【2021年版】豊田通商の平均年収は1,100万円と高い!理由は安定した業績にあり!

【2021年版】豊田通商の平均年収は1,100万円と高い!理由は安定した業績にあり!

豊田通商の平均年収は非常に高水準と評判で、その理由は安定した業績にあります。総合商社の中でも安定した企業であることが知られていますが同社は群を抜いており、年齢別、役職別で見た場合や豊田通商に実際に在籍する社員の年収への考えなどを紹介します。

記事の目次

  1. 1.豊田通商の平均年収は1,100万円と高い!理由は安定した業績にあり!
  2. 2.豊田通商の職種別・年齢別の平均年収とは
  3. 3.豊田通商の競合の年収比較
  4. 4.豊田通商の年収の口コミ
  5. 5.年収が高い豊田通商に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.豊田通商等の人気が高い会社への転職はしっかり準備を

豊田通商の平均年収は1,100万円と高い!理由は安定した業績にあり!

Photo byFirmbee

豊田通商の平均年収は1,100万円で、【業績が安定している】という理由で高いです。
豊田通商は、自動車部品に強みがあり
・豊田通商の連結業績
 収益:6兆6,940万円
 当期純利益:1,355億1,000万円
・豊田通商の単体業績
 売上高:2兆9,395億7,700万円
 人件費含む諸経費を抜いた純利益:1,097億7,200万円
という好業績をおさめています。
これを従業員数の2,751人で割ると、一人あたり3,990万円もの利益を生み出していることになるため、やはり年収が高くなります。
好業績を社員に還元する仕組みが整っており、年収が高くなっていると言えます。

豊田通商の事業内容

豊田通商株式会社は、名古屋市に本社を置くトヨタ系の総合商社で、1948年設立で、1961年に上場を果たしました。
トヨタグループの総合商社として、金属、グローバル生産部品、ロジスティクス、自動車、機械、エネルギー、プラントプロジェクト、化学品、エレクトロニクス、食料、生活産業など多岐にわたる事業領域で活動しています。
各種物品の国内取引や、輸出入取引、外国間取引などを行っています。

豊田通商は年収が高く人気の職種なので、中途入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
それらを把握するための強力なインテリゴリラを紹介します。

豊田通商などの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。
【2021年版】双日の中途採用は難しい!求めるスキルと競争率の高さが理由!のイメージ
【2021年版】双日の中途採用は難しい!求めるスキルと競争率の高さが理由!
双日の中途採用は高いスキルが求められることや高い競争率ため、転職難易度が高いです。双日の中途採用は即戦力を募集しています。この記事では中途採用の難易度が高い理由や転職が有利になる人の特徴、中途採用の求人について解説しています。双日に中途採用で内定を獲得したい方には必見の内容です。

豊田通商の職種別・年齢別の平均年収とは

Photo byFree-Photos

豊田通商の職種別・年齢別の平均年収から、下記のことがわかります。

  • 総合職の給与が高いが、どの職種でも1,000万円以上も目指せる
  • 基本的には年功序列感の色もあるが実力を評価してくれる
  • 30前後で1,000万を超えることも可能
  • 部長クラスで2,000万に到達も可能
  • 残業代は全額支給される
具体的な数字については下記を参考にしてください。

豊田通商の職種別の平均年収

豊田通商の職種別の平均年収は下表の通りです。

職種 平均年収
総合職 1,100万円
技術職 1,000万円
一般職 950万円
総合職、技術職、一般職で比較すると、総合職の給与が高いです。
しかし、どの職種でも1,000万円以上も目指せる様子です。

豊田通商の年齢別の平均年収

豊田通商の年齢別の平均年収は下表の通りです。

年齢 平均年収
20代 520万円
30代 700万円
40代 1,070万円
50代 1,150万円

基本的には年功序列感の色もありますが、実力を評価してくれる社風があります。
部長クラスで2,000万に到達することは、ほぼ約束されており、残業代は全額支給されます。

豊田通商の初任給

豊田通商の初任給は下表の通りです。

区分 初任給
四年制大学卒 月給 235,000円+住宅手当 20,000円
大学院・六年制学部卒 月給 270,000円+住宅手当 20,000円


一般的な企業よりも高水準と言えますね。
住宅手当等、福利厚生を含めた実質の年収を考えると、中小企業と大幅な差があります。

【2021年版】日本の年収中央値は356万円!中央値と平均値の違いは?のイメージ
【2021年版】日本の年収中央値は356万円!中央値と平均値の違いは?
2021年の年収中央値は356万円です。中央値は平均と異なり、データの中心の値を見ることができます。転職における年収の比較をする際に、中央値と平均値の違いを知りたいのではないでしょうか。本記事では転職成功を目指す方に、データを用いながら中央値と平均値の違いを解説します。

豊田通商の競合の年収比較

Photo byFree-Photos

豊田通商と同じ大手総合商社「三菱商事」「伊藤忠商事」「丸紅」「住友商事」「三井物産」「双日」の6社との年収を以下の表で比較してみました。

三菱商事 1,631万円
伊藤忠商事 1,565万円
丸紅 1,452万円
住友商事 1,437万円
三井物産 1,393万円
豊田通商 1,100万円
双日 859万円
豊田通商は今回比較した7社の中で下から二番目に年収が低く、最も高い三菱商事とは521万円の差がありました。
最も年収が低いとはいえ、福利厚生などの手当てが充実しており、給与に不満を感じている人は少ないようです。
また、これらの平均年収は業種業態によって変わってくるものなので、あくまでも参考程度でみてください。

【2021年版】伊藤忠商事の中途採用は非常に難しい!理由は応募資格の難しさにあり!のイメージ
【2021年版】伊藤忠商事の中途採用は非常に難しい!理由は応募資格の難しさにあり!
伊藤忠商事の中途採用は難しいと評判で、その理由は応募資格の難しさにあります。伊藤忠商事は、繊維、金属、食料、情報・金融、住生活、エネルギー・化学品、機械等、多種多様な事業を展開しています。その中で同社の中途採用の選考の内容、突破するノウハウを紹介します。
大手商社「丸紅」の年収は高い?年齢・役職別の給与・ボーナスを解説!のイメージ
大手商社「丸紅」の年収は高い?年齢・役職別の給与・ボーナスを解説!
転職エージェント出身者が、大手商社「丸紅」の年収について解説します。 最新の情報を元に、丸紅の、年齢・役職別の給与・ボーナスについてもお伝えします。 転職活動をされている方で、丸紅の年収が気になる方は、是非、一度記事をご覧ください。

豊田通商の年収の口コミ

Photo byFree-Photos

豊田通商の年収の口コミから、残業代とボーナス・昇給制度について下記のことがわかっています。

  • 残業代
豊田通商では勤務時間を9:00~17:45としています。
みなし残業制度は取り入れておらず、勤務時間を過ぎた分は残業代として支払われることとなっています。
残業代に関する社員からの口コミでは、最近では残業時間の削減に対する取り組みが強化され、全社的に残業時間は少なくなっていることで残業代も減少しているとの声もありました。
残業時間は月に20時間~40時間程度の部署が多く、営業職は残業が多い傾向があるとのことです。
また、残業代の支払いについてはサービス残業ができないよう管理が徹底されており、働いた分は毎月しっかり支払われるとの口コミがみられました。
  • ボーナス・昇給制度
豊田通商のボーナスは年に2回(7月、12月)に支給されます。
また昇給については年に1度(4月)に昇給の機会があります。
ボーナスに関して社員からの口コミでは、ボーナスは業績にもよるが年間で7ヶ月分ほど支給されるそうです。
また、ボーナスは実績に基づく評価により決まりますが、年次があがるにつれて個人の評価より、業績による連動分が増えるとの口コミがみられました。
昇給に関する社員からの口コミでは、35歳ぐらいまでが毎年1万円ぐらいの基本給アップがあるとのことです。
また、昇給は昇格をしないとほとんど上がらないが、主任から課長職への昇給試験が難しいとの意見もありました。

実際に、下記では、豊田通商に在籍する社員の年収に関する口コミについて紹介します。

男性

男性

給与制度:
最短で30歳で1,000万円、40歳で1,500万円、45〜46歳で2,000万円が可能です。
部長クラスに昇進するタイミングで2,000万円に到達するイメージです。
基本給、残業代、家賃補助、ボーナスの4本柱です。
基本給は等級と年次でフォーミュラが固定されており、評価と昇格試験によって上がって行きます。
残業代は基本給によって時給換算されているイメージで、全額支給されます。 家賃補助は5万円/月が支給されますが、課長補佐(最短32〜33歳)からは支給されないです。
ボーナスは評価と業績によって支給される額が変わります。
現在は、最高益を更新している為、直近では8〜10ヶ月程度支給されています。
海外駐在員は形態が異なり、イメージとしては年収が約2倍近くになります。40代以上の社員で、一度も海外駐在経験してない社員もいますが、基本的には30歳までは一度経験する為、その時に貯金が一気に増えます。

評価制度:
個人能力評価と成果評価の2本柱です。
各項目でSS、S、A、B、Cで評価される。 期初に上司と目標登録を行い、中間点検と期末振り返りの面談を実施して、最終の評価が確定します。
目標登録は短期目標が4つ、中期目標が2つ設定され、目標登録とは別にキャリアロードマップの面談も実施し、希望が有れば異動やチャレンジローテーションの希望を出すことが可能です。

女性

女性

給与制度:
20代は総合商社他社と比べて大きく見劣ることはないです。
30歳以降、年次を重ねるにつれて、総合商社他社と大きく開きが出るため、その事実を踏まえた上でのキャリアの選択が必要と思います。
相対的な比較はできないものの、主観としては、業務負荷に対しては給料は十二分に高いと思います。

評価制度:
基本的には年初に立てた目標に対する達成度で評価が決まる建てつけではあるものの、最後は本部、全社で評価が調整されるため、結局のところ、社内で活躍したかどうかで評価が決まります
普通に働いていればB評価で、多くがB評価です。
活躍してるなと側から見ててわかる人がAまたはSの評価をもらえます。
その意味では適正に評価されているように見受けられます

年収が高い豊田通商に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

豊田通商等の人気が高い会社への転職はしっかり準備を

Photo by089photoshootings

豊田通商の年収及び高い理由、役職別と年齢別での年収、在籍する社員の評判口コミについて説明してきましたがいかがだったでしょうか。

豊田通商は自動車業界の雄であるトヨタ系の総合商社で、トヨタグループの総合商社として事業活動を行なっています。
具体的には、金属、グローバル生産部品、ロジスティクス、自動車、機械、エネルギー、プラントプロジェクト、化学品、エレクトロニクス、食料、生活産業など多岐にわたる事業領域で活動しています。
それらの各種物品の国内取引や、輸出入取引、外国間取引などを行っています。

高年収である豊田通商では応募者も優秀な人材が殺到します。
そういった難易度の高い企業への転職は情報収集が大切になります。
具体的には、過去にどのような人材が転職に成功したのか、また、選考フローではどのような質問をされ、どのような受け答えをすることで合格を掴み取れたのかという事です。

通常、転職活動での選考体験記は情報が出回っていないため、閲覧をすることは難しいですが、インテリゴリラでは可能です。
是非、インテリゴリラを活用して転職活動を有利に進めてみてはいかがでしょうか。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング