タナベ経営の評判は良い?口コミから会社の成長性や働きやすさも解説!

タナベ経営の評判は良い?口コミから会社の成長性や働きやすさも解説!

タナベ経営への中途採用で気になる同社の社長、サービス内容、成長性、評判・口コミについて紹介します。群雄割拠のコンサル業界の中で若松社長の元、高い成長性のある事業を100年先を見据えて展開しています。若松社長率いるタナベ経営の評判についての当記事は必見です。

記事の目次

  1. 1.タナベ経営の会社評判は?
  2. 2.タナベ経営の企業情報
  3. 3.タナベ経営の将来性
  4. 4.タナベ経営の採用は?
  5. 5.タナベ経営の評判・口コミは?
  6. 6.転職希望者に評判の良いおすすめのサイト
  7. 7.タナベ経営への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

タナベ経営の会社評判は?

Photo by6689062

日系独立系コンサルティングファームであるタナベ経営では、業績も好調で、若松社長のもと、将来性も高いということから、やりがいのある仕事というイメージを抱く方も多いです。
口コミなどを参考にすると、企業の経営課題を解決するという仕事柄、どうしても業務は激務となりがちな一方、裁量のある仕事で、能力さえあれば若くても高給を貰えたり、昇進しやすいと言うメリットがあります。
評判口コミからわかる社風、労働環境、給与に関する現場社員の声はそれぞれ下記の通りです。

タナベ経営の社風について

  • 営業結果で評価が決まる実力主義
  • 中途採用の人は年齢や性別関係なく、成果で評価が決まる仕組み
  • 会社自体はかたい雰囲気がある一方で、社員のタイプは様々
  • コンサルタント(社内資格)になるための道筋もしっかりしており、研修もあるので、教育面では一流
  • 事業所と本社では雰囲気が異なり、地方の事業所はのんびりとした様子だが本社ではクライアント先が多く、多忙で少数精鋭

タナベ経営の労働環境について

  • 裁量労働制のため、仕事とプライベートをいかにうまく分けられるかは自分次第
  • 会社としてのナレッジは皆無の為、個々のパワーが必要になる
  • 日々の業務に忙殺され本来のコンサルタント職として必要なスキルや知識、経験を得る時間は少ない
  • 月に数回、金土の泊りがけセミナーを実施するので、週末は潰れる
  • コンサルの知識だけでなく営業力が試される

タナベ経営の給与について

  • 30時間分のみなし残業手当がついた年俸制
  • 年俸制で、裁量労働制のため、残業、休日出勤分も含んでの年俸額
  • 半年に一度年俸の査定があり、成績次第で良ければ年俸が30%UP、悪ければ20%DOWN
  • コンサルタント職につくと成果・能力次第で年収は上がる
  • 成果(実力)主義の為、良くも悪くも成果によって給与が決まる
  • 基本給が低めだが、出張扱いが多く、出張費が収入源になる

タナベ経営の中途採用を志望する場合、下記でお伝えする評判についての詳しい内容を読むことで自分に合う・合わないを検討してみてください。

タナベ経営の企業情報

フリー写真素材ぱくたそ

企業概要

下記は、タナベ経営の企業概要になります。

企業概要

社名 株式会社タナベ経営
TANABE CONSULTING CO., LTD.
創業 1957年10月16日
設立 1963年4月1日
資本金 17億7,200万円
代表取締役社長 若松 孝彦氏
上場証券取引所 東京証券取引所 市場第一部
従業員数 411名(2020年4月1日現在)

タナベ経営の提供しているサービス

タナベ経営では、クライアントが抱える複数課題を同時に紐解く「チームコンサルティング」を重視しています。
タナベ経営のコンサルティングスタイルは、複数のコンサルタントが同時にプロジェクトに関与し、事業戦略/収益改革/組織デザイン/経営システムなど、複数の課題テーマごとにチームを編成して、同時並行でプロジェクトを進める「チームコンサルティング」です。
定期的なミーティング(戦略会議)でディスカッションを重ね、徹底的に検討し、現実の戦略・経営課題に柔軟に対応します。
プロフェッショナルコンサルタントがリーダーシップを発揮し、クライアントの固有の課題に対して、的確な判断で最適な解決策を導き出します。

同社のコンサルティングでは、下記のラインナップを提供しています。

  • 中期経営計画策定コンサルティング
  • ジュニアボード経営
  • 新規事業開発コンサルティング
  • 5S・見える化コンサルティング
  • 公開講座(マネジメントセミナー)
  • カスタマイズ研修(講師派遣)
  • 戦略ドメイン&ファンクション研究会
  • PAT(タナベ式性格テスト)
  • 社風・人材分析(サーベイ)
  • トップ会

タナベ経営の強み

タナベ経営の強みは、半世紀以上の歴史で培ってきた6,000社以上のコンサルティング実績、数多くの臨床事例を持っていることです。
あらゆる業種・事業領域や経営テーマに対応できるノウハウが蓄積されており、全国の上場企業も含めた中堅企業を中心に、企業規模に適応したコンサルティングメソッドを提供しています。

また、コンサルタント人材を育成する「教育システム―タナベFCCアカデミー」等が整備され、専門分野の研修カリキュラム、コンサルタントのメソッドを磨く研修会、戦略ドメイン&ファンクション研究会等や、チームコンサルティングへの参加など、人材が育成される土壌が整っています
経営戦略や経営システムに関するチームコンサルティング実績を社内外における「実証済みの原理・原則」として提供し、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」を創造してきた実績がタナベ経営の他社にはない強みといえます。

タナベ経営の将来性

Photo byStartupStockPhotos

タナベ経営の社長

株式会社タナベ経営の代表取締役社長は若松孝彦氏が務められています。
若松社長は関西学院大学大学院(経営学修士)修了後、1989 年タナベ経営に入社し、2009 年より専務取締役コンサルティング統轄本部長、副社長を経て現職(代表取締役社長)に至ります。

タナベ経営の経営方針

タナベ経営は、100年先もクライアントに一番に選ばれる会社となるべく、「ファーストコールカンパニー」を経営理念として掲げています。
ファーストコールカンパニーとは、顧客から真っ先に声がかかる企業であり、顧客に必要とされる企業になるためには、変化を経営することが必要です。
タナベ経営は、歴代のコンサルティングから導き出した5つの法則を宣言として提言しています。

ファーストコールカンパニー宣言

  • 顧客価値のあくなき追求
    顧客価値を見つめる謙虚さと強みを磨く経営
  • ナンバーワンブランド事業の創造
    ブランド事業を生み出すナンバーワン戦略モデル
  • 強い企業体力への意志
    経常利益率10%と実質無借金経営の財務体質
  • 自由闊達に開発する組織
    自己改革できるチームと開発力を発揮する組織
  • 事業継承の経営技術
    志(こころざし)を次代へ承継する100年経営

上記のファーストコールカンパニー宣言を一つ一つ実行し、短期的なコンサルティングフィーをもらうことに終始するのではなく、100年先の未来を一枚岩になって作っていく企業にタナベ経営は向かって行っています

タナベ経営の採用は?

Photo byFirmbee

タナベ経営の採用方針

タナベ経営では、多くの経営者に頼られる存在、パートナーとして、様々な側面でのコンサルティングサービスを提供しています。
その中で、経営に関する知識や経験は入社の際には一切求めていません
コンサルティング技術やノウハウは、入社後に段階を踏んで学び、吸収して行けるような教育体制が敷かれているので、転職者の「現状のスキル、技術」に言及するような選考は行われていません。
むしろ、「これからの転職者の成長性」に期待する形で採用活動を行っています。

タナベ経営では、財産であるコンサルタント人材を育成する「教育システム―タナベFCCアカデミー」等が整備されていることも大きな強みです。
専門分野の研修カリキュラム、コンサルタントのメソッドを磨く研修会、戦略ドメイン&ファンクション研究会等や、チームコンサルティングに参加することで経験値を更に深め、自らの課題を認識・克服し、成長性を見出せる社内環境になっています。

タナベ経営の求める人物像

採用方針として、コンサルティング技術やノウハウは、入社後に学び、吸収していく方針で、採用活動が行われていますが、入社後の成長性にに期待する上で、タナベ経営の選考では、「求める人物像」を下記のように定義しています。

タナベ経営の求める人物像

  • 最後までやり抜く、やり切る力のある人
  • 社会に貢献していきたいという、強い志のある人
  • 仕事を通じて成長したいという意欲の高い人

中堅・上場企業を中心としたクライアントの企業繁栄のパートナーとして、顧客が抱える課題の解決に取り組んできた歴史を持ち、コンサルティング提案を行うことが目的ではなく、あくまでも「課題解決」という結果を生み出すことが、同社にとっての事業目的のひとつです。
その結果、企業の繁栄が地域や社会の繁栄へと繋がっていくとタナベ経営は考えています。
そのためにはトコトン向き合っていく「やり抜く力」は必要不可欠ですし、社会に貢献していきたいという熱い想い、そして自己成長を目指すために、PDCAサイクル(Plan/計画→Do/実行→Check/評価→Action/調整)を回し、一歩一歩着実に歩みを進めることができる人こそが同社にとって必要だと考えています。
そういった成長性のある人を採用することで、一つ一つ課題を克服し、会社にとっての財産となる人材へと育成していきたいと同社は考えています。

タナベ経営の評判・口コミは?

Photo byFree-Photos

待遇についての口コミ・評判

タナベ経営における待遇についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

給与については、自分の成長性を信じ課題を克服し、成果を出す実力主義の為、良くも悪くも成果によって給与が変わります
上がる時はとことん上がりますし、下がることもあります。
優秀な人は年収1000万のラインをキープしていますが、大変です。

評価制度については、徹底的な成果主義です。
とくにキャリア採用の人は年齢や性別関係なく、成果で評価が決まる単純な仕組みです。 その為、なんの成果もあげなくても上司に媚を売るだけで評価や給与が上がることはほぼないと考えた方がいいです。

女性

女性

自身の業績によって、給与が変わる仕組みになっているため給与が上がっても下がっても納得度は高いです。
但し、半期毎に給与が変わるため常に高い生産性を求められます。
新卒・中途で入社年数の浅い人や業績の低い人は普通のサービス業と同程度の給与水準になります。

女性

女性

基本給が低めですが、出張扱いが多くなります。
それは、コンサルティング業務で、ほとんど顧客先に出向くためです。
毎月の出張費が思いのほか収入源として、多くなっていて、総額としては、それなりの金額となります。

仕事のやりがい・キャリアの成長性についての口コミ・評判

タナベ経営における仕事のやりがい・成長についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

仕事のやりがい:
仕事の成果が報酬に反映されやすいです。
多くの業界、企業様とお話しできるため、インプットはとてもしやすいです。
また拠点も全国にあり、希望はなかなか通らないですが、自分の働きたいとこへの希望も出すことはできます。

キャリアの成長性:
成長できましたし、自分のキャリアで営業スキルを身につける上でとても役に立ちました
仕事はとくかくたくさんあるため、次から次へと仕事がきて、毎日がてんやわんやしていました。
目の前の仕事をしていく中で、気が付いたら成長を実感できるレベルになっていたという感じです。

女性

女性

仕事のやりがい:
徹底的な成果主義で、やっただけ給料は上がります
半年毎に評価があり、半期年俸制であるので、ボーナスは査定により基準額より大幅なUPもあります。

キャリアの成長性:
経営者と対峙することで、経験を積むことができました。
セミナーも多数担当することで担当する講義も多い中、90分程度の講演は幾つものテーマに触れることが出来るようになる。

男性

男性

仕事のやりがい:
責任のある仕事を任せてもらえると大変な反面、働きがいを感じます。
給料も同世代の同性と比べると全然もらえていると思ってます。
あとは人相手の仕事ですので、クライアントから感謝されたときには働いてる意味を実感できます。

キャリアの成長性:
様々な研修会などの研修制度が用意されており、とくに新卒採用者は年を追うごとに成長していける環境が整っています。
そこら辺はさすが上場企業って感じでした。 若いうちから様々なことにチャレンジできるので、本人のやる気次第でキャリアアップしていくことができます。

社員の雰囲気についての口コミ・評判

タナベ経営における社員の雰囲気についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

社風として、スパルタ式、軍隊的な古い体質の組織です。
営業は、手帳等の販売と経営コンサルティング業務の二本柱で、経営コンサルティング業務では、業績改善や新規事業開発などの実際のコンサルティング業と社員教育と言う名のセミナーがあります。
クライアントとしては、業務遂行の際に、社員の個性や独創性が求められない業務、例えばルート営業、とびこみ販売などの会社には、タナベ経営の社員教育はマッチすると思います。

女性

女性

組織風土はトップダウンで成果主義です。
成果を上げれば、少しずつ仕事の自由度はあがり、自らの判断で仕事ができるようになります。
ただし、事業部の責任者も役員には何も言えない力関係ため、役員会議での決定事項が絶対になります。
ストレスフリーな仕事をするには相当な実力とメンタルが必要です。
指示命令が非常に多く、それをやるだけで精一杯になれば、自分のこだわりや、専門性の強化は出来ないです。

男性

男性

社風は体育会系で、基本的に個人のコンサルタントの集団です。
チームを組んで活動することはほとんどなく、個々が会社の看板でコンサルティング営業を行っています。
自分でセミナーを主催、集まった見込み客に営業をかけ、継続的に顧客を維持しながら収益を上げ続けることを一人で独力で行う必要があります。
そのため、専門領域で顧客を持っていたなど、ある程度のコンサル経験・実績がないと少々つらいと思います。

転職希望者に評判の良いおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

タナベ経営への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

タナベ経営への中途採用のために、平均年収、労働環境、社長の思い、成長性のある事業内容、評判・口コミについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

タナベ経営は1957年の創業以来、クライアントが抱える複数課題を同時に紐解く「チームコンサルティング」を実践してきました。
そのコンサルティングスタイルは、複数のコンサルタントが同時にプロジェクトに関与し、複数の課題テーマごとにチームを編成して、同時並行でプロジェクトを進めると言うタナベ経営独特のものです。
また、タナベ経営の強みは、半世紀以上の歴史で培ってきた6,000社以上のコンサルティング実績、数多くの臨床事例を持っていることで、全国の上場企業も含めた中堅企業を中心に、企業規模に適応したコンサルティングメソッドを提供しています。
今後は、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」を標榜し、より刺激的な職場であることは間違いありません
しかし、同社の選考プロセスは、非常に難易度が高いです。

そんな高難易度の採用プロセスであるタナベ経営へ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、タナベ経営のような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高いケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に採用された方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でコンサルティングファームに内定したい方はこちら。

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング