ビジネスメールの締め・結びの言葉で迷ったら?シチュエーション別の例文やマナーを紹介

ビジネスメールの締め・結びの言葉で迷ったら?シチュエーション別の例文やマナーを紹介

ビジネスメールでは締め・結びの言葉が必須です。また、締め・結びの言葉は相手やメールの内容、冒頭とのバランスなどさまざまな要素を考慮してなくてはいけません。本記事では挨拶や気持ちを伝えたい時、季節別といったシーン別に詳しく締め・結びの言葉を紹介しています。

ビジネスメールの締め・結び言葉を使うメリットは?

Photo byFree-Photos

ビジネスの世界で、社内外問わず、メールで挨拶をしたり、やり取りをする頻度は非常に多いと思います。
現在は、メールスキルというのも、ビジネスにおいては不可欠なスキルになってきました。

そして、メールは感情が伝わり辛い分、締めや結びの言葉で印象が大きく変わってきます。

この記事では、 ビジネスメールにおける締めや結びの言葉、例文なども交えながら、解説をしていきます。
メールでの挨拶の質を上げ、ビジネスマンとしてのレベルも上げていきましょう。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

ビジネスメールでは締め・結びの言葉がなぜ必要?

Photo bygeralt

メールで締め・結びの言葉はマナーです。
締め・結びの言葉がなければ「そっけない」「丁寧ではない」といった印象を与えてしまう可能性があります。
特に目上の上司や取引先の方にメールを送る際は、丁寧な締め・結びの言葉を入れるようにしましょう。
相手との信頼関係を築くためにも、締め・結びのことは必要です。

ビジネスメールの締め・結びの言葉のマナー

Photo byThorstenF

ビジネスメールの締め・結びの言葉のマナー

  • 相手・内容に合わせて言葉を選ぶ
  • 取り急ぎの使い方に気を付ける
  • 冒頭の言葉とのバランスに気をつける
  • クッション言葉を使う
  • 季節感がある言葉を入れる

ビジネスメールの締め・結びの言葉のマナーには、さまざまなポイントがあります。
特に相手や内容に合わせて言葉を選ぶことが重要で、立場などで言葉遣いを変えると良いでしょう。
また、間違えた意味で言葉を使ったり全体のバランスが悪かったりなど気をつける点も多くあります。
季節によって言葉を変えるのもおすすめです。

相手・内容に合わせて言葉を選ぶ

ビジネスメールの締め・結びの言葉のマナーとして、 相手・内容に合わせて言葉を選ぶという点があります。
相手との関係性に応じて言葉を選ぶことで、コミュニケーションが円滑になります。

例えば、仲が良い人に「この度は誠にありがとうございました」と締めの挨拶をすると、少し不自然ですよね?
逆に、上司が 相手の場合に、「ありがとう、助かったよ」と締めの挨拶をする人もいないのではないかと思います。

相手や伝える内容に合わせて、締めの挨拶を選ぶようにしましょう。

取り急ぎの使い方に気を付ける

ビジネスメールの締め・結びの言葉のマナーとして、取り急ぎの使い方に気を付けるという点があります。
取り急ぎとは、「丁寧にお礼を述べるべき所、急ぎの挨拶で申し訳ない」という意味でよく使われます。

その為、出来れば、目上の人に送るのは、出来るだけ避けた方が無難かと言えます。

冒頭の言葉とのバランスに気をつける

ビジネスメールの締め・結びの言葉のマナーとして、冒頭の言葉とのバランスに気をつけるという点があります。

冒頭の言葉と、締めの挨拶の表現が大幅に違うと、違和感のある文章になるため、気を付けるようにしましょう。

対面のコミュニケーションに置き換えると分かりやすいと思いますが、打ち合わせの最初は下手に出て、最後はタメ口と態度を変えると、明からに不自然なので、ビジネスメールでも同じように気を付けましょう。

クッション言葉を使う

ビジネスメールの締め・結びの言葉のマナーとして、クッション言葉を使うという点があります。

例えば、最後に「催促」をしないといけない場合もあるかと思います。
その際、ストレートに「お願いします」と伝えると、相手からすると要望をされているので、あまり気分はよくありません。

その為、「お忙しいところ恐縮ですが」などの クッション言葉を使う事で、文章の印象が随分柔らかくなります。
一言入れるだけで、相手は受け取り方が大きく変わる場合があるので、状況に応じてクッション言葉を使う事をおすすめします。

季節感がある言葉を入れる

相手との関係性にもよりますが、季節を感じられる言葉を入れると尚良いです。
年末のタイミングでは「今年もお世話になりました」や夏のタイミングでは「暑い日が続いているので体調にお気をつけてください」などといった言葉を入れるとよいでしょう。
季節感をある言葉を入れれば、より好印象なメールを作成できるようになります。

ビジネスにおける催促メールの書き方は?相手を不快にさせない例文をチェック!のイメージ
ビジネスにおける催促メールの書き方は?相手を不快にさせない例文をチェック!
リクルートやベンチャー企業での経験をもとに、ビジネスにおける催促メールの書き方をお伝えします。 ビジネスの場面において、出来れば催促メールは送りたくないという人が多いとは思いますが、相手を不快にさせない例文など、すぐに実践できる事例などもご紹介します。

ビジネスメールの締め・結び言葉のシーン別例文【基本編】

Photo byniekverlaan

ビジネスメールの締め・結びの言葉として基本的であるのは「よろしくお願いいたします」です。
その他にも「よろしくお願い申し上げます」や「どうぞよろしくお願いいたします」が挙げられます。
基本的に以上の言葉を入れていれば、締め・結びの言葉として問題ありません。

ビジネスメールの締め・結び言葉のシーン別例文【挨拶編】

Photo bylechenie-narkomanii

ビジネスメールの締め・結び言葉のシーン別例文【挨拶編】

  • 依頼する時の使い方
  • 返信を待つ時の使い方
  • 取り急ぎの使い方
  • 今後のご愛顧をお願いする使い方
  • 依頼を断る時の使い方

挨拶としてメールを送る際には、基本的なビジネスメールの締め・結びの言葉と少し異なります。
挨拶のビジネスメールは今後も良い関係を続けるために必要なメールですので、いつもより丁寧な言葉遣いを意識することが必要です。
例えば、依頼するときには協力をお願いする言葉を選び、返信を待つ時は返信が来るような言葉を選ばなければいけません。
相手の立場になって、より丁寧な言葉を選ぶようにしましょう。

依頼する時の使い方

依頼する時のビジネスメールの締め・結びのシーン別例文【基本・挨拶】は下記になります。

<例文>

・ご協力の程よろしくお願い致します。
・ご検討の程どうぞよろしくお願い致します。
・ご検討頂けますと幸いです。

返信を待つ時の使い方

返信を待つ時の、ビジネスメールの締め・結びのシーン別例文【基本・挨拶】は下記になります。

<例文>

・ご連絡お待ち申し上げます。
・誠に恐縮ですが、ご返信頂きますよう、お願い申し上げます。
・折り返しのご連絡をお願いできれば幸いです。

取り急ぎの使い方

取り急ぎの、ビジネスメールの締め・結びのシーン別例文【基本・挨拶】は下記になります。

<例文>

・取り急ぎ御礼申し上げます。
・取り急ぎご連絡致します。
・取り急ぎ確認させて頂きました旨ご連絡致します。

今後のご愛顧をお願いする使い方

今後のご愛顧をお願いする際の、ビジネスメールの締め・結びのシーン別例文【基本・挨拶】は下記になります。

<例文>

・今後とも、ご愛顧の程よろしくお願い致します。
・今後とも、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

依頼を断る時の使い方

依頼を断る時の、ビジネスメールの締め・結びのシーン別例文【基本・挨拶】は下記になります。

<例文>

・今回は承る事ができず申し訳ございません。お詫び申し上げます。
・今回はご縁がありませんでしたが、またの機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
・ご期待に沿えず恐縮ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ビジネスメールの締め・結び言葉のシーン別例文【気持ちを伝える使い方】

Photo byniekverlaan

ビジネスメールの締め・結び言葉のシーン別例文【気持ちを伝える使い方】

  • 謝罪する時の使い方
  • 感謝する時の使い方
  • 健康・繁栄をお祈りする使い方
  • 感染症や天災を気遣う使い方

気持ちを伝えたいときにも、締め・結びの言葉で伝えることができます。
謝罪したいときや感謝したいときなど、さまざまな場面で伝えたい気持ちをしっかりと伝えられるよう、慎重に言葉遣いを選ぶようにしましょう。
また「健康・繁栄のお祈り」や「感染症・天災の気遣い」といった場面も言葉を選ぶ必要があります。

謝罪する時の使い方

謝罪する時の、ビジネスメールの締め・結びのシーン別例文【気持ちを伝える使い方】は下記になります。

<例文>

・心よりお詫び申し上げます。
・この度は、ご期待に沿えず大変申し訳ございませんでした。

感謝する時の使い方

感謝する時の、ビジネスメールの締め・結びのシーン別例文【気持ちを伝える使い方】は下記になります。

<例文>

・この度は、誠にありがとうございました。
・心より御礼申し上げます。
・厚く御礼申し上げます。

健康・繁栄をお祈りする使い方

健康・繁栄をお祈りする時の、 ビジネスメールの締め・結びのシーン別例文【気持ちを伝える使い方】は下記になります。

<例文>

・ご自愛ください。
・ご健康を心よりお祈り申し上げます。
・時節柄、お体をお大事にしてください。

感染症や天災を気遣う使い方

感染症や天災を気遣う場面としては、インフルエンザ、地震、大雨などが挙げられます。
それぞれの場面で起こる影響を気遣う言葉遣いを選ぶようにしましょう。

<例文>
・不便は多々ございますがどうかお気をつけてお過ごしください。
・何か私どもでお役に立てることがございましたらお申し付けください。
・落ちつかない状況ではありますがどうぞご無事でお過ごしください。

「教えてください」の敬語は?社内で使える言い換えや英語表現も紹介のイメージ
「教えてください」の敬語は?社内で使える言い換えや英語表現も紹介
上司に対して「教えてください」を使ってしまうと、少しぶしつけな印象を持たれてしまう可能性があります。そのため、「教えてください」の敬語表現はしっかりと覚えておくことが重要です。上司だけでなく取引先にも失礼な言葉遣いをしないよう気をつけましょう。

ビジネスメールの締め・結び言葉のシーン別の例文【季節別】

Photo bynvtrlab

ビジネスメールの締め・結びのシーン別の例文【季節別】

  • 春の挨拶
  • 夏の挨拶
  • 秋の挨拶
  • 冬の挨拶
  • 一年中使える挨拶

春、夏、秋、冬とすべての季節で使える言葉が異なってきます。
季節によって言葉遣いを変えると、気を使ってくれていると感じられる丁寧なメールを作ることが可能です。
また、季節関係なく一年中使える言葉もあります。
さまざまな場面に合わせて、その場にぴったりな言葉を選ぶようにしましょう。

春の挨拶

ビジネスメールの締め・結びのシーン別の例文【季節別】の 春の挨拶は下記になります。

<例文>

・早春の息吹を感じる昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。
・浅春の折、何卒ご自愛下さい。

夏の挨拶

ビジネスメールの締め・結びのシーン別の例文【季節別】の 夏の挨拶は下記になります。

<例文>
・暑さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
・暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛下さい。

秋の挨拶

ビジネスメールの締め・結びのシーン別の例文【季節別】の秋の挨拶は下記になります。

<例文>
・季節の変わり目でございます。ご健康に留意され、ますますご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。
・新秋の折、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。

冬の挨拶

ビジネスメールの締め・結びのシーン別の例文【季節別】の冬の挨拶は下記になります。

<例文>
・年末ご多忙の折ではございますが、お身体にお気をつけて良き新年をお迎えください。
・厳寒の折、風邪など召されませぬようご自愛ください。

一年中使える言葉

ビジネスメールの締め・結びのシーン別の例文【季節別】の一年中使える言葉は下記になります。

<例文>

・皆様にくれぐれもよろしくお伝えください。
・略儀ではございますが、まずはメールにてお礼申し上げます。
・末筆ながら、ますますのご健勝、ご多幸をお祈り申し上げます。

ビジネスメールの締め・結びの言い換え例

Photo byfancycrave1

ビジネスメールの締め・結びの言い換え例

  • よろしくお願いしますの言い換え
  • ご検討をお願いしますの言い換え

ビジネスのメールであまりにも単調だと、適当に作られたテンプレート感があるメールになってしまう可能性もあります。
特に「よろしくお願いします」や「ご検討をお願いいたします」は、ビジネスメールでよく使われる言葉です。
そのため、文章全体が単調に感じる場合は、より丁寧な言葉に言い換えると良いでしょう。
メールを受け取る相手の感じ方もそれぞれですが、全体的な雰囲気などを見て、言い換えた方が良さそうな文章は言い換えるのがおすすめです。

よろしくお願いしますの言い換え

よろしくお願いしますの、 ビジネスメールの締め・結びの言い換え例は下記になります。
 

<言い換えの事例>
・よろしくお願い申し上げます。
・どうぞよろしくお願い致します。

ご検討をお願いしますの言い換え

ご検討をお願いします ビジネスメールの締め・結びの言い換え例は下記になります。

<言い換えの事例>
・ご検討頂けますと幸いです。
・ご検討下さいますよう、お願い申し上げます。

・ご検討の程、何卒よろしくお願い致します。

ビジネスメールの締め・結びの言葉はお仕事をスムーズにする!

フリー写真素材ぱくたそ

ビジネスメールの締め・結びの言葉はお仕事をスムーズにする要因となります。
挨拶は、対面、電話、メール問わずビジネスの基本となります。

また、ビジネスメールの締め・結びの言葉や挨拶は、短い文面の中で、相手に与える印象を大きく左右します。
細かい部分ですが、メールでの結びの挨拶にも気を配りながら、相手とのコミュニケーションを円滑にしていきましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
YUTA
ライター

YUTA

新卒でリクルートに入社し、その後、リクルートOBが経営する転職エージェントで、RA及びCAを担当。 現在は、某企業の取締役。 転職エージェントでの経験と知識及び、会社経営から得た知識をもとに記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング