ヘッドハンターを活用するメリットを調査!ヘッドハンティングは転職に有利?

ヘッドハンターを活用するメリットを調査!ヘッドハンティングは転職に有利?

転職エージェント出身者が、ヘッドハンターを活用するメリットを徹底解説します。
これまでの経験と最新の情報を元に、転職する際にヘッドハンターをどのように活用すればいいのかや、ヘッドハンターの実態についてお伝えします。
転職をお考えの方は、是非ご覧ください。

記事の目次

  1. 1.ヘッドハンターとは?どんなメリットがあるの?
  2. 2.ヘッドハンターとは
  3. 3.ヘッドハンター(ヘッドハンティング)が注目されるのはなぜ?
  4. 4.ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するメリット
  5. 5.ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するデメリット
  6. 6.ヘッドハンター(ヘッドハンティング)は転職に本当に有利?
  7. 7.ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を受ける方法
  8. 8.こんなヘッドハンター(ヘッドハンティング)には注意!
  9. 9.転職したいならおすすめの転職エージェント
  10. 10.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  11. 11.ヘッドハンターの活用はメリットもあるが注意も必要!

ヘッドハンターとは?どんなメリットがあるの?

Photo byFree-Photos

ヘッドハンターと聞くと、皆さんどんな印象をお持ちでしょうか?

自分には関係のない存在を思われる方もいるかもしれませんが、この記事では、ヘッドハンターの実態や、ヘッドハンターを活用して転職活動するメリットなどをお伝えします。

また、ヘッドハンターが扱う案件は、高年収の案件も多いので、活用の仕方次第では、大きくキャリアアップ出来る可能性があります。
ヘッドハンターを上手く活用して、キャリアアップしていきましょう。

ヘッドハンターとは

Photo byFree-Photos

ヘッドハンターとは

  • 人材発掘を手掛ける人
  • ヘッドハンティングとは
  • 転職エージェントとの違い

人材発掘を手掛ける人

一般的にヘッドハンティングは英語で「首を狩りに行く」という意味があります。

また、ヘッドハンターとは、英語で「首狩り族」を意味します。
ビジネスの世界で使われるヘッドハンターは、「有能な人材発掘を手掛ける人」の意味で使われており、優秀なビジネスマンを常に探し続けています。

ヘッドハンティングとは

ビジネスにおけるヘッドハンティングとは、企業の優秀な人材を引き抜く意味があり、管理職やエグゼクティブ層などのポジションでも引き抜きがしばしば起こります。

場合によっては、上場企業の代表取締役等のポジションの案件をヘッドハンターが依頼を受けているケースもあり、株価などにも影響するので、秘密裏にヘッドハンティングは行われています。

転職エージェントとの違い

ヘッドハンティングと似たサービスで、転職エージェントがあると思いますが、その違いについて少し触れたいと思います。
ヘッドハンティングも転職エージェントも、企業と転職者のマッチングを行うので結果は一緒ですが、そのプロセスが少し異なります。

転職エージェントは、転職者が自分の登録を転職エージェントに行った上で進みますが、ヘッドハンティングの場合は、自分で個人情報を登録してない場合でも、声がかかる可能性があります。

上場企業であれば、ネット上に役職などの情報が掲載されるので、そこでリサーチされているケースもあれば、業界の人伝いで情報が入手され、ヘッドハンティングされる場合もあります。

もちろん、個人情報がどこで漏れたかの別の問題もありますが、ヘッドハンティングは、突然連絡が来て、面談をするというケースも少なくありません。

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)が注目されるのはなぜ?

Photo bymohamed_hassan

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)が注目されるのはなぜ?

  • 転職する人が増えている
  • スキルや経験の多い人材の不足
  • 日本企業の人材活用も盛んになっている

転職する人が増えている

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)が注目される理由としては、転職する人が増えているという点があります。
昔は年功序列で終身雇用というのがスタンダードだったため、転職する人はほとんどいませんでした。

むしろ、転職自体に少しネガティブな印象が強かったように思います。
現在では、転職する事に対して前向きに捉えれる人も増えてきて、転職に対するイメージも変わってきました。

その為、ヘッドハンティングの注目度も高くなってきました。

スキルや経験の多い人材の不足

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)が注目される理由として、スキルや経験の多い人材が不足しているという点が挙げられます。
日本は、大前提、少子高齢化が進み、労働人口が減少傾向にあります。

そして、確率論的に優秀な人材も見つけるのが難しくなっており、見つかったとしても、優秀な人材は企業から取り合いの状況というのが現状です。
上記背景もあり、ヘッドハンティングは注目を集めています。

日本企業の人材活用も盛んになっている

ヘッドハンティングは、外資系の企業なども昔から積極的に活用していましたが、最近では、日本企業も活用するケースが増えてきました。
日本企業も、費用をかけなくても人材を採用出来ていた時代は終わりに向かっており、背に腹は変えられない状況となっています。

私が転職エージェント時代も、企業規模問わず、ヘッドハンティングを利用している日本企業が増えてきている印象でした。

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するメリット

Photo byFree-Photos

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するメリット

  • 活躍できる人物を理解しているので満足度が高い
  • 企業の良い面も悪い面もわかる
  • 企業と求職者の間で条件交渉をしてくれる

活躍できる人物を理解しているので満足度が高い

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するメリットとしては、活躍できる人物を理解しているので満足度が高いという点があります。

ヘッドハンターは、企業側からしっかりとヒアリングをした後、それに合う人を探すので、もしそれに合致する人材が見つかれば、双方の満足度は非常に高くなります。

もちろん、求められる人材のレベルは高くなりますが、それに見合う人が見つかれば、トントン拍子で話が進むというケースもあります。

企業の良い面も悪い面もわかる

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するメリットとして、企業の良い面も悪い面もわかるという点があります。

上記でもお伝えした通り、ヘッドハンターは、企業から細かいヒアリングを行っている為、求める人材にとってのメリットの他、デメリットも把握しています。

転職者からしても、メリットだけでなく、事前にデメリットを聞いておけるのは非常に安心できるポイントになります。

企業と求職者の間で条件交渉をしてくれる

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するメリットとして、 企業と求職者の間で条件交渉をしてくれるという点があります。

ヘッドハンターは、年収交渉などの条件面の調整もしてくれます。
ヘッドハンターは交渉自体の経験も豊富なので、希望年収に応じて対応をしてくれます。

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するデメリット

Photo byFree-Photos

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するデメリット

  • ヘッドハンターと相性が合わない場合も
  • 複数社利用すると管理が大変に

ヘッドハンターと相性が合わない場合も

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するデメリットとして、 ヘッドハンターと相性が合わない場合もあります。
どうしても人と人なので、相性の問題は出てきます。

また、ヘッドハンターを活用して転職する場合は、現年収や家族の状況など、込み入った話をする必要もあるので、どうしてもこの人に話したくないと思う場合は、関係性を見直す必要もあります。

複数社利用すると管理が大変に

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を活用して転職するデメリットとして、複数社利用すると管理が大変になるという点が挙げられます。

ヘッドハンターからは、複数の案件を提案されるため、復数社利用すると、案件自体がかなり多くなってしまいます。
その為、自分の管理できる範囲で、依頼をするようにしましょう。

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)は転職に本当に有利?

Photo byStartupStockPhotos

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)は転職に本当に有利?

  • 年収・待遇が良くなる
  • 成果がないと減額されることも

年収・待遇が良くなる

ヘッドハンターを利用すると、年収・待遇が良くなる可能性があります。

皆さんが企業に直接応募した場合は、年収交渉も、ご自身で行う事になります。
たまに聞く話として、選考段階ではお互いにとても好印象でしたが年収提示額が希望と大幅に違い、入社に至らなかったというケースがあります。
このタイミングで年収交渉が出来ればいいですが、既に人事部の稟議を通しており、年収を変更する事が出来ない事の方が多いかと思います。
また、後から年収交渉をすると、後出しじゃんけんになるので、入社前に印象を悪くしてしまう可能性もゼロではありません。
ヘッドハンターを活用すると、上記を防ぐことも出来ます。

また、ヘッドハンターは、応募者の代わりに年収交渉をしてくれます。
そもそも、応募の段階から希望年収を踏まえて企業側と調整しているので、希望年収が通る可能性が高くなります。
日本人は比較的お金の話をするのが得意ではないので、経験のあるヘッドハンターにお任せするのが安心だと思います。 
ちなみに、ヘッドハンターは、成功報酬として、転職者の年収の何十%を紹介フィーとして企業から受け取るので、年収が高くなることは、ヘッドハンターにもメリットがあります。

上記パワーも働くので、 年収アップを希望する場合は、理由とセットで、ヘッドハンターに伝えるようにしましょう。 

成果がないと減額されることも

ヘッドハンター経由で転職をすると、成果がないと減額されることもあります。
これは、初年度は前職の給与を担保し、翌年以降は、実績に応じて給与が決まるというケースです。

ヘッドハンターを活用した際は、上記のケースも少なくないので、自分のスキルをどのように活かせるのかを慎重に考え、選考を受けるようにしましょう。

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を受ける方法

Photo byStartupStockPhotos

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を受ける方法

  • 知り合いに紹介してもらう
  • 自分の情報をWEBで発信

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を受ける方法としては、知り合いに紹介してもらうという方法があります。

これは一番確実な方法なので、ヘッドハンターに繋がりのある知り合いがいれば、声を掛けてみましょう。

自分の情報をWEBで発信

ヘッドハンター(ヘッドハンティング)を受ける方法として、 自分の情報をWEBで発信という方法があります。
SNSやLinkedInは、ヘッドハンターも常にリサーチをかけています。

WEB上で情報発信すれば、ヘッドハンターの目に留まる可能性も高まります。

こんなヘッドハンター(ヘッドハンティング)には注意!

フリー写真素材ぱくたそ

こんなヘッドハンター(ヘッドハンティング)には注意!

  • 不自然なほど転職を急がせる
  • 身分を明かさない・具体的な話をしない
  • メリットしか話さない
  • 特定の企業だけ勧める

不自然なほど転職を急がせる

不自然なほど転職を急がせるヘッドハンターには注意しましょう。
これは、自分の営業数字の為に焦っている場合など、個人的な事情がある場合があります。

本当に優秀で余裕のあるヘッドハンターは、転職者の事情を汲み取り、対応してくれます。

身分を明かさない・具体的な話をしない

身分を明かさない・具体的な話をしないヘッドハンターには注意しましょう。
きちんとした人であれば、まずは自分の身分を明かします。

身分を明かさなかったり、具体的な話をしない人は、何か後ろめたいことがあるので、気を付けるようにしましょう。

メリットしか話さない

メリットしか話さないヘッドハンターにも注意しましょう。

もちろん、企業に転職させて報酬を得るビジネスモデルなので、ヘッドハンターがメリットは話して当然ですが、デメリットを話さないヘッドハンターはあまり信用できません。

全ての情報を出し切って企業を選ばせてくれるヘッドハンターを選びましょう。

特定の企業だけ勧める

特定の企業だけ勧めるヘッドハンターも、注意した方がいい場合があります。
これは、特定の企業から、高いフィーをもらう契約となっており、そちらに誘導しようとしているケースがあります。

もちろん、本心でその企業が良いと思って紹介しているケースもあるので、しっかり話を聞いて見極めましょう。

転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
転職を考えているのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

ヘッドハンターの活用はメリットもあるが注意も必要!

Photo byMichaelGaida

ヘッドハンターの活用はメリットもあるが注意も必要になります。
ヘッドハンターは、有効活用すれば、キャリアアップや年収アップを狙えます。

しかし、中には、自分都合のヘッドハンターもいるのが現実なので、話を聞きながら、この人に任せても大丈夫か確認するようにしましょう。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

YUTA
ライター

YUTA

新卒でリクルートに入社し、その後、リクルートOBが経営する転職エージェントで、RA及びCAを担当。 現在は、某企業の取締役。 転職エージェントでの経験と知識及び、会社経営から得た知識をもとに記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング