デロイトトーマツコンサルティングの転職するには?採用情報や口コミを徹底解説!

デロイトトーマツコンサルティングの転職するには?採用情報や口コミを徹底解説!

デロイトトーマツへの転職の為に、難易度、評判・口コミなどを紹介しています。国際的なビジネスプロフェッショナルのDeloitteのメンバーであり、ビジネスとテクノロジーという2つの観点からサービスを提供するデロイトトーマツへ転職をお考えの方は必見です。

記事の目次

  1. 1.デロイトトーマツコンサルティングの転職難易度は?
  2. 2.デロイトトーマツコンサルティングの企業情報
  3. 3.デロイトトーマツコンサルティングの待遇や労働環境は?
  4. 4.デロイトトーマツコンサルティングの評判・口コミは?
  5. 5.デロイトトーマツコンサルティングの選考情報
  6. 6.デロイトトーマツコンサルティングの採用情報
  7. 7.転職希望者から評判の良いおすすめのサイト
  8. 8.デロイトトーマツコンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

デロイトトーマツコンサルティングの転職難易度は?

Photo by6689062

デロイトトーマツコンサルティングの転職難易度は

デロイトトーマツコンサルティングの中途採用における転職難易度は口コミ等によると非常に高いです。
外資系総合コンサルティング企業内で比較しても年収が非常に高くなっており、ほかの中途採用応募者も優秀な人材が多く応募してるため、最難関といっても過言ではないほど、難易度が高いといえます。
そんな優秀な転職者の中から自分をコンサルタントとして中途採用してもらうというのは、並大抵の評価では難しいです。
事前に、デロイトトーマツコンサルティングの企業分析と自己分析をしっかりと行い、他の中途採用候補者と差をつけられるような能力が必要で、卓越したスキルや知識を上手にアピールできることが重要となります。

非公開の選考情報を知りたい転職希望者はインテリゴリラへの登録がオススメ

しかし、企業分析や自己分析だけではなく、過去に中途採用でどのような選考フローで、どのような面接が行われたのかが書かれた選考体験記を読むことが、選考を突破する鍵です。
インテリゴリラというサイトでは、通常は非公開となる中途採用の選考情報が閲覧することができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でデロイトトーマツコンサルティングに内定したい方はこちら

デロイトトーマツコンサルティングの企業情報

Photo byStartupStockPhotos

デロイトトーマツコンサルティングの企業概要

デロイトトーマツコンサルティングは、デロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援する総合系コンサルティングファームです。
同社は会計事務所のバックグラウンドを持つことから、「監査・保証業務」や「税務・法務」から「ファイナンシャルアドバイザリー」など幅広いコンサルティング事業を展開する点も特徴的です。
最近では、企業のIT化に伴って、業務効率化やデジタルトランスフォーメーションの領域にも進出していることから、デロイトトーマツコンサルティングのコンサルタントが対応する業務は幅広いものとなっています。
また、クライアントの持続的で確実な成長を支援するコンサルティングサービスはもちろん、社会課題の解決と新産業創造でクライアントと社会全体を支援します。

デロイトトーマツコンサルティングの提供しているサービス

デロイトトーマツコンサルティングは、ビジネスとテクノロジーという2つの観点から戦略を提案・遂行支援し、クライアントがマーケットをリードするために必要なコンサルティングサービスを提供することにより、クライアントが抱える複雑な課題の解決をサポートしています。
下記は同社が提供しているサービス群です。

デロイトトーマツコンサルティングのサービス内容

  • ストラテジー・アナリティクス・M&A
  • カスタマー・マーケティング
  • コアビジネス
  • ヒューマンキャピタル
  • エンタープライズテクノロジー・パフォーマンス

今後の展望

デロイトトーマツコンサルティングの企業理念に「クライアントの期待を超える知的専門サービスを総合的に提供する」とあります。
コンサルタントが多様化するニーズにこたえるため、総合力を発揮できる組織を構築し、創造的で先見性に富んだサービスを提供することを心条にしていることが伺えます。
今後は、企業がIT化する現状に対応する為、RPA、AI、アナリティクス、業務効率化やデジタルトランスフォーメーションの為のITコンサルティングの領域にも進出し、"Innovation"をキーワードにサービス展開していくことが予想されます。

デロイトトーマツコンサルティングの待遇や労働環境は?

Photo bymwitt1337

デロイトトーマツコンサルティングの待遇

デロイトトーマツコンサルティングの平均年収

デロイトトーマツコンサルティングの平均年収は902万円です。

同じ総合系コンサルティング企業の競合と平均年収を口コミを参考に比較したところ、野村総合研究所に次いで第2位に位置しています。以下が第5位までをまとめた表です。

順位 企業名 平均年収
1位 野村総合研究所 1,232万円
2位 デロイトトーマツコンサルティング 902万円
3位 アクセンチュア 900万円
3位 プライスウォーター ハウスクーパース(PwC) 900万円
5位 日本アイ・ビー・エム 750万円

また、デロイトトーマツコンサルティングの給与システムは、基本給と年二回の賞与が支給される制度になっています。
外資系の企業では、年度始めまたは入社時に1年間の給与を決定する「年俸制」を導入している企業が多いですが、デロイトトーマツコンサルティングは日系企業と同じく基本給と賞与(ボーナス)の給与システムを導入しています。
賞与については2月と8月の2回に分かれています。口コミによると2月のボーナス額は決まった額となっており、8月はデロイトトーマツコンサルティング自身の業績と個人の評価によって支給額が変わってきます。
評価に関しては、口コミを参考にするとプロジェクトの上司(主にマネージャー)の評価がほぼそのまま使われますが、社内活動等により増減がされます。

デロイトトーマツコンサルティングの福利厚生

デロイトトーマツコンサルティングでは他の大企業と同じように、以下のような福利厚生のラインナップを提供しています。

  • 各種社会保険完備
  • 企業年金
  • 退職金
  • 出張手当
  • 通勤手当
  • 総合福祉団体定期保険
  • 財形貯蓄制度
  • 定期健康診断
  • 保養施設利用補助
  • カフェテリアプラン
しかし日系大手企業によくある住宅手当の補助がない分は、他のコンサルティング会社と同様に、年収が高い分、用意されていないです。

デロイトトーマツコンサルティングの転職後の労働環境は?

デロイトトーマツコンサルティングの中途採用に応募する上で、気になる労働環境の実態を知るべく、実際に在籍するコンサルタントのワークライフバランスについての評判・口コミを紹介をします。

男性

男性

近年は働き方改革がトップダウンで進められており、古いコンサルイメージでありがちなとにかく長く働いて少しでも目の前の品質を上げることに執着することなく、投入労力と品質向上が見合うラインを見極めて労働時間を統制する向きが強いです。 とはいえ、あくまで近年の拡大傾向もあり、マネージャー陣の水準にバラツキがあるため、それに応じてプロジェクト設計の水準にもバラツキがあります。
見通しが悪く行き当たりばったりなマネージャーのプロジェクトにアサインされると、時間をゴリゴリと削られるので、社内の評判などを注意深く集めてアサインを希望する狡猾さも必要かもしれません。

女性

女性

ワークライフバランスは非常に取りやすい側面もあれば難しい案件もあるのかと思います。
かなり所属によってばらつきがあると思います。
それぞれの部署のカルチャーがあるので。問題ないプロジェクトでは18時から19時くらいが定時になることもあると思いますし、中々ハードなプロジェクトになると朝帰りが日常茶飯になることもありますが、全体を通してみたときは非常にワークライフバランスがとりやすい適切な環境になっているのだと思います。
新卒の入社数が増えてきていることへの考慮やデジタル系のプロジェクトのアサイン等が影響しているのではないかと思います。

女性

女性

案件によって労働環境はまちまちです。
あるプロジェクトでは、朝6時まで資料修正し、1時間だけ家に帰りシャワーを浴びて、朝7時からまたMTGを実施する生活が2か月続いたこともありました。
ただし直近は、残業規制の動きも強く、非常に多忙なプロジェクトは2%程度かと思います。
直近は、基本朝10時に出社し8時に退社、土日出勤/持ち帰りもない状態なので、そこまで長時間労働ではありません
また、アナリストからコンサルタントに昇格すれば、クライアントMTGの日程調整を自分発信で実施できるため、飲み会の日を避けてMTGを設定することも可能であり、融通はきくようになります。

デロイトトーマツコンサルティングの評判・口コミは?

Photo byStartupStockPhotos

待遇についての口コミ

中途採用の際には、年収、ボーナスなどをはじめとする給与制度の待遇については事前に把握しておくと、同業他社との比較もスムーズです。
デロイトトーマツコンサルティングの待遇についての、評判・口コミについて下記で紹介します。

男性

男性

給与レンジは、コンサルタントのタイトルによって明確に決まっています
また、常に自己研鑽をして合わなければ他のキャリアを探したほうがお互いのためになるよね、という雰囲気がありました。
今はもう少し色んなキャリアを認めるようなインクルーシブな文化形成ができているのかもしれないが、多様な機能・部署がある一般企業とは異なり、コンサルなら単一事業・単一機能である場合にはそもそもあまり幅がないことが多いです。

女性

女性

どこの競合コンサルティングファームもそうだと思いますが、昇格すると大きくベースアップします。
インセンティブは評価によって同じランクでも数百万単位で差がつきます。
私の在籍していた時期は、給与水準を戦略ファームに近づけるというコンセプトのもと、毎年のように給与水準が上がっていました。

また評価される際には、個人的には不当な評価を受けたこともなく、周りを見ても概ね納得性の高い評価になっていたように思います。
ただし、古くから在籍していて経営陣と仲の良いメンバーは、変に優遇されていた嫌いはあります。

仕事のやりがい・成長についての口コミ

デロイトトーマツコンサルティングにおける仕事のやりがい・成長についての評判・口コミについて下記で紹介します。

男性

男性

仕事のやりがい:
クライアントに評価されたときは大きなやりがいを感じました。
一方で、社内評価には納得できない部分も多かったです。
プロジェクト評価はマネージャーからの一方的な評価であり透明性がなく、評価内容はパフォーマンスというよりもマネージャーやカウンセラーとの関係性による気がしました。

成長:
成長環境は大いにあります。
思考方法、分析手法、資料作成スキル、プレゼンスキルなど、多くのことを短期間で学ぶことができます。

女性

女性

仕事のやりがい:
成果物を出した際にクライアントから感謝されたり、能力を評価された際に、非常に働き甲斐を感じます。
また、チーム内にて自分以外できない仕事等があり、頼りにされていると思えた時、働き甲斐を感じます。

成長:
仕事のできるベテラン上司の下につくと、丁寧に教えてもらえ、プレゼンなども経験させてもらえるし、多くのことを学べます。
デロイトは、丁寧に教えてくれるコンサルタントが多い印象があるため、成長機会は多くあります

男性

男性

仕事のやりがい:
多国籍のメンバーと大きなプロジェクトをやり遂げたときに特にやりがいを感じます。
同級生と比較しても、優秀な経営者との協業や、グローバルでの仕事量は抜きん出ており、デロイトを選択して良かったと思っています。
人事制度としては、各部門のパートナーが評価するので、懇親会などで顔を売っておくことも必要になります。

成長:
希望していた海外案件に数多くアサインされているため、市場価値は高まっていると思います。
在籍中にTOEIC950以上、英検1級も取得しているため、他企業への海外案件へのアサインもされやすい「資格」も身に付けることができました。
もちろん資格だけではすべてではないことは重々承知しているが、転職の際にも書類だけで落とされるようなことはないように思います。

社員の雰囲気についての口コミ

デロイトトーマツコンサルティングにおける社員の雰囲気についての評判・口コミを下記で紹介です。

男性

男性

組織体制は、インダストリーとコンピテンシーのマトリクス型組織です。
それぞれにビジネスユニットがぶら下がっており、インダストリー/コンピテンシーのユニットが単体でプロジェクトをするのともあれば、混成チームを組成してやる場合もあります。
混成チームに関しては、それぞれの知見が生かされてチームがワークするというのがあるべき姿なのだろうが、実態はそうでもないことが多いです。
理由としては、そもそも各ユニットに対するスペシャリティが無く、単に配属されてるだけの人が一定数いること、インダストリーとコンピテンシー間での対立があること、などが挙げられます。
企業文化については、コンサルファームあるあるだとは思うがドライです。

女性

女性

監査法人が母体のため、法令遵守意識が高いです。
また海外のメンバーファームとのつながりも多く、海外プロジェクトも多いのが特徴かと思います。
これだけ社員数が劇的に伸びていても、仕組みでコンプラについてコントロールをきかせているのはある意味すごいと思います。
社員数が一気に伸びていて、経歴やキャラクター的な面でもかなり多様な人が増えていて、文化や価値観は会社よりも一緒に働くチームの色が出るように思います。

男性

男性

デロイトの外資系風土とトーマツの日系風土がミックスされていますが、どちらかというと後者の色合いが濃いと思われます。
また、ユニットによって文化が異なり、インダストリーの製造業系などは体育会系であるのに対し、コンピテンシーの人事組織などはフラットな文化です。

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報

Photo byAlexas_Fotos

デロイトトーマツコンサルティングの選考フローと面接内容

デロイトトーマツコンサルティングの選考フローは下記の通りです。

デロイトトーマツコンサルティングの選考フロー

  • 書類選考
  • 一次面接
  • 二次面接
  • 最終面接

書類選考では、正式応募書類である「履歴書」、「職務経歴書」に加えて、「エントリーシート」の三点を送付の上、書類選考が行われます。
ここでは、前職での経験やスキルをしっかり書類に明記して、他の転職者と同じではない唯一無二の人材であることをアピールしましょう。

また、1次面接と2次面接では人事担当者と面接を行い、コンサルタントとして活かせるスキルセットの再確認、ケースインタビューを通じての論理的思考力やビジネス感覚が試されます。
最終面接ではパートナーである現場社員とこれまでの面接内容のすり合わせを行い、役員との面接を行います。

面接の前にどのような質問が具体的になされるのかを知ることで、対策を立てやすくなります。
そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でにデロイトトーマツコンサルティングに内定したい方はこちら

デロイトトーマツコンサルティングの面接傾向と質問例

デロイトトーマツコンサルティングの面接は、基本的に一対一で行われます。
面接回数は3〜4回程度で、一次、最終面接は30分程度。2次のケースインタビュー形式の面接は2~3時間程度です。
応募から内定までの期間は1~1.5ヶ月程度かかります。

各々の面接内容についても特徴があります。
一次面接では自己紹介や志望動機など、典型的な質問に答え、回答が曖昧で浅い場合には繰り返し「なぜ」「どうして」と深堀されるため、徹底した自己分析が必須です。
二次面接では、ケーススタディー形式での面接を行い、当日に課題が出され、前半1時間で資料作成、後半1時間でディスカッションという形式になります。
印刷産業の今後や、再生可能エネルギーの普及促進策など、全く経験したことのない業界に関する問題が出されるため、コンサルタントとしてのセンスが問われる内容となります。
最終面接では現場のパートナーとのディスカッションとなります。基本的にはこの面接が最終となりますが、場合によっては四次面接まで行われるケースもあります。

デロイトトーマツコンサルティングの求める人物像

転職の際にも、就業した際にも、デロイトトーマツコンサルティングの求める人物像を把握しておくことは重要です。
それらに合致した行動を取ることが、評価されるポイントであると言えるからです。
下記の素質を持つ人材がデロイトトーマツコンサルティングの求める人物像です。

デロイトトーマツコンサルティングの求める人物像

  • 「日本企業を強くしたい」という熱い想い
  • グローバルなマインドセット
  • 特定領域の深い専門性
  • 明確な長期的自己実現ビジョン

「日本企業を強くしたい」という熱い想い

デロイトトーマツコンサルティングのビジョンである「100年先に続くバリューを、日本から。」を実現するためには、まず一人一人が成功・成長をリードしたいという「熱い想い」をもてるかどうかが重要です。

グローバルなマインドセット

「グローバル=英語力」ではなく、文化・価値観の違うクライアント・メンバーと共に、混沌とした状況下でも平常心で、粘り強いコミュニケーション能力・強いリーダーシップを発揮できる人物こそ、真の「グローバルプレイヤー」と同社は考えています。

特定領域の深い専門性

「過去の栄光」に縋ることなく、今、そして将来にわたって、市場から、クライアントから、真に認められる卓越した専門性を身につけているかどうか。
その専門性をチームのために惜しみなく提供し、チームと共に問題意識を持ち、その能力を高めたいと考えられるかどうかが重要です。

明確な長期的自己実現ビジョン

まずは自分自身がどうありたいかを明確にした上で、周囲の共感・理解は得られているかを考えます。
長期的な視野で自身のキャリアを計画し、デロイトトーマツコンサルティングにおいてその計画を実現したいと考え、自己実現に向けて具体的に行動できるかどうかが重要です。

デロイトトーマツコンサルティングの採用情報

Photo byTumisu

デロイトトーマツコンサルティングの募集職種

デロイトトーマツコンサルティングのHPの中途採用職種一覧のページによれば、 現在以下のようにコンサルタントの職種が募集されています。

  • Enterprise Technology & Performance Div.
  • Customer & Marketing Div.
  • Human Capital Div.
  • Strategy, M&A Division
  • Core Business Operations Division
  • Poolユニット
  • Deloitte Digital
  • dX Garage
  • Industry Services
  • エリア採用
また、デロイトトーマツコンサルティングの様々な職種に実際に転職して行った人の選考体験記を読むことで転職活動がよりスムーズになるかと思います。
実際の各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、それがインテリゴリラです。
本気でデロイトトーマツコンサルティングに内定したい方はこちらから登録を!

転職希望者から評判の良いおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

転職活動時に特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

デロイトトーマツコンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

Photo bysasint

デロイトトーマツコンサルティングの中途採用のために、難易度、年収などの待遇、評判・口コミについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

デロイトトーマツコンサルティングは、デロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援しています。
同社は会計事務所のバックグラウンドを持つことから、「監査・保証業務」や「税務・法務」から「ファイナンシャルアドバイザリー」など幅広いコンサルティング事業を展開し、最近では業務効率化やデジタルトランスフォーメーションの領域にも進出しています。
クライアントの持続的で確実な成長を支援するコンサルティングサービスを通じての社会課題の解決と新産業創造と言う仕事は非常に刺激的であると言えます。
しかし、口コミ等によるとそんな刺激的な同社に入社するための選考は非常に高難易度です。

そんな高難易度の選考が評判のデロイトトーマツコンサルティングへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、デロイトトーマツコンサルティングのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高いケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でデロイトトーマツコンサルティングファームに内定したい方はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング