年収300万円の手取りはいくら?リアルな生活費や年収アップの秘訣も解説!

年収300万円の手取りはいくら?リアルな生活費や年収アップの秘訣も解説!

年収300万円の突破は、多くの若手ビジネスマンの最初の壁になるでしょう。しかし実際その目標を超えても、手取りとして残る金額は少し下がってしまいます。そこで本記事では年収300万円の手取りや、リアルな生活水準などを徹底解説していきます。

記事の目次

  1. 1.年収300万円の手取り額はどのくらい?
  2. 2.年収300万円・手取り約240万円の会社員の割合
  3. 3.年収300万円・手取り約240万のリアルな生活費
  4. 4.年収300万円・手取り約240万の結婚・マイホーム
  5. 5.年収アップさせるおすすめの方法は?
  6. 6.〇〇に転職したいならおすすめの転職エージェント
  7. 7.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  8. 8.年収300万・手取り約240万は工夫により無理なく暮らせる

年収300万円の手取り額はどのくらい?

Photo byPublicDomainPictures
男性

男性

国内における新卒の平均年収は約250万円前後とされています。
そのため、年収300万円を目標に日々業務を行っている若手ビジネスマンは多いでしょう。
そして次に気になるのは、年収300万円に達した際、手取りがいくらなのか、実際の生活費はどれほどかかるのか等、様々あるでしょう。

そこで本記事では年収300万円の実際の手取りや、生活費、どのように年収300万円に乗せるかなど、より具体的な解説を行っていきます。

年収300万円の手取り額は約240万

まず最初に、年収300万円の実際の手取り額について解説をしていきます。
結論から言うと、年収300万円の場合、税金などが引かれ手元に残るのは約240万円です。

この金額は一人暮らしをするのであれば、問題なく暮らせる十分な額と言えるでしょう。
しかし将来結婚を考えていたり、車、家などの購入を考えると、実際のところ十分とは言えないのが現実です。

また全体的な割合から見ても、年収300万円台の正規雇用者は約22%です。
実はこの割合、年収別に見ていくと、最も多い割合のため、現在年収が300万円の人材が最も日本にいると言えます。

賞与あり・賞与なしの手取り月収

では次に、賞与に関する解説を行っていきます。

まずは賞与有の場合の手取り月収です。
賞与額を平均を44万円とした場合、手取り月収は約17万円となります。
そのため、この中から生活費などを引いても、人取り暮らしであれば、十分に過ごしていくことができます。

一方で賞与がない場合の手取り月収は、約20万円です。
そのため一見すると、月々の収入は非常に多く感じるものの、賞与というまとまった金が入らない点には注意が必要です。
手元に20万円残り、思いのほか裕福な錯覚を抱きやすいですが、すべて使い知ってしまうと、貯金などにお金が回らず困ることも多々あります。

また賞与の有無にかかわらず、税金も大きく関わってくるため、年収アップを実現するまではなるべく豪遊などは避けることをおすすめします。

年収300万円の税金

年収300万円の税金一覧

  • 健康保険料:約18万円
  • 厚生年金保険:約28万5,000円
  • 雇用保険料:約9,000円
  • 所得税:約5万4,000円
  • 住民税:約11万3,000円

まずは年収300万円に対して、必要となる税金の割合を上記の一覧表を元に考えてみてください。
合計で約64万円の税金がかかるため、手元にはおおよそ240万円残る計算になります。

累進課税を取り入れている日本では、所得が上がれば上がるほど税金も上がるため、年収300万円に対してかかる税金の割合はそこまでおおきくありません。

しかし、このように税金全体を合計して見ると60万円以上と、結構大きな額に上るため、生活費の計算や大きな買い物をするときなど、一度冷静にこの一覧表を確認することをおすすめします。

年収300万円・手取り約240万円の会社員の割合

フリー写真素材ぱくたそ
男性

男性

前述で、正規雇用者における年収300万円台の割合は22%と解説しましたが、総支給300万円、手取り240万円に限定すると、その割合は男性19%、女性14%まで下がります。

男女平等が謳われる現代でも、やはり男女の間で年収の差はまだまだ存在してしますのが実態です。
そこでこの章では、年収300万円の割合や、年代別年収300万円の仕事を解説していきます。

男性約19%・女性約15%が年収300万円

まず結論から言うと、男性の約19%、女性の約15%の人が年収300万円とされています。
この割合は非常に多く、現在の日本では年収300万円の人口が割合の多くを占めています。

またこの割合は年々上がっており、新卒の初任給の水準も上がり、一般企業でも初任給で月給25万円以上の企業なども多くあります。
そのため、今後全体的な平均年収が上がることも予想されているため、徐々に年収400万円の人口が大きな割合を占めていくことになるでしょう。

年代別・年収300万円の仕事

年代別・年収300万円稼げる仕事

  • 20代:外資系企業:人材業界・広告業界
  • 30代前半:ライフライン系・IT企業・不動産業
  • 30代後半:製造業・運輸業・建設業・教育機関・卸売業・小売業・医療福祉関係
  • 40代:鉱業・宿泊業・飲食業・サービス業

20代で年収300万円を突破するとなると、まずまず良い方と言えるでしょう。
業界的に見ても、外資系企業や広告業界など、ハードながら実力主義の評価制度を取りいれている企業の割合が多く、比較的年収アップも狙える業界が多いのが特徴です。

一方30代で年収300万円に届く業界も、需要が高く将来的にも安定している業界が多いです。
特に建設業は引き続き需要が高く、このコロナ禍でも勢いは衰えません。
また不動産業も比較的年収アップが狙え、30代で300万円だとしても、今後伸ばせる可能性も秘めています。

しかし40代で年収300万円となると、やや厳しく、業界がサービス関連に絞られる傾向があります。
同年代の他の業界と比べ、場合によっては400万円ほど年収に差が出るケースも少なくないため、40代で年収アップを考えている場合、他の業界へ転職することもおすすめです。

このように、一口に年収300万円といってもさ様々な業界があります。
また業界によっては出世したとしても、年収300万円台から抜け出せない場合もあります。
そのため年収アップを考えている場合は、自身の年齢と年収も良く考慮し転職活動をするようにしましょう。

年収300万円・手取り約240万のリアルな生活費

Photo bymilivigerova
男性

男性

では実際に、年収300万円の場合、生活費や暮らしぶりはどうでしょうか。
贅沢はできるのか、生活は苦しくないのかなど、様々な不安もあるでしょう。

そこで、この章では生活費の詳細や、年収300万円でうまくやりくりしていく方法などについて解説をしていきます。

1人暮らしの生活費内訳

生活費の内訳詳細(1人分)

  • 家賃:約5万円
  • 食費:約3万円
  • 交際費:2万円
  • 水道光熱費:約1万円
  • 通信費:約1万円
  • 趣味・娯楽費:約2万円

上記は一例ですが、生活費のトータルは約17万円ほどになります。
そのため、賞与有の手取りを仮定した場合、貯金をするのが余裕がなかなか生まれてこないのが現実と言えるでしょう。

一方である程度の娯楽費や交際費などは確保できるので、極端に貧しいと感じる生活ではないので安心してください。

人によっては家賃を下げたり、趣味娯楽費を抑えるなど、様々な方法で貯金をするなど、工夫次第ではしっかりと貯金もできます。
しかし、様々な方法で貯金をするとしても、毎月大きな金額貯金をすることは難しいです。
そのため、将来に不安がある場合、なるべく早く年収アップを視野に入れて行動するようにしましょう。

家族2人の生活費内訳

パートナーとの二人暮らしの場合は、上記の金額のうち、一人にかかる生活費を単純に二倍したものと仮定して良いでしょう。

家賃や通信費は大きく変わりませんが、光熱費や食費、日用品に削られていく費用は単純に2人分になります。

そうなると、2人分の生活費を300万円の年収で賄うことは非常に厳しいため、共働きで世帯年収アップを目指していかないと、なかなか生活は苦しくなります。

家族3人の生活費内訳

また上記の2人暮らしに加え、子供が生まれたと仮定すると、年収300万円で生活費をまかなうことは、非常に困難になります。

夫婦の生活費はもちろん、子供にかかる教育費で約4万円、食費や光熱費も合わせて4万円ほど多くかかるため、共働きは必須言わざるをえません。
ただ、考え方を変えれば、子供にかかる費用が月間で約8万円弱であることを考慮すると、どちらかがパートタイムなどで月に8万円ほど生活費に補填できると、ある程度余裕を持った生活ができると言えるでしょう。

独身実家暮らしの生活費内訳

貯金を最優先に考えると、実家一人暮らしが最も良い方法と言えるでしょう。

家に家賃光熱費などを合算した生活費を5万円を入れると仮定しても、残りの金額は基本的に自由につかえます。
そのため生活費の内訳は人により大きく異なりますが、うまくやりくりしている実家暮らしの場合、毎月7~9万円近く貯金をし、年間で100万円を超える貯金も可能となります。

年収300万円・手取り約240万の結婚・マイホーム

Photo by Yuya Tamai
男性

男性

年齢を重ねるにつれて、家を購入したり、結婚をしたりと人生において様々な変化が起こることはだれしもあり得ます。

しかしそのような場面に直面したとき、年収300万円の場合、はたしてうまくやりくりできるのでしょうか?
そこでここでは、年収300万円の場合の、ライフイベントなどについて解説していきます。

結婚する場合に必要なこと

結論、結婚自体は誰でもできますが、式を上げらえるか、年収に相手が納得してくれるかなど、様々なポイントがあります。

そのためまず、式を挙げる場合は、結婚資金の準備は必須と言えます。
しかし現実年収300万円の場合、結婚式を盛大に行うだけの貯金を貯めるのは非常に難しいです。
そのため、事前にパートナーと話し合いをし、式の規模を下げるか、行わないかなど慎重に話し合いをする必要があります。

また結婚後、パートナーが専業主婦になるのは非常に難しいです。
そのため、共働き前提で、日々節約生活を送らなければならない点や、お金を貯める方法や、無駄を省く方法を二人でしっかりと考える必要があります。

住宅ローンを組むことは可能?

人生の最も大きな買い物の一つとしてあげられる、マイホームの購入の際、住宅ローンを組むことはできるのでしょうか。
結論年収300万円でもローンを組むことは可能です。

住宅ローンを組む際の目安は年収の約4分の1なので、おおよそ75万円と計算できます。
そのため、一般的と言われる35年ローンで組むことを想定すると、約1,600万円ほどのローンを組むことができます。

ただローンを組むと、毎月の支払いがさらに増え、生活を大きく圧迫してしまいます。
そのため、ローンを組むのであれば、節約方法の改善や年収アップを目指すなど、何かしらの変化は必要と言えるでしょう。

年収アップさせるおすすめの方法は?

Photo byFree-Photos
男性

男性

では最後に、年収300万円生活に満足ができない人向けに、年収アップの方法をいくつか解説していきます。

今の生活水準を、さらに上げたいと感じている人は、ぜひ参考にしてください。

キャリアアップする

まず一つ目の年収アップの方法はキャリアアップを目指すことです。
大きく分けてキャリアップには二つの方法があります。

まず一つ目が、今の職場で結果を残し、早期出世を目指す方法です。
特に、実力主義の評価制度の会社では、若いうちから結果を出せば年収アップが見込めたり、役職がついたりなど、比較的キャリアアップが目指しやすいです。

また二つ目の選択肢として、転職があげられます。
自分の年齢と比較し、年収が低いと感じている場合、その業界でいくら頑張っても、天井が近いケースもあります。
そのような場合、思い切って、異業種へ転職しキャリアップを目指すのも良いでしょう。

資格を取得する

また資格を取ることも、年収アップの方法の一つです。
企業にもよりますが、資格手当で平均約3万円前後の手当が月間で見込めます。
これを年収に換算すると36万円前後の収入アップとなるため、年単位で見ると非常に大きな額になります。

そのため、年収アップを目指すのであれば、資格の勉強をし新たな資格を取ることや、それを活かし、さらに好条件への転職なども図れます。
もしも平日の夜など時間が取れる環境であれば、何かの資格の勉強を行うのも、年収アップの一つの手となるでしょう。

副業で収入を得る

働き方が多様化する現在では、多くの企業で副業が認められています。
企業によっては早期のキャリアアップが難しく、年功序列の企業もまだまだ多くあります。

そのような場合、会社からの給料だけにとらわれず、もう一つ収入源を増やすことで、年収を上げることが可能です。

例えば、せどりやウェブライティング、アフィリエイトなど、ローリスクで初心者でも始められる副業は、現在ビジネスマンの間でも大きな支持を集めています。
そのため、もう一つの収入源を増やしたいと感じているのであれば、初心者でも始めやすい副業を探してみてはいかがでしょうか。

投資をはじめる

知識のあるビジネスマンにおすすめなのが、株式やFXなどの投資です。
投資は非常にリスクが高いですが、短時間で大きなリターンを狙えるため、昔からビジネスマンの副業の一つとして、高い支持を得ています。

ただ、年収300万円だと、投資に回せる金額もあまり多くないので、小額からまずははじめ、投資で稼ぐ感覚を身に着けてから大きく投資をしていくことをおすすめします。

転職をする

キャリアアップでも紹介をしましたが、思い切って転職をすることもひとつの方法です。
事実業界によって平均年収が違うので、稼げる業界や稼げにくい業界も存在します。
そのため、自身の業界で限界を感じたら異業種へ移ったり、自身のスキルに自信があるのであれば、同業他社で管理職採用などを目指すのも、一つの方法です。

ただその際、転職活動には多くの準備や対策など必要なことが多いため、優秀な転職エージェントと力を合わせることをおすすめします。

〇〇に転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
転職を考えているのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

年収300万・手取り約240万は工夫により無理なく暮らせる

ここまで紹介したように、一人暮らしの場合、節約などの工夫次第で無理なく生活を送ることはできます。
そのため、ある程度余裕を持った暮らしができ、充実した日々を送ることができるでしょう。

しかし車や家を買ったり、結婚することなどを考えると、やはり生活は厳しくなります。
そのため、年収アップを考えている人は、ぜひこの記事を参考にして様々な方法で年収アップを目指してください。

また転職という手段を取るのであれば、優秀なエージェントへの登録は、忘れずに行うようにしましょう。

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング