【2021年版】朝日新聞の年収は1,229万円!高年収の理由はビジネスモデルにあり!

【2021年版】朝日新聞の年収は1,229万円!高年収の理由はビジネスモデルにあり!

朝日新聞の平均年収は1,229万円(2020.3期)です。2019年は1,208万円、2018年は1,208万円、2017年は1,214万円と、1,200万代前半を行き来しています。年収が高い理由や、職種や年齢別の年収、初任給、給与・評価制度等も解説しています。朝日新聞に就職・転職を考えている方はご覧ください。

記事の目次

  1. 1.朝日新聞の年収は1,229万円と高い!年収が高い理由はビジネスモデルにあり!
  2. 2.朝日新聞の年収がカットされている噂は本当?
  3. 3.朝日新聞の職種別・年齢別の平均年収とは
  4. 4.朝日新聞の競合他社との年収比較
  5. 5.朝日新聞の年収や評価制度の口コミ
  6. 6.年収が高い朝日新聞に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  7. 7.朝日新聞等の人気が高い会社への転職はしっかり準備を

朝日新聞の年収は1,229万円と高い!年収が高い理由はビジネスモデルにあり!

Photo byMichaelGaida

朝日新聞の年収は1,229万円であり【広告料がノーリスクで入ってくるビジネスモデル】【正しい情報を確保するために従業員の待遇をよくする】という理由で年収が高いです。

朝日新聞は有価証券報告書によると平均年収は1,229万円です。
これは他業種と比較しても非常に高い水準であるといえます。

dodaが発表している「平均年収ランキング最新版(業種別)」によるとメディア業種の平均年収は396万円であり、同業種で比較をしてもかなり高水準の年収であるといえます。

朝日新聞の年収が高い理由の1つにビジネスモデルの良さがあります。
主な事業は新聞・デジタルメディアによるコンテンツ事業や博覧会などのイベント事業です。
最近では不動産事業にも力を入れており、非常に安定した収益をあげています。
メインの事業である新聞等のコンテンツ事業では広告料が主な収益源であり、ほぼノーリスクで広告主からお金が流れてくる仕組みであることが年収の高さに反映されています。
また、「情報」こそが価値であり、その「情報」を不正なく扱うために従業員の待遇をよくしていることが年収が高い2つ目の要因です。
ただし後述の通りメインの事業である新聞の売り上げは年々減少しているため今後の給料の保証はありません。

以下では朝日新聞の会社概要を紹介いたします。
 

社名 株式会社 朝日新聞社
本社 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
代表者 代表取締役社長 中村 史郎
創刊 1879年(明治12年)1月25日
資本金 6億5,000万円
社員数 4,345人 
(男性3,479人、女性866人/2020年9月現在)

朝日新聞は転職希望者から人気があり、入社の難易度は高いと言えるでしょう。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
面接の内容については内定者からの情報を得るのが一番です。
情報収集におすすめのサイトを紹介します。

朝日新聞などの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

朝日新聞の年収がカットされている噂は本当?

Photo byGoumbik

最近の朝日新聞の業績不振により、年収カットがされているという噂をよく聞きますが、口コミを参考にすると本当のようです。
2017年ごろから年収カットの試みがされており、給与の高い高年齢(40から50代)を中心に年収カットされているようです。
直近の業績である2020年9月中間連結決算では419億円の赤字を計上しており、原因としては主事業である新聞の実売部数の激減などが挙げられます。
今後も減少する見込みのため、年収カットの動きはしばらく継続しそうです。

しかし、年収がカットされても高い水準であることに変わりはないでしょう。
会社として人件費削減につとめていますが、依然として業界トップクラスの待遇と言えます。

年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2020年最新版】のイメージ
年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2020年最新版】
年収1000万円以上を稼げる仕事には、どのような職業があるのでしょうか。年収1000万円稼げるかどうかは企業や業種によっても変わります。今回は、年収1000万円稼げる仕事の職業や業界、年収1000万円稼いだ場合の手取りなどを紹介していきます。

朝日新聞の職種別・年齢別の平均年収とは

Photo bystevepb

ここでは、朝日新聞の職種別・年齢別の平均年収について解説をしていきます。

朝日新聞は年次を重ねるごとに年収が上がる傾向があります。
これらにより年功序列の色が強い会社であることが伺えます。
給与の特徴としてはみなし残業代が60時間分含まれています。

また、平均年齢は45.4歳、平均勤続年数が21.2年と長く働くことが前提の給与設計となっていると推測できます。
年齢や職種によって年収が異なるので、転職をお考えの方は事前にしっかり確認しておきましょう。

朝日新聞の職種別の平均年収

まずは朝日新聞の職種別(記者・営業・編集)の平均年収を紹介いたします。

職種 平均年収
記者 961万円
営業 879万円
編集 1,071万円

口コミを参考に職種別の平均年収を見てみると、編集職の給与が高いことがわかりました。
残業が多い職種は傾向として年収が高くなるようです。
その他、主だったインセンティブ制度はないようです。
あくまで口コミのデータですので、参考程度にしてください。

朝日新聞の年齢別による平均年収

次に朝日新聞の年齢別(20代から50代)の平均年収を紹介いたします。

年齢 平均年収
20代 330万円
30代 905万円
40代 1,140万円
50代 1,050万円


朝日新聞は年功序列の色が強く、上記の表からも分かる通り年齢による上がり幅が大きいです。
その他の特徴としては、みなし残業制で、月に60時間分がつくようです。

朝日新聞の初任給

朝日新聞の初任給は24万円〜26万円程度です。
初任給はあまり他社と変わらないか少し高いくらいの水準だといえます。

学位 初任給
大卒 月給246,730円
院卒 月給265,380円

朝日新聞の競合他社との年収比較

主要な新聞社4社について、有価証券報告書や口コミを参考に平均年収を比較したところ、上記の表のような結果になりました。
結果としては業界内で最も平均年収が高い結果になりました。
なお、読売新聞と毎日新聞については口コミのデータになりますので参考程度にしてください。

ユーザベースの年収はいくら?speedaのサービスや面接で必須な経験を解説!のイメージ
ユーザベースの年収はいくら?speedaのサービスや面接で必須な経験を解説!
経済情報を扱うサービスをメインに展開し、現在人気を集めているのがユーザベースです。平均年収も高く福利厚生も充実しているため人気業の一つとして非常に有名です。そこで今回はそんな人気企業ユーザベースの年収や面接の必勝法などを詳しく解説します。

朝日新聞の年収や評価制度の口コミ

Photo byFree-Photos

次に、口コミサイトを参考に年収に関する口コミをまとめてみました。

口コミの特徴としては、
・待遇面には文句がない
・年功序列の色が非常に強い
・評価制度で給与差が生まれにくいのでモチベーションの維持が難しい
といったものが多くみられました。

男性

男性

・給与制度
年功序列の色が非常に強い。
金銭面は申し分なく良いし、長期間の離職や家族への補助なども総合的にとても良い。
一方今後もこのような高待遇は続かないのではないかと感じる。

・評価制度
年々評価による待遇差を広げているが、正直ほとんど差がなく待遇が良い。
そのためどれだけ頑張っても差別化されないのでモチベーションの維持が難しい。

女性

女性

・給与制度
みなし残業制だが実際の労働時間に見合わないと感じる。
家賃補助等も出るのでその点は文句なく働いている社員が多い。

・評価制度
固定化した評価制度のため、不透明である。
業績を判断しにくい業種であり、基準が曖昧なのではないかと感じる。
評価が良いと給与が上がるというよりも役職の昇進が早まる。

20代におすすめ転職サイトランキング!転職で実際に役立ったサイトは?のイメージ
20代におすすめ転職サイトランキング!転職で実際に役立ったサイトは?
転職サイトで有名な公式サイトはリクナビNEXTやdodaなどありますが、20代の転職でおすすめの転職サイトにはどのようなサイトがあるのでしょうか。20代の方が転職する際に実際に役立つ、おすすめの転職サイトを項目別に紹介します。

年収が高い朝日新聞に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

朝日新聞等の人気が高い会社への転職はしっかり準備を

Photo byTheAngryTeddy

この記事では、朝日新聞の年収を職種別や年齢別に分けて詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか。
本記事の主なポイントは下記の通りです。

この記事のポイント

  • 朝日新聞の平均年収は1,229万円であり、他業種や同業他社と比較しても高い給与水準である
  • 高年収の理由はビジネスモデルにあり、広告収入がノーリスクで入る仕組みや扱う「情報」の機密度の高さが起因していると考えられる
  • 朝日新聞は年功序列の特色が強い会社であり、年次を重ねるごとに年収が上がる傾向がある
  • 朝日新聞は同業種内で最も高い平均年収額となっている
  • 朝日新聞の待遇面はポジティブな口コミが多く、不満はほとんどないようだが、今後もこの待遇が続くのか疑問視する口コミが多い

記事を読んでいただいてわかる通り、朝日新聞は年収が高く成長できる環境が整っているため、転職者からも非常に高い人気があります。
朝日新聞をはじめとする日系大手企業には新卒採用が多いという特徴があり、比較的転職難易度は高いことが予想されます。

転職活動を有利に進める上で重要なポイントは、転職先の働き方を知ることの他、選考情報を深く知ることが大切です。
選考フローには企業ごとに色があり、評価ポイントは千差万別です。
インテリゴリラでは内定者に実際にインタビューをして得た内定のポイントや面接の質問等の選考体験記が無料で読める、転職情報サイトです。
確実に内定を勝ち取りたい方は必見の内容になっているので、ぜひご一読ください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

関連記事

目次

人気記事ランキング