【2021年版】NHKの中途採用は非常に難しい!理由は競争率の高さにあり!

【2021年版】NHKの中途採用は非常に難しい!理由は競争率の高さにあり!

NHKの中途採用は競争率が高いため、転職難易度が高いです。NHKの中途採用は即戦力を募集しています。この記事では中途採用の難易度が高い理由や転職が有利になる人の特徴、中途採用の求人について解説しています。NHKに中途採用で内定を獲得したい方には必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.NHKへの中途採用は難しい!理由は競争率の高さにあり!
  2. 2.NHKが中途採用で求められる人の特徴
  3. 3.NHKの中途採用選考フロー
  4. 4.NHKの中途採用の求人情報
  5. 5.選考難易度が高いNHKに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.NHKの中途採用を成功させたいならしっかりとした準備を!

NHKへの中途採用は難しい!理由は競争率の高さにあり!

Photo by Joe Jones

NHKへの中途入社はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【競争率が高い】という理由で難易度が非常に高いという結果になりました。

NHKはその企業イメージの安定感と信頼性から超人気企業であり、転職希望者が殺到する傾向があります。
人気企業には優秀な人材が集まるので、競争率が高いと言えるでしょう。
また、NHKでは中途採用を通年ではなく一括で採用を行っており、希望の求人と出会えるかは運によるところもあるのが現状です。

上記に加えて、足元ではコロナ禍で安定した職業に就きたいという転職希望者の傾向を踏まえてNHKの中途採用は人気となっています。
NHKの主な事業内容としては、国内放送の運営や放送・受信の発達に要する調査や研究、国際放送やその他放送法に定められた業務です。
以下、会社概要を紹介します。

NHKの会社概要

正式名称 日本放送協会
設立 昭和25(1950)年6月1日
本部所在地 〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
放送局・総支局所在地 【国内】東京・渋谷と全国の道府県庁所在地などに計54局
【海外】全世界に計31の取材拠点
従業員数 1万333人(2019年度)

NHKは転職希望者から人気があり、入社の難易度は高いと言えるでしょう。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
面接の内容については内定者からの情報を得るのが一番です。
情報収集におすすめのサイトを紹介します。

NHKなどの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

NHKが中途採用で求められる人の特徴

Photo by nakashi

次に、NHKの中途採用が有利になる人の特徴について紹介します。
新卒採用HPで紹介されていたものを参考に、下記にまとめました。

NHKは公共メディアへの進化を目指しており、常に視聴者と真摯に向き合って「新しいNHKらしさ」を創造するプロフェッショナルな人財を求めています。
NHKではそのような人財を「公共メディア・プロ人財」と位置付けています。

公共メディア プロ人財

  • 公共性
    視聴者と真摯に向き合い、地域や社会に貢献する姿勢
  • 次世代メディアへの進化
    デジタル展開など新たなチャレンジを追求する意欲
  • プロフェッショナル
    幅広い視野で高度な専門性を磨いていける資質

上記の特徴を踏まえると、下記のような人財が求められていると考えられます。
・正しい情報より多くの人にを発信したいという使命感がある
・社会課題に強い関心を持っている
・責任感が強く、当事者意識がある

NHKは前提として新卒採用を育てる社風が色濃く残っているので、中途採用の枠は少なくプロフェッショナルを求めている傾向がある点にも注意が必要です。

【2021年版】フジテレビの中途採用は難しい!理由は求人の少なさと競争率の高さにあり!のイメージ
【2021年版】フジテレビの中途採用は難しい!理由は求人の少なさと競争率の高さにあり!
フジテレビは、求人の少なさと応募者の多さにより競争率が非常に高いということで、難易度は高いです。この記事では、中途採用の難易度が高い理由や転職が有利になる人の特徴、中途採用の求人について解説しています。フジテレビに中途採用で内定を獲得したい方、必見です。

NHKの中途採用選考フロー

Photo byPexels

NHKの面接は、公共放送を担う業界人として必要になる知識について問われる傾向があります。
内定を掴むためにはNHKの経営計画を把握し、企業分析を万全にして挑んでください。

NHKの中途採用は何次選考までか

NHKの中途採用は、下記のフローで行われます。

NHKの中途採用選考フロー

  • 書類選考
  • 面接(3回程度)

職種によって面接回数が増減する場合や、専門職の場合は専門知識に関する試験が挟まる場合あるようです。
また、選考期間は3ヶ月程度かかることもあるのでスケジュールには余裕を持って取り組みましょう。

NHKの中途面接内容の傾向とは

面接の質問の傾向として、一般的に聞かれる内容のものが多いです。
具体的には下記のような質問がされるようです。
・志望動機は?
・これまでどのような仕事をしていたか、その経験をどのように活かせるか?
その他、下記のように公共放送を担う業界人として必要になる知識について問われることもあるようです。
・テレビで最も面白い、つまらないと思った番組は何か
・将来はどんな放送スタイルになると考えれらるか
放送業界について常にアンテナを貼り情報収集するように心がけておきましょう。
また、転勤の可否についても確認されるようです。

自己分析と企業研究をしっかり行い、準備を万全にして挑んでください。

NHKの中途採用面接の攻略法

NHKの中途採用面接の攻略法は下記の2点です。

  • NHKの経営計画について理解を深めること
  • なぜNHKなのかを明確にするため、他社研究をする
NHKの経営計画を把握することで、どのような人材が求められているかを明確にすることができます。
また、他社との差別化を図ることで面接の受け答えがスムーズになるので、しっかりと準備をしましょう。

NHKの経営計画

NHKは昨今の新型コロナウイルス感染症の世界的流行や大規模災害、経済格差拡大を踏まえて、下記の5つの重点項目を通して「新しいNHKらしさの追求」=「スリムで強靭な『新しいNHK』」になることを目指しています。

5つの重点項目

  • 安全・安心を支える
    「命と暮らしを守る」報道をより強化、より強靭なネットワークの構築
  • 新時代へのチャレンジ
    最新の技術を活用し、高品質なコンテンツを合理的なコストで提供
  • あまねく伝える
    確かな情報やサービスを一人ひとりに届け、社会をつなぐ
  • 社会への貢献
    地域の情報発信強化や日本の放送・メディア業界の発展に貢献
  • 人事制度改革
    組織の機能を最大限発揮するため「人財改革」を推進

上記から読み取れるように、新しい時代に対応できるスピード感と、変化を恐れず挑戦し責任感を持って仕事をできる人財が今後も求めらていくと考えられます。
自分の経験を踏まえてアピールできるポイントがないか、整理してみてください。

【2021年版】テレビ朝日の中途採用は難しい!理由は求人が出回らないことにあり!のイメージ
【2021年版】テレビ朝日の中途採用は難しい!理由は求人が出回らないことにあり!
テレビ朝日の中途採用は求人が少ないため転職難易度が高いです。テレビ朝日の中途採用は即戦力を募集しています。この記事では中途採用の難易度が高い理由や転職が有利になる人の特徴、中途採用の求人について解説しています。テレビ朝日に中途採用で内定を獲得したい方には必見の内容です。

NHKの中途採用の求人情報

Photo bymohamed_hassan

次に、NHKの中途採用の求人情報を紹介いたします。
NHKが公開している「通年採用(キャリア)・募集要項」を参考に、募集内容について紹介します。

【ポジション 人事業務(人事制度改革の推進)、記者】

  • 応募資格
社会人としての勤務経験がある人
  • 待遇
実務経験・専門的知識等の程度を評価し、NHKの規定により決定
  • 諸手当
各種諸手当あり
  • 昇給・賞与
昇給年1回(2020年度実績)
賞与年2回(2020年度実績)
  • 勤務時間
1週平均37.5時間(フレックスタイム制度あり)
※専門業務型裁量労働制適用者(記者)はみなし労働時間(8.5時間/日)を適用
  • 定年
60歳
  • 福利厚生
休日 完全週休2日制※祝日、年末年始をあわせた年間休日数は120日程度
年次有給休暇 初年度16日、以降4年目20日まで漸増
その他、クリエイティブ休暇・リフレッシュ休暇・育児休職・介護休職等の休暇制度あり

NHKの求人少なく、さらに採用人数も少ないため競争率が高くなりがちです。
こまめに求人を確認し、タイミングを逃さないようにしておきましょう。

選考難易度が高いNHKに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

NHKの中途採用を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo byFree-Photos

ここまでNHKの中途採用について紹介してきましたがいかがでしたか。
以下にこの記事で紹介したポイントをまとめます。

この記事のポイント

  • NHKの中途採用難易度は高い
    理由は「競争率が高いため」であり、昨今では「コロナ禍で安定した職業に就きたいという転職希望者の傾向」も影響している
  • NHKの中途採用が有利になる人の特徴は「公共メディア プロ人財」を体現している人物であり、特徴としては「正しい情報より多くの人にを発信したいという使命感がある」「社会課題に強い関心を持っている」「責任感が強く、当事者意識がある」の3点が挙げられる
  • NHKの中途採用の攻略法は、経営計画についての理解を深めることと他社研究をすることである
  • NHKの経営計画では「新しいNHKらしさの追求」=「スリムで強靭な『新しいNHK』」になることを目指しており、「新しい時代に対応できるスピード感と、変化を恐れず挑戦し責任感を持って仕事をできる人財」が今後も求めらていくと考えられる
  • NHKの求人は少なく、さらに採用人数も少ないため競争率が高くなりがちであるので、こまめに求人を確認しタイミングを逃さないようにしておくべき

記事を読んでいただいてわかる通り、NHKは転職難易度が高く、転職者からも非常に高い人気があります。
NHKをはじめとする日系大手企業には新卒採用が多いという特徴があり、比較的転職難易度は高いことが予想されます。

転職活動を有利に進める上で重要なポイントは、転職先の働き方を知ることの他、選考情報を深く知ることが大切です。
選考フローには企業ごとに色があり、評価ポイントは千差万別です。
インテリゴリラでは内定者に実際にインタビューをして得た内定のポイントや面接の質問等の選考体験記が無料で読める、転職情報サイトです。
確実に内定を勝ち取りたい方は必見の内容になっているので、ぜひご一読ください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

関連記事

目次

人気記事ランキング