シスコシステムズに転職するには?転職難易度や評判について徹底解説!

シスコシステムズに転職するには?転職難易度や評判について徹底解説!

アメリカに本社を構えるシスコシステムズですが、高額な年収やインセンティブなど条件の良さから近年転職者の間で人気の企業となっています。また福利厚生も充実しているなど魅力の多い企業です。そこで今回はシスコシステムズへの転職について徹底解説をしていきます。

記事の目次

  1. 1.シスコシステムズの転職難易度は?
  2. 2.シスコシステムズの企業情報
  3. 3.シスコシステムズの待遇や労働環境は?
  4. 4.シスコシステムズの評判・口コミは?
  5. 5.シスコシステムズの選考情報
  6. 6.シスコシステムズの採用情報
  7. 7.シスコシステムズに転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.シスコシステムズへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

シスコシステムズの転職難易度は?

[引用元:https://www.cisco.com/c/ja_jp/about/careers.html#~stickynav=2]

シスコシステムズへの転職難易度は非常に高いと言えます。
アメリカのカルフォルニアに本社を構え、40年近い歴史のある巨大IT企業のため、転職者の中でも非常に人気の高い企業です。
アメリカ本社のため場合によっては英語力を求められたり、即戦力となる人材を募集している背景から、応募者のレベルも自然と高くなっています。

そのためシスコシステムズへ転職を検討しているのであれば、前職での実績や経験だけではなく、シスコシステムズの事業への深い理解や英語力を求められる場合があるので、事前にしっかりとした対策が必要です。

シスコシステムズの企業情報

[引用元:https://www.cisco.com/c/ja_jp/about/csr.html#~stickynav=6]

男性

男性

シスコシステムズは世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社として、非常に有名な大手企業です。
日本法人は1992年に設立され、その後国内でも事業を拡大し活動を続けています。

本記事では難易度が高いと言われている、シスコシステムズの詳細をまとめましたので参考にしてください。

シスコシステムズの企業概要

会社名 シスコシステム合同会社(英文表記:Cisco Systems G.K)
設立 1992年5月22日
資本金 4億5,000万円
従業員数 1,180名(2018年8月現在)
代表役員社長 デイヴ・ウェスト
売上高 519億ドル(2019年7月31日現在)
事業内容 ネットワークシステム、ソリューションの販売ならびにこれらに関するサービスの提供
親会社 シスコシステムズ(英語表記:Cisco Systems, Inc.)

シスコシステムズの特徴

シスコシステムズは世界最大のネットワーク機器開発会社として、アメリカ、日本、ドイツなどを中心に事業を展開しています。
設立当初からワークスタイルへの変革や働き方改革を積極的に行っていることが有名で、テレワーク推進賞や輝くテレワーク賞などといった、労働環境に関する賞の受賞歴があります。
また年収が非常に高いことや、労働環境もいいことから、2018年には日本版働きがいのある会社ランキング1位にも選出されました。

このようにアメリカに本社を構え数々の事業を展開しているシスコシステムズですが、社内社外問わずシスコシステムズの働き方や取り組みは非常に高い評判を誇っています。

シスコシステムズの提供しているサービス

シスコシステムズでは、ネットワークシステムやソリューションの提供をメイン事業として展開しています。

中でもネットワーク機器製品・技術分野では、ルーターとスイッチを主力製品としており、全世界で6割以上のシェアを占めるほどの規模となっています。
また企業のサイバーセキュリティーに関しても支援をしており、自社製品であるCisco Talos テクノロジーをベースにしたクラウドなどを提供し、顧客企業を様々なリスクから守っています。

この他にも、ネットワークの管理やアプリケーションパフォーマンスの分析、仮想ネットワーキングなどネットワーク上におけるあらゆる分野の開発を行っており、多くの企業がシスコシステムズの製品やサービスを導入しています。

シスコシステムズが手掛けるプロジェクト事例

現在IoT(Internet of Things)が世界各国で注目を集めていますが、中でもスペインと韓国はいち早くIoT化に取り組みました。
そのプロジェクトを支援したのが、本記事で紹介しているシスコシステムズです。

スペインのバルセロナでは、IoTフルスコープ型スマートシティのプロジェクトを実行しています。
これはシスコシステムズのサービスをもとに都市のICT基板をWi-Fiで整備、交通、水道、電力管理、街灯などのサービスをネットワークで管理できるようにしました。
また駐車場の空きスペース情報をセンサーで感知し、運転手のスマートフォンに送り円滑に空いている駐車場の情報を流すなどし、無駄な渋滞や二酸化炭素の排出を抑えることに成功しています。

韓国では人口30万人の新都市松島(ソンド)という、スマートシティを創生するプロジェクトも行っています。
住宅や学校、スーパーマーケットを作り、それらの施設すべてをハイスピードネットワークでつなげることで、ネットワークを活用したビジネス、医療、虚位宇育、公共サービスを円滑に行えるようにしています。
そのため自宅にいながらビデオ技術などを使用して、教育や医療を遠隔で受けられたり、各家庭のごみを直接収集センターまで集めることで、ごみ収集車の廃止なども実現しています。

シスコシステムズの待遇や労働環境は?

Photo byStartupStockPhotos
男性

男性

2018年日本版働きがいのある会社ランキング1位に選ばれている、シスコシステムズですが、社外からもホワイト企業としての評判が非常に高い企業です。
世界中で数多くの事業を展開しているシスコシステムズですが、待遇や労働環境にもしっかりと気を使っています。

シスコシステムズの待遇

シスコシステムズは、インセンティブなども非常に高く、年収面でも社員からも高い評判を受けています。
福利厚生も非常に充実しているため、以下に詳しくまとめました。

シスコシステムズの平均年収

口コミサイトの情報をもとに算出すると、シスコシステムズの平均年収は約964万円でした。
あくまで平均のためボーナスやインセンティブによっては、もっと高額な年収を手にしている社員も存在ます。
20代前半の平均年収も532万円と非常に高水準で、その後順調に年収は上がり早ければ30代で2,000万円に到達する社員もいます。

営業職の場合は給料のベースは基本給とインセンティブが5:5とされており、自分の売り上げ目標の達成度合いに対してインセンティブが支払われます。
インセンティブが非常に高額なため、同年代と比べて多くの収入を稼ぐごとができ、非常にやりがいに感じている社員も多いです。

エンジニアに関してはインセンティブなどはありませんが非常に基本給が高く、50万円~80万円あたりの基本給をもらっている社員が多いです。
そのためエンジニアもキャリアを重ねることで年収が上がっていきます。

またシスコシステムズではインセンティブの他に、ボーナスも非常に高額であり、平均で200万円を超えていることもあり、高額な平均年収を記録している要因の1つになってます。

シスコシステムズの福利厚生

シスコシステムズの福利厚生

  • 社員持株制度
  • 遺族補償制度
  • 退職金年金制度
  • 慶弔見舞金制度
  • 団体長期障害所得補償保険
  • 社員英語自己研修補助
  • 資格取得支援
  • 育児支援制度

シスコシステムズの主な制度は上記の通りです。

特に社員から評判が高いのが、社員英語自己研修制度です。
採用時に英語力が必須とされているわけではありませんが、本社がアメリカということもあり、英語を使用する場面はあります。
そのため会社側から社員の英語取得のための支援を積極的に行っているので、業務と並行して社員は英語学習に取り組むことができます。

シスコシステムズの労働環境は?

男性

男性

シスコシステム多くの事業を展開しながらも、労働環境も非常に良いとされています。
そのため最近では転職希望者も増え、転職難易度が上昇している傾向にあります。

シスコシステムズの残業時間

口コミサイトの統計によると、シスコシステムズの平均残業時間は30~40時間とされています。
30時間は固定残業として、その分の残業代は年俸にあらかじめ計算されていますが、それを超える分の残業代はしっかり払われているようです。

また情報通信業界の他企業を見ていても、30時間前後の残業が発生している企業がほとんどのため、業界的に見ていくと、平均的な残業時間といえるでしょう。

シスコシステムズのワークライフバランス

基本的に緊急の案件がなければ、仕事の配分を自分で調整できるため、事業の多さから見るとワークライフバランスは安定してると言えます。
フリーアドレス制を取っているため、社内に決まったデスクはなく好きなところで仕事が可能です。
そのためもちろんリモートワークも積極的に推奨しているので、家族や友人とのプライベートの時間も非常に取りやすく、ワークライフバランスは非常に安定しています。

日本でも多くの事業を拡大する前からすでに働き方に対しして、厳しく制度を決めて取り組んでいたため、非常に働きやすい環境であると社員からの評判も高いです。

シスコシステムズの評判・口コミは?

Photo byFree-Photos

ワークライフバランスやインセンティブに関して、社内外からの評判が非常に良いシスコシステムズですが、実際の社員からの評判はどうでしょうか。
以下に現役社員のリアルな評判や口コミをまとめたので、参考にしてください。

待遇について

男性

男性

待遇は非常にいいと思います。
コロナウィルスの影響が出る前から積極的にリモートワークを取り入れているため、最近の情勢の変化に慌てることなくいつも通り業務を遂行できます。
また評価制度もしっかりしていて、成果もインセンティブなど目に見える形で反映されます。
多くの営業マンは高額なインセンティブをもらっているため、非常に生活が安定しています。

仕事のやりがい・成長について

男性

男性

自由度が高いため個人の成果が問われますが、逆にそれがやりがいや成長につながっています。
希望を出せばアメリカ本社への移動のチャンスもあり、多彩なキャリアを目指すことも可能です。
その際英語力は必須となりますが、英語取得の支援も会社が行ってくれているため、英語の苦手な社員でもキャリアアップは十分に望めます。

ただ営業の評価が基本的に売り上げ達成率に依存しがちなため、担当する顧客によっては大きなインセンティブを獲得できない場合があるため、その際はモチベーションの維持などは難しく感じます。

社員の雰囲気について

女性

女性

典型的な外資系企業で、個人の裁量に任せられることが多いです。
そのため最初は戸惑うこともありますが、慣れてくると周りとも連携が取れ、円滑に業務を進めることができます。

周りの社員も非常に強力的で、なにか助けが必要なときは伝えれば助けてくれるので非常に働きやすい環境です。

シスコシステムズの選考情報

[引用元:https://www.cisco.com/c/ja_jp/about/careers.html]

男性

男性

シスコシステムズでは通年即戦力の募集を行っていますが、転職難易度は非常に高いです。
そこで現在シスコシステムズで行っている選考について詳しく解説していきます。

シスコシステムズの選考フローと面接内容

シスコシステムズの面接フローは以下の通りに行われるのが一般的です。

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 面接(3~5回)
  4. 内定
口コミサイトによると、シスコシステムズの面接官5人の了承を得られて初めて採用が決まるルールのため、面接は基本複数回行われます。
そこの過程で出会う面接官全てにアピールをし、全員の了承を得ることができれば、晴れて内定をもらうことができます。

シスコシステムズの面接傾向と質問例

シスコシステムズの面接ではトリッキーな質問や特異な内容より、オーソドックスな質問が多い傾向にあります。
以下が面接で実際に聞かれた質問の実例です。

質問例

  • 前職ではどのような成果を上げたか
  • 他の情報通信業界の企業ではなく、なぜシスコシステムズを選んだか
  • シスコシステムズに入って何を実現したいか
  • 前職で一番苦労した課題点は何だったか

採用大学や採用人数について

シスコシステムズの採用実績を確認したところ、主に以下のような大学から採用を行っていました。

  • 青山学院大学
  • 東京大学同志社大学
  • 京都大学
  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • マサチューセッツ工科大学
  • スタンフォード大学
  • ケンブリッジ大学
このように国内外問わず、非常に難易度の高い大学から多くの人材がシスコシステムズへ入社をしています。

また現在行っている中途採用情報は、コーポレートサイト上に公開されています。
海外で事業を多く行っているため、すべて英語表記で公開されていますが、ポジションとしては合計50のポジションで採用を行っています。
すべてのポジションで実務経験が問われるため、転職難易度は非常に高くなっています。

シスコシステムズの採用情報

Photo bymwitt1337

シスコシステムズの募集職種

男性

男性

シスコシステムズは現在、営業職とエンジニアの2職種をメインとして採用活動を行っていますが、どちらも転職難易度は高いと言えるでしょう。

システムエンジニア

各部署での開発に加え、配属部署によってはテクニカルサポートやトラブル対応など多岐にわたる業務を行います。
細かい職種はコーポレートサイト上で分けられていますが、システムエンジニアは基本的に2~3年以上の実務経験が求められています。

営業

営業職も細かくポジションを分けて採用を行っていますが、基本的に3~5年の営業経験が求められています。
マネージャークラスの募集になると理学士号、文学士号なども求められてくるため、こちらも非常に難易度が高いです。
主な業務内容は、顧客企業に対して自社のサービスの販売を行い企業の課題解決をなど難易度の高いサポートします。

シスコシステムズに英語は必要?

基本的にシスコシステムズの募集要項に英語は必須とされていません。
しかし入社後英語力を向上させるため、研修などに参加する必要はあります。
口コミサイトによると、内定者のTOEICの平均は約650点前後とされているため、ある程度の英語力があった方が、面接は有利に進むでしょう。

しかしマネージャーや管理職、リーダーポジションなどの難易度の高い募集では、ビジネスレベルの英語力が必須とされているポジションがあるため、事前に自分が応募する職種の詳細をチェックしておくことをおすすめします。

シスコシステムズに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

2020年10月の転職市況感としては、正直厳しくなってきています。

ここ数年は雇用情勢が比較的安定していたこともあり、求人数・求職者数ともに高い水準で推移していましたが、2020年の1月からは有効求人倍率が下がりはじめ、コロナの影響も相まって5月の段階では1.20倍となり、市場は売り手市場から買い手市場に変化しました。

今回のコロナショックによる自粛や経済活動の縮小は長期化する可能性が高く、「落ち着いたら動き始めよう」と思っていても、なかなか状況が好転しないという可能性もあるという状況です

上記の理由から、企業の採用HPを見ても募集が減少している状況が顕著に見られます。
ただし、このような状況でも転職エージェントにはシスコシステムズの非公開求人が存在する場合があり利用してみる事をおすすめします。

また転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. シスコシステムズに関する求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. シスコシステムズ以外の適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力と豊富に求人を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
シスコシステムズへ転職したいのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

シスコシステムズへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

多くの事業を展開し成長を続け、インセンティブの高さなどから転職者からの評判も高いシスコシステムズですが、近年転職難易度は非常に上昇しています。
そのためシスコシステムズへ転職を検討している人は、転職エージェントへ相談をし、協力して転職活動を行うようにしましょう。

また、その他の企業の選考情報も知りたい方には転職情報サイトのインテリゴリラの利用がおすすめです。
内定者から聞いた選考体験記など、非公開の情報があるので他の転職希望者に大きく差をつけることができます。

併せて確認しましょう。
=================================================================
有名企業の面接でよく聞かれる質問は?

=================================================================

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング