ヤフーに転職する難易度は?必要なスキルや口コミからの評判まで徹底解説!

ヤフーに転職する難易度は?必要なスキルや口コミからの評判まで徹底解説!

ヤフーへの転職は難易度が高いです。即戦力のスキルがないと選考を突破することが難しいと言われています。転職を成功させるには、会社を知らなくてはなりません。
本記事ではヤフーの会社情報や評判・口コミなどから、転職を成功させるポイントを分析し解説をしています。

記事の目次

  1. 1.ヤフーの転職難易度
  2. 2.ヤフーの企業情報
  3. 3.ヤフーの待遇・労働環境
  4. 4.ヤフーの評判・口コミ
  5. 5.ヤフーの選考情報
  6. 6.ヤフーに転職する方法
  7. 7.ヤフーに転職して年収を上げたいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.転職難易度が高い企業への転職は、手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ヤフーの転職難易度

[引用元:https://about.yahoo.co.jp/]

ヤフーの転職難易度は、IT業界の中でも高いと言われています。名前を知らない人がいないほどのネームバリューがあり、転職希望者が多く、競争率が高い為です。
スキル無しの状態では転職が難しいと言われてるため、即戦力で活躍が可能な優秀な人材でなければ、選考を突破することは非常に難しいでしょう。

男性

男性

転職面接では入社後にヤフーで何をしたいかを重視しており、明確な志望動機を企業にアピールすることが重要です。ヤフーへの転職が難しいことは間違いありませんが、あきらめずに採用をつかみとりましょう。

ヤフーの年齢別転職難易度

ヤフーの転職難易度は全体的に難しいことが特徴ですが、年代によって難易度が異なります。ここでは、「20代」「30代」の転職難易度を述べていきます。

20代の転職難易度

20代の転職では未経験からの転職は難しいものの、職種の経験やスキルがあれば採用の対象になります。

例えば、専門職なら専門分野の実務経験とスキル、営業職なら接客販売など対人折衝に関連した仕事の経験とスキルが必要です。
20代は応募職種に関連する経験やスキルがあれば、難易度は決して高くないと言えます。

30代の転職難易度

30代の転職は難易度が高く、職種の経験とスキルがあるだけではなく、即戦力になれることをアピールする必要があります。30代は20代と違い、ポテンシャル採用を行われません。
専門職の場合は技術で一人前なのは当然で、マネジメントやディレクターの経験など採用担当者の目に留まる経験が必要です。営業職の場合も同様で、職務スキルだけではなくマネジメントの経験や事業責任者の経験など、プラスアルファの経験がないと転職は難しいと言えます。

男性

男性

マネジメントや事業責任者など管理をする仕事の経験がある人は、転職先として検討をしてみてはいかがでしょうか。

ヤフーの企業情報

[引用元:https://about.yahoo.co.jp/info/]

ヤフーは1996年に会社を設立おり、同年4月にヤフージャパンを開始しました。
親会社はソフトバンクグループで、アメリカでヤフーが立ち上がったばかりの頃に孫正義氏が投資を行い、ヤフージャパンの立ち上げを行いました。

男性

男性

2003年に東京証券取引所市場第1部に上場以降、スマートフォン事業などインターネットの利用状況が急激に変わり、2012年に経営体制の刷新をはかっています。

2019年に持株会社体制に移行して、ヤフー株式会社は「Zホールディングス株式会社」に商号を変更しました。ヤフー株式会社のサービスは、Zホールディングス株式会社の子会社である新たなヤフー株式会社に受け継がれました。

現在、東京都千代田区に本社を構え、従業員数は6,993人(2020年3月31日)、資本金は199,250百万円(2020年6月30日)、代表者は川邊健太郎氏です。

ヤフーの企業概要

ヤフー株式会社はポートタルサイトの運営を行っており、日本国内でトップクラスのアクセス数を誇ります。
かつては、検索サイトや検索エンジンとしてポジションを確立していました。現在の検索エンジンは、Googleの検索システムを導入しており、ディレクトリ型の検索エンジン(Webサイトをジャンルに応じてカテゴリに分類・収集した検索サイト)を提供しています。

男性

男性

メイン事業は、イーコマース、会員サービス、インターネット上の広告事業などです。Yahoo!オークション、Yahoo!ショッピング、Yahoo!不動産などさまざまなサービスの提供を行っています。

ヤフーの事業内容

ヤフーの事業内容は、下記の3つが中心となっています。

事業内容

  • メディア
  • コマース
  • ビジネス

それぞれの事業内容を順番に見ていきましょう。

メディア

メディアは、インターネットを通してさまざまな情報を提供します。

Yahoo!ニュースやヤフー路線、ヤフー知恵袋などのサービスがあり、インターネットにつながる環境さえあれば、外出先でも知りたい情報にアクセスが可能です。

男性

男性

日常の生活で分からないことがあった場合、即座に調べて解決したい時は多くあるでしょう。メディアは、そのようなニーズに十分に応え得る情報量と正確な情報を提供しています。

コマース

コマースはサービスを通して、主に消費者の購買を支援しています

よく聞くサービスに、ヤフーショッピング、ヤフー不動産、ヤフオク!などがあります。これらのサービスを使い、自宅にいながらさまざまな商品の閲覧や購買が可能です。

男性

男性

コロナウィルスの影響で、外出をすることなく商品を購入するというニーズが増え、コマースはヤフーの事業の中で今後もより重要な立ち位置になるでしょう。

ビジネス

ビジネスは、多種多様なデータや情報を用いて企業や消費者を支えており、オープンコラボレーションスペースを設立するなど、コミュニケーションの機会も創出しています。

ビジネスで提供しているサービスは、下記の4つが中心となっています。

ビジネスサービス

  • データソリューション:ヤフージャパンのサービスを通して蓄積されたビッグデータを用いて、企業や自治体のあらゆる事業活動を支援
  • プレイス:ヤフージャパンの各種サービスに連携され、お店や施設の情報を入稿
  • マーケティングソリューション:検索広告やディスプレイ広告などデータとテクノロジー
  • LODG:「未来のあたり前」を生み出すために出会い交流の場を提供

これらのサービスを通して、企業や消費者を支えたり、コミュニケーションの機会を創出したりしています。

ヤフーの業績

[引用元:https://www.z-holdings.co.jp/ir/library/#tab02]

LINEとの経営統合を進めているZホールディングス(旧ヤフー)の決算(2019年にZOZOを連結の範囲に含めている)を紹介します。

売上収益10,529億円(前年同期比+10.3%)
営業利益1,522億円(前年同期比+8.4%)
四半期利益816億円(前年同期比+3.8%)

2020年3月期通期連結累計期間の業績は、前年同期と比べ増収増益となっていることが分かります。

男性

男性

増収となった原因は、ZOZOを連結子会社したこと、アスクルグループの業績が好調なことに加え、広告売上収益が増加したことなどです。増益は、ZOZOを連結したことが主な原因です。

2020年3月期通期の業績を詳しくみると、特筆すべき点はeコマース取り扱い高とクレジット取り扱い高が大きく成長したことです。ZOZOの連結子会社化(2か月分)がeコマース取り扱い高が増えた要因であり、クレジット取り扱い高はキャッシュレス還元による新規会員の増加が寄与しています。
Zホールディングスは、とくにコマース事業が成長をしています。コマース事業の営業構成比をみると、営業利益はヤフー単体が約半数であり、それ以外のグループ各社が残りの半分を占めています。

男性

男性

ヤフー単体以外ではZOZOの貢献度が最も高く、次いで一休、アスクルと続きます。PayPayは、キャッシュレスの推進を追い風にして加盟店数、登録者数がともに増加しており、キャッシュレス利用率ランキングはクレジットに次いで2位という結果を残しています。

今後の見通しとしては、ZOZOの連結子会社化により前回発表した売上収益の予想より増加し、営業利益は前回発表予想の上限に着地する見込みです。

ヤフーの待遇・労働環境

[引用元:https://about.yahoo.co.jp/info/]

業績が好調で成長を遂げているヤフーですが、待遇・労働環境はどのような特徴があるでしょうか。

ここでは、平均年収や福利厚生、残業などの労働時間について説明をしていきます。ヤフーの待遇・労働環境を理解し、転職活動に役立てましょう。

ヤフーの待遇

ヤフーの待遇は、他社と比較して優れていると言えます。特筆すべきは、社員の健康管理や安心をして働ける充実した福利厚生です。
平均年収も魅力的ですが、福利厚生に関しては特に評判が良いことが特徴です。その待遇や評判の良さが、社員の定着率や企業の人気要因の1つでしょう。

男性

男性

ただし、年収は高くても外資系ゆえに各種手当が支給されないなど、不満の評判・口コミもあるようです。年収以外の待遇に関する評判は転職をする上で非常に重要になるため、しっかりと把握をしましょう。

ヤフーの平均年収

ヤフーの所属するZホールディングス全体の平均年収は1,105万円(2019年度有価証券報告書参照)です。
10年間で平均年収591万円から1,105万円の間を推移しています。

ヤフーの福利厚生

ヤフーは福利厚生が充実しており、人間ドッグやがん検診の費用補助、マッサージルームの設置など社員の健康に力を入れています。確定拠出年金や各種保険など老後まで安心をして暮らせる制度にも積極的に取り入れています。

他にも、下記のような素晴らしい福利厚生が用意されています。

福利厚生

  • 脳ドック/心臓ドック費用補助
  • 乳がん検診費用補助
  • マッサージルーム
  • オープンコラボレーションスペース
  • 社員食堂・カフェ
  • 健康保険の保険給付
  • 保養施設
  • インターネット利用補助制度
  • 社員向け優待・割引
  • 確定拠出年金

他にも、財産形成貯蓄制度(財形)、株式累積投資制度(るいとう)、総合福祉団体定期保険、共済保険、長期取得補償制度など、社員の健康と生活を総合的に支援しています。

ヤフーの残業時間

ヤフーの平均残業時間は月30時間~40時間程度と言われ、競合他社と比較すると残業は少なめな印象です。
これは、ヤフーが独自の休暇制度を複数設けているためです。部署にもよるようですが、IT業界の中ではワークライフバランスは優れています。

ヤフーには、下記のような休暇制度も設けられています。

休暇制度

  • 土曜日祝日振替特別休日
  • 年次有給休暇
  • 積み立て有給休暇
  • 特別休暇
  • 課題解決休暇
  • 勉学休職休暇
  • サディカル制度
  • ノーマライゼーション休暇

このような独自の休暇制度を設け、社員の働きやすいやすい環境を構築していることが特徴です

ヤフーの評判・口コミ

転職の難易度が高い一方で、福利厚生や休暇制度が充実しているヤフーですが、実際に社員からの評判・口コミはどのようになっているでしょうか。ここでは、下記4つのポイントに分けて口コミをご紹介します。

ヤフーの口コミ

  • 待遇
  • 社風
  • 評価制度
  • 仕事のやりがい

待遇について

待遇については、少々マイナスな評判や口コミが挙がっている印象です。

理由は各種手当が少ないことです。年収は悪くないのですが、外資系ゆえに退職金制度や住宅手当が支給されていないという評判・口コミがあります。平均年収以外の待遇に関しては転職考える上で重要な目安なので、必ず確認しましょう。

社風について

社風については、風通しがよいという特徴があり、人間関係に関する評判も良いものが多いです。社員の平均年齢が若く自由に仕事をしている雰囲気で、不愛想で堅苦しいイメージはないようです。
しかし、風通しがよく自由であることに相まって「各自が好き勝手に仕事をしている雰囲気で、まとまりがない」というマイナスの口コミも出ています。

男性

男性

大企業で多くの事業を展開しているため、以前は部門間の縦割りが強かったようですが、2012年に組織体制を変えてからは意思決定のスピードに関しては早くなったようです。
自由な雰囲気で言いたいことが言える環境で仕事をしたい、という転職希望者にはおすすめの会社といえます。

評価制度について

評価制度に関しては、あまり良い評判や口コミはない印象です。

理由は、昇給のスピードが遅いという点です。昇給は、上長やメンバーから社内規定にそって四半期ごとに評価をされることで決定します。ただし、評価基準があいまいな上、昇給のスピードも遅いため、早いうちから出世するのは難しいです。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについては、非常に高い評判・口コミが多いです。

インターネット業界のトップとして、規模が大きい案件を幅広く経験が可能ということが大きく、自分のやりたい仕事を主張することが歓迎される風土もあり、非常に業務にやりがいを持てるようです。

ヤフーの選考情報

[引用元:https://about.yahoo.co.jp/hr/]

ここでは、ヤフーの選考情報を、「ヤフーの選考フロー」「ヤフーの面接対策」に分けてお伝えします。難しい転職活動であっても、選考フローを把握することでスケジュールを立てやすく、効率の良い転職活動に繋がります。

選考情報に必ず目を通し、有利に転職活動を進めましょう。

ヤフーの選考フロー

ヤフーの具体的な選考フローは下記のとおりです。

選考フロー

  • プレエントリー
  • 書類選考
  • 筆記試験・適性検査
  • 2〜3回の面接(基本的に2回、職種によっては3回)
  • 1か月~1か月半で内定

面接は30分程度の短い時間で行われることが多いです。
1次面接は、現場のマネージャークラスと人事担当者、2次面接は、現場の役員・部長クラスと人事担当者で行われます。一般的な面接よりもハイレベルで難しいことが特徴であるため、それぞれの選考フローに対する対策をしっかりと行うことが重要です。

ヤフーの面接対策

ヤフーの面接の特徴としては、和やかな雰囲気で行われるのですが、休む間もなく質問がとんでくる口コミがあるようですので、思考の柔軟性や発想力を主にみていると考えられます。一般的な面接よりも、はるかに難しいことが伺えます。
1次面接では会社説明の機会もあるので、積極的に質問をして会社への熱意と同時に、質問をその場で考えることができる思考力や発想力をアピールすると良いでしょう。

男性

男性

面接の質問では、主体的かつ自由に挑戦させるという、ヤフーの社風にマッチするかという趣旨ものが多いようです。

例えば、5分間で自己紹介をしてくださいという質問では、時間内で相手に伝わるように論理的な説明や柔軟な思考が可能かを見られています。あなたを野菜に例えると何かなど意表を突いた質問では、突発的なことに対処する力や臨機応変さ、発想力などの課題解決能力を確認していると考えられます。

男性

男性

ヤフーが、主体的かつ自由に挑戦させるという考えを持っているということは、自分の頭で考え業務を行い、不測の事態にも臨機応変に対応できなくてはいけません。

そのような柔軟な思考力や発想力を持った人材をヤフーは欲しています。
また、先にも述べましたが、なぜヤフー株式会社を志望したのかという明確な志望動機が転職面接では必要です。

その他の企業でも選考情報を探している方には、転職情報サイトのインテリゴリラには、非公開の情報があるのでおすすめです。併せて確認しましょう。
=================================================================
ハイクラス企業へ内定のための必勝法は?
選考体験記一覧を見る

=================================================================

ヤフーに転職する方法

ここでは、ヤフーに転職する方法を述べていきます。

ヤフーに転職する方法

  • ヤフーの採用情報
  • ヤフーが求める人材
  • ヤフーに転職するために必要なスキル

難易度が高く、難しい転職になることは間違いありませんが、ポイントを押さえれば転職成功の可能性を格段に上げることができます。
まずは、採用情報から見ていきましょう。

ヤフーの採用情報

ヤフーの選考エントリーには、新卒・既卒問わずに30歳以下が受けることが可能なポテンシャル採用と、これまでのキャリアや専門性をいかすキャリア採用があり、自分がどのポジションにエントリーをするかの確認が必要です。

男性

男性

職種は、開発担当のENGINEERやDESIGNER、コーポレートスタッフおよび営業企画担当である、BUSINESSの3つの職種に分類されます。いずれの職種も自分のキャリアに適したポジションが出てきた場合に、選考情報を受け取れるオープンポジションの仕組みがあるということも特徴です。

ポテンシャル採用

ポテンシャル採用は、既卒で就業経験がない場合や1度は就職した経験がある第二新卒などで、求人応募時で30歳以下の方が対象です

ポテンシャル採用では、高度な専門性やスキルを必要としていない場合が多いです。未経験からの転職は難しいですが、ある程度の素養がある方は転職に挑戦してみるといいかもしれません。

キャリア採用

キャリア採用はポテンシャル採用とは異なり、即戦力採用です。これまでのキャリアと専門性を企業は重視します。

職種に対する豊富な経験と高度なスキルをお持ちの方は、転職を検討しましょう。

ヤフーが求める人材

[引用元:https://www.z-holdings.co.jp/]

ヤフーが求める人材は、企業のミッションである情報技術で人々や社会の課題を解決するという、ヤフーバリューに共感していることです。
All Yahoo! Japan、個のチカラ、発見・提案・改善、圧倒的当事者意識、やり抜くという5つのバリューを掲げています。

男性

男性

面接対策でも述べた課題解決能力、ヤフーに対する熱い気持ち(明確な志望動機)を企業はもっとも重視しています。ヤフーバリューの内容や明確な志望動機を、自分の中に落とし込みましょう。

ヤフーに転職するために必要なスキル

ヤフーに転職するためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。「エンジニア職」「デザイナー職」「ビジネス職」それぞれの必要スキルを解説します。転職先を検討する際の参考にしてみてください。

エンジニア職

エンジニア職への転職は専門的なスキルが必要になり、非常に難しいと言われています。既卒向けの求人ですが、エンジニア職に関係する起業経験や自身で制作したアプリのダウンロード数が100万回以上という高スキルを企業は求めています。

男性

男性

研究開発エンジニア、アプリ開発エンジニア、社内情報システムエンジニア、セキュリティー監視など様々な業務があります。それぞれ必要なスキルは異なり、常に技術は変わっていくので、募集情報を常にチェックして必要スキルを把握しましょう。

技術の進化は日進月歩で、その時々で求められるスキルは異なりますので、最新スキルには常にアンテナを張っておきましょう。

デザイナー職

デザイナー職への転職は、各種サービスのデザインを行うことから常にトレンドには敏感でいる必要があります。UI・UXデザイン、マークアップデザインなどさまざまな部門があり、必要なスキルはそれぞれ異なりますが、HTML、CSS、JavaScriptの実務経験は必須でしょう。

男性

男性

エンジニア職と同様に、既卒向けの求人もあるのですが、かなりの高スキルを求められるようです。技術はもちろんですが、センスも重要な仕事であるため、多くのデザインに触れ感性を高める努力をしましょう。

ビジネス職

ビジネス職は、文系出身でヤフーに入社をしたい転職希望者にはオススメです。

営業や人事、コーポレートスタッフ、カスタマーサポートなど、さまざまな部門があるのですが、求められるスキルの専門性はそこまで高いものではありません。
Word,Excelなどのオフィス製品の使用経験、コミュニケーション能力を活かした業務経験やスキルなどがメインです

男性

男性

高度な専門性やスキルを要求されるエンジニア職やデザイナー職への転職は、文系出身ではハードルが高いのかもしれません。ビジネス職も同様に転職は難しいですが、文系出身者は転職先として検討をしてもよいのではないでしょうか。

ヤフーに転職して年収を上げたいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

2020年10月の転職市況感としては、正直厳しくなってきています。

ここ数年は雇用情勢が比較的安定していたこともあり、求人数・求職者数ともに高い水準で推移していましたが、2020年の1月からは有効求人倍率が下がりはじめ、コロナの影響も相まって5月の段階では1.20倍となり、市場は売り手市場から買い手市場に変化しました。

今回のコロナショックによる自粛や経済活動の縮小は長期化する可能性が高く、「落ち着いたら動き始めよう」と思っていても、なかなか状況が好転しないという可能性もあるという状況です

上記の理由から、企業の採用HPを見ても募集が減少している状況が顕著に見られます。
ただし、このような状況でも転職エージェントにはヤフーの非公開求人が存在する場合があり利用してみる事をおすすめします。

またヤフーへ転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. ヤフーに関する求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. ヤフー以外の適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力と豊富に求人を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
ヤフーへ転職したいのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

転職難易度が高い企業への転職は、手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

[引用元:https://about.yahoo.co.jp]

ここまでヤフーへの転職難易度や年収などの企業情報、転職の方法を解説してきました。
ヤフーは転職が非常に転職が難しい企業ではありますが、転職エージェントを利用することで転職成功も十分視野に入れられます。

転職エージェントに登録する際は、必ず複数社に相談をすることが大切です。なぜなら、転職エージェントによってサポート内容やサービスの手厚さが異なるためです。

まずは、ヤフーへの転職を成功させるためにも、自分に最も合っていると感じる転職エージェントを3社ほど絞り込み、無料で相談することから始めてみましょう!

また、転職を進める上で非公開の情報を集めるには、転職情報サイトのインテリゴリラにも併せて登録する事をおすすめしています。
転職活動は情報戦です。徹底的な情報収集でライバルに差をつけましょう。
=================================================================
ハイクラス企業内定のための必勝法は?
選考体験記一覧を見る

=================================================================

伊藤仁
ライター

伊藤仁

ベンチャー、IT業界に特化しています、よろしくお願いいたします

関連記事

目次

人気記事ランキング