面接終了後のお礼メールは必要?件名や本文の書き方・例文を紹介!

面接終了後のお礼メールは必要?件名や本文の書き方・例文を紹介!

転職エージェント出身者が、面接終了後のお礼メールの必要性や、件名、本文の書き方・例文についてご紹介します。
これまでの経験や、最新の情報を元に面接後の対応方法や、お礼メールの重要性について解説します。
これから面接を受ける予定のある方は、是非ご覧下さい。

記事の目次

  1. 1.転職の面接終了後のお礼メールはどうする?
  2. 2.面接のお礼メールの書き方・ポイント
  3. 3.面接のお礼メールの例文
  4. 4.面接のお礼メールの送り方
  5. 5.面接のお礼メールの注意点
  6. 6.面接のお礼メールで感謝の気持ちを伝えて良い印象に繋げよう!

転職の面接終了後のお礼メールはどうする?

転職の面接終了後のお礼メールはどうする?

  • お礼メールは必要なの?
  • お礼メールを送ることのメリット

お礼メールは必要なの?

転職の面接終了後のお礼メールは、そもそも必要なのかと気になっている方もいるかと思います。

これは、ケースバイケースというのが正直なところです。

実際、面接終了後のお礼メールを送る事で好印象になる場合もあれば、逆に、オペレーションで面接を実施している企業の場合、選考官の手間になり、あまり意味のないケースというのもあるのが実情です。

この辺りは、企業の状況を汲み取りながら対応する必要があります。

お礼メールを送ることのメリット

転職の面接終了後にお礼メールを送ることのメリットとしては、入社意欲などが伝わり、合格確率が上がる可能性があるという点です。

もちろん、全ての企業に当てはまる訳ではありませんが、 転職の面接終了後にお礼メールを送り、選考に有利になる企業があるのも事実です。

これは、入社意欲が伝わったり、面接で伝えきれなかった部分を、改めて伝えられるというメリットがあります。

しかし、全ての企業に当てはまる訳ではないので、企業の体質や、選考官の実務シーンをイメージしながら送るようにしましょう。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

面接のお礼メールの書き方・ポイント

Photo bygeralt

面接のお礼メールの必要性とメリットについて理解いただけたと思います。
実際にお礼メールを送るとき、どのようなことに注意して書けばいいのでしょうか。
次は、お礼メールの書き方・ポイントについて解説していきます。

面接のお礼メールの書き方・ポイント

  • 件名の書き方
  • 宛先の書き方
  • 本文の書き方

お礼メールの件名の書き方

面接のお礼メールの書き方・ポイントとして、 件名の書き方があります。

件名は、メールの内容を一目で伝える為の、重要な役割があります。

その為、必要に応じて、書き方を変更していく必要があります。

伝えたい内容が伝わるように、書き方には工夫して構成を考えていきましょう。

お礼メールの宛先の書き方

面接のお礼メールの書き方・ポイントとして、 宛先の書き方があります。

宛先は、メールを送る相手の名前や敬称が含まれるので、書き方には注意しる必要があります。

もし、メールを送る相手の 宛先を間違えて書いてしまった場合は、非常に失礼な事になり、マイナスの印象になる可能性が高いので注意しましょう。

お礼メールの本文の書き方

面接のお礼メールの書き方・ポイントとして、 本文の書き方があります。

本文は、もちろん伝える必要のある核心の部分を記載する訳ですが、文章が長くて読みづらかったり、文章がまとまっていないと、いくらいい内容を記載しても、相手に伝わる事が難しくなります。

その為、伝える必要のある内容を、簡潔に分かりやすく記載する必要があります。

転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!のイメージ
転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!
「転職の面接は平均何回行われるの?」「面接回数が変わる理由は何?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では「転職で面接が平均何回行われるのか」「面接回数が増減する理由」「面接で気を付けるポイント」について説明しています。

面接のお礼メールの例文

フリー写真素材ぱくたそ

面接のお礼メールの例文

  • お礼メール例文①
  • お礼メール例文②

お礼メール例文①

面接のお礼メールの例文①としては、下記、例文があります。

<例文>
件名
【面接のお礼】○○営業部希望/○○○○

本文
○○株式会社人事部 ○○様

いつもお世話になります。
本日、面接を実施して頂いた、○○○○と申します。

本日はお忙しい中、面接のお時間を頂戴し、ありがとうございました。

○○様のお話を伺う中で、貴社の顧客満足度を追求する姿勢や、営業マンとして活躍するための必要なスキルについて、理解する事が出来、非常に有意義な時間となりました。

また、面接を通し、貴社で仕事をしたいという気持ちが更に強くなった次第です。

まずは、面接のお礼を申し上げたく、ご連絡させて頂きました。

末筆ながら、貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

署名

お礼メール例文②

面接のお礼メールの例文②としては、下記、例文があります。

<例文>
件名
○月○日 中途採用面接のお礼/○○○○

株式会社○○○○
人事部 ○○○○様

お世話になります。
○月○日に、面接実施をして頂いた、○○○○と申します。

先日は、ご多忙のなか、面接の機会を頂き、誠にありがとうございました。

面接を通じ、貴社の目指す○○についての理解が深まり、より一層、貴社で仕事をさせて頂きたいという想いが強くなりました。

貴重な時間を頂き、感謝申し上げます。

また、末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。

署名

面接のお礼メールの送り方

Photo byribkhan

面接のお礼メールの送り方

  • お礼メールを送るタイミング
  • 面接官が2人以上の場合の送り方
  • 面接官の名前を忘れた場合の送り方
  • お礼メールに返信が来た場合は?

お礼メールを送るタイミング

面接のお礼メールの送り方として、 お礼メールを送るタイミングというポイントがあります。

これは、企業にもよりますが、基本的には、面接が終わって早いタイミングの方がおすすめです。

実際、面接が終わり、合否が決まってから、 お礼メールを送ってもあまり意味がありません。

その為、 お礼メールを送る場合は、出来るだけ早い方が効果があると想定されます。

面接官が2人以上の場合の送り方

面接のお礼メールの送り方として、 面接官が2人以上の場合の送り方というケースがあります。

これは、集団面接の場合に発生しますが、基本的には、役職が上の人から順に名前を並べ、連名で 面接のお礼メールを送る事が一般的になります。

面接官の名前を忘れた場合の送り方

面接のお礼メールの送り方として、 面接官の名前を忘れた場合の送り方というケースがあります。

面接では、面接官が100%名前を名乗ってくれる訳でもありませんし、緊張し、名前を聞いたのに忘れてしまうケースもあります。

その場合は、名前の欄を「ご担当者様」と記載し、 面接官のお礼メールを送るといいでしょう。

面接のお礼メールの送り方として、というポイントがあります。

お礼メールに返信が来た場合は?

面接のお礼メールの送り方として、お礼メールに返信が来るケースがあります。

この場合は、しっかりと返信をするようにしましょう。

ビジネスメールの場合、基本的には、目上の人が送って終わるというのがベターなので、一言でもいいので お礼メールに返信が来た場合は返信をするようにしましょう。

ビジネスメールの基本「挨拶」の文例集!初めての相手への書き方は?のイメージ
ビジネスメールの基本「挨拶」の文例集!初めての相手への書き方は?
メールは昔からビジネスのシーンでは重要とされ、本題の書き方から挨拶の書き方まで多くのマナーが存在します。特に非対面でのコミュニケーションが重要な今、メールでの挨拶はより一層重要となっています。そこで本記事ではビジネスメールについて徹底解説を行っていきます。

面接のお礼メールの注意点

Photo byPeggy_Marco

面接のお礼メールの注意点

  • 例文をコピーせずに自分の言葉で伝える
  • ビジネスメールのマナーに沿う
  • 現在の会社のアドレスで送信しない
  • なるべくパソコンから送るようにする

例文をコピーせずに自分の言葉で伝える

面接のお礼メールの注意点として、例文をコピーせずに自分の言葉で伝えるというポイントがあります。

基本的に例文は、相手にも定型文だなと伝わってしまいます。

大事なので、自分の言葉で気持ちを伝える事なので、 例文はコピーせずに自分の言葉で伝えるようにしましょう。

ビジネスメールのマナーに沿う

面接のお礼メールの注意点として、 ビジネスメールのマナーに沿うというポイントがあります。

面接のお礼メールも、ビジネスのマナーが出来ているのかという点で見られます。

その為、いくら熱い想いを伝えても、ビジネスマナーから逸脱している場合は、評価が下がってしまう可能性があります。

現在の会社のアドレスで送信しない

面接のお礼メールの注意点として、 現在の会社のアドレスで送信しないというケースがあります。

これは、現職のパソコンからメールを送ってしまった状態に発生しますが、個人情報やセキュリティ管理が甘いという印象を与えたり、常識が無いと思われる可能性があるので、注意しましょう。

面接のお礼メールの注意点として、 なるべくパソコンから送るようにするというポイントがあります。

最近では、スマートフォンからメールを送れるようになっていますが、署名が上手く表示されていなかったり、文字のフォントが統一されていないというケースもあるので、注意しましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

面接のお礼メールで感謝の気持ちを伝えて良い印象に繋げよう!

Photo byTumisu

面接のお礼メールで感謝の気持ちを伝えて良い印象を与えるようにしましょう。

面接では、自分の伝えたい事を100%伝えきれないケースがあります。

しかし、 面接のお礼メールで、伝えきれなかった内容を細く出来る可能性があるので、しっかり内容を吟味し、有効活用するようにしましょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
YUTA
ライター

YUTA

新卒でリクルートに入社し、その後、リクルートOBが経営する転職エージェントで、RA及びCAを担当。 現在は、某企業の取締役。 転職エージェントでの経験と知識及び、会社経営から得た知識をもとに記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング