クニエの会社評判は?サービス内容から評判までを詳しく解説!

クニエの会社評判は?サービス内容から評判までを詳しく解説!

クニエへの中途採用で気になる同社の社長、サービス事例及び事例、成長性、評判・口コミについて紹介します。コンサル業界の中で高木社長の元、成長性の高いコンサルティングを展開しています。高木社長率いるNTTデータ傘下のクニエの評判についての当記事は必見です。

記事の目次

  1. 1.クニエの会社評判は?
  2. 2.クニエの企業情報
  3. 3.クニエの将来性についての評判は?
  4. 4.クニエの採用は?
  5. 5.クニエの評判・口コミは?
  6. 6.評判の良いおすすめの転職サイト
  7. 7.クニエへの転職前にまずはインテリゴリラにご登録を!

クニエの会社評判は?

Photo byPublicDomainPictures

NTTデータ系列のコンサルティングファームであるクニエでは、業績も好調で、高木社長のもと、事業拡大のビジョンと海外展開のビジョンを持っていることから、やりがいのある仕事というイメージを抱く方も多いです。
その中で、企業の経営課題を解決するという仕事柄、どうしても業務は激務となりがちな一方、裁量のある仕事で、能力さえあれば若くても高給を貰えたり、昇進しやすいと言うメリットがあります。
評判口コミからわかる社風、労働環境、給与に関する現場社員の声はそれぞれ下記の通りです。

クニエの社風について

  • 個人商店の集まりであるコンサル特有の文化で、チームワーク意識はあまりない
  • 基本的には仕事はOJTで学ぶ
  • 国営企業のNTTグループであるため、利益重視ではなく社会にとってよいかどうかというビジョンを大切にしている
  • 法令遵守意識は高く、NTTデータグループの社内研修を受講させられる

クニエの労働環境について

  • 平均残業時間が45.6h
  • Work with client という点を強調しているように、クライアント先に常駐し共に仕事をすることが多い
  • 比較的プロジェクトスケジュールがわかりやすく繁忙期を事前に予測できる
  • ワークライフバランスが比較的良い
  • NTTグループの企業なので福利厚生や女性の働きやすさに定評があり、産休や育休も整備されている

クニエの給与について

  • 平均年収は917万円
  • 給与制度は年俸制で、年度の始めにその年度の給与が通知
  • 中途採用では前職を考慮した年収設定がなされ、その後はレベニューを中心としたKPI評価に基づいて年収が更新
  • 賞与は年1回が基本ですが、業績の良かった年は、期末賞与もある

クニエの中途採用を志望する場合、下記でお伝えする評判についての詳しい内容を読むことで自分に合う・合わないを検討してみてください。

クニエの企業情報

Photo byStartupStockPhotos

クニエの企業概要

クニエは、NTTデータグループのコンサルティング会社です。
2009年に株式会社NTTデータビジネスコンサルティングとザカティーコンサルティング株式会社(旧アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティング)の合併によって設立されました。
構造としては、アビームコンサルティングがNECの子会社であることと似ています。

NTTデータビジネスコンサルティングが国内の大手製造業の経営コンサルティングを手がけてきた事例が多く、またザカティーコンサルティングの欧米型のグローバルな知見が融合して、独自のコンサルティングスタイルを構築しています。
NTTデータグループの一員であることが強みで、主に製造業の案件が得意であると評判です。
下記はクニエの企業概要になります。

企業概要

会社名 株式会社クニエ
所在地 東京都千代田区大手町2-3-2 大手町プレイスイーストタワー11F
社長 高木 真也
設立 2009年7月1日
株式 未上場
株主構成 株式会社NTTデータ(100%)

 

クニエの提供しているサービス

クニエは経営戦略や企画変革を実現するためにコンサルティングサービスを提供しています。
企業の持続的な成長を実現するために、戦略的意思決定の支援やスピーディーな実現と定着化などを行います。
また、企業経営における経営戦略や事業戦略を合理的かつ効率的に実行するために、組織構成や経営管理制度の設計、グループ事業再編やM&Aの実行なども支援しており、事例も豊富です。
そのほかにもマーケティング戦略の提供や組織・人材ソリューションの提供、地方創生と農業再生などにも力を入れていると評判であり、あらゆる場面でマルチに活躍している企業です。

今後は東南アジアへの海外展開を加速、さらには欧米への海外展開と事業の拡大を考えています。
英語を操れるコンサルタントがより活躍できる会社になると予想されます。
その理由としては、NTTグループが所持しているデジタル技術や生産と設計開発など、そういった能力がアメリカの企業でも求められているところにあります。
NTTグループの後ろ盾があるので、今後も仕事を請け負うことができます。

これらからもわかるように、クニエはこの先もグローバル展開を積極的に行い、事業展開と拡大を計っていく方針です。

クニエのサービス事例

クニエの提供するサービスの事例としてファイナンシャルマネジメントサービスを紹介します。
企業環境の変化に伴う経営管理機能の強化や会計制度対応に代表されるように、会計領域の改革は企業にとって常に必要不可欠なものとなっています。
また、昨今のデジタル化の進展は、会計領域を根本的に変える力を秘めています。
会計は、業種・業態を問わず全ての企業で普遍的に行われる業務領域であるだけでなく、それによって得られる会計数値は経営管理の中心となります。
クニエでは多数の会計領域の専門家が在籍し、高付加価値かつ効率的な会計業務・システムへの変革から、経営管理に資する戦略性の高い会計マネジメントの仕組み作りまで幅広く支援しています。

クニエの将来性についての評判は?

Photo byFirmbee

クニエの社長

株式会社クニエの代表取締役社長は、高木真也氏が務められています。
高木社長は企業変革に挑戦されるクライアントへ「変革のパートナー」として先進的で高品質なコンサルティングサービスを提供すると言うビジョンを持ち、その実現に取り組んでいます。
また日本発のグローバルコンサルティングファームとしての独自性を追求し多様性を尊重しながら、クライアントと長く深い信頼関係を築き、継続的に企業価値向上の支援をすると言うビジョンも持っています。
 

クニエの経営方針

クニエは、アジア(タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、中国)を中心に、コンサルティングデスクを8拠点を有し、サービスを提供しています
また、同社の採用HPによれば、同社のプロジェクト事例のうち65%以上が海外案件で、海外駐在や海外出張のチャンスも十分あります。

競合であるKPMG、PwC、EYなどの外資系ファームでは、あくまで日本支社が国内案件をリードするために存在し、本社主導になりがちですが、クニエなら海外でもプロジェクトを主体的にリードすることが可能です。


現在は高木社長の元、東南アジアへの海外展開を加速、さらには欧米への海外展開と事業の拡大を目論んでいます。

クニエの採用は?

Photo byStartupStockPhotos

クニエの採用方針

クニエでは、企業の成長を支援することを通じて社会に貢献したいという高いビジョンを持った人材を求めています
活躍の場は日本だけではなく、米国、欧州、東南アジア、中国、アフリカなどで、数多くのプロジェクトを推進し事例も豊富にありますので、グローバルなフィールドで自身のビジョンを実現していくことが可能です。

コンサルタントの仕事は、顧客企業の付加価値を最大化するためのソリューションを提供することです。
そのためには、考え抜く力、結果がでるまでやりきる力、そして何よりもお客様やチームの仲間と信頼関係を築く人間力が不可欠です。
厳しくも成長を実感できる環境で自らを鍛え、社会性豊かなコンサルタントを目指す人を同社は求めています

クニエの求める人物像

クニエの求める人物像を知るには、「QUNIEの想い」を理解する必要があります。
クニエの社名は「Quality Unites Enthusiasms」が由来です。
Quality=品質」と「Enthusiasms=熱意」の「Unites=融合」がクニエの原点であり、想いであるといいます。

ここで言う「品質」とは、クライアント企業の変革を全面的にバックアップするための、高品質なコンサルティングを意味します。
日本発のコンサルティングファームである同社では、大規模ITプロジェクト偏重や利益至上主義の手法は取らず、日本企業の組織風土に合ったきめ細やかな分析に基づいたコンサルティングを大切にしているのが特徴です。
そして、こうしたコンサルティングの品質を保つためには、徹底的な学習と経験の積み重ねが必要だとしています。

さらに「品質」以上に重きを置いているのが「熱意」です。
顧客に最後まで伴走する、実直で熱意あるコンサルティングスタイルが重視されると同時に、チームや会社、さらに社会に貢献したいというビジョンを持ち行動できる人材が求められます。

確かな「品質」と日本企業や日本の成長への貢献、さらには世界の発展に貢献する「熱意」の融合こそが同社の目指すコンサルティングの姿であり、「情熱こそ、クニエのエンジン その熱意の分だけ、世界は変えられる」というビジョンにつながっているのです。

その中で、以下の素質を持つ人材を同社は求めています。

 

クニエの求める素質

  • 問題発見、解決能力
  • 建設的なコミュニケーション能力
  • ドキュメント作成能力
  • 目的達成に向けた実行力、情熱

キャリア採用のため、コンサルティング事例の経験、プロジェクト型業務の豊富な実例を知ること、ビジネスレベルの英語スキルはあることが望ましいです。
また、総合系のファームであるためIT寄りの案件が多いことが予想され、IT/情報システムの構築、導入に対する理解と経験はあるとなお歓迎されます。

クニエの評判・口コミは?

Photo byStartupStockPhotos

待遇についての評判

クニエにおける待遇についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

給与制度は年俸制で、年度の始めにその年度の給与が通知されます。
賞与は年1回が基本ですが、業績の良かった年は、期末賞与もあります
基本的には高水準かと思いますので、満足でき、福利厚生も充実していると言えます。

評価制度としては、所属チームの中で評価者を決定されます。
評価者は同じプロジェクトのこともありますが、全く異なるプロジェクトの評価者に当たることもあります。
そのため、評価の正当性に疑問を感じることがあります。
結局は自分のアピールや面談の仕方次第だと言えます。

女性

女性

前職を考慮した年収設定がなされ、その後はレベニューを中心としたKPI評価に基づいて年収が更新されます。
グレードが上がれば提示年収も上がります。

評価方法としては、目標KPIに対する達成度により評価されます。
他のITコンサル会社と比較して目標値は一見、低めに設定されて達成は容易であるように見えるが、他ファームのようなチーム間コラボレーションでのダブルカウントがされないので、ジョブのスタイルによっては数字が上げにくいです。
自分のチームで案件を囲い込み、受注もデリバリーも完結させるスタイルなら向いているが、チーム間で協力しての案件創出からデリバリーをするタイプは数字の取り合いになるので向かないのではと考えられます。

仕事のやりがい・成長についての評判

クニエにおける仕事のやりがい・成長についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

仕事のやりがい:
Work with client という点を強調しているように、クライアント先に常駐し共に仕事をすることが多く、更に少人数プロジェクトが多いため、クライアントに対する自身の貢献が見えやすいです。
そのため、クライアントから直接感謝の言葉をいただく機会にも恵まれ、その点において働きがいを感じました。

成長:
コンサル未経験の中途採用をかなり行っていることもあり、中途採用者向けのトレーニングはかなり充実していると思います。
自分で学習していくタイプのオンライン講座であったり、全社にオープンな勉強会であったり、学びたい人に向けた体制は整っていると感じました。

女性

女性

仕事のやりがい:
お金のために毎日我慢をするというような社風です。
議論をする社風ではなく、きめられたことをなにがなんでもやれ、というような社風です。
無理な仕事をやらされ、できないと、責任をとらされます。
1度そうなると、より無理な仕事ばかり来るようになります。

成長:
若手は単純作業、シニアは営業、というような役割分担です。
議論する風土、個人のビジョンや成長意欲はあまりなく、コンサルティングというのは名ばかりでした。
そのため、人材が育ちません。
上司のレビューもないため、若手はひたすら孤軍奮闘する一方、コンサルティング経験のある人はいいですが、そうでない場合はすぐに辞めていきます。
経験者も、スキルアップできないため、遅からず転職していきます。
何回もそういう事例を見てきました。

社員の雰囲気についての評判

クニエにおける社員の雰囲気についての評判・口コミを下記で紹介します。
 

 

男性

男性

個人商店の集まりであるコンサル特有の文化かもしれないが、互いに干渉すること(興味)がないです。
人事評価制度などは半期過ぎた時点で決定事項として一方的にKPIなども含めて通知・施行したり、勤怠などの業務システムなども同様に社員への説明なく機能追加(月末の手間が増える)してくるなど、非計画的です。
評価上のペナルティについても、経営層に近い部長クラスは聖域化しています。

女性

女性

もともと国営企業のNTTグループであるため、利益重視ではなく社会にとってよいかどうかに判断の基準を置いた経営を行うという方針です。
コンサルティング会社はどこもそうかもしれませんが、コンサルタントそれぞれが専門の領域で案件を開拓し、サービスを提供して、相互に協力しているわけではないため、チームワーク意識はあまりありません
頻繁にNTTデータグループの社内研修の受講させられているので、法令遵守意識は普通にあると言えます。

評判の良いおすすめの転職サイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

クニエへの転職前にまずはインテリゴリラにご登録を!

クニエへの中途採用のために、労働環境、社長の思い、成長性のある事業内容、サービス事例、評判・口コミについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

クニエは2008の創業以来、クライアントが抱える課題を紐解く経営コンサルティングを展開してきました。
企業経営における経営戦略や事業戦略を合理的かつ効率的に実行するために、組織構成や経営管理制度の設計、グループ事業再編やM&Aの実行なども支援しており、事例も豊富で顧客からの評価も高いです。
そのほかにもマーケティング戦略の提供や組織・人材ソリューションの提供、地方創生と農業再生などにも力を入れています。
今後は高木社長に率いられ、東南アジアへの海外展開を加速、さらには欧米への海外展開と事業の拡大のビジョンを持っています。
NTTグループが所持しているデジタル技術や生産と設計開発など、そういった能力がアメリカの企業でも求められているという背景もありますが、何よりもNTTグループの後ろ盾があるので、今後も安定して仕事を請け負えるといビジョンが見えます。
海外展開のビジョンと成長性の高い事業内容から、刺激的な職場であることは間違いありません
しかし、同社の選考プロセスは、非常に難易度が高いです。

そんな高難易度の採用プロセスであるクニエへ転職したいのなら、インテリゴリラヘのご登録をおすすめします。
内定獲得者が持っているノウハウ、書類の準備、ケース対策まで確認可能で、内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に採用された方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でクニエに内定したい方はこちら。

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング