メガバンク営業からの転職先はどこ?転職理由から平均勤続年数まで解説!

メガバンク営業からの転職先はどこ?転職理由から平均勤続年数まで解説!

いつの時代も安定感が魅力のメガバンクですが、近年ではメガバンクから転職をする人も増えてきています。そこで気になるのがメガバンクから成功できる転職先はどのような企業があるかです。そんな疑問を解決すべく、本記事ではメガバンクからの転職先を徹底解説していきます。

記事の目次

  1. 1.メガバンクからの多い転職先3選と転職理由
  2. 2.メガバンクとは?
  3. 3.メガバンクの勤続年数や退職理由
  4. 4.メガバンクから転職したいならおすすめの転職エージェント
  5. 5.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  6. 6.メガバンクからの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

メガバンクからの多い転職先3選と転職理由

Photo byFree-Photos

結論から言うと、メガバンク出身の人材は市場での価値が高く、様々な業界が転職先としてあげられます。
銀行員としての勤続年数も重要になってきますが、3~5年ほど銀行で営業を行っていれば、ネガティブな退職理由がない限り、比較的転職活動はうまくいくと言えるでしょう。
そこで今回はメガバンク出身者が今後活躍できる転職先や、その際に必要となる転職理由など、現在銀行に勤めている人に向けた転職情報について解説をしていきます。

転職先①M&A仲介

メガバンク出身者の転職先としてまずあげられるのが、M&A仲介です。
銀行での勤続年数が数年あると、様々な経営者やオーナとの取引経験を積んでいるはずです。
その経験はМ&A仲介でキャリアを積む際、非常に大きな武器になります。

経営者との折衝経験の豊富さが活かせる

若手の銀行員の多くは営業職としてキャリアを送っています。
さらに銀行での営業の取引相手は、基本的に中小企業の経営者やオーナーがメインとなります。
そこでの業務内容は経営者を相手資金の貸し付けや預金取引、融資提案など、直接会社の経営に関わることがほとんどです。
さらにより経営全体の支援を行うためにM&Aや、経営コンサルティング的な業務も行うことになります。
その際に培われるM&Aに関する知識や営業力は、M&A仲介に移ったとしても大きく活かせることができるため、銀行員の転職先として、M&A仲介が選ばれるケースが非常に多いです。

転職先②コンサルティングファーム

次にあげられる転職先が、コンサルティングファームです。
コンサルティングファームでは、基本的にクライアント企業の経営を、ITや経営戦略、金融面で支援を行います。
しかし、金融業界のみならず、メガバンクでの営業を通して得たスキルを活かし、様々な分野で活躍できる可能性が高いです。

経営者の懐に入る力や成長意欲が評価されやすい

こちらもメガバンクでの勤続年数が3~5年ほどあれば、その間に培った金融に関する知識や、課題可決のための提案力など、様々なスキルが身につき転職の際に有利になります。
中小企業の経営者と取引する際には、実績やデータももちろん必要ですが、何よりも人として信頼を勝ちとる必要があります。
特に銀行の営業マンのように、直接お金や企業の経営に関する大切な分野で取引をするのであれば、なおさら経営者の懐に入る力が求められます。
コンサルティングファームでは、同様に経営者との取引がメインになるため、メガバンクで得た経営者の懐に入る力は非常に大きな武器になります。
またコンサルティングファームの場合、金融に関するポジション以外でも、メガバンクでの営業を通して身に就いた提案力を活かし、新規事業の展開支援や、人事組織の構築の支援であったりと、様々な分野で活躍が期待できます。

転職先③ベンチャー企業

最後に紹介する銀行員からの転職先は、ベンチャー企業です。
業界問わず、ベンチャー企業やスタートアップ企業は非常にやりがいや面白さがある分、その比較にならないほど激務であったり、精神的タフさが求められます。
この精神力も立派なスキルで、銀行員時代に培った精神力は、ベンチャー企業でも十分通用する可能性があり、銀行員からベンチャー企業へ転職する人も非常に多いです。

目標達成能力やコミュニケーション能力が高い人材が求められる

基本的に銀行員の営業ノルマは非常に厳しいです。
さらにそのノルマを達成するために、1日200件近くテレアポや飛び込み営業を行っています。
その辛さが退職理由になることも非常に多いですが、逆にその営業量をこなしていれば、非常に強靭な精神力が身についているはずです。
またその目標達成のために、様々な上司や先輩に相談などをし、コミュニケーション能力も同時に身についてきます。
成長段階にあるベンチャー企業では、これらの精神力やコミュニケーション能力は大いに発揮できる場面が多く、重宝される能力となります。
ベンチャー企業はまだネームバリューもなく、認知度ゼロの状態から自社のサービスをセールスしなければなりません。
そのため、銀行員時代の営業を通して身についた能力は、ベンチャー企業では非常に活かせる能力となるでしょう。

非公開の選考情報を知るにはインテリゴリラへの登録がオススメ

銀行員から転職を目指すので得あれば、インテリゴリラへの登録をおすすめします。
現在多くの企業は、一般公開されている求人広告以外に、優秀な若手層の採用のために、非公開求人を使用し採用活動を行っています。
またそれらの非公開求人など、難易度の高い企業の採用情報は、ネット上であまり流出していません。
そこでインテリゴリラは、採用難易度が高い企業へ転職を目指す、若手ハイクラス層に向け、実際に難関企業から内定を獲得した人達から、独自の方法で収取し、完全非公開の選考情報を提供しています。

実際の内定者や、選考を受けた人たちのリアルな情報を知りたい方は、ぜひインテリゴリラへ登録をし、レア度が高く選考を突破する際に役立つ情報を、ぜひ収集して対策を行ってください。

メガバンクとは?

フリー写真素材ぱくたそ

日本の3大メガバンク

  • 三菱東京UFJフィナンシャルグループ
  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • みずほフィナンシャルグループ

そもそもメガバンクとは、巨大な収益規模や資産のある銀行グループのことです。
地方銀行が各都道府県に本店を構え営業をしていますが、メガバンクは本店を東京や大阪などの大都市に構え、国内外問わず、多くの地方に営業所を設立しています。
巨大企業の強みやネームバリューがあり、営業活動が行いやすい一方で、全国規模での転勤も非常に多いことが退職理由につながるケースもあります。

メガバンクの特徴

現在日本では3大メガバンクと呼ばれる三菱東京UFJ、三井住友、みずほがあります。
どの銀行もメガバンクとして共通点がありますが、それぞれ微妙に特徴に違いがあります。
そこで以下に3大メガバンクの特徴をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

三菱東京UFJフィナンシャルグループ

3大メガバンクの中で、最も規模が大きいのが三菱東京UFJです。
売上高、拠点数、従業員数全てのカテゴリでトップに君臨し、国内外で圧倒的な展開を見せています。
また三菱東京UFJは、顧客満足度に非常にこだわりを持っており、多方面での支援を行っています。
三菱東京UFJでは、銀行員の退職理由に多い、厳しい営業ノルマを設定していません。
そのため毎日過度なプレッシャーに追われ激務をこなしている銀行員が少なく、自分の顧客に対してしっかりとフォローできる体制が整っています。
口コミサイトの情報を調べていても、三菱東京UFJからの転職く理由で、ノルマが厳しいなどの声はあまり多くありません。

三井住友フィナンシャルグループ

三井住友は海外に多くの拠点を構え、現在グローバル化に力を入れているメガバンクです。
三井住友は、無担保・第三者保証不要などの融資を行っており、非常にスピードと効率の良い銀行として、市場からの評価も高いです。
また最も特徴的なのが、三井住友では2019年銀行員の個人営業ノルマ制度を廃止しています。
その結果ノルマ制度があった時に比べ、全体の売上高が下がっており、今後ノルマ制度が復活する可能性もありますが、現在はノルマ無しで銀行員が過度なプレッシャーに追われることなく、営業活動が行えているのも魅力的な特徴と言えるでしょう。

みずほフィナンシャルグループ

3大メガバンクの中で、みずほは上記2社と比較をしても、規模や売上高で若干競り負けています。
そこで現在みずほでは、徹底した顧客目線の追及と、若手の育成に力を入れています。
メガバンクのような歴史のある大企業の場合、年功序列のイメージが強いかもしれません。
しかしみずほでは、若い社員にも大きな仕事を振り、裁量のある業務を任せる傾向にあります。
そのため他の2社に比べ、若いうちから実力やスキルが身につきやすく、やりがいを感じて勤務している銀行員が多いのが特徴です。

メガバンクから転職先への強み

メガバンクからの転職理由は、人により様々あると思います。
転職理由がネガティブな場合は、どのようなスキルがあっても転職成功率が低くなりがちですが、ポジティブな転職理由であれば、自身のスキルと合わせることで、非常に大きな武器になります。
そこで以下に、メガバンクから転職する際の強みとなる部分をまとめましたので、メガバンクから転職を検討している人は参考にしてください。

メガバンクから転職する際の強み

  • 財務諸表・決算報告書の読み方がわかる
  • 多種多様な業界の知識がある
  • 経営者や社長と臆することなく提案ができる
  • 基本的な営業力が備わっている
  • 精神的にタフである
  • 法律やコンプライアンスに詳しい

メガバンクから転職先への弱み

上記で述べたように、メガバンク出身者は様々なスキルがあり、一般的には転職活動を有利に進めることができます。
その一方で、メガバンク出身であるがゆえに、転職の際に弱みになってしまうポイントも存在するので、それらを以下にまとめました。
あくまでも、一般的な例に過ぎないので、銀行員全てが以下のような弱みがあるわけではありません。

メガバンクから転職する際の弱み

  • 営業力以外にアピールできるポイントが少ない
  • 提案の際の創造性に欠ける
  • 一定ライン以上のPCスキルがない
  • 業務全体に目を通し広い視野が持てない
  • 大きな案件の経験が少なく、プロジェクトのリードができない

メガバンクの勤続年数や退職理由

Photo bygeralt
男性

男性

メガバンクでの平均勤続年数は、他の一般企業と比較しても大きく変わりはありません。

メガバンク平均の在籍年数・勤続年数

三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3大メガバンクの平均勤続年数は、約14年と、他の一般企業と比べて大きく差はありません。
銀行員はノルマが厳しかったり、縦社会で上司からのプレッシャーがきついなど、転職理由に繋がるポイントが多くあるものの、大企業ゆえの安定感や福利厚生の充実など、魅力も多いです。
そのため、平均して見ると安定的に10年以上の勤務年数を誇るため、離職率が極めて高いとは言えないでしょう。

ただ地方銀行の場合、平均勤続年数が30年を超える銀行もいくつかあるため、それらと比べると勤続年数が短く、様々な退職理由があると考えられます。

退職理由一覧

平均勤続年数が10年を超えるメガバンクですが、激務になりがちな部署もあり、様々な退職理由をもとに、多くの人が転職をしている実態もあります。
その際の退職理由がポジティブなものであれば、転職活動の際に支障は出にくいですが、ネガティブな退職理由の場合、転職活動で不利になりかねません。
そのためメガバンクから転職をする際には、一度退職理由を考え直し、なるべくポジティブな退職理由へ変換できるようにすることをおすすめします。
そこで、実際の銀行員からあげられる転職理由をいくつか解説していきます。

まず最初に退職理由にあげられるのが、営業の過酷さです。
これは平均勤続年数が低い銀行ほど、営業がきついとの口コミが多く、最も他社へ移りたいと感じる転職理由になりがちなポイントです。
特に若手時代は飛び込み営業やテレアポなど、1日200件以上こなさなければならない場合がほとんどです。
単純計算で1ヶ月に約4,000件以上の法人へ営業活動を行わなければなりません。
さらにその中でもアポイントにつながる確率も非常に低く、その過程で精神的につらく感じてしまう人が多く見られます。

次にあげられる転職理由として、大企業ゆえに面白さが見いだせない点があります。
金融機関であるメガバンクは、コンプライアンスが非常に厳しく、自分の思うように営業活動をできない場面が多くあります。
野心のある若手であれば、すくなからず自分がやりたい仕事や、叶えたい夢などがあるはずです。

最後にあげられる転職転職理由が、出世競争いについてです。
メガバンクほどの規模であれば、個人ひとりひとりへの細部まで評価の目が届きにくい場合があります。
そうなると、いかに上司に気にいられるか、人事と仲良くなれるかなど、通常の実力以外に気にかけなければいけない点が増えてしまいます。
そのため正当な評価を求める人や、若いうちに出世して大きな事業に携わりたいと感じる銀行員は、小規模な会社やスタートアップベンチャーなどに転職するケースが多いです。
このように巨大企業であるがゆえに、ルールや規則が厳しく、その中で楽しさを見出せなくなることなどが、転職理由として多くあげられています。

メガバンクから転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
転職を考えているのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

メガバンクからの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

福利厚生も充実して安定しており、平均勤続年数も10年以上とメガバンクは非常に魅力の多い職場です。
その一方で、メガバンクで得たスキルを活かし転職活動に励む人も、一定数います。
現在この記事を読んでいる、メガバンク勤務の銀行員で転職を検討しているのであれば、サポートの充実した転職エージェントへの登録は必須と言えるでしょう。
メガバンクで得られるスキルは市場価値が高いので、自信をもって転職エージェントと協力をし、転職活動を成功させてください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング