【2021年版】ZUUは成長環境や風通しの良さが評判!口コミから年収や退職理由を調査!

【2021年版】ZUUは成長環境や風通しの良さが評判!口コミから年収や退職理由を調査!

ZUUは成長環境や風通しの良さが評判です。ZUUは創業者である冨田和成氏が率いており、金融とテクノロジーを融合させたフィンテックに関わるサービスを展開します。そんなZUUの評判口コミから年収や退職理由を調査し、全貌を紹介します。

記事の目次

  1. 1.ZUUは成長環境や風通しの良さが評判!
  2. 2.ZUUの退職や離職率に関する評判や口コミ
  3. 3.ZUUの年収・福利厚生に関する評判や口コミ
  4. 4.ZUUの仕事のやりがい・成長に関する評判や口コミ
  5. 5.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.ZUUなどの評判は内定者に聞こう!

ZUUは成長環境や風通しの良さが評判!

フリー写真素材ぱくたそ

ZUUは、成長環境や風通しの良さが整っているベンチャー企業です。

ポジティブな評判としては、仕事に意欲的な人が多くカルチャーが合えば働きやすい環境であることです。
また、成長意欲の高い人は評価され、優秀な人材が集まっており刺激的な職場環境であることです。
ネガティブな評判としては、福利厚生は期待できない、教育制度が整っていない、人手が足りていないことが挙げられます。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により、若者の投資意欲が高まったことなどを背景に、主力の「Zuu online」などが好調に推移しています。
緊急事態宣言などは、業績に大きく影響しない職であると言えます。
また、「Zuu online」を開発するエンジニアや記事を執筆するライターが多数在籍することから、コロナウイルスの影響により、在宅勤務は社内でも広がっています

事業内容

株式会社ZUUは2013年4月、代表取締役である冨田和成氏が金融とテクノロジーを融合させたフィンテックに関わるサービスを展開するために設立しました。
同月に、金融資産3,000万円以上あるいは年収700万円以上の富裕層向け金融経済メディア「ZUU online」をリリースし、2015年11月には本社を現在の東京目黒区に移転しています。
富田氏の創業の経緯としては、金融商品が益々その複雑さを増している昨今、金融商品を提供する金融機関と個人との間に大きな“情報の非対称性”が存在していることに対する課題意識から始まります。
若者が金融商品に潜在的に興味を有していても、当該商品のリスクやリターンにかかる情報が専門的過ぎて理解できないために、実際の購買活動(投資や借入等)を躊躇している個人が多くいる現状を取り除くことで、個人が自身のお金と時間について積極的に考えてもらえるよう、金融領域に特化したメディア運営などを中核事業としています。
ZUUは、フィンテック・プラットフォーム事業として、金融領域特化型ウェブ/スマートフォン・メディア「Zuu online」の運営を中心とした、金融関連市場に特化した各種サービスを展開しています。
フィンテック・プラットフォーム事業は「フィンテックサービス」「セールステックサービス」が軸になっています。

ZUUは評判が高い企業のため入社難易度が高く、中途入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、情報収集が必須になり、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておかなければなりません。
面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握するための強力なインテリゴリラを紹介します。

ZUUならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

ZUUの退職や離職率に関する評判や口コミ

Photo by3844328

退職や離職率に関する評判や口コミについては「スキルアップのための転職」という内容が目立ちました

ZUUが掲げる「人の挑戦」のサポートに対し、別のアプローチを学びたいと考えたため転職した人や培った基礎力を生かして、次のステージにトライしたいと思う人が転職するため、ネガティブな退職は少ないです。

男性

男性

皆が自らの仕事に手一杯で、後輩や部下をフォローできていない部分はあります。
社内教育制度は整っておらず、実践で学ばせる制度になっています。
特に新卒で入社した人は、誰も助けてくれないので、自分で学んでいくしかありません。
経営陣はトップラインを上げることに注力するだけで、中身の整備には気を使えていないです。
明らかに人手が足りていないのに、新規契約をガンガン取ってくるので、一人一人の負担が大きくなり、負荷に耐えられなかった人はやめていきます。それを補充するためにまた人を取るが、また一から教えるので即戦力にはならない負のループがあります。

転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!のイメージ
転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!
「転職の面接は平均何回行われるの?」「面接回数が変わる理由は何?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では「転職で面接が平均何回行われるのか」「面接回数が増減する理由」「面接で気を付けるポイント」について説明しています。

ZUUの年収・福利厚生に関する評判や口コミ

Photo bygeralt

年収や福利厚生に関する評判や口コミについては、「ボーナスはない、面談はあるが評価制度は不透明、長らく制度を模索している」という方向性のコメントが見受けられます

給与制度にボーナスはない上に、ストックオプションはあるが3年間在籍しないと受け取れないので無いに等しいです。
手当は家賃補助が場所によって月3万円出ますが、その場合は交通費支給はないので池尻大橋、神泉、渋谷が主な選択肢になります。
三軒茶屋や駒場東大前などに住んでしまうと交通費が出ないので歩きか自転車になりますが、駐輪場はないため結局お金がかかります。
残業代はみなしで40時間分は付いています。
評価制度については、MBOシートなるもので自己診断し、上長と面談しますが、どのように活用されているのかは不透明です。
また、2020年度より給与グレードが公開されましたが、あるグレードでこの程度の給与というのは公開されていないので、結局不透明です。

男性

男性

給与制度は、中途については人それぞれなのでわからないですが、周りの人で100万単位で年収を下げてきている人がいました。
大手の証券会社、広告代理店出身者は相当年収が下がったと聞いたことがあるが、ベンチャーなので仕方ないです。
加えて、賞与、手当はありません。

評価制度はあってないようなものでした。
在職中一度も給料が上がったことはなかったですし、お付き合いで外部の評価制度を導入していましたが効果は感じられなかったです。

女性

女性

給与制度の中にストックオプションがあり、モチベーションが高まります。しかし、これによって上場前のメンバーと上場後入社のメンバー間には見えない壁ができているのではないかと思います。

評価制度では、上司との対話の数が多いので評価に関しては真っ当であったと感じています。
率直に仕事に対する意欲及びアウトプットが見合うメンバーに対しては仕事が振られていく循環はできているように思います。

ZUUの福利厚生

ZUU(ズー)は社員がミッションやビジョンを実現するために、様々な福利厚生と社内制度を導入しています。
実際にどのような福利厚生と社内制度が導入されているのか、以下で紹介します。

ZUUの福利厚生

  • 交通費支給
  • 社会保険完備
  • 社内表彰制度
  • PC貸与
  • 住宅手当
  • 産休・育休
男性

男性

ZUU(ズー)はベンチャー企業なので、他の大手企業と比べると福利厚生はそれほど充実しているわけではありません。
その一方で、他のメンバーと交流ができるイベントは充実しています。
「ケタハズレ」とよばれるMVPの表彰パーティー、「BAZUU」とよばれる月1度の社内Barをオープンしたり、2ヶ月に1度「鬼フェス」という社内懇談会など、社内交流を頻繁におこなっています

 

年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】のイメージ
年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】
年収1000万円以上を稼げる仕事には、どのような職業があるのでしょうか。年収1000万円稼げるかどうかは企業や業種によっても変わります。今回は、年収1000万円稼げる仕事の職業や業界、年収1000万円稼いだ場合の手取りなどを紹介していきます。

ZUUの仕事のやりがい・成長に関する評判や口コミ

Photo bynattanan23

仕事のやりがいや成長環境に関する評判や口コミについては「事業が立ち上がるフェーズの楽しさがある、裁量が若手のうちから大きい、変化が大きい」というポジティブな内容が見受けられます

事業が立ち上がるフェーズの楽しさに加えて、新規事業や新領域の検証などのプロジェクトが多く、上手くいくかわからない所からあらゆる施策を実行し、成果がでて、事業拡大していくことに仕事のやりがいがあります。
事業成長の実感値が持てることは、同社でならではのやりがいです。
また、若手が活躍できる風土があり、新卒入社の方を中心とした若手が活躍しやすい風土です。
会社に入って何となくやらされるのではなく、若手が主体となって事業に関わり活躍できることはやりがいの一つであると思うに繋がっています。

成長環境では、ビジネス基礎力(ポータブルスキル)が身につきやすく、 理由として、求められる業務の範囲・量ともに多く、良い意味でストレッチをする必然性があるからです。
また、経営層やある程度経験を積んだ中途メンバーとの距離が近く、フィードバック機会が多いため改善サイクルを回しやすいことも寄与しています。 そのことから、事業家としての素養を身につけやすいといえ、経営に近いレイヤーと近くで仕事をする機会が多いため、そういった視点や行動を学ぶ機会は多いと考えられます。

男性

男性

変化の多さ、別の言い方をすれば、刺激や新しい情報の多さで、飽きが来ないです。
そういった意味では、知的好奇心が満たされますし、目標達成意欲が高いので、達成欲によるやりがいもあります。

また、身につけられる成長やキャリアとしては「経験の幅の広さ」と「PDCAの行動習慣」が挙げられます。
「幅の広さ」については割愛しますが、「PDCAの行動習慣」については文化として徹底されているので、ビジネスマンとしての基礎スキルである「PDCA力」が身につけられることは1つの優位点と言えます。

ベンチャーからの転職先は?大企業への転職から退職と転職理由まで解説!のイメージ
ベンチャーからの転職先は?大企業への転職から退職と転職理由まで解説!
ベンチャー企業に就職してから、次にどのような企業に転職していいのか迷ってしまっている方もいるでしょう。そこで、今回はベンチャー企業から転職する際に、良くある転職先について詳しくご紹介いたします。転職先を探すのに、是非、こちらの記事の情報を参考にしてください。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。
 

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ZUUなどの評判は内定者に聞こう!

Photo bysasint

ZUUの退職や離職率に関する評判や口コミ、年収・福利厚生に関する評判や口コミ、仕事のやりがい・成長に関する評判や口コミについて説明してきましたがいかがだったでしょうか。

ZUUは個人が自身のお金と時間について、積極的に考えてもらえるように金融領域に特化したメディア運営などを中核事業としています。
代表取締役である冨田和成氏の出版する「鬼速PDCA」でも世の中の注目を集めています。
また、成長環境や風通しの良さから、転職市場でも人気を博しています。

そんなZUUでは応募者も優秀な人材が殺到します。
そういった難易度の高い企業への転職は情報収集が大切になります。
具体的には、過去にどのような人材が転職に成功したのか、また、選考フローではどのような質問をされ、どのような受け答えをすることで合格を掴み取れたのかという事です。

通常、転職活動での選考体験記は情報が出回っていないため、閲覧をすることは難しいですが、インテリゴリラでは可能です。
是非、インテリゴリラを活用して転職活動を有利に進めてみてはいかがでしょうか。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。
亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング