会食・接待・ 飲み会のお礼メールの書き方は?取引先に感謝が伝わる例文を伝授!

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの書き方は?取引先に感謝が伝わる例文を伝授!

会食のお礼メールは、取引先と良い関係を続けるために必須です。今回は、そんな会食のお礼メールの書き方や例文、マナーなどについて詳しくご紹介いたします。是非、こちらの記事を参考にして、会食のお礼メールを作成してみてください。

記事の目次

  1. 1.会食・接待・ 飲み会でのお礼メールで感謝を伝えよう
  2. 2.会食・接待・ 飲み会のお礼メールのマナー
  3. 3.会食・接待・ 飲み会のお礼メールの書き方
  4. 4.会食・接待・ 飲み会のお礼メールの例文
  5. 5.会食・接待・ 飲み会のお礼メールの注意点
  6. 6.会食・接待・ 飲み会のお礼メールの役割
  7. 7.会食・接待・ 飲み会のお礼メールは素早く&丁寧に!
  8. 8.一流難関企業に転職したい人必見! 内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

会食・接待・ 飲み会でのお礼メールで感謝を伝えよう

Photo bygeralt

会食・接待・飲み会でお礼を伝えたいときは、メールで感謝を伝えるようにしましょう。

お礼のメールをしなかったのであれば、「昨日の場では何か不快な思いをさせてしまったのではないか」と取引先が不安に思ってしまう可能性があります。

また、おもてなしを受けたのにお礼を伝えないのは、マナー違反と言えます。

おもてなしを受けた場合は、食事会を開催してもらったことに対して率直にお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。

会食・接待・ 飲み会のお礼メールのマナー

Photo byFree-Photos

会食・接待・ 飲み会のお礼メールのマナー

  • 翌朝までに送信する
  • 接待の内容を褒める
  • 正式なお礼は書面であることを意識する

会食・接待・ 飲み会のお礼メールは、ビジネスの一部ですので、しっかりとしたマナーがあります。

マナーを守らなければ、取引先から「失礼な人だな」と思われかねません。

そうならないためにも、お礼メールのマナーをしっかりと覚えておくようにしましょう。

翌朝までに送信する

会食・接待・飲み会でお礼を言いたいときは、翌朝までに送っておくのがマナーです。

なるべく相手が翌朝のメールチェックする前に送っておくと良いでしょう。

そのため、相手の就業時間を目安にして、それよりも前の時間にメールを送っておくのがおすすめです。

また、会食・接待・飲み会の翌日に電話をする機会があれば、メールだけではなく、電話でもお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

接待の内容を褒める

お食事会を開くときは、普段忙しい仕事の合間を縫って、お店を探し押さえなくてはいけません。

そのため、お食事会の幹事が自分たちではなく取引先だった場合、提供された料理の内容、お店の雰囲気、お食事会を開いてくれたことを褒めるようにしましょう。

ただし、接待の内容を褒める際に長い文章を書く必要はなく、「美味しい料理やお酒までごちそうしていただき、本当にありがとうございます。」など簡潔にまとめた一言で問題ありません。

接待の内容に関してお礼の言葉を一言入れておくことで、取引先は「良いお食事会を開けたな。また招待しよう。」と思ってくれます。

正式なお礼は書面であることを意識する

ビジネスにおいてメールは、正式な文書ではなく、相手に伝えたいことを簡単に伝えられる便利なツールです。

ビジネスにおけるメールは略式ですので、礼儀を大切にしている人にとっては、メールだけでお礼の気持ちを伝えられると不快に気持ちになってしまう人もいます

そのため、お食事会を開いてもらった場合は、お礼の言葉を書面で送るのが正式なマナーです。

ただし、現代では書面でお礼の言葉を送ることは、ほとんどありません。

ですので、相手の立場やそのときの状況など、いろいろな背景を踏まえて、感謝の気持ちをメールで送るのか書面で送るのかを決めるようにしましょう。

また、メールや書面でお礼の言葉の送ることの目的は、感謝の気持ちを伝えることであり、「お礼は必ず書面で送る」といった形だけのものにならないよう意識しなければいけません。

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの書き方

Photo byStartupStockPhotos

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの書き方

  • 構成を意識する
  • 感情業減を取り入れる
  • ごちそうになった場合の表現に注意する
  • 次に繋がる一言を添える

会食・接待・ 飲み会のお礼メールは、書き方に注意する必要があります。

いくら飲み会で仲良くなったからといって、カジュアルすぎるお礼メールは失礼にあたります。

そこで、ここでは、お礼メールの書き方について詳しくご紹介いたします。

構成を意識する

会食・接待・飲み会のお礼メールでは、丁寧な印象を与えるために、ある程度書き方の構成を決めておくことが重要です。

お礼メールの書き方

以下が、会食・接待・飲み会のお礼メールでよく使われる構成になります。

  1. 件名
  2. 相手の名前
  3. 挨拶
  4. お礼
  5. 飲み会であったこと
  6. 感謝の気持ち
  7. 締めの言葉
  8. 会社名・自分の名前
以上の構成を参考にメールを作成すると、文章がすっきりとして読みやすくなります。

感情表現を取り入れた書き方

ビジネスメールは、丁寧な言葉遣いの書き方で送るため、冷たい印象の文章になりがちです。

丁寧な敬語ばかりの書き方の文章だと、文章を書いた人の感情がわかりづらく、またテンプレート感が溢れたメールになってしまいます。

そのようなことを避けるために、会食・接待・飲み会のお礼メールでは、感情表現を取り入れた書き方が必須です。

実際にメールを送る際は、以下のような感情表現を参考にしてみましょう。

  • 仕事の相談に乗っていただき、うれしかったです。
  • 会話が弾み、つい飲みすぎてしまいました。
  • 素敵なお店でしたので、プライベートでもまた利用させていただきます。
ビジネスのメールにしては、少しカジュアルさを感じる書き方の文章ですが、最後にちゃんとお礼の言葉を添えておけば問題ありません。

むしろ会食・接待・飲み会といった場面のメールでは、感謝の気持ちを伝えやすくするために、少しカジュアルな書き方を入れるようにしましょう

カジュアルな書き方の方が、感謝の気持ちが伝わりやすく相手の心のにも残りやすいので、おすすめです。

ごちそうになった場合の表現に注意する

ごちそうになった場合は、メールで必ずごちそうになったお礼を伝えるようにしましょう。

また、全額ではなくとも、自分より相手の方が多く支払いをした場合も、ごちそうになったお礼を伝える必要があります。

ごちそうになったことをメールで伝える際は、以下の表現を参考にすると良いです。

  • すっかりごちそうになってしまい恐縮です。
  • 思いかげずごちそういただきましてありがとうございました。
  • ごちそうになり、ありがとうございました。

次に繋がる一言を添える

会食・接待・飲み会の目的は、これからも良い関係を続けるためです。

ですので、お礼のメールを送るときは、次に繋がる一言を添え、今後の関係性においてさらなる発展ができるようにしましょう

また、次に繋がる一言を添えることで気持ちがこもったメールにお礼メールになり、取引先も「お食事会を開いてよかった。」と思ってくれます。

ビジネスメールであることを理由に堅苦しくならずに、素直にお礼の気持ちを伝えることが重要です。

メールに次に繋がる一言を添える際は、以下の表現を参考にすると良いでしょう。

  • 次の機会にはぜひお返しをさせていただけると嬉しいです。
  • またご一緒に、食事などさせていただけると幸いです。
  • これからもどうぞよろしくお願いいたします。

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの例文

Photo byPexels

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの例文

  • 親しい社内の相手の場合
  • 接点が少ない社内の相手の場合
  • 会食後におみやげをもらった場合
  • 社外・取引先に接待を受けた場合
  • 社外・取引先の飲み会の場合
  • 取引先を接待した場合

次に、会食・接待・ 飲み会のお礼メールの例文について詳しくご紹介いたします。

お礼メールの例文を参考にして、失礼のないお礼メールを作成するようにしましょう。

親しい社内の相手に送る場合の例文

親しい社内の相手の場合も、お礼のメールを送るべきと言えます。

直属の先輩や上司であったとしても、食事をごちそうしてお礼のメールをするのはマナーです

ただし、取引先のように堅苦しい文章を送る必要はなく、カジュアルな文章で送っても問題ありません。

以下が例文です。

件名:昨夜の飲み会のお礼

本文:
おつかれさまです。

昨日はお忙しい中、飲み会に誘っていただきありがとうございました。
仕事のことなど、さまざまなお話をさせていただき、本当に良い時間を過ごせました。

仕事以外でも、〇〇のお話はとても盛り上がり、楽しかったです。
また、良い雰囲気のお店で、美味しい料理やお酒をごちそうしていたただき、ありがとうございました。

今回の飲み会でいただいた反省点を踏まえて、これからも頑張っていきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

接点が少ない社内の相手に送る場合の例文

接点が少ない社内の相手の場合は、親しい社内の相手よりも少しかしこまった表現を意識して文章を作成しましょう。

ただし、文章が長くなりすぎないように気をつけ、伝えたいことだけを簡潔にまとめるようにすることが大切です。

以下が例文になります。

件名:昨夜の飲み会のお礼

本文:
おつかれさまです。

昨日はとても楽しい飲み会を開いてくださり、ありがとうございます。

素敵な雰囲気のお店で美味しい料理を堪能することができました。特に魚介料理は格別で、とても美味しかったです。本当にごちそうさまでした。

また、仕事に関するさまざまなお話を聞けて、大変勉強になりました。〇〇のプロジェクトに関して、今後ともよろしくお願いいたします。

取り急ぎ、お礼を申し上げたく、メールにて連絡いたしました。
ありがとうございました。

会食後におみやげをもらった場合の例文

会食後におみやげをもらった場合は、しっかりとおみやげに関するお礼を伝えることが重要です。

例文は、以下の通りです。

件名:会食の御礼

本文:
平素より大変お世話になっております。

昨日は会食の席に招待していただき、誠にありがとうございます。
落ち着いたお店の雰囲気で豪華な料理を堪能でき、大変幸せなひとときを過ごすことができました。

仕事に関するさまざまなお話もでき、非常に有意義な時間を過ごせました。今回、お話していただいたことを社内に持ち帰り、少しでも改善できるよう努力いたします。

また、お食事をごちそうになるだけではなく、おみやげまでも頂戴し、心からお礼申し上げます。家に帰った後、おみやげを美味しくいただきました。

お仕事に関しましても、引き続きご指導のほど、よろしくお願いいたします。

略式ながら、メールにて取り急ぎお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

社外・取引先に接待を受けた場合の例文

社会・取引先に接待を受けた場合は、関係性にもよりますが、社内の人に送るメールよりもかしこまったメールを送りましょう。

例文は、以下の通りです。

件名:会食の御礼


本文:
お世話になっております。

昨日は、会食の席に招待していただき、ありがとうございました。

美味しい料理とともに、〇〇様をはじめとした皆様と、大変良い時間を過ごせたことに心から感謝いたします。

また、〇〇プロジェクトの件についても、詳しいお話を伺うことができ、弊社にとって大変貴重な時間になりました。

後日お返しなどする機会をいただけたら幸いです。

今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

略式ながらメールにて取り急ぎお礼を申し上げます。

社外・取引先の飲み会後に送る場合の例文

社外・取引先との飲み会の場合、「飲み会」という言葉は避け、「お食事会」と表現する方が良いです。

どんなに盛り上がった飲み会でも、社外・取引先の方との飲み会は「お食事会」と記した方が好印象になります。

例文は、以下の通りです。

件名:昨晩のお食事会の御礼

本文:

お世話になっております。

昨晩のお食事会にご紹介していただき、誠にありがとうございました。

すっかりごちそうになり恐縮です。
仕事とはまた違った雰囲気の中で、さまざまなお話ができ、大変有意義な時間になりました。

また是非ご一緒に、お食事などさせていただければと思います。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

略式にはなりますが、昨晩のお食事会のお礼を申し上げます。

取引先を接待した場合の例文

取引先を接待した場合にも、お礼メールを送る必要があります。

こちらの招待に取引先が予定を合わせてきてくれたことを踏まえて、お礼メールを作成しましょう。

例文は、以下の通りです。

件名:昨日のお食事会のお礼

本文:

お世話になっております。

昨日はお忙しい中、弊社主催のお食事会にご参加いただき、ありがとうございました。

〇〇様をはじめとした皆様と仕事に関するさまざまな会話ができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。

今回のお食事会でお話した〇〇プロジェクトの件、弊社全体で一度確認し、再度連絡いたします。

弊社ともども、今後とも変わらぬご交誼をいただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの注意点

Photo bylukasbieri

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの注意点

  • お礼メールらしい懸命にする
  • メールの「放し」は失礼になる

お礼メールを送るにあたり、いくつかの注意点があります。

そこで、ここでは、お礼メールの注意点について詳しくご紹介いたします。

お礼メールらしい懸命にする

会食・接待・飲み会のお礼メールでは、お礼メールらしい件名にするようにしましょう。

できるだけ、どのような内容のメールかが分かりやすいようにするため、件名には「御礼」といった単語を入れるのがおすすめです。

例を挙げると、以下の通りになります。

  • 昨日の御礼
  • お食事会の御礼

メールの「放し」は失礼になる

お礼メールを送信したからといって、それで終わりではありません。

会食・接待・飲み会では、仕事に関するさまざまなお話をします。そこで、話題になった内容を自社に持ち帰り、実行しなくてはいけません

会食・接待・飲み会で話題になったことを後日ちゃんと行っていれば、取引先も「お食事会は無駄ではなかった」と思い、今後も良い関係が続けられます。

次にしっかりと繋げられるよう、会食・接待・飲み会の目的は楽しむためではなく、今後の仕事をうまく進めていくためだと考えるようにしましょう。

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの役割

Photo by089photoshootings

会食・接待・ 飲み会のお礼メールの役割

  • 人間関係の構築を助ける
  • お酒の失敗をフォローする
  • 次につなげるツールになる

お礼メールがただの作業にならないよう、お礼メールの役割をしっかりと理解しておく必要があります。

そこで、ここではお礼メールの役割について詳しくご紹介いたします。

人間関係の構築を助ける

会食・接待・飲み会のお礼メールは、良い人間関係を続けるために必要なものです。

友達と飲み会に行った後も「今日はありがとう」や「楽しかった」「また行こう」などの連絡を取るでしょう。

ビジネスにおいても同じで、自分のために時間を割いてもらったことに対して感謝しなければいけません

お礼メールは、良い人間関係を築き上げるための基本だと思って、怠らず、丁寧に作成するようにしましょう。

お酒の失敗をフォローする

お酒を飲むと、普段口にしないようなことも口にしてしまうものです。

いくらビジネスの場だからといって、たくさん飲めば、思ってもないことを言ってしまう場合もあるでしょう。

後日、酔いが覚めてから「あんなこと言わなければよかった。。」と後悔しても、一度言ってしまったことは取り消せません。

飲み会中の自分の発言で気になるようなことがあれば、必ず翌日にお礼のメールでカバーやフォローをするようにしましょう。

次につなげるツールになる

ビジネスとして開かれる飲み会は、ただ楽しむものではありません。

次に繋げる大切なツールです。そのため、飲み会の場では、周りを楽しませつつも、しっかりと学ぶ姿勢を取るようにしましょう。

また、飲み会の場でふざけたとしても、しっかりとお礼メールを送っていれば、取引先に「オンとオフがしっかりと切り替えできる人」という印象を与えることができます。

会食・接待・ 飲み会のお礼メールは素早く&丁寧に!

今回は、会食のお礼メールについて、書き方や例文、マナーなどを詳しくご紹介いたしました。

取引先とのやり取りを円滑に進めるためには、会食のお礼メールが重要であるということが分かったでしょう。

本記事に掲載した書き方や例文をしっかりと覚えて、今後のお礼メール作成時に役立ててください。

一流難関企業に転職したい人必見! 内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

内定を取るための選考情報サイト

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラの掲載企業一覧を見る
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

マッキンゼー/アクセンチュア/日本M&Aセンター/M&Aキャピタルパートナーズ/リクルートグループ/など、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

日本M&Aセンターの選考体験記はこちら

会員限定の転職サービス

マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループをはじめとする戦略コンサルティングファーム出身者や、
リクルートやM&A業界出身者など、インテリゴリラに掲載のある企業であれば、勤務経験者や、現役社員からサポートを受けられることもあります。

無料会員登録をして、内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聴いてみましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

有名企業の選考体験記一覧はこちら

佐藤健太
ライター

佐藤健太

人材系の会社を2年ほど経験し、現在はWebライターとして活動しています。キャリア系などの記事を中心にさまざまなジャンルを執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング