【2021年版】ヤフーの中途採用は難しい!未経験でも採用されるポテンシャル採用もあり!

【2021年版】ヤフーの中途採用は難しい!未経験でも採用されるポテンシャル採用もあり!

ヤフーの中途採用は職種によって高いスキルや経験が求められるため転職難易度が高いです。ヤフーの中途採用は即戦力を募集しています。この記事では中途採用の難易度が高い理由や転職が有利になる人の特徴、中途採用の求人について解説しています。ヤフーに中途採用で内定を獲得したい方には必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.ヤフーへの中途採用は難易度が高い!未経験でも採用されるポテンシャル採用もあり!
  2. 2.ヤフーの中途採用が有利になる人の特徴
  3. 3.ヤフーの中途採用の面接内容とは?
  4. 4.ヤフーの中途採用の求人情報
  5. 5.選考難易度が高いヤフーに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.ヤフー等の人気が高い会社への転職はしっかり準備を

ヤフーへの中途採用は難易度が高い!未経験でも採用されるポテンシャル採用もあり!

Photo by Neon Tommy

ヤフーの中途採用は【採用形式によっては応募資格が厳しい】という理由で転職難易度が高いです。

ヤフーの採用形式は以下の3つがあり、それぞれに特徴があります。

  • ポテンシャル採用
この採用形式では、同職種の経験がなくても採用される可能性があります。
ヤフーでは2016年から新卒採用を廃止しており、30歳以下であれば誰でも応募できる特徴があります。
  • キャリア採用
この採用形式では即戦力を求められており、難易度は非常に高いと言えます。
リーダー職やマネージャー職などの管理職の場合は、前職で管理職の経験があることが必須です。
基本的には30代以上の応募者が多く、すでに一定年数以上職種経験がある人がほとんどです。
この採用形式については未経験からの転職は難しいと言えるでしょう。
  • 契約社員
契約社員の採用難易度はそこまで高くありません。
雇用形態にこだわりがなければ、契約社員から正社員になるルートを狙ってみても良いでしょう。
選考は同職種の経験があればより有利に進められるようです。

ヤフーの主な事業内容は、検索連動型広告やディスプレイ広告をはじめとする広告関連サービスを提供する「マーケティングソリューションズ事業」、ヤフオクやYahooショッピングなどのeコマース関連サービスなどの「コンシューマ事業」を展開しています。
その他にも、クレジットカードやFXに関連する事業など多岐にわたる事業を展開しています。


以下、会社概要を紹介します。

ヤフーの会社概要

商号 ヤフー株式会社
事業開始日 1996年1月31日
本社 〒102-8282
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
資本金 199,250百万円(2020年6月30日)
従業員数 6,993人(2020年3月31日)

ヤフーは転職希望者から人気があり、入社の難易度は高いと言えるでしょう。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
面接の内容については内定者からの情報を得るのが一番です。
情報収集におすすめのサイトを紹介します。

ヤフーなどの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

ヤフーの中途採用が有利になる人の特徴

Photo by hyku

次に、ヤフーの中途採用が有利になる人の特徴について紹介します。
インテリゴリラが独自に調査した主な特徴を、下記の3点にまとめました。

ヤフーの中途採用が有利になる人の特徴

  • 便利なサービスを生み出したいという意欲がある人
  • インターネットを活用することに興味がある人
  • 人々の生活を格段に良くしたい人

ヤフーは「情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。」というミッションを掲げており、上記のような特徴がある人を求めていると言えます。
面接で上手にアピールできるよう、自己分析を徹底的に行い準備を万全にして選考に挑みましょう。

ヤフーに転職する難易度は?必要なスキルや口コミからの評判まで徹底解説!のイメージ
ヤフーに転職する難易度は?必要なスキルや口コミからの評判まで徹底解説!
ヤフーへの転職は難易度が高いです。即戦力のスキルがないと選考を突破することが難しいと言われています。転職を成功させるには、会社を知らなくてはなりません。 本記事ではヤフーの会社情報や評判・口コミなどから、転職を成功させるポイントを分析し解説をしています。

ヤフーの中途採用の面接内容とは?

フリー写真素材ぱくたそ

ヤフーの面接は1回30分程度と比較的短時間で行われる特徴があります。
内定を掴むためには行動指針である「ヤフーバリュー」を把握し、企業分析を万全にして挑んでください。

ヤフーの中途採用選考フロー

ヤフーの中途採用は、下記のフローで行われます。

ヤフーの中途採用選考フロー

  • 書類選考
  • 適性検査
  • 一次面接
  • 最終面接

一次面接はマネージャークラスと人事担当、最終面接は役員・部長クラスを相手に面接が行われるようです。
また、職種によっては面接回数が3回に増えることもあるようです。
1回の面接は30分程度で雰囲気は和やかであるという口コミもありました。

ヤフーの中途採用面接の傾向

面接の質問の傾向として、「主体性を持って自由に挑戦する」という社風が反映したものが多いです。
具体的には下記のような質問がされるようです。
・現在あるサービスを便利にするにはどのような変化をさせるか
・ヤフーの持つ膨大なデータを用いて何をしたいか
面接官から2〜5分で指定される時間以内にいかにアピールするかが求められるようです。

その他にも、志望動機やこれまでの経歴などといった一般的なものももちろん聞かれますので、自己分析と企業研究をしっかり行い、準備を万全にして挑んでください、

ヤフーの中途採用面接の攻略法

ヤフーの中途採用面接の攻略法は下記の2点です。

  • ヤフーの行動指針である「ヤフーバリュー」について理解を深めること
  • なぜヤフーなのかを明確にするため、他社研究をする
ヤフーの行動指針を把握することで、どのような人材が求められているかを明確にすることができます。
また、他社との差別化を図ることで面接の受け答えがスムーズになるので、しっかりと準備をしましょう。

ヤフーバリューについて

ヤフーバリュー

  • All Yahoo! JAPAN
  • 個のチカラ
  • 発見・提案・改善
  • 圧倒的当事者意識
  • やりぬく

ヤフーでは社員一人一人が体現し、常に利用者のために進化をすることが求められています。

ヤフーの平均年収はいくら?評価制度や口コミ評判などを徹底解説!のイメージ
ヤフーの平均年収はいくら?評価制度や口コミ評判などを徹底解説!
ヤフーへの転職を考えている方は、年収に関する情報が気になるのではないでしょうか。また評判や制度、口コミといった情報も知っておくことで選考を有利に進められます。ヤフーの年収情報について、是非、本記事を参考にしてみてください!

ヤフーの中途採用の求人情報

Photo by TopRankMarketing

次に、ヤフーの中途採用の求人情報を紹介いたします。
公式HPを参考に現在募集が行われている「正社員」「契約社員」の求人について紹介いたします。

【ポジション ウェブディレクター(正社員)】

  • 職務内容
個人による情報発信メディアサービスの企画、ディレクションを担当
  • 必要なスキルや資格
ウェブサービスの企画、ディレクション経験
プロジェクトマネジメント経験
いずれも2年以上

<歓迎条件>
インターネットメディアの運営経験
KPIの設計・モニタリング等の係数管理経験
複数のステークホルダーとの調整経験

  • 勤務地
本社(東京・千代田区)
  • 勤務時間
フレックスタイム制 7時間45分
  • 給与
経験、業績、スキル、貢献度に応じて規定あり
昇給年2回、賞与年2回
  • 待遇
時間外手当、通勤手当

【ポジション 広告審査(契約社員)】

  • 職務内容
ガイドラインに基づき、広告における表現内容の審査、チェックを担当
  • 必要なスキルや資格
パソコンの基本的な操作
Microsoft Office Excel、Wordの利用経験
インターネットの日常的な利用経験
コミュニケーション能力
文章作成や読み取りのスキル
変化に適応できる柔軟性と変化を楽しむマインド

<歓迎条件>
インターネット広告全般の知識、経験
Microsoft Office PowerPointの利用経験
数値やデータの分析経験

  • 勤務地
福岡県北九州市小倉北区
  • 勤務時間
9:00~17:45
  • 給与
経験、業績、スキル、貢献度に応じて規定あり
賞与あり
  • 待遇
時間外手当、通勤手当

20代におすすめ転職サイトランキング!転職で実際に役立ったサイトは?のイメージ
20代におすすめ転職サイトランキング!転職で実際に役立ったサイトは?
転職サイトで有名な公式サイトはリクナビNEXTやdodaなどありますが、20代の転職でおすすめの転職サイトにはどのようなサイトがあるのでしょうか。20代の方が転職する際に実際に役立つ、おすすめの転職サイトを項目別に紹介します。

選考難易度が高いヤフーに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ヤフー等の人気が高い会社への転職はしっかり準備を

Photo bystux

ここまでヤフーの中途採用について紹介してきましたがいかがでしたか。
以下にこの記事で紹介したポイントをまとめます。

この記事のポイント

  • ヤフーの中途採用難易度は採用形式によっては高い
    理由は応募条件の厳しさにあり
  • ヤフーの中途採用が有利になる人の特徴は「情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。」のミッションを体現できる人
  • ヤフーの中途採用の攻略法は、「ヤフーバリュー」についての理解を深めることと他者研究をすることである

記事を読んでいただいてわかる通り、ヤフーは転職難易度が高く、転職者からも非常に高い人気があります。
ヤフーをはじめとする日系大手企業には新卒採用が多いという特徴があり、比較的転職難易度は高いことが予想されます。

転職活動を有利に進める上で重要なポイントは、転職先の働き方を知ることの他、選考情報を深く知ることが大切です。
選考フローには企業ごとに色があり、評価ポイントは千差万別です。
インテリゴリラでは内定者に実際にインタビューをして得た内定のポイントや面接の質問等の選考体験記が無料で読める、転職情報サイトです。
確実に内定を勝ち取りたい方は必見の内容になっているので、ぜひご一読ください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

関連記事

目次

人気記事ランキング