【2021年版】JR東日本の平均年収は高い!過去最悪の業績・それでも年収が下がらない2つの理由!

【2021年版】JR東日本の平均年収は高い!過去最悪の業績・それでも年収が下がらない2つの理由!

JR東日本の平均年収は719万円(2020)です。高い水準で安定的に推移しており、2019年は715万円、2018年は714万円、2017年は710万円でした。コロナによる業績悪化の年収への影響、職種や年齢別年収、給与・評価制度等、年収に関わる評判も解説。

記事の目次

  1. 1.JR東日本の平均年収は高い!過去最悪の業績・それでも年収が下がらない2つの理由!
  2. 2.年収が高いJR東日本に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  3. 3.JR東日本の年収の高さは業界最大手だからこそ

JR東日本の平均年収は高い!過去最悪の業績・それでも年収が下がらない2つの理由!

JR東日本の平均年収は有価証券報告書によると719万円です。

JR東日本の年収は、国内の大手企業と比べても高い水準です。2021年4月末に発表した決算によると、コロナによる打撃を受け民営化後初めての最終赤字決算になりました。
今後も高水準の年収を維持できるか不安に思われる方もいると思いますが、JR東日本の平均年収はそれでも上がる可能性が下がらない可能性が高いと考えられています。
主な理由は下記2点です。

平均年収が下がらない理由

  • 売上構成の内、鉄道以外(不動産等)の収益が25%で安定収入がある
  • 不動産事業による街づくりを通じて、鉄道の需要をコントロールできる基盤があり今後の業績にも期待できる

反対に平均年収が下がるかもしれない理由としてはどのようなものがあるでしょうか。
主な理由は下記2点です。

平均年収下がるかもしれない理由

  • コロナなどによる移動の減少が恒常化
  • 日本の不動産需要がなくなり、価格が下落

今後も終息が見えない場合は赤字が続かなくとも、規模縮小して早期退職などを募る可能性もあります。
平均年収の面だけで見れば、人数が減れば平均年収は上がる可能性もあります。

安定しているイメージと平均年収の高さで人気があり、入社の難易度は高いと言えるでしょう。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
面接の内容については内定者からの情報を得るのが一番です。
情報収集におすすめのサイトを紹介します。

JR東日本などの難関企業への転職ならインテリゴリラ

転職活動をしようと思っている、または既にしている方の多くが持っている悩みは下記の3点ではないでしょうか。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきたいところです。



上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
非公開の選考情報を大量に読み、志望業界経験者からのアドバイスを得ながら、内定率が大きく変わる選考に挑戦できます。転職活動を検討中の方も、既に動いている方も必見の内容となっています。是非一度確認してみて、内定を獲得して下さい。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

JR東日本の年代別平均年収は年功序列で上がっていく

次に、JR東日本の年齢別による平均年収はどのようになっているのでしょうか。
20代から60代の平均年収について、下記の表で詳しく解説致します。

年齢 平均年収
20代 480万円
30代 610万円
40代 789万円
50代 1,004万円

上の表のように、JR東日本では年功序列で給与が上がっていく特徴があります。
職種にもよりますが、平均年収の719万円に近づくのは40歳前後のため長く勤める必要があります

注意点としては、10年後〜20年後には上記の理由で平均年収が下がる可能性もあるので注意が必要です。

また、JR東日本の初任給は22万円〜24万円です。
給与制度は年功序列の色が強く、初任給はあまり他社と変わらない傾向があります。
職種ごとの初任給は以下の通りです。

役職 年収
【総合職】  
大卒 22万円
院卒 24万円
【エリア職】  
大卒 21万円
院卒 22万円

次に、JR東日本の職種別平均年収を紹介していきます。

JR東日本の職種別平均年収

JR東日本の職種別による平均年収はどのようになっているのでしょうか。
技術職、営業職、総合職、乗務員、車掌に分けて、下記の表で詳しく解説致します。

職種 平均年収
技術職 568万円
営業職 524万円
総合職 588万円
乗務員 522万円
車掌 502万円

総合職は年収が高くなりやすいですが、全国転勤があります。
また、技術職の中でも高専卒か院卒によって年収が異なるため一概には言えませんが、専門性が高い職種の方が当然年収は高いので理系なら技術を身に着けて選考に挑むことをお勧めします。

JR東日本と競合他社・JR各社との年収比較

有価証券報告書を参照

有価証券報告書を参考にJR内で平均年収を比較した結果、JR東日本の平均年収よりもJR西日本の方が高いことがわかりました。
JR西日本の方が平均年収が高くなっている理由としては、従業員一人あたりの営業収益額が高いからだと考えられます
「規模が大きい=稼げている」という構図になるわけではないと再認識できるデータになっていると思います。

会社名 従業員数 営業収益(百万円)
JR東日本 44,830人 2,946,639
JR西日本 18,282人 1,844,647
直近の有価証券報告書を参照

JR以外の東京メトロなども平均年収は高くなっていますが、その理由も同様の理由です。

一方、JR九州などの地方ローカル線はあまり稼げていので年収も低くなっています。

JR東日本の年収に対する評判・口コミ

男性

男性

【営業職・5〜10年目・男性 年収470万円・賞与100万円】
・給与制度
中途採用ですが賞与の支給月数も下がり、中小企業と同じくらいの給与帯です。
年収も休日も減っているのが実状です。
・評価制度
入社時は係職から始まり、指導職→主任職→主務職と試験に受かると昇進できます。
その後は人事考課によって上がって行きます。
基準については明瞭になっていないため、不満の声を聞くこともあります。

男性

男性

【技術職・5〜10年目・男性 年収450万円・賞与120万円】
・給与制度
コロナ前の賞与は年間6ヶ月分支給であったが、今年度は3ヶ月分ほどであると言われています。
残業は申請すれば1円単位で支給される
・評価制度
昇進試験の合否の評価が不透明です。

女性

女性

【総合職・5〜10年目・男性 年収630万円】
・給与制度
基本給が抑えられており、ボーナスが手厚い仕組みになっています。
毎年定期昇給はありますが、100万円単位で上がるわけではありません。
・評価制度
昇進試験の合否の評価の不透明さは否めません。

女性

女性

【乗務員・5〜10年目・男性 年収520万円】
・給与制度
毎年必ず昇給があります。乗務員は夜勤があるため、特別手当があり平均年収以上に貰えます。
・評価制度
通常業務では他の乗務員と差をつけることが難しく、通常業務以外の業務で差をつける必要があり、多忙になりがちです。

高水準の年収が魅力的なJR東日本は、多くの転職希望者が志望する人気企業です。
確実に内定を獲得するには、情報収集が必須です。
下記では内定者から直接聞いた選考情報が多数掲載されているおすすめの情報サイトを紹介いたします。

年収が高いJR東日本に転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

JR東日本の年収の高さは業界最大手だからこそ

この記事では、JR東日本の年収を職種別や年齢別に分けて詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか。
JR東日本では上記のような高い水準の年収のほか、充実した福利厚生があります(残業代、退職金等)。

本記事の主なポイントは下記の通りです。

この記事のポイント

  • JR東日本の平均年収は719万円であり、他業種と比較して高い水準である
  • JR東日本の平均年収は今後も下がらない可能性が高く、安定していると言える
  • JR東日本の年代別平均年収は年功序列で上がっていく

記事を読んでいただいてわかる通り、JR東日本は年収が高く成長できる環境が整っているため、転職者からも非常に高い人気があります。
JR東日本をはじめとする日系大手企業には新卒採用が多いという特徴があり、比較的転職難易度は高いことが予想されます。

転職活動を有利に進める上で重要なポイントは、転職先の働き方を知ることの他、選考情報を深く知ることが大切です。
選考フローには企業ごとに色があり、評価ポイントは千差万別です。
インテリゴリラでは内定者に実際にインタビューをして得た内定のポイントや面接の質問等の選考体験記が無料で読める、転職情報サイトです。
確実に内定を勝ち取りたい方は必見の内容になっているので、ぜひご一読ください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

関連記事

目次

人気記事ランキング