退職の挨拶の仕方まとめ!スピーチやメール・手紙で感謝を伝える例文は?

退職の挨拶の仕方まとめ!スピーチやメール・手紙で感謝を伝える例文は?

退職の挨拶の仕方について、例文などを交えて解説します。
リクルートやベンチャー企業など、複数の会社での経験をもとに、スピーチやメール・手紙で感謝を伝える例文の事例もお伝えします。
退職の挨拶の書き方で悩んでいる方は、是非、ご覧ください。

記事の目次

  1. 1.退職する際のスピーチやメールでの挨拶方法を紹介!
  2. 2.退職当日にやること
  3. 3.退職挨拶のスピーチ・メールでのマナー
  4. 4.退職挨拶の仕方【スピーチ】
  5. 5.退職挨拶の仕方【メール】
  6. 6.退職挨拶の仕方【手紙】
  7. 7.転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.感謝の気持ちを込めてメールやスピーチで退職挨拶をしよう!

退職する際のスピーチやメールでの挨拶方法を紹介!

Photo bymhouge

退職をする際、スピーチやメールでの挨拶は欠かせないかと思います。
立つ鳥跡を濁さずと言いますが、去り際での振る舞いが、その人を現すともいいます。

この記事では、スピーチやメールの具体的な挨拶例文や、感謝の気持ちが伝わりやすい書き方などをお伝えします。
退職の際、良い印象で会社を去る事が出来るよう、準備をしましょう。

退職当日にやること

Photo byFree-Photos

退職当日にやること

  • 業務の引継ぎ
  • 備品の返却
  • 個別に退職挨拶
  • 退職挨拶のメールを送る
  • 終業時間に退職挨拶のスピーチ

業務の引継ぎ

業務の引き継ぎについては、余裕を持って、遅くとも最終出社日の前日までには終えるようにしましょう。
業務を引き継いだ側は、分からない事も出てくるので、退職直前に多くの業務を引き継ぐのは避けましょう。

そして、全ての引き継ぎが終わった後も、引き継ぎ漏れがないかや、引き継いだ後任が困っていることが無いかなど、退職するまでは、しっかりフォローをするようにしましょう。

ちなみに、業務は、知らないうちに属人化している場合があるので、口頭で引き継ぐよりも、引き継ぎシートを作成し、自分が退職した後も、業務内容が分かるようにしておけば、より親切な対応かと思います。

備品の返却

退職当日は、備品の返却をするようにしましょう。
パソコンや会社用の携帯電話などは当然のことですが、備品はどんな小さなものでも返却するようにしましょう。

退職後、備品が返却されていないと連絡が来てしまうと、それだけで人としての信用を失う事になるので、細かい部分ですが気を付けるようにしましょう。
人は意外に細かい部分を見ているものです。

個別に退職挨拶

必要に応じて、個別に退職の挨拶をするようにしましょう。

全体での挨拶の場面は用意してもらえると思いますが、お世話になった上司や同僚など、個別で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
感謝の気持ちを伝えられて、嫌な気持ちになる人はいません。

むしろ、お世話になった方々に何の挨拶もなく退職してしまうと、礼節を欠いた人間と、せっかく築いてきた信頼関係を崩してしまう事にもなりかねません。
お世話になった人たちには、個別で退職の挨拶をするようにしましょう。

退職挨拶のメールを送る

退職当日には、退職挨拶のメールを送るようにしましょう。
もちろん、関連部署に全体メールを送るのは当然ですが、オフィスが違いお世話になった方などにも送る事をおすすめします。

去り際に不義理な事をしてしまうと、その後、巡り巡って、自分に返ってきます。
全員に個別でメールするのは難しいですが、極力、お世話になった方々には個別で感謝の気持ちを伝えるメールも送っておくようにしましょう。

終業時間に退職挨拶のスピーチ

退職当日は、終業時間に退職挨拶のスピーチをするようにしましょう。
主に自分が所属する部署でスピーチする事になりますが、しっかりと感謝の気持ちを伝える事が重要になります。

これまでお世話になった上司だけでなく、裏方でサポートしてくれたアルバイトやパートタイムの方にも、丁寧に感謝の気持ちを伝えるスピーチが良いかと思います。

色々伝えたい事はあると思いますが、まずは、これまで自分を成長させてくれた環境に対する感謝のスピーチにしましょう。
全体の前で感謝の気持ちを伝えられるのはこのスピーチが最後になりますので、しっかり準備して臨むようにしましょう。

退職挨拶のスピーチ・メールでのマナー

Photo byTumisu

退職挨拶のスピーチ・メールでのマナー

  • 退職理由に触れない
  • 会社の不満や悪口はNG
  • 転職先に触れない

退職理由に触れない

退職挨拶のスピーチ・メールでのマナーとして、退職理由に触れないという点があります。
もちろん、退職するという事は、何かしらの理由があってのことです。

しかし、色んな価値観の人がいるので、その理由をよく思わない人もいるでしょう。
その為、 退職挨拶のスピーチ・メールでは、わざわざ理由をいう必要はありません。

会社の不満や悪口はNG

退職挨拶のスピーチ・メールでのマナーとして、会社の不満や悪口は言わないようにしましょう。

仮に、99対1で会社に非がある事でも、会社の不満や悪口を 退職挨拶のスピーチやメールで伝えてしまうと、それを聞いた、既存社員の人はどのように思うでしょうか?
残された既存社員の人からすると、自分がこれからもがんばろうとしている会社の事を悪く言われて、気分のいいものではありません。

どんなことがあっても、会社の不満や悪口を 退職挨拶のスピーチたメールで言ってしまうと、かなり印象が悪くなるので、絶対にしないようにしましょう。
感情だけで動かないのも、出来るビジネスマンの要素になります。

転職先に触れない

退職挨拶のスピーチ・メールでは、転職先に触れないようにしましょう。
もちろん、次の会社での意気込みを言いたい気持ちも分かりますが、既存社員からすると、関係のない話になります。

もしあなたの事を慕っている一部の社員からは頑張ってくださいと思われるかもしれませんが、中には、忙しい時期に退職しやがってや、引き継ぎをきちんとしてくれなかったと、あなたに対して、少しばかり不満を持っている人も、いるかもしれません。

全体に配慮した、スピーチやメール内容にするようにしましょう。

退職挨拶の仕方【スピーチ】

Photo byMediamodifier

スピーチのポイント

スピーチのポイント

  • 丁寧にゆっくり話す
  • 時間は3分以内を目安とする
  • 感謝の気持ちを示す

丁寧にゆっくり話す

スピーチのポイントとしては、まずは感謝の気持ちを示しましょう。

感謝の気持ちの無いスピーチは、いくら立派な事を言っても、人に受け入れられる事はありません。

時間は3分以内を目安とする

スピーチの時間は3分以内を目安としましょう。

あまり長いスピーチは、聞く側も退屈しますし、あなたと関係性の薄い社員からすると、早く終わって欲しいと思われかねません。

感謝の気持ちを示す

スピーチは、丁寧にゆっくり話すようにしましょう。

早口だと聞きづらいという理由もありますが、内容が良くても、聞く側の印象としてあまり良くありません。

スピーチに入れる内容

スピーチでは、具体的なエピソードや、既存社員に対するエールを入れるといいでしょう。
を盛り込む。
具体的なエピソードがあると、聞く側も当事者として聞きやすくなります。

また、既存社員に対してエールを送る気遣いも忘れないようにしましょう。

退職挨拶のスピーチ・例文

退職挨拶のスピーチ・例文は下記になります。

<例文>
お忙しい中、私のためにお集まりいただき、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、本日を持ち退職させていただきます。

私は転職で入社し丸3年、この会社にお世話になりました。

業界未経験の私は、分からない事ばかりで、多くのご迷惑をお掛けしました。

ただ、その時に、今の上司でもある○○課長をはじめ、同僚の方々にサポートして頂き、何とか今日までやってくることが出来ました。

皆さまには本当に感謝しています。

また、この会社での経験は、私にとって、とても貴重なものとなりました。
私本意ではありますが、この経験を次に活かし、活躍する姿をお見せする事が、皆さまへの恩返しになるかと思っています。

お世話になったみなさまのご活躍とご健康を心よりお祈りしています。

本当にありがとうございました。

退職挨拶の仕方【メール】

Photo bygeralt

メールのポイント

メールのポイント

  • 件名は簡潔にする
  • 退職後の連絡先は書いてもOK
  • BCCに送付先を入れる

件名は簡潔にする

メールを送る際、相手が一目見て内容が分かるように、件名は簡潔にしましょう。

退職後の連絡先は書いてもOK

メールに、退職後の連絡先は書いても問題ありません。

退職当日にメールを送っても、忙しくてその日中に返信できない人もいるので、もし、自分が連絡先を書いても良いのであれば記載しましょう。

BCCに送付先を入れる

一斉送信する際は、BCCに送付先を入れましょう。

場合によっては、個人情報の流出になってしまうケースもあるので注意が必要です。

メールを送るのはいつ?

メールを送るタイミングは、取引先、社内によって変わってきます。
取引先は、後任が決まれば出来るだけ早めにメールを送りましょう。

また、社内の退職メールは、一般的には退職日に送ります。
有休消化で退職日と最終出社日が異なる場合は、最終出社日にメールするようにしましょう。

社内向け退職挨拶のメール・例文

社内向け退職挨拶のメール・例文は下記なります。
 

<例文>

件名:退職のご挨拶/○○○○

○○部の皆様、お疲れ様です。
このたび、3月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。

本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶となり申し訳ありません。

在職中は多くの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。

上司はもちろん、一緒に仕事をさせて頂いた○○部の皆さまから、さまざまなことを学ばせていただきました。

失敗も多かったですが、皆さまがその都度支えて下さい、本当に感謝しております。

この会社で学んだことを、今後も活かしていきたいと思います。

今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡をいただけると幸いです。
メールアドレス:○○@x○○
携帯電話:○○○-○○○-○○○

最後になりましたが、皆さまの更なるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
今まで、本当にお世話になりました。

社外向け退職挨拶のメール・例文

社外向け退職挨拶のメール・例文は下記になります。
 

件名:退職のご挨拶(株式会社○○ ○○○○)

株式会社○○ 営業部
○○○○様

いつもお世話になっております。
株式会社○○の○○です。

私事で大変恐縮ですが、一身上の都合により、○月○日をもって株式会社○○を退職することになりました。

急なご連絡となり、大変申し訳ありません。

○○様には在職中、凄くお力添えいただき心より感謝しております。
また、一緒にお食事させて頂いたり、仕事以外でも、楽しい時間を過ごせたこと、私にとっては何物にも代えがたい思い出となっています。

改めてお礼を申し上げます。

本来なら直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。

後任は、同じ部署の○○が務めさせていただきます。
後日改めて○○がご挨拶に伺いますので、引き続きご指導の程よろしくお願い申し上げます。

末筆ながら、貴社のご発展と○○様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

署名

個別にお礼をする場合の退職挨拶のメール・例文

個別にお礼をする場合の退職挨拶のメール・例文は下記になります。

<例文>
件名:退職のご挨拶○○○○


○○部 部長 ○○様

お疲れ様です。
○○部の○○です。

このたび、一身上の都合により、本日をもちまして退職することになりました。

本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご連絡となり、申し訳ありません。

○○部長に採用して頂き、今日まで、多くのことをこの会社で学ばせていただきました。

特に印象に残っているのは、私が入社1年目でクレームばかり起こし、社内で多くのご迷惑をかけた時、毎日、営業ロープレなどを実施して出さったことです。

私のために何度も時間を割き、向き合って下さったこと、本当に感謝しています。

また、最後まで至らぬ点は多かったですが、それでも気に掛け続けて下さったこと、私の心の支えでした。

○○部長から教わったことは、今後も活かしていきたいと思います。

退職後の連絡先は下記になります。
今後ともご連絡いただけると幸いです。

メールアドレス:○○○○@○○○○
携帯電話:○○○-○○○○-○○○○

最後になりましたが、○○部長のさらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます。
大変お世話になり、本当にありがとうございました。

退職挨拶の仕方【手紙】

Photo byFree-Photos

退職挨拶の仕方【手紙】

  • 手紙の構成
  • 社内向け退職挨拶の手紙・例文
  • 社外向け退職挨拶の手紙・例文

手紙の構成

退職の際、メールや口頭で退職の挨拶をする事が多いですが、より丁寧な挨拶をしたい場合は、手紙というしゅほうがあります。

ちなみに、退職挨拶をする際の手紙の構成は下記になります。

「拝啓」で始め「敬具」で締める。
前文に「時候のあいさつ」を入れる。
季節によって書き方が変わる時候のあいさつは、ネットなどで調べると事例が出てきます。

上記構成に気を付けながら、手紙で感謝の気持ちを伝えてみましょう。

社内向け退職挨拶の手紙・例文

社内向け退職挨拶の手紙・例文は下記になります。

○○○○様

拝啓
時下、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

この度、私事ではありますが、〇月〇日で退職することになりました。

在職中は、多くのことを教えていただき、大変お世話になりました。

至らない点の多い私でしたが、根気強く見守ってくださったこと、感謝しています。

そして、困った時には手を差し伸べてくださったこと、その心遣いに何度も救われました。

私もいつか、〇〇部長のようなビジネスマンになれるよう、日々精進します。

〇〇部長から学んだことを生かしながら、これからも頑張っていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願い致します。

末筆ながら、〇〇部長のご健康とますますのご多幸とお祈りしております。

敬具
令和〇年〇月吉日
〒000-0000
○○県○○市
○○○○

社外向け退職挨拶の手紙・例文

社外向け退職挨拶の手紙・例文は下記になります。

○○様

拝啓

時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、私事ながら、〇月〇日を持ちまして、〇年間勤務した株式会社〇〇を退職する事となりました。

在職中は、公私ともにお世話になり、誠にありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。

○○様には、○○業界のイロハや、ビジネスのマナーを教えて頂き、今の私の礎となっています。

このようなお客様と出会えた事、本当に有難いことだと思っています。

まずは略儀ながら、書面を持ちましてごあいさつ申し上げます。

末筆で失礼ながら、○○様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

敬具

令和〇年〇月吉日
〒000-0000
○○県○○市
○○○○

転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
転職を考えているのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

感謝の気持ちを込めてメールやスピーチで退職挨拶をしよう!

退職当日は、感謝の気持ちを込めてメールやスピーチで退職挨拶をしましょう。

また、必要に応じて手紙で気持ちを伝える事も有効です。
退職の挨拶で、あなたの印象は大きく変わる可能性があります。

ビジネスマンとして後ろ指を指されないよう、メールやスピーチ、手紙などを活用し、感謝の気持ちを伝え退職しましょう。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

YUTA
ライター

YUTA

新卒でリクルートに入社し、その後、リクルートOBが経営する転職エージェントで、RA及びCAを担当。 現在は、某企業の取締役。 転職エージェントでの経験と知識及び、会社経営から得た知識をもとに記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング