連するグループ会社やグループ農機販売会社を合わせ、2021年7月現在で234件の募集があります。内、株式会社クボタの募集は131件です。
 

職種/募集ポジション 製品の事故やPL訴訟に対応する業務
雇用形態 正社員
学歴 高専、大学、大学院卒
経験 製造業でのエンジニア経験。構造や仕様原理の知識。具体的にはメカ設計や評価実務。
海外の人に対して、自分の主張ができる程度の英語力(TOEICスコア不問)
人物イメージ 現地現物で確認する行動力がある方
課題を創出し、周囲を巻き込んで解決できる方
成功体験や実績に満足せず、更なる高みを目指し改善し続ける方
あらゆるステークホルダーに説明責任を果たせる方
給与 年収450万円~850万円(残業代及び諸手当込)
※経験や前年収、年齢に応じて決定
勤務地 大阪府堺市堺区石津北町64
「堺製造所」
勤務時間 8:00~16:30(休憩45分)時間外労働あり
賞与/昇給 【賞与】業績、評価によって6月・12月支給
【昇給】年1回
休日休暇 年間休日125日 土日祝休み(事業所カレンダーによる)
有給休暇最大20日
待遇・手当・福利厚生 雇用・労災・健康・厚生年金保険
通勤手当支給
寮・社宅有
退職金、貯蓄制度/財形貯蓄制度(財形年金)、団体貯蓄保険、クボタファンド(従業員持株会)など
 
職種/募集ポジション トラクタ海外営業
雇用形態 正社員
学歴 大卒以上
必須経験 エンジン搭載の製品(自動車、輸送機など4輪メーカーもしくは自動2輪車メーカー、発電機、電動工具、産業機械等)での海外営業、海外販売会社での営業経験がある方
新製品企画に関する経験がある方
ビジネスレベルの英語力
歓迎 海外駐在経験
海外での販売会社の開拓経験
スペイン語(尚良し)
給与 年収450万円~850万円(残業代及び諸手当込)
※経験や前年収、年齢に応じて決定
勤務地 大阪府大阪市浪速区敷津東1丁目2-47
「本社」
勤務時間 8:30~17:00(休憩45分)
賞与/昇給 【賞与】業績、評価によって6月・12月支給
【昇給】年1回
休日休暇 年間休日125日 土日祝休み(事業所カレンダーによる)
有給休暇最大20日
待遇・手当・福利厚生 雇用・労災・健康・厚生年金保険
通勤手当支給
寮・社宅有
退職金、貯蓄制度/財形貯蓄制度(財形年金)、団体貯蓄保険、クボタファンド(従業員持株会)など
 
職種/募集ポジション エンジニアリング・施工管理 専任技術者(総務課)
雇用形態 契約社員
学歴 高校、高専、大学、大学院卒
語学 不問
必須 監理技術者(機械器具設置工事)資格
歓迎 監理技術者(水道設置工事)資格
給与 年収450万円~700万円
※経験や前年収、年齢に応じて決定
年俸制
勤務地 札幌市中央区北三条西3丁目1番地54札幌北三条ビル4階
「北海道支社」
勤務時間 8:30~17:00(休憩45分)時間外労働あり
休日休暇 年間休日125日 土日休み(事業所カレンダーによる)
有給休暇最大20日
待遇・手当・福利厚生 雇用・労災・健康・厚生年金保険
退職金、貯蓄制度/財形貯蓄制度(財形年金)、団体貯蓄保険、クボタファンド(従業員持株会)など
 
職種/募集ポジション トランスミッションの機械設計(機械研究開発部)
雇用形態 正社員
学歴 大学、大学院卒
語学 不問
資格 不問
経験 軸ギヤ、ベアリング、クラッチ、デフ、ブレーキ、鋳物ケース等のパワートレインに関連する構成要素の機設計業務の経験
パワーシフト、CVT、HST、シンクロトランスミッション等に関する構造、作動の知識、並びにトランスミッション機能設計の経験
トランスミッションの評価技術、開発課題対応経験
3D-CAD(CATIA)操作経験
給与 年収450万円~850万円(残業代及び諸手当込)
※経験や前年収、年齢に応じて決定
勤務地 大阪府堺市堺区石津北町64
「堺製造所」
勤務時間 8:00~16:30(休憩時間12:00~12:45)
賞与/昇給 【賞与】業績、評価によって6月・12月支給
【昇給】年1回
休日休暇 年間休日125日 土日祝休み(事業所カレンダーによる)
有給休暇最大20日
待遇・手当・福利厚生 雇用・労災・健康・厚生年金保険
通勤手当支給
寮・社宅有
退職金、貯蓄制度/財形貯蓄制度(財形年金)、団体貯蓄保険、クボタファンド(従業員持株会)など

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

特別選考へ挑戦できる

 会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

クボタへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo byFree-Photos

以上、クボタの中途採用の難易度について、会社概要や事業内容、選考フロー、求人情報も含めご紹介しました。
クボタはグローバル企業とあって日本のみなず世界中に拠点を構えている上に、事業の柱もいくつもあることから、他社と比較すると中途採用枠は多いですが、採用側は即戦力として働くことができる人材を求めています。
クボタは農業機械では国内シェアナンバー1を誇る業界内でも人気企業とあって、非常に高いスキルを持った優秀な人材が応募することが予想されるので、クボタへの転職難易度は高いと言えます。
クボタのような転職難易度の高い企業への転職は、しっかりと準備をして挑むことが必要です。それには、情報収集が大切な鍵となります。
インテリゴリラはクボタの内定者にインタビューをして内定獲得のポイントをまとめているだけでなく、面接の質問内容といった実際の選考体験記が無料で読める転職情報サイトです。
本気でクボタの内定を勝ち取りたいという人は、ぜひインテリゴリラを活用して、転職活動を有利に進めて下さい。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。
田前希美
ライター

田前希美

医療系の職場で10年弱働き、今は子育てをしながらWEBライターをしています。多方面にアンテナを張り、幅広く様々なジャンルの記事を執筆中。

関連記事

目次

人気記事ランキング